恋愛tanu.comデート・カップル > 彼女、彼氏とうまくいかない原因

彼女、彼氏とうまくいかない原因

男女関係は不思議なもので、付き合っている状態であっても、結婚している夫婦であっても お互いに完全に両思いというわけではなく、どこかギクシャクした関係であることが多い。 男女の恋愛アンケートでは、交際相手に不満や直して欲しいところがあると感じている人は約8割にも上る。 結婚は「忍耐」だと言われる。例え大恋愛の末付き合ったカップルでも 本音はわからない「他人」であることには変わりないので気持ちの食い違いが起り、 うまくっていないと実感することが多いのでしょう。

付き合い始めは男性が積極的で可愛いとか綺麗と褒めてくれたのに、 しばらくするとメールやデートの頻度が減り、さらには横柄な態度になり悪口を言うようにもなりやすいという。 人間初めの頃は丁寧な対応をしていても、長く付き合ってくると本性の人格が現れてきます。 根っこにある性格の相性が合わない場合、大抵は険悪になりどちらか振られることでしょう。 別れを切り出すのは大抵女性側なので、恐らくは高確率で彼女が別れ話をすることになります。

付き合ったばかりの頃は盛り上がっていたり、逆に乗り気じゃなかったりなど温度差もあります。 キープだったり惰性で付き合っているだけでも、意外と親密で良好な仲に進展するものです。 心理学の実験では、男女が強制的にペアになってデートをしても、それだけで恋愛感情が盛り上がり、 実際の交際に発展する事が実証されています。 バッサリと関係を断ち切るのではなく、じっくりと熟成させるように維持させると、 それだけでうまくいきやすくなります。 二人の関係がうまくいってないと思った時は感情的に相手を責めるのではなく、 どこに原因があるのか冷静になって客観的に考えてみましょう。

スポンサードリンク

険悪になる原因

・愛情表現が多過ぎる

独占欲や嫉妬心が強い人は、相手を自分のものにしたいという願望がある。 しかし、いざ付き合いが始まり「好きだよ」と何度も言われていると、 欲しいものを手に入れた満足感から恋愛感情が冷めてしまうことがある。 俗に言うところの追いかけると逃げるという心理状態になっているのです。 ベタベタとしたスキンシップや束縛するレベルまで連絡が多過ぎるとうざいと思われたりする。 尽くし過ぎるが故に嫌われてしまうのです。

この状態を解消するためにはいつも笑顔で楽しそうに接するだけではなく、 時には怒ってみたり反抗的な態度をとってみると、それが恋のスパイスとして効いてくる。 流行の言葉で言えば「ツンデレ」というキャラクターを作り出すのです。 そこまで露骨に性格を変化させなくても、メールや電話の回数を減らすだけでも 対策になります。 おいしいケーキでも食べ続けていると飽きてきてしょっぱいものが欲しくなる。 それと同じで甘い従順な付き合いだけではなく、時にはピリッと緊張させる言動をすることが長続きの秘訣になります。

・相手に本音をぶつけられない苛立ち

自分の感情を押し込めて隠すのは男性よりも女性に多い特徴です。 例え彼氏であっても、自分の本性を曝け出せずにどこか物足りない悶々とした気持ちになっていることがよくある。 不満を溜め込んでいると、無意識のうちにムカついたりイライラしてくるので、 自然と関係がギクシャクしてくる。

新しく出会った異性と遊んでストレス発散を計ったりするので、これが浮気の原因にもなりえます。 相手の内面深くに潜んでいる、 暴露したいような秘密を聞いてあげるテクニックが求められることがあります。 会話が少なく沈黙しがちなカップルに要注意のポイントです。

・新しい刺激の不足

付き合い始めの頃は超ラブラブで一時も離れたくないと思っていた男女であっても、 交際が長期に及ぶと、デートのパターンが同じになったり会話ネタが尽きて飽きてきたり、 相手の欠点や嫌な部分が見えてくる。 いわゆる倦怠期という期間に突入する

友達優先になって会ってくれなくなったり、本質的な相性が悪い場合はケンカになることもある。 マンネリを打破するためには、 たまには新鮮味を出す事を忘れずに付き合いましょう。

・相手に求めているものが多い

交際相手に求めているものが沢山あると、それが満たされない時に不満を感じる。 相手の気持ちがわからない、仕事で忙しくても会いたい、優しくしてほしいなどの気持ちです。 全てを知りたい、自分だけに奉仕して欲しい。 このような自分に利益をもたらして欲しいと願う感情は「わがまま」 と言えるものです。

好きな人と付き合っているだけでも十分幸福なのに、それ以上を求めてしまう。 人間の欲望には際限がありません。 高望みや贅沢をせずに、一緒に過ごせるだけで満足と考えられれば、 幸福度の判断は180度変わることでしょう。

うまくいく方法

・小まめに連絡を取っている

長続きするカップルやいつまでも仲睦まじい夫婦は、結婚後でもコミュニケーションを取る頻度や回数が多く一緒にいる時間も長い。 ラブラブの夫婦は一日の会話の時間が30分以上あるそうです。 その日あったことを毎日メールや電話で話している男女はそう簡単には別れません。 それは、相手が存在することが当たり前になるからです。

朝必ず挨拶する、イベント毎があるたんびにデートやプレゼントを贈る、悩み事があったらすぐ相談するなど。 ちょっとした出来事があったとき、すぐ相手に連絡するように習慣付けると大抵は関係が良好になります。 束縛するレベルまで根掘り葉掘り質問するのは嫌われますが、 他愛無い話を毎日5分10分もできれば、それだけで好感度は上がりますし、 隠し事もしづらくなるので浮気や不倫の防止にも繋がります。 一日何も関わりが無い空白期間ができるのと、短時間でもちょっとした触れ合いがあるのとではまったく違うのです。

・お互いの気持ちを尊重する

どんなに共通点があって気が合う男女でも、意見が食い違うことはあります。 相手のことをヘタに否定してしまうとそれはいつまで経ってもつきまとうことになるかもしれない。 例えば恋人がやりたい事があると相談を持ちかけたとき、「それはダメだね」 と真っ向から突っぱねると、その後の関係は大抵悪くなる。

他の道を選ばせる時でも、相手を人格を否定するような叩きのめす言い方をするといけません。 基本的に「他人は自分の思い通りに動かない」ということを 自覚してアドバイスなりをするようにしましょう。 相手の長所も短所も悩みも全て受け止めて、尚且つ認めてあげられる度量があると、 交際は必ずうまくいきます。

・別れるという選択肢を考えてみる

恋人の存在が足枷になって何もできないことがあります。 重荷を背負いながら生きているような感覚で、どこかストレスを感じて窮屈な気持ちになる。 これは恋人との相性があまり良くない証拠です。 特に彼女側は妥協や我慢をしながら彼氏と付き合っている事が多く、 恋をしている状態が心地よいという理由で彼氏に依存していることがよくあります。

また、一度別れてから相手の良さが身に染みて理解できることもあります。 そんな時はまたやり直したいと告白すれば、両思いの場合また元の鞘に戻れます。 ケンカ別れした後の元カノや元カレと再度結ばれると、雨振って地固まるのごとく信頼関係が深く固く強まる傾向があるので、 別れない程度の一波乱があるぐらいなら長期的な付き合いにとっては好都合かもしれません。

別れた後に開放感や達成感があり、身軽になって毎日が楽しくなるようだったら別れて正解だということです。 そもそも本気で愛していれば「別れたい」という気持ちがよぎる事すらあまりないものです。 気持ちが迷っている時は無理に近寄らず、 デートを一ヶ月以上しない、しばらかう会わないなど、パートナーと距離を置く事もカップルがうまくいく方法のひとつです。 特に地元から都会に一緒に引っ越して同棲しているカップルなどは、 一緒に住むことで不満が溜まり急速に冷めることがあるので、 気分転換に帰省するなどしてみましょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.