恋愛tanu.comデート・カップル > 彼氏彼女と復縁、よりを戻したきっかけ

彼氏彼女と復縁、よりを戻したきっかけ

捨てられた振られた側だけでなく振った側も「元カノ、元カレが忘れられない」「復縁したい」と思い 、「過去に戻りたい」と泣きたいほど落ち込んでいる人が大勢います。 特に若い時期は精神的に未熟で、 相手の心理を察するのが下手で、甘え過ぎたり頑張り過ぎて空回りしたりしてしまう。 倦怠期の微妙な時期や別れた後も思い切ったアプローチができないので、 せっかく縁があっても関係を放置したまま無駄に時間だけが経過してしまいがちです。

性格や価値観の不一致で破局した場合、普通は関係の再構築は難しいです。 実際問題、 相手の心を変える努力をするより、自分のことを好きになってくれて相性が合う交際相手に出会う方が労力が少なく簡単です。 そんな効率面を無視するほど理想的な異性だったら、とりあえずアタックするしかありません。 しかし、相手を傷つけたり追い掛け回すようなストーカーじみたやり方では大抵失敗します。 相手の心理的な負担にならない程度にアプローチを継続し、長期戦になるのを覚悟してタイミングを伺いましょう。

よりが戻るまでの期間は1日〜3年以上まで幅広く平均ラインがあるわけではありません。 数年間別れっ放しで、お互い新しい彼氏や彼女もできて、色々な経験をしてから 再度結ばれ結婚することもよくあります。 好き過ぎて焦ったり不安になると逆効果で、ゆっくりとしたペースで落ち着いて付き合えるようにしたいものです。

よりを戻すパターンはある程度決まっていて、その時のポイントや秘訣はシンプルなものばかりです。 ただ、復縁できるかどうかはお互いのフィーリングや偶然、運命の部分が大きい。 ちょうど「寂しい」 「仕事で忙しくて恋愛できない、出会いがない」 「休日が退屈」「将来が不安で誰かに寄り添いたい」など孤独感に苛まれている時ならすんなり復縁できることもあります。 しかしこれらはなかなか見極められるものではない。 成功した人のほとんどはふとした瞬間、気づいたら自動的に元鞘に収まっているものです。

できる努力と言えば自分磨きを怠らず他の恋敵にも負けないように外見的にも内面的にも魅力的に成長しておくことでしょう。 新しい恋人と元カレ、元カノを比べた時に、 性格や共通の趣味があるなど相性を含めてどこかで勝っていなければいけません。 あとは恋愛の神様を信じてチャンスを待つこと、タイミングを見計らってコンタクトを取るなどの行動を起こすことです。

スポンサードリンク

復縁成功の方法、コツ

男女の恋愛事情を聞いていると、復縁できた事例、成功体験談は意外と多い。 それだけ未練が残っているケースが多発しているのです。 別れ方にもよりますが、就職、転勤、進学で遠距離になり自然消滅したり、 別れ話が円満に進んだ場合は比較的容易に元通りの関係に修復できます。 別れた直後の対応によってその後の結果を左右することがあるので注意してください。

・別れた後にしつこく迫り過ぎない

人間、一度嫌悪感を持つと、絶対に拒絶したい気持ちがしばらくの間は継続します。 この状態の時に、未練タラタラで 復縁を強要したりしつこくメールや言葉をかけても効果はありません。 むしろ余計に「うざい」と思われるかもしれない。 特に女性は一度決心して自分から振った男性に対しては冷たいことが多い。

電話をかけても留守電だったり無視されるのに何回もかける、 返信が無いのに連続の追撃メールを送る、などは まさにストーカーそのもので、恐怖心を与える意味しか持ちません。 このような行動をすると追えば追うほど逃げていき 「面倒くさい人」というイメージが定着してしまい挽回するのが難しくなる。 自分が逆の立場だった時を想像して行動するようにしましょう。 怖い変な人に迫られても嫌なだけです。

別れた瞬間であれば、すぐさま後を追いかけることでまた振り向いてくれることもありますが、 大抵の場合は友達以上恋人未満の関係に戻ってしまったら、しばらくは冷却期間を置かないといけません。 冷却期間は復縁の際にはほぼ必須の考え方で、 相手の頭の中から自分に対してのネガティブなイメージを記憶から消去するための空白期間です。 人間時間が経つとある程度のことは忘れてしまいます。 そして心理的に過去を美化する傾向があるので、 「元恋人は魅力的だった」と勝手に勘違いし始めることも多い。

しかし、別れた後にしつこく迫ると、その悪い印象は短期間ではなかなか取れなくなる 、といった仕組みです。 泣きながら土下座して復縁を懇願したり、無理矢理体を引っ張って愛の言葉を強要したり、 そんなことをしたら引かれてしまいその時点で関係が終わってしまうかもしれません。

・友達としての付き合いを継続する。

大変残念ですが、恋人と別れた後に相手は乗り換え先を確保していて 、すぐさま新しい彼氏や彼女ができてもおかしくないものです。 一度別れた相手とは気まずいので一切連絡を取らない人もいますが、 お互いに話し合った上で納得して別れると、その後定期的に遊ぶ状態にあるパターンもあります。

ただ、普通はしばらくデートをすることは不可能だと思うので、 最初は友達として接することを目標にしましょう。 「恋人でもなんでもない関係」ということは「友達としてお喋りはできる」というポジションで前向きな意味でも捉えられます。 職場での社内恋愛なら転職でもしない限り復縁可能性は常にあります。

最近は便利な世の中で、 別れた勢いで電話番号やメールアドレスを消されても、 よっぽど嫌われてブロックされていない限りは、 twitterやfacebookなどのSNSで簡単に繋がりを復活させられます。 元恋人の名前、連絡先、住まい、職業、生年月日、趣味、友達の名前、などを 検索すればあっという間に消息が掴める。

言うなれば緩いストーカー、追っかけファンのようなポジションをキープしておくと、 付き合えるチャンスの兆候やサインが見えてくるかもしれません。 決して主役ではないけれど頭の片隅に潜んでいるようなひっそりした存在感を確保しましょう。 これが後の成果への布石になります。

・知り合いや友達に協力してもらう

この復縁方法は人脈が広かったりグループ仲が良い人限定ですが、 物事は当事者同士が直接交渉するよりも、第三者が間に入って気持ちを伝えたほうが 素直に受け入れてくれることがあります。いわゆる仲人的な存在がいると、 早く仲直りできる可能性がある。

共通の仲間内の男女で飲み会を企画して、 「お前らはペアで座れよ」などと付き合うのを応援してくれ背中を押されると なんとなくノリでくっついたりしてしまうものです。 実際知人から「あいつお前のことが好きらしいよ」と言われると大体嬉しいもので、 初めは脈なしでも興味が湧いてきたりします。 他にも「今落ち込んでるから励ましてあげな」などチャンスを教えてくれることもある。 信頼できる援軍がいる人は恋愛が有利に進みますね。

・過去の話を蒸し返さない

復縁というと元通りに戻ると考える人もいますし、 実際そうなることも多いですが、 お互いに関係を完全にゼロからやり直すという心意気の場合もあります。 過去の行動や態度、過ちを責めたりしない。 よりを戻そうとする時に「昔あなたとデートした時は楽しかった」などの思い出話をしない、 他には別れそうな時に下ネタを振ったりすることなども下品でNGです。

昔の話を掘り返すのは相手を束縛したがる過干渉の人の性質です。 根底には嫉妬心やヤキモチの心理があることもあります。 過去に何があっても将来に期待できなかったり、これからが退屈であれば意味がありません。 昔と比べないでまったく新しい気持ちで交際をする前向きさを持ちましょう。

・探偵や復縁屋、別れさせ屋に頼む

手段を問わず復縁したいという執念がある方は裏技的な手段を使える。 企業や業者に頼んで工作活動を行なってもらう。 手法の例としては、工作員と友達+元カレor元カノで飲み会を開催し、 ターゲットに依頼者に対してコミュニケーションを取るように質問したり誘導する。 お酒の勢いもあってその場で電話して仲直りしてしまうという展開になることもあるという。

うまくいく事例も中にはありますが、費用は50万円以上が普通でさらに追加でお金を請求されることもあり 、最終的に支払いは非常に高額になります。 ただ、探偵小規模業者は8割は胡散臭く、成果を出せるのが一握りなので正直あまり頼りにはなりません。 もし頼むにしても大手で口コミがまともなところが良いでしょう。というより友達にお金を払った方が全然マシかもしれません。

よりを戻したきっかけ

・誕生日やイベント時に送ったメールやラインから

よりを戻すきっかけランキングで上位に入るのはまさにこれです。 ナンパではなんとなく声をかけたと言われるよりも、「あなたが綺麗だから」 と明確に「強引さ、必死さ」の理由付けをされた方がすんなり応じやすい。 人はアプローチされる時に何か口実があった方が気が楽で 受け入れやすい心理があります。

それは趣味や出身地などの共通点の一致や偶然の出会いやハプニングでもあったりする。 人は思ったよりも誰かと関わりたい親和欲求が強い。 本音としては誰でも異性と絡める言い訳や理由を探しているのかもしれません。 だから、口実さえ作り出せば、相手の懐に入り込むのは思った以上に簡単なのです。

良くあるパターンとして挙げられるのは、お正月のあけましておめでというの挨拶、 誕生日メッセージ、アドレス変更、職場の同僚を含む事務連絡、 共通の友人を含む飲み会召集、突然の連絡など、 どれも3ヶ月程度の間が空いていて久しぶりの相手から連絡が来ると、 懐かしさから新鮮味や愛情が甦る可能性があります。

実際これらのメールやラインをした時に、ついでにデートの約束まで取り付けられることが多々あります。 ただ、この時もしも無視されて返事が無かったり、 携帯のアドレスを変えられて音信普通だったら、潔く諦めるしか選択肢はないかもしれません。

・相談をしているうちに再燃

恋愛相談、仕事や人生についての悩みは友達や親友もそうですが、 意外と元恋人に相談するのは気が楽だったりします。 この時に相手の不満や愚痴を聞いてあげて、肯定的な言葉をかけたり 進路の応援をしてあげると、「あなたのおかげで頑張れるかも、元気になってきた」 とデートしたくなることがあります。

好きな人とお近づきになりたいだとか、 ストーカーに追われていて困っているなどの問題を抱えている場合、 意外と相談した相手といつの間にかお付き合いが始まってしまうのが男女関係の自然な流れです。

・遠距離になって相手の存在価値に気づいた

長期間同棲しているカップルは結婚後の満足度が低く、離婚確率が高いというデータがあります。 3ヶ月も一つ屋根の下で共同生活をすれば 相手の本性、特に欠点や弱点があらかた見えてきます。 また、常に一緒にいることからくる不自由さや窮屈さ、 マンネリや倦怠期なども重なり、幸福に慣れることで 現状がどれだけ豊かなのか忘れてしまうのです。

それを気づかせてくれるのは、一時の別れです。 このような惰性で付き合っているカップルは一度、同棲解消してしまった方がかえってうまくいくものです。 冷めた夫婦でも旦那がしばらく単身赴任すると恋愛感情が復活すると言われています。

これと同様に、毎週末デートしていた男女も、 しばらく連絡しない空白期間ができると、自然に心の中で壊れた関係の修復作業が始まる可能性があります。 ほとんど体目当ての関係だと自覚していた彼女が、 一度彼氏を拒否して離れると、「別れてからお前の大切さがわかった」 と真剣に向き合ってくれる展開になることもありえます。

相手が他の人に乗り換えないか不安で辛いかもしれませんが、素っ気無い態度で距離を置くことで 将来的に円満になる可能性もあります。 別れた後にお互いが自然と「また会いたい」と求め合えれば相性が良いということになります。

・ひたすら謝った

ケンカや浮気、わがままや自己中など明らかな失態が原因で別れた場合、 謝罪することで一瞬にしてよりが戻ることがあります。 気性が荒い人、口うるさい人など、感情の波が激しい気分屋は 思わぬきっかけで突然キレてしまうことがある。

メンヘラカップルの精神的に不安定なので、常に両者が「ごめん」と謝る関係であることがある。 このような刺激は恋のスパイスになることもあり、 ケンカするたびにより親密になる、「やみつきの法則」に当てはまります。 ただ、浮気が理由で別れたカップルの場合は、その時は後悔して復縁したとしても高確率で浮気や二股を繰り返すので、 よほど誠意ある対応をしてくれる恋人でない限り関係が長続きしないかもしれません。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.