恋愛tanu.com男性心理 > 大切にされる女性の特徴

大切にされる女性の特徴

生物的に極論を考えると、彼氏や夫、旦那は一度、遺伝子を渡すことに成功すればお役御免。 あとは将来の母親である彼女、現在の親である妻や嫁、奥さんなど家庭と育児は女任せにして自分勝手に外で遊んでいれば良い。 逆に女性はそうではなく、子供を出産した後も男性からの援助、食料の調達による生きていく糧や栄養の確保、 外敵から身を守る警護などが必要不可欠であり、交際相手、付き合っている人から長く 愛されなければ生活が苦しくなる。

恋愛観の心理、男脳と女脳の違いからも、 男性は出会ってすぐ一目見て好意を持った瞬間に恋のピークが来る 電子レンジ型であり、女性は初めはあまり好きではなくても、次第に愛情の熱が 温まるオーブン型であると研究されている。 つまり無意識の本能的にも男性から長期的に愛される重要性を理解しているということです。 さらに恋愛の賞味期限は3年と言われていて3年経つと 倦怠期になりお互いマンネリを感じてドライな関係になってくる。これも 子供が一通り育ち手のかからない範囲で独り立ちできる期間男女を結びつけるためだと言われている。

男性は付き合ってから後は冷めやすい心理、性質を持つ生き物、その冷めるスピードを緩める、 あるいは惚れ直させ、ラブラブ状態に保つためには、女磨きは欠かせません。 大切にされる理由、大事にされる女とそうでない女の特徴の違いは個人個人、 千差万別、様々な要因によるところがありますが、 どこかに相性が合わない、フィーリングがマッチしない原因があり 恋愛感情が冷めてしまっている。 相手の好みによっては身体的、肉体的な部分から、 精神的、内面など中身の性格を改善する必要もあります。

ダメ男を好きになってしまったり、男性に尽くし苦労するタイプの女性は 親密な関係が長続きするために努力しなければいけません。 結婚している夫婦は8割が現在の夫、旦那、妻、嫁、奥さんに不満やイライラを抱えていると言われています。 20歳代ならまだしも、30代や40代などの結婚しているアラサーやアラフォー で長い間特定のパートナーと熱々のバカップル状態になるのは大変なことなんです。 いつまでも仲睦まじいラブラブな彼氏彼女、恋人同士、 カップルや夫婦は、共通点として女性側が必ず愛される努力を継続していることが挙げられるでしょう。

スポンサードリンク

大事にされる女になる方法、特徴、条件

・癒し系、天然系であるか

男性は女性に対して、安心感があって素の自分、自然体を出せる、居心地が良い、一緒にいて落ち着く、 一緒にいて楽しい、などのリラックスできる要素を求めています。 手料理やお弁当を作って胃袋を掴む。仕事帰りにお酒を用意するなど気が利く。 帰宅したら笑顔でおかえりと出迎えてくれる。疲れてる時にマッサージなどの奉仕活動ができる。 などは、まさに癒し系、天然系女性の言動でしょう。

この逆が、ガサツでサバサバ、男勝りな姉御系な性格タイプと言われている。 帰ってきても挨拶も返事もせず無反応。晩御飯のメニュはインスタント食品や 惣菜屋のお弁当ばかり。ブスッと不機嫌でふてくされた表情をしていて、夫にダメ出ししたりすぐ起こるなどが特徴。

自分が常日頃どれだけ男性を癒して愉快な気分にさせているか考えて見ましょう。 悪口や小言が多い、素直に褒めなかったりついつい否定や批判をしてしまうなど。 人や相性によってコミュニケーションの形式は様々ですが、 基本は親しき仲にも礼儀ありと言われるように、相手を敬ったり思いやったり感謝をする 気持ち、真心がなければいけません。 夫婦漫才のようにお互いにイチャモンやツッコミを言いながらも仲が良ければ万事オーケーです。 しかしもし、男性がそのような軽くて今時のギャルっぽい、反射的に他人にケチをつけたり口出し してしまうような、傲慢さを嫌っていたら別れ、破局や離婚に繋がります。

夫婦の場合、あまりに母性的だと「お母さん」という対象であり独身未婚時代、フリーの頃のように「彼女」 として意識されなくなるかもしれない。その点癒し系や天然系は母親としてであっても、 性の対象として見られる特徴、特性の共通点であると言えます。 男性に「ずっと一緒にいたい」と思わせることは大切にされるためには必須と言えます。 もしこれが一緒に居たくない、同棲を解消したい、別居したい、 寝室を別々にしたいという家庭内別居状態になったら大問題です。

・彼氏選びの段階で失敗しない、間違えない

男視点のいい男と、女視点のいい女というのはかなり認識にズレや食い違いがあるようで、 同性の友達、周囲の人から見れば 「なぜあんな綺麗な子がダメ男と付き合ってるんだ」 「とうしてあのイケメンがあの暗くて地味な不細工を選んだの」と 評価がまったく釣り合わない美女と野獣とイケメン紳士と喪女らしきカップルが非常に多い。

誠実、真面目、優しい、家庭的などの要素は男女でかなり評価基準が違う。 男性の中には真面目よりもいい加減さを彼女に求めていたり、 一途さよりも腰が軽くて要領が良いチョイワルのギャル系の女性を求めていたりすることもある。

これと似たようなもので、女性も男性に 慎重さや安定感のある草食系、文系、理系学者っぽい雰囲気よりも、 ちょっと不良でノリが良くて適当な男性に惚れてしまう部分がある。 理性的に考えている理想像は誠実さや正直で優しいなどの要素、特徴ですが、 実際に本能的に惹かれる魅力は、力強さ、頼りがい、引っ張ってリードしていく強引さ、 従順に支配されたくなるような強い男性を求めている。

これは男女両方に言えることで、顔がハンサムだったり綺麗で協調性や思いやりが ある男女で、自尊心や自己評価が低い性格の特徴を持つ場合、いい加減で不誠実なちょっとアホっぽい人にハマってしまうところがある。

「出来の悪い子ほど可愛い」と言われるように、ちょっとバカっぽい駄目男が 、お世話してあげたい、放っておけない、私が何とかしてあげたいという母性本能をくすぐり刺激するのでモテる。 また、人は「認知的不協和、所有効果」という心理の性質を持っている。 認知的不協和とは、例えば罰ゲームか何かで嫌いな男性と強制的にデートをするハメになると、 好きという意味合いの行動をしているのに、頭の中では嫌いであるという相反する正反対の 考えを持つ。この状態は脳に矛盾をもたらし頭がこんがらがってしまうので、 行動した時の気持ちを実際の感情として置き換えてしまう作用です。

そして所有効果は自分の持ち物や付き合っている人は優れていて価値があると思い込む性質です。 この二つが合わさると、振り回されたり、買出しのパシリや急な呼び出しなど、 雑な扱いをされればされる程、愛情が増して入れ込んでしまうというスパイラルに突入するという。 これらの心理を理解した上で冷静になって、客観的視点に立った上で、 現在の彼氏や結婚相手の候補の特徴や条件を見つめなおしてみましょう。

もし、大切にされていなかったり乱暴な扱いをされて、大した愛情を注いで貰っていないのに、 猛烈に惚れこんでいる実態があるようだと、このハマって入れ込んでしまう心理状況に陥っている可能性があります。 ブサイクで人間的に失格なダメ男に程、美人で可愛い子が付き合っていることが多いのは これらの仕組みがあるからです。 彼氏選びの段階で明らかに将来大切にされない男性と付き合ってしまっている女性は意外と多いものです。 ただ、好意の気持ちをストップさせるのは非常に困難なので、 どこかで「なんかおかしいな」と自覚するまではどうしようもないことかもしれません。

・適度に甘えたり頼る

男性には特別好意を持った女性に対して「大切にしたい、守ってあげたい」 または「服従させたい、征服したい、コントロールしたい」 という気持ちを持つ「保護欲求、支配欲求」の心理がある。 実際に体を盾にして守ってあげたり、飼い主のように支配するわけではなく、 なんとなく漠然と援助してあげたいと思う性質がある。 これらの本能の心理を満たす女性は末永く愛され関係が続く、大切にされる女性になることが できる特徴、技術やテクニックを持っているといえる。

理想的な男女のカップルの一つには、 不良の彼氏と、メンヘラの彼女というペアが挙げられる。 不良の彼氏は怖くて厳つくて乱暴者な面も持っているけど、 兄貴肌で頼りになり、意外にも面倒見が良い。 そしてメンヘラ彼女は、マイナス思考だったり、ヒステリー気味だったり、感情の波が激しく、 精神が乱れやすいような女性は 、彼氏に依存したり構ってちゃんで甘えたりおねだり上手な面が特徴、共通点としてある。

これはお互いに補い合う、歯車が噛み合うような相補性の相性バランスで成り立っている関係とも言える。 手が掛かり甘えられることで男性の保護欲求や支配欲求が完全に充足する状態になる。 オスとしての意識が強いチョイワルやヤンキー男性はそれが大好物という理由からうまくいく関係となっている。

まったく手が掛からない独立心があり仕事もデキパキこなす完璧な30代アラサーキャリアウーマンは婚活で 意外にも売れ残ってしまうといわれている。収入が多く男性のプライドを傷つける上に、 なんでも1人でこなし自立しているので、結婚相手にするには心が満たされず、 どこか物足りないと感じてしまうのだという。

年上男性は、頼られたり、甘えられたり、教えたりするなど、年下や子供の面倒を見るのが 思った以上に好きなことが多い。まったく迷惑が掛からない、 女性、彼女や妻、嫁よりも、適度にいい加減でドジっ子、弱々しくて危なっかしいなど欠点の特徴が、 男性の大切にしたいという欲求を掘り起こすきっかけ、要因になるのです。 男女共にどこかで必要とされたい、利用して欲しいと思っている寂しがり屋な一面を持っているのです。

・体型、スタイルを整える

美人は三日で飽きる、ブスは三日で慣れると言われるように、 長く付き合っていくと、顔、容姿、ルックスなどの見た目や外見の要素は 目が肥えて慣れてしまうので実は大した差が無い。 綺麗な妻がいる既婚男性の夫でも 、それに比べて明らかにブサイクな女性と浮気や不倫をしていたりすることもある。 顔はそこまで重要ではないにしても、女として意識され長く大切にされ、愛されるためには 体型やスタイルの維持は欠かせない。

女性は嗅覚や聴覚、触覚など情緒的な感覚、愛の告白や愛情表現で高揚感や胸のときめきを感じるが、 男性は8割方視覚情報によって興奮すると言われている。 女性らしい丸みや柔らかさ、曲線美のある体のライン、 そして色合い、赤やピンク、紫、白い肌など、地味より派手好きです。

特に太っている女性に大しては嫌悪感を抱きやすい。 これは本能の心理で決まっているもので、 ぽっちゃり系や、ふくよかな体型はライバルの子孫を身篭っていると 無意識に認識、誤認してしまうため、嫌いになりやすい。

一部にはデブ専と言われる男性もいますが、ごく稀の特殊な例でしょう。 つまり簡単に言ってしまうと、太っていると性欲、性的な対象として意識されなくなってしまう。 逆にガリガリに細く、痩せすぎていることもいけませんが、太りすぎよりかは幾分マシです。 若い頃はスリムでちょっと華奢な感じが一番モテますが、 妊娠出産後は健康的で中肉中背、適度に筋肉がついていて肉付きよくムチムチっとした 感じが好評です。

「抱き心地の良さ」も、重要な大事にされる、愛される要素なので この部分を疎かにしてはいけません。 また、実際に痩せていなくてもダイエットをしている姿勢をアピールするだけでも 大分違います。頑張っている女性は輝いて見えるし応援したくなる、 惚れ直すきっかけにもなる可能性もあります。 いつもゴロゴロと寝てばかりでずぼらで怠惰、トドみたいな彼女や妻だったら、愛情が冷めても仕方が無い。 男性は顔は気にしないけれど、体型はできるだけ若々しく健康的でいつまでも色気があって欲しいという 願望がある。大切にされるためにほんのちょっとの運動、ウォーキングやジョギングなどを 定期的に継続して行っていきましょう。

・疑わずに信頼する

男性は命令されたり束縛や管理されたり、疑われることを嫌います。 実際のところ男性は女性よりも情に厚いと言われており、 無言の信頼関係で繋がっていた李、以心伝心などを重要視する傾向が強い。 仕事場での「見て覚えてもらう」なんていうのはまさに この男性心理を端的に表している非効率的なものです。

例えば彼氏や夫、旦那の気持ちを冷ましてしまうやってはいけないNG行動、タブーの一つには 勝手にケータイを覗き見ることが挙げられる。 例え交際していたり、結婚している夫婦であってもプライバシーがないというわけではない。 また、携帯を覗き込むというのは浮気や不倫を怪しんでいて疑っているという 心理が本質的に存在している。もし携帯を見ていたことがバレでもしたら 、短気で怒りっぽい男性であればケンカになってしまうでしょう。

女性に求められるのは無条件に男性を信じて、共感や賛同、褒めたりして支えてあげることです。 例えば高収入のエリートお金持ちの独立開業した医師がいたとして、 「あなたは本当に浮気しないの?貯金あるの?」 なんて問い詰められ怪しまれたらすぐさま嫌悪感が湧いてくるし、一生大事にしたいとは思えなくなるかもしれない。

人間関係はどれだけ長所やメリットがあるか以上に、目に見えない 信頼関係や絆の結びつきやパワーが強い。 男性を束縛して支配しようとすると窮屈に感じて自由を求めて逃げたくなってしまう。 人間関係は鏡写しです。相手の好意や善意を疑ったり、疑心暗鬼になる気持ちは 、返報性の法則によってそっくりそのまま自分に相手の気持ちとして返ってきます。

疑念や疑惑を持っていたとしても、それを一度しぐさや態度、行動やサインとして 出してしまったら今まで積み上げた絆のピースが全て壊れて、 お仕舞い、お別れになってしまうこともあるので注意してください。

・話をしっかり聞く

モテない女性は、男性の話をまったく聞かず、自分の今日あった出来事や 愚痴、不満などを延々と喋っている。または優越感を得たいがために上から目線で役に立たない下手なアドバイスをしたがったりもする。 女性は会話が好きな人が多いので、聞いている側としては、上の空ながらもウンウンと相槌を打ちながら馬耳東風、馬の耳に念仏状態で うんざりしながらも右から左へ聞き流していたりする。 確かに女性が口達者、能弁、饒舌なことは悪いことではないんですが、 時には男性の本音や本心を聞き出す事も重要です。

特に男性は、自慢話や武勇伝を語りたがる心理がある。 普段は無口でうだつの上がらない彼氏や夫でも、 自分のかっこいい姿の写真を見せたがったり、仕事の成果をペラペラ喋りたい隠れた願望を持っていたりします。 そういう時は女性側、彼女や妻の方から、「あなたの話を聞きます、受け入れます」 という姿勢をアピールする必要がある。

会話の内容、話題に対して、適度に興味を示す質問をする。 そして相手の目をしっかり見つめて相槌を打つ。「すごいね」「そうなんだぁー」「へぇー」 とタイミングよく言うだけで話しているほうの気持ち良さは大分違います。 また、話し始めたら、褒めたり持ち上げたり、お世辞や社交辞令を言うだけでも 男性は非常に嬉しく感激します。

大抵の男性は普段男友達から褒め合ったりするようなことは少ないし、 社会人として会社に勤務して仕事をしていれば、上司から厳しく叱られたりダメ出しをされてばかりです。 なので、話を聞きながらもゴマすりのように持ち上げることで、男性を癒してあげる効果も期待できます。 実際に話に興味が無くても感心していなくても、演技でいいので目を輝かせながら褒めてしまいましょう。 長く付き合っていると、褒め言葉を口にすること自体が恥ずかしく億劫になってしまいがちですが、 当たり前すぎて普段は忘れていた、言葉による愛情表現は大切にされる条件として必要なものです。

結婚している夫婦の仲良しの秘訣、長続きのコツはコミュニケーションの時間の長さを増やすことです。 1日30分以上会話をしている家庭は夫婦円満でラブラブの状態だという。 女性が一方的に話しかけるだけでは、 鬼嫁のようでどこか威圧感があるし、さすがに限界がある。 普段から好奇心を持ちフットワークを軽くして様々なジャンルの話題についていけるように 知識を蓄えておくとより会話が盛り上がり、男性から大事にされるチャンスが増えます。 話を引き出す、聞き上手のスキル、テクニック、傾聴の態度を身につけ、 喋らせることによってストレス解消を図り、大切にされることへ繋げましょう。

・頑張りすぎず肩の力を抜く

お互いの関係に慣れきってしまうと倦怠感がでてきて、 目新しさや新鮮味が失われ、好意の度合いも減少してくる。 しかし、そこで目新しいことや斬新なアイディアを出して楽しめても、 もっと先のことを考えると、やっぱりネタ切れになるのは仕方が無い。 髪型やメイク、ファッションを変える、香水をつける、 着替える姿を見せないようにする。 彼氏や夫を喜ばせるためには全て良い行動ですが、 気持ちが盛り上がるのは一時的なことです。

特別な日、誕生日や記念日などであれば、 良いムードや雰囲気を作るためにこれらの努力はした方が良いかもしれません。 しかし、もし3年以上長期的に付き合うとなると、 変に努力したり力を入れていると、次第に疲れてきて緊張感の糸が切れてしまい、 「この人と付き合っているのが面倒くさい」と思い始めてしまうことがあります。

タイプA人間と呼ばれる正義感や責任感が強い人が 、壁にぶつかったり挫折を体験すると、頑張っていた反動で急激に気分が沈んでブルーになってしまうことがあるという。 それと一緒で、感情には波があります。 いつもピークの胸の高鳴りや高揚感、愉快な状態を維持することは困難です。 このように常日頃から喜怒哀楽の感情の触れ幅が大きい 関係は、ストレス状態が続くので我慢が必要で苦労も絶えなくなる。 そもそも自分自身が緊張していると、相手も一緒に居て疲れてしまうでしょう。

結婚して夫婦になるとお互いが空気のような存在感の無いものになり 安心感が生まれると言われています。 ベタベタくっつきすぎるわけでもなく、 のらりくらりと付かず離れずの距離を保ち、ただただ二人の良好な関係を持続させていくというのが 一番お互いに楽であり自然体でいられるベストな関係かもしれません。

「一緒にいて面倒くさくない女」という称号は長く付き合う関係では案外価値が高いものです。 特別なプレゼントや言葉を掛けて貰う ことだけでなく「いつも傍に居て当たり前」な存在というのも、一種の大切にされている状態とも言えるのです。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.