恋愛tanu.com男性心理 > 草食系男子の特徴、好意サインと落とし方

草食系男子の特徴、好意サインと落とし方

最新の国の調査では独身未婚で恋人がいない男女が急増しているというデータが出ている。 その理由のひとつに草食系男子の増加が挙げられそうです。 女の子にモテることに固執しない、口説かない、告白しない、 アプローチしない、手を出さないなど恋愛に対して淡白であり受け身で慎重な性格、肉食系男子のように ガツガツ迫ってアタックしたりしないという。

女性に興味が無いというわけではなく結婚願望もそれなりにあるのに、 どんどん前に出てアピールしようとはしない。 草食系男子は様々な理由からこのような特性として落ち着いている。

また、最近では恋愛を諦めていたり異性に興味がまったくない絶食系男子なるものも 出現しているという噂もある。 もしこのような恋に消極的で奥手なタイプの男性を好きになってしまったら 女性から声をかけたりデートに誘ったりするなどの行動、アクションが必要になってくるでしょう。 婚活の実態としては草食系男子はイマイチ人気が無いというアンケート結果も出ているが、 体感として、隠れファンは非常に多いような気がします。

スポンサードリンク

草食系男子の特徴、共通点

・平和主義者、真面目で優しい

草食系男子は基本的におっとりしていて根が優しい、メガネが似合っていて、知的でインテリっぽい などの特徴がある。 凄く頼れるというわけではないけど、大人っぽくて包容力があり、ついついもたれかかってしまいたくなる ような安心できる雰囲気を持っている。

簡単に言ってしまえば、ゴツゴツとして硬い男っぽさだけでなく、女性っぽい丸みや柔軟さを備えていると言えます。 自分からケンカを吹っかけたり、関係がギクシャクしたりいざこざが起こるようなことを 仕掛けることは滅多にない。

女性からデートに誘ったり、告白やプロポーズされると 素直にイエスと答えてしまうようなタイプです。 だから、一度付き合い始めたり結婚でもすれば、その誠実な優しさで一生大切に寄り添ってくれるかもしれない。 20代前後の若い女性にとっては少し重いかもしれませんが、 これから結婚を考えている30代、アラサー以上の年齢の婚活女性にとってみれば、まさに結婚相手にうってつけの理想的なターゲットと言えそうです。

・恋愛に慎重、臆病

シャイボーイと共に好き避けという言葉が最近話題になっている。 視線を合わせたいのに目を逸らしてしまう、近づきたいのに遠ざかってしまう、 素っ気無い態度で接してしまうなどシャイボーイの共通点の一つです。 好きなのに嫌いであるかのような行動や態度をとってしまう。 草食系男子にありがちなこととして好きな人の前だと 好き避けの心理状態に陥っている可能性が極めて高い。

飲み会や合コンで、どう考えても女性が熱烈なアピール、目を見つめたりボディタッチするなどのラブサインを 出していても、そのチャンスに気づかないで掴もうとしない。 「もしかして脈があるのかな、でも違ったら怖いな」とでも考えて傷つくのを恐れているのかもしれない。

恋愛下手でちょっと初心、愛情表現が遠まわしなのでしぐさや態度だけでは好意がわかりづらい。 もし好きな人がこのタイプだと思ったら、好き避け状態のように、好き嫌いが 逆転したような振る舞いをしていないかチェックしてみましょう。 安易に「私は避けられてる、嫌われているな」と結論を出すのは早計です。

・淡白で油っぽくない食生活

草食系男子といえば、ご飯を食べる量が少なく食が細い。スイーツやカフェなど甘いもの好きというキャラ付け、 あるあるがあります。 実際、体の線が細くてお洒落もそれなりの男性は甘いケーキやスイーツが好きな人が多い気がします。

また、料理を作るのも割と得意だったりで、体育会系のような油ギッシュな メニューではなく、パスタやパンなどを好みそうな雰囲気がある。 一緒にチョコパフェやケーキを食べるスイーツデートに誘ってみれば、 案外女友達を誘ったときよりも喜んでくれるかもしれません。

・マイペースで自分の時間を大切にする

草食系男子はデートに誘っても、急にドタキャンしたり、 「時間が無い、忙しい」となかなか予定が合わなかったりすることが多く、 ドライで性欲も薄いのでそこまで本能的、反射で動いたりしない。

逆に肉食系男子の場合は、女性と会うとなれば急な誘いでも時間を作って遊びに来てくれる。 実際に忙しいというわけではなく暇なケースも多々あるのだが、 気分的に乗り気になれない、タイミングが合わないというのがデートを 断る理由になっている場合がある。

どちらかといえば、草食系男子は独自のファッション、服装や考え方など、独特のスタイルにこだわりがある 人が多く、肉食系男子よりもストレス耐性が低く束縛や管理されることを 嫌い融通が利かない傾向があると言えます。 自己主張はしないけど他人から干渉されるのはあまり好きではないダークな一面があります。

草食系男子の好意サイン

・メールが頻繁に送られてくる

基本的に男性は好意を持っている気になる女性にしか自分からメールを送ったり連絡や相談などをしない。 特に草食系男子は人見知りで内気な割合が多いため、メールなどで 本心や本音を伝えようとする傾向がある。 女性にとっては社交辞令のようなメール内容が、この手の男性にしてみれば悩みに悩んで躊躇いながらも 勇気を出して送信した渾身の一通の可能性がある。

ストレートに愛情表現をすることが下手なので回りくどい言い回しで脈ありサインを出してきます。 友達に送るような内容のメールでも草食系男子の場合は、必死に自分をアピールしているということも ありがちなことです。もし頻繁にメールのラリーが続くようなら「私にあまり興味が無さそうな文章ね」と思わずに 片思いではなく両思いだと自信を持って良いと思います。

一言だけの短文ではなく、絵文字や顔文字満載の長文メールで 、疑問文や質問が返ってくる場合は、「あなたとコミュニケーションを続けたい」 という意思表示なので、高確率で脈ありのサインと言えます。 また、メールの回数や間隔はそこまで重要ではなく、好意の度合いとはあまり関連が ないと思われます。

・目が合うor合わない

草食系男子は好き避けをしてしまう性質を持っているので、 普通のように遠くから見てきたり、目を真っ直ぐ見つめてくるだけではなく、 逆に目が合わないことや、逸らされたりすることも好意のサインとなることもある。

また、肉食系男子のように、じろじろと見てくるのではなく、 上目遣いや横目でチラ見したり、目を合わせた瞬間サッと逸らされてしまうかもしれない。 目を逸らせた後もう一度チラッと見てきて目が合うようだと脈ありの可能性が高い。

また、目を逸らす方向が下方向に俯き加減で顔を伏せるしぐさは、 相手に対して「敵意はありません」という好意を示す視線の動きと言えます。 好きな人を見たとき恥ずかしくて俯いてしまう人は多いものです。 飲み会や合コンの時、まったく目を合わせてくれないなら脈ありかもしれない。 逆に、じーっと何の気無しに眺めてくるタイプもいるので 、ここら辺は個人の性格の傾向や特徴を掴んでください。

・会話している時のしぐさや態度でわかる

まず前提としてお喋りできる程度であることがありますが、 話しているときの距離が近い、 好きな人や安心感を感じている人に対しては無意識に何気なく近づいてしまいます。 心理的に結びつきが強く、 相性が良い男女の場合は磁石が引き寄せあうように自然と手と手や体が触れ合う距離になることもあるぐらいです。

また、会話中に手を口元にやったり鼻の下を指でこすったり 後ろ髪を触るなどの照れている、デレデレしているような感じになる。 鏡写しにしたように、自分と似たような動作をしている。 話を聞いている時にこちらの目を良く見てくれるなどが挙げられます。

また、学校や職場、社内など遠くにいる場合は、 つま先や体の角度が自分の方を向いている時は脈ありです。 人はどうしても興味があるものや好きな人の方に体を傾けてしまう性質がある。 テレビを見るときに体を捻って見ようとするのは不自然で窮屈でしょう。 片思い中の女性に対しても同じで、体の軸を向けてしまうのです。 これらは好意を見抜く基本的なもの恋愛心理テクニックですが良く出現する好意のサインとして覚えておいて 損は無いです。

草食系男子の落とし方

恋愛面での草食系男子攻略法は、女性の積極性やアクティブさに全てが かかっています。 消極的で内気、慎重で、恋に対して臆病で押してく勇気が持てない人が多いので、 落とす方法としては 女性が男性を従順にさせるぐらいの気持ちでリードしてしまいましょう。 女性特有の「察して欲しい、気づいて欲しい」という欲求はほとんど叶えられないと思ってください。 相手の気持ちに鈍感なわけではなく、恋愛経験が浅く好意に対して自信を持てないからです。

引っ張られたいという願望がある女性でも、 草食系男子を育てていけばいずれ一人前の頼れる男に育成できます。 とりあえずは友達、そして彼氏、彼女として恋人関係になることを目標にアクションを起こしましょう。

ギャル系の派手な女性と真面目で少しオタクっぽい草食系男子は実は一番相性が良いと言われています。 コミュニケーション能力が高く意思表示が明確で激しいギャルとフィーリングが合い、相補性の相性から非常に良く噛み合うのです。 ちょっとガサツでサバサバしているぐらいの積極性が草食系男子攻略には求められます。

・まずはお友達になる

草食系男子は基本フレンドリーに接する人には好意を持ってくれるし、 基本ゆるい感じなのでそう簡単に人を嫌いになることは滅多にありません。 「迷惑かもしれない」なんて心配せず、 草食系男子を落とす時は強引で馴れ馴れしいぐらいで調度いいので、まずは声をかけてメールアドレスや電話番号などの 連絡先を交換してしまいしょう。

目が合ったら笑顔で挨拶して、わかりやすいように好意のサインを出してください。 そうしないと八方美人だと思われてなかなか恋愛対象として意識して貰えません。 このような接触を数回繰り返せば次第に親交が深まり打ち解けてくれます。

恋の進展を焦らずに、少しずつ関係を深めていきましょう。 そのうち一緒に食事でもできるようになれば大成功です。 たった一度話しかけてみて、つれない反応だったから「拒否された、もうダメだ」と 諦めてしまうことだけは控えてください。

草食系男子は受け身で冷たい振りをしていても中身は熱いものを持っています。 相手を喜ばせるという気持ちでチャレンジしていきましょう。 一度友達になるか、付き合うか、または結婚してしまえば 最も信頼できる誠実な味方、パートナーになってくれます。 女性には酷な話かもしれませんが、 始めの一歩の声かけで、くじけてしまうような豆腐メンタルだと草食系男子をゲットするのは困難だと思ってください。

・メールやツイッター、SNSやlineでアピール

コミュニケーションツールで間接的にアピールする手段は 誰に対しても有効ですが、直接会話すると照れたり 緊張して本音を出さない草食系男子はこのような役立つ機能を使うとうまくいきやすい。 普段はちょっと影があって暗そうなのに、 ネットやメール、ラインの文章だとやたらと明るいという特徴もある。 相手が目の前にいないので、気兼ねなく本心の気持ちが伝えられるので 好き避けになることも少ない。

人によってはロマンチックさに欠けると思ってしまうかもしれませんが、 メールやネットで交流して落とすというのは最近では頻繁に行われています。 一昔前なんて、メル友と称して顔も名前も知らない男女が 告白したり付き合ったりなんていうこともあったぐらいですから、 顔見知り、知り合いとの関係を進展させるために使うなんていうのは序の口です。

草食系男子は学校や職場で直接会って皆の前で挨拶したり声をかけると 周囲の目を気にしてリアクションが悪いので、 二人きりで対話ができるメールなどで話しかけてくれると嬉しく感じます。

・趣味や好きなものを合わせる

草食系男子は割とマニアックな知識を持っていたり、ある特定の分野に異様に詳しかったりする。 外で運動やスポーツなど体を動かしている肉食系男子とは 違った個性的で面白い魅力を持っていることが多い。 だから共通の趣味や好きなものが同じだと会話が盛り上がり、急激に関係を進展させることができる。 元々趣味友や類友は結婚でも相性が良いと言われる程だし、 草食系男子のような自分の好きなことに夢中になる男性は尚更です。

もし相手の好きなこと、ハマっていることなどをリサーチする機会が あったら、調べておいて、そして自分もその趣味について勉強して話を合わせられるようになりましょう。 共通の話題を努力して作るという行為は素敵でそれだけで評価されるし、 「そんなに僕のこと好きなんだ」と恋心にきっと気づいてくれるでしょう。

・外出より家デートが好き

どちらかと言えばアウトドア派よりインドア派が多い草食系男子、 家デートで一緒にまったりリラックスしてくつろぐのが最も簡単に親密な関係に進展できるし楽しめます。 もしかしたら会話が途切れたりお互い無言で沈黙してしまうかもしれませんが、 会話が無くてもあまり気にしない性格です。 ゲームをしたりDVDやネットを一緒にしたりなどゴロゴロと楽しめます。

男らしさが無くガツガツしてない淡白さがあるので、 お泊りデートで朝から晩まで一緒に過ごして、同じ部屋で寝たのに何もなかったなんてこともあるかもしれません。 女性側にその気があるのなら是非一人暮らしの家にでも誘ってみましょう。 女としては自分から誘うのは気が引けるし、プライドが許さないかもしれませんが、 好きな人と仲良くなれるのならそれぐらい軽いものです。

・褒めて自信をつけさせる

草食系男子が受動的で控えめな性格になったのは、家庭環境や 学校などのポジションによって、あまり褒められた経験がないからでしょう。 行動を抑圧され、怒られてばかりいたり過保護な状態が長く続くと、人は自己評価を 低下させ、支持待ち状態になりやすい。 だからこそ自分の好き勝手に行動しないし、女性に気を遣って傷つけようともしない。 このような男性が求めている彼女にしたい女性は、ズバリ褒めてくれる人です。

元々男性は褒めてくれる女性が好きですが、 自分に自信が無く自己評価が低い人の場合、自尊心を満たしてくれる女性に懐く傾向があります。 だから、「かっこいいね」「凄いね」「素敵だね」「似合うね」 など顔やルックスなど、どんどん褒めてくれて甘やかして扱ってくれる人が好みのタイプです。

年下男性に惚れてしまった場合でも安心してください。 母性的で包容力があり、自分の事を褒めて可愛がってくれる年上女性も意外とアリだと思いやすいです。 逆に突っぱねたり追わせる恋をさせようとすると、 嫌われたのかと諦めてすぐに逃げてしまいます。 ゴマすりのように美辞麗句を並べるだけでハートを掴み、口説き落とせるなんて楽なものではありませんか。 接客業でサービスしてるつもりにでもなって、是非とも実践してみましょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.