恋愛tanu.com男性心理 > 年下男性が好きな年上女性の魅力

年下男性が好きな年上女性の魅力

20歳代の年下男性から見た年上女性、30、40歳代、アラサーやアラフォーは思った以上に魅力的に映っています。 人によって好みのタイプは様々なので歳の差があるだけで、まったくの 恋愛対象外で受け付けないとい人もいますが、 逆に年上女子の凛々しい姿に憧れを抱いている年下男子も沢山います。 教師と生徒、女上司と部下、先輩OLと新入社員、キャリアウーマンとダメリーマン、など 男心をくすぐるフレーズにもヒントが隠されています。

年下男性を惚れさせるためには、接し方やアタック方法を 考えてみる必要があるかもしれません。 若い時のようにアプローチ、メールや電話をしても 、歳の差から社交辞令のように思われてしまうことも増えてきます。

ただの女友達や同僚としてではなく、異性の恋愛対象として 認識させるためには、昔よりもわかりやすい言葉で仕掛けたり、積極的に押しボディタッチなども増やし、 年上の魅力を自覚して アピールしていくと効果的です。 年下男性は年上女性のどのような特徴に女を感じ好きになるのか勉強してみましょう。

スポンサードリンク

年下男性が惹かれる年上女子の特徴

・褒め上手

男性はプライドが高い生き物であり、誰かと比べて上下関係を作りたがる 傾向があります。 男性は遺伝子的に優れていなければ子孫を残せないかもしれないという本能があるため、 常に人より上のポジションに身を置きたがる人が多い。 そんなプライドが高い男性がされて嬉しいのは褒められることです。

女性と男性を比較すると、男性は褒められる機会が圧倒的に少ないです。 女性は常日頃から贔屓されるし、可愛がられやすい。 しかし男性は仕事では上司に説教されたり叱られ、親からもガミガミ怒鳴られる。 お世辞であっても持ち上げられることは少ない。 つまり男性は思った以上に褒められることに飢えているのです。

人間は年上の人や尊敬している人から褒められると、 期待以上の成果を出すと言われています。 自分の価値を認めてくれる人の存在が大きなパワーとなるのです。 好きな男性の長所や優れている点などをフレンドリーに褒めてあげるだけで 自然と好意の気持ちは膨らみます。

不潔で汚いものに注目しキモイというのではなく、 優れていて素晴らしいものを賞賛する気概が恋愛を成功させる鍵です。 男を立たせるいい女になれるのは 、大人の余裕があり人生経験豊富で酸いも甘いも知っている年上女性ならではの強みです。

・優しさや大人のお姉さん的な包容力

年下男性が年上女性に求めているものはやんちゃな行動や自分勝手を許してくれるような 大らかさです。 年下女性が年上男性に求めるものも同様で、 ワガママを許容してくれるような懐の深さに付いていきたくなります。

男性は外ではキリッとして緊張していますが、 家の中では甘えん坊です。ラブラブの恋人同士では赤ちゃん言葉で彼女に甘えちゃうような 可愛い彼氏も中にはいるでしょう。

眉間にシワを寄せて肩肘に力を入れてばかりの人には余裕を感じません。 年下男性を優しく包み込むような言葉遣いやしぐさや態度をするように 心がけると好きにさせることができるでしょう。 チャンスがあったら頭を「よしよし」と撫でてあげると好感度が高いです。

・安心感がある落ち着いた雰囲気

年上女性は年下女性に負けない能力を備えなければ、若さというハンデを背負っているので 30代が20代の恋のライバルに勝つのは難しいです。

年下女性は、ワイワイ騒がしかったり、 イラっとさせるようなワガママや要求をしてきたりする。 一緒にいると些細な事で意地を張って口論やケンカになるヒステリックな女性もいます。 それに対して好かれる年上女性は、 一緒にいてリラックスでき、食事デートをするだけで心が休まるような癒し系です。 芸能人で言えば安めぐみのようにいつも笑顔で朗らかな人が理想的。

普段からストレスが溜まっていたり他人に対する不満、妬みや嫉妬など マイナスの気持ちが潜在意識に存在すると、それが理由で顔が強張り、 相手にも負の気持ちが伝染して落ち着かなくなる。 普段から人への感謝を忘れず楽しい事を考え、ポジティブでプラスの 心持ちでいれば、自然と一緒にいて落ち着く特徴を持つ、安心感のあるモテる女性になれます。

・ギャップが垣間見えた瞬間

ギャップというのは人間の心に強くイメージとして残るものです。 それが年下男性の心を掴むことが多々ある。 例えば職場の女上司と部下という立場だったとして、 仕事中は厳しく指示をだしたり口うるさく怒るのに、 飲み会では優しかったり甘えてくるなどしたら、 もう考えただけで胸がキュンとして惚れそうになります。

普段の自分のキャラクターとは逆の性質の行動や態度を すると、ドキッとさせることができる。 ギャップというのは言い換えれば意外性であり、 予想外の出来事であり希少価値が高いと感じる。 だからこそ人の心を掴むのです。

年上女性でよくあるギャップの例としては、 年上なのにおばさん臭くなくて感情表現豊かな初々しい面がある、 普段はしっかりしてるけどプライベートや二人きりでは案外だらしない、 飲み会でお酒が入ると甘えてくるツンデレ、 細くて華奢だけどパワフル、 年上なのに相談するのが好きで教えてもらいたがり、など。

ギャップは自分の反対の要素なので、ほぼ無限に存在します。 年上女性ということをうまく生かしたギャップが演出できると年下 男性は萌えることでしょう。

・安定した経済力

一昔前は、デートは男が全額奢り支払う、結婚している夫婦では 一家の大黒柱として夫のみがお金を稼ぎ妻は主婦として家を守るという 形式が一般的でした。 しかし、最近は貧富の格差や不況の煽りで、所得差が広がっている現状があり、 男性心理として、共働きで働いて欲しい人、彼女にはある程度自活してほしい男性が増加しているという調査結果があります。

大卒の正社員でさえ、月給手取り20万円に満たないこともザラになってきています。 年下男性が付き合う条件として財力を挙げるわけではありませんが、 結婚後も安心して生活できそうという点が、交際を始めるきっかけにも 繋がることがあります。

無職のヒモ男を養えとは言いませんが、 やはり男女ともある程度の労働能力があった方が 好かれやすいのは間違いないでしょう。 若い頃はあまり気にならなくても、 30歳代、40歳代などの年齢になると、 生活能力が評価される面もでてきます。

・気が強くしっかりしている

歳の差結婚した芸能人、松山ケンイチと小雪の例を見ると 男性の中には、面倒見が良いちょっと怖いお姉さんに尻に敷かれたい願望を持っている タイプがいるようです。

母性本能が強い母親のような存在を彼女、結婚相手として欲求しているのです。 超人気俳優という立場ならいくらでも若くて可愛い女性を 捉まえられるのに、そうでなく小雪のような第一印象では、いかにも 仏頂面で強面な女性を選んだというのは不思議なことです。 しかも松山ケンイチ氏の方からガツガツ迫ってアピールした結果 結婚したというのだから驚きです。

結婚は年齢が一回り離れていたり、顔や容姿の美醜はあまり関係なく、 内面の結びつきが深く関わっているのでしょう。 陽気で自由奔放な人と、陰気で神経質な人のカップルなどは、 恋愛心理学では相補性の関係であり、バランスが良くフィーリングが合います。 どうしても女の子らしく振舞うのは苦手な姉御系女性は、 ちょっとシャイで内気、恋愛に消極的な年下男性をターゲットにできると 相性が抜群でうまくいくことが多いかもしれません。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.