恋愛tanu.com男性心理 > 貧乳、Aカップに対する男性の本音

貧乳、Aカップに対する男性の本音

胸、バストサイズが小さいということで真剣に悩んでいる女性が沢山います。 男性心理としては、詐欺ブラジャーなどで見せ掛けだけカップ数を水増ししていると、 表面的な大きさと実際とのギャップで残念度が増してしまうということがある。 しかし、別段そこまで大きな問題ではない。 趣向として貧乳、Aカップ、Bカップの小ぶりな方が好きというタイプもいるし、おっぱいの大きさは気にしないという 男性の方が多い。 男の問題に置き換えてみれば、男性自身が小さいことに匹敵するかもしれない 問題ですが、 特別大きい人じゃないと嫌だという人以外は大抵は受け入れてくれます。

バストアップ成分のボロンが含まれているキャベツを食べたり、バストアップマッサージで 努力のかいあってバストサイズをアップさせる女性も中にはいます。 女の子第一主義の私の意見としては、胸のあるなしはあまり気にならないです。 ただ、それ以外の部分での性格や体型、スタイルなどの改善できる部分についてはあまり妥協したくないというのが 、男性心理の総意でしょう。

ただ、やはり「無くても別にいいけど、有ったら嬉しい」という 存在であるのは間違いないかもしれません。 身体的な特徴のコンプレックスは自分が思っているよりも周囲は関心が薄いものです。 まな板な胸元であっても、恋愛に対してもマイナス思考にならず、自信を持ちましょう。

スポンサードリンク

女性を胸で判断する男性の性格傾向

・貧乳好きは甘えん坊で一途

貧乳というのは人間的な性能、子供を育てる母親としての能力が低いと判断できます。 そんな胸が小さい女性を好きな男性は、女性に母性を求めて甘えたがる傾向があります。 貧乳好きというと、年下、若年層の女の子フェチでロリコンというイメージが真っ先に頭に浮かびますが、 実際のところは逆の現象が起こっています。

胸は女の象徴でもあることから、胸がなくても好きということは、 男性は彼女や奥さんに女としてのポジションよりも、 頼れる年上のお姉さんという位置付けを期待している面があります。 世話焼き女房が好きだったり、尻に敷かれたいタイプのMかもしれません。

ヲタク系、根が真面目な草食系男子タイプは恋人を身体的な特徴よりも人間的な相性で判断することが多いです。 貧乳好きは異常というわけではあく、 内面重視でじっくりとした付き合いをしてくれる誠実な男性でしょう。 本能的にライバルが少ない女性を配偶者に選んで遺伝子を残せる確率を高めている潜在意識も存在しているかもしれません。

・巨乳好きは遊び人で浮気者

巨乳は男性の「オス」としての本能を強く刺激します。 健康な母体であり子供に与える栄養を十分に蓄えてる様子は動物的に魅力的に映ります。 だから、下心や性的な対象として見られやすくなります。 実際、大きいバストが好きな男性は、運動やスポーツが得意で男性ホルモンが活発に分泌されている 肉食系男子タイプが多い。 絶対Cカップ以上、できればFカップは欲しいというタイプの男性は十中八九女性経験が豊富だったり 、短期的な交際目的のナンパ師です。

おっぱい好きは甘えん坊かと思いきや、支配的な暴れん坊で我侭な言う事を聞かない彼氏が多い。 世間のイメージとは大よそ逆になっているのが胸の大きさに対する男性の性格傾向です。 目立つボディを武器にすればモテるかもしれませんが、 それは一夜限りの大人の関係ばかりになってしまい、 都合のいい女として扱われる確率が高まることも意味しています。




巨乳であることは女性としての長所でもありますが、いやらしい視線でじろじろ見られたり、 都合のいい女として遊びの関係を迫られたり悪い虫が寄ってくる確立が高まる短所もある。

ポジティブに考えてみれば貧乳女性は紳士的で一生大切にしてくれるような 男性からアプローチがかかりやすい利点もある。 大き過ぎると肩こりや腰痛などにも悩まされたりと、 どちらも一長一短であるとも言えます。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.