恋愛tanu.comデート・カップル > 女から誘い、男性にキスさせる方法

女から誘い、男性にキスさせる方法

女性は恋愛に関しては男性から愛情を注いで貰うことで喜びや満足感を得るので受け身な存在であり 、滅多に自分からアプローチをすることはない。 付き合いが長くなると女性からも攻めてくることもあるが、初キスともなればプライドが許さないし絶対に相手からして欲しいと 考えるのが女性心理というものでしょう。

男性は女性がちょっと頑張って演技をすれば簡単に行動をコントロールできます。 露骨にしたいアピールやおねだりしなくても 、思わず抱きしめたくなるような可愛らしさを作り出し誘導する方法はいくらでもあります。 付き合って一ヶ月経っても、キスしてくれないような淡泊で奥手な性格の草食系男子が彼氏、旦那の場合は、 肉食系女子になり積極的に迫るしかないパターンも稀にあるので、心の準備はしておこう。

日常的にキスをしている人は寿命が延び、女性ホルモンの分泌も盛んになり身体的にも精神的にも安定し、 綺麗で可愛く変身してきて、自信に満ち溢れてきます。 ちょっと前まで喪女、非リア充のモテない女友達に彼氏ができた途端、 肌ツヤもスタイルもよくなった気がするということは実感できる話だと思います。 特定の異性のパートナーがいる女性は大抵、お肌もつやつやで目も輝き表情も明るく体型もスリムに痩せるので、引き締まってきます。

キスプリクラや写真などで、女友達との恋バナ共有、エピソードや武勇伝など話題が途切れないので同性同士の関係も良化していきます。 最近ではキスフレンドなる言葉も流行しています。 一度恋人ができると彼氏が途切れなくなるのも、自然と恋愛経験が豊富になり 、大人の余裕などモテる要素や特徴が身につくからでしょう。 恋愛はいいこと尽くめ、甘いキスをしてくれそうな男性にはしっかりアタックしましょう。

人が関係を構築していくには視線→会話→接触の3つのステップがあります。 目で相手に敵意がないか友好的かどうか安全性を確認し、 性的に魅力的かどうかもチェックする→ 会話を試みて心理的な距離を縮めて仲良くなる→ スキンシップやボディタッチなど体に接触、密着してより親密な関係へと歩を進める。 というのが基本的な展開です。

なかなかキスされない、してくれない、させてくれないと不満を持っている女性、彼女は 、お喋りの段階から先に行けないことが原因になっています。 特に緊張すると早口になったりマシンガントークをして冗談を言ってしまう人は、チャンスを自ら潰しているようなものです。 「言葉」の関係はまだ友達状態で他人行儀な段階で壁を感じさせます。 男女がより深い絆で結ばれるためには「無言の接触」は欠かせない儀式です。

能弁な彼氏よりも、無口で寡黙な彼氏の方が触れやすい気がしませんか? これは男女共にきっと同じ感覚だと思います。 言葉があまりに多過ぎると、体に到達するまでに逆に時間が掛かってしまうことがあるのです。 このことに気をつけながら、良いムードや雰囲気を作る努力をしてください。 女性の受け入れ態勢が整っているとスムーズに自然な流れでキスできます。 また、男を虜にして依存させるようなキスの仕方やテクニックを覚えておくと、 手放したくない彼女にレベルアップできます。

スポンサードリンク

男がキスしたくなる瞬間、キスさせるテクニック

・二人きりのシチュエーション

キスが可能なタイミングの最も大きな共通点は二人きりの場所にいることです。 ハッキリ言ってしまえば、この環境条件さえ整えれば後は余程奥手なシャイボーイでもなければ、 男は強引に迫ってきます。 二人きりになった時の緊張感、ドキドキと高鳴る心臓は誰もが経験したことがあるもの。 家デートで一緒にDVDを見ていたら、映画そっちのけでラブラブタイムが始まってしまう なんてのは定番のパターンです。

完全な密室でなくても、一時的に二人きりになれる空間でもよくあります。 具体例としては、カラオケ、個室居酒屋、ネットカフェ、プラネタリウム、ドライブデート時の車内、エレベーター、 軽いフレンチキスなら公園や海、ディズニーランドなど落ち着くところでもあり得ます。

・唇がプルプルしてて艶がある

男は視覚によって興奮する単純な生き物です。 もしもデート中に彼女の口元が乾燥していてパサパサだと、意欲も失せてしまいます。 特に冬場は乾きやすいのでリップクリームを塗っておきたいところです。

また、口紅やキス専用美容液やグロスなる化粧品もあるぐらいです。 男性は初対面で一番最初に目を見て次に唇を無意識に見て魅力的かどうか判断します。 こんな理由もあってか、美味しい唇になると評判の商品も販売されておりロングセラーになっています。 「キス専用美容液ヌレヌレ」 目と口元が綺麗だったら誰でもいいと思ってしまう面もあるかもしれません。

・近くで見つめ合った時

シャイボーイが一番心配で怖いのは、女性から拒否されることです。 手を握った時にサッと払いのけられたらショックで「駄目なのかな」と腰が引けてしまいます。 目を合わせたのに逸らされたりしても自信喪失に繋がる。 言葉でなくても目だけでOKのサインは送れます。

物欲しそうな視線を送る、見つめてきたら見つめ返す、 目が合った時、3秒ぐらいは見つめてから逸らすなど。 目は口ほどにものを言うというのは本当のことであり、目だけで「キスしていいよ」 というメッセージを送るのは女性の役割です。

ポイントとして上手いやり方を付け加えると、目が合った時に口が半開きだと 準備OKの脈ありサインだと判断される材料になります。 人は好きな人と対面するとキスしたくなるので、口元が緩んで開きやすくなります。 顔がニヤケ面になったり笑顔になりやすいのもこれが理由のひとつです。 だからと言って口を開く演技をして油断していると、マヌケ面になって引かれるかもしれないので注意しましょう。 逆に嫌いな人の前では無意識に口をギュッと締めてガードするしぐさをします。

・隙があるポーズをした時

無防備な姿をしている警戒心ゼロの女性は、特有の色気が出ており非常にセクシーです。 自然体の素顔、寝転がって目を閉じている時、ベタベタ甘えてきて上目遣いで見つめられた時、 読書やマンガを読んでいる時、テレビを一緒に見ている時、 ペットや子供じゃれあっている姿など。

イメージとしては女性が和んでいる姿を見ると、ついつ手を出したくなります。 変に気を遣うよりもやりたいことを自由気ままにやっている姿、 ネコみたいにのびのびと呑気にしてる様子を見せると人は引き寄せられてしまうのです。

・キスの相性が良かった

キスの仕方の好みには個性や癖があり、無理矢理練習して矯正して治せるようなものではないと思います。 舌を絡める、長時間吸い付く、舐めまわす、チュッと短い間隔で口をつけるなど、技術は様々です。 その時の反応が良かったり感触が忘れられないぐらい上手いと、ハマってしまい キス依存症になるので何度でも求めてきたり、結婚対象としても選ばれるかもしれません。

拒否する時の色気のあるさばき方も上級者テクニックとしてあります。 また、マウストゥマウスだけではなく、頬、おでこ、鼻、耳、首筋などにキスするのも喜ばれるポイントです。 間やリズム、テンポ、激しさなど相手と呼吸や波長を合わせるように、リラックスしてすると居心地よくなるでしょう。

逆に相性が悪いと嫌がられたり長続きせず振られるきっかけにもなります。 恋愛経験が少なくて歯が当たったり下手なぐらいではさして問題はありませんが、 あまりに歯車が噛み合わないとキスが億劫になるかもしれません。 初心者で動き方がぎこちないけど上達しようと頑張っていると、 愛らしくて本命の彼女としてより好きになることもあります。

また、嗅覚や味は遺伝子レベルの相性もあります。 口臭がする、臭いというのもほとんど相性の問題かもしれません。 キスする前にニンニクやキムチ料理の食事など、刺激が強い食べ物を口にしないなどのエチケットやマナーにも気をつけよう。 また胃の不調でも口臭は悪化すると言われています。

体の相性は誰でもいいわけではなく、将来のためにも自分に合うパートナーを選ぶべきです。 キスが「不味い」と感じたら恐らく付き合っても長続きしません。 人間がキスをする目的は科学的には解明されていませんが、匂いや感触で遺伝子的にパートナーとして 相応しいかチェックしているという説もあります。

・久しぶりに会う時

遠距離恋愛の彼氏彼女は会った時に当たり前のようにキスすると思います。 これと同じように、仕事で忙しくて長期間会えない時期があったりすると、 相手もご無沙汰で色々と我慢して溜まっているので、 挨拶した瞬間に不意打ちで襲いかかってくるかもしれません。

「いきなり変なことしないでね」とメールやlineで前フリのメッセージを送っておくと なお効果的かもしれない。 心理学には禁止されるとやりたくなる「カリギュラ効果」がある。 人はタブーと聞くとついついその魔力に吸い寄せられて足を踏み入れたくなるものです。

・主従関係を作る

男性は上下関係が存在し、自分の立場が格上だと認識すると強気に出る性質がある。 大人と子供、先生と生徒、上司と部下など様々です。 また、支配欲求や征服欲求があるのでコントロールしやすい女性が好みのタイプとなっている。

それに対しては女性は従属的で尽くしたり奉仕することで満足する母性本能を備えている。 年上彼氏と年下彼女の歳の差、高身長男性と低身長女性などの身長差 があるカップルはうまくいく確率が高い。

これらはお互いの本能的なニーズを満たす特徴を持っており、 プラスアルファで主従関係に似たような構図が出来上がっているからです。 妻は夫を立てることでやる気が出る、夫もまた妻のために働く。 お互い支えあうようでいて、わずかに家庭内での夫の地位を高める事で夫婦円満になるのです。

人は意外と強制的に動かされるのが好きだったりする。 特に命令される相手が好意を持っている片思い中の相手だと、快感以外の何者でもない至上の喜びになる。 良くある手段としては「罰ゲーム」を実施する遊びをすること。 「トランプやオセロで負けた方が言う事を聞く」などの条件を決めると、ドキドキしながらも 盛り上がることでしょう。 キツイ条件を出して女性負けてしまうという展開も可愛らしく、迫りやすいです。

・帰り際、別れ際

好きな人と遊んだ最後、名残惜しくて時間が許す限りついつい体をくっつけたくなる。 特に付き合ったばかりの初々しいカップルや、 初対面での初デートの場合、去り際が最も勇気を出しやすい。 良くあるシチュエーションとしては、高校や大学の下校時、社会人サークルや職場の同僚との飲み会の薄暗い帰り道。 闇に紛れて人間としての本能も解放されやすく、ベストタイミングと言える状況です。

女性側が積極的になるポイントとしては、手と手が触れ合うぐらいの距離で歩いたり、 「じゃあね」とお別れの挨拶をした後もしばらく動かないなど。 微妙に含みを持たせることで成功率が上がります。

日本人はキスの回数が少ない、もっとしよう

付き合う前の初デートの段階は最初の一歩を踏み出す勇気が必要だし、マンネリで冷えてきたカップルや夫婦などは 、面倒くさくなってくるかもしれない。 しかし、キスは愛情確認として重要なコミュニケーションのひとつです。 思い出に残るデート先でのロマンチックなキス、 お出かけ、おやすみの挨拶代わりのチュウなど、 パートナーと一緒に心を温められるキスができれば理想的ですね。

外国人は日本人と結婚するとキス頻度の少なさに驚くようです。日本人はキスに淡泊なようです。 女性の方から動いてくれると男性は喜びます。積極的に迫っていきましょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.