恋愛tanu.com男性心理 > 男をその気にさせる方法、女らしく甘えよう

男をその気にさせる方法、女らしく甘えよう

肉食系男子は単純なので、すぐに手を出してくると思いますが、 奥手で淡白な草食系男子は普通に遊ぶだけでは男と女として何も起こらないことが良くあります。 モテるイケメン男性などは、早めに捕まえておかないとすぐ他の女の子を見つけてしまうので、 遊んだ時にその気にさせられるかが重要かもしれません。

特に初デートでの第一印象は覆すのに時間が掛かります。 彼女が大好きでずっと付き合ってくれる彼氏なら良いですが、 一回目のデート以降会ってくれなくなるとなんだか残念な気持ちになってしまいます。

体目的は嫌かもしれませんが、女性だって抱かれたい気分になる時があると思います。 そんな時の願望を満たすためにも大人の女として自分から誘惑できるようテクニックを磨いておきましょう。 経験が無くても男性心理とちょっとしたコツさえ覚えておけば簡単なので誰でもできます。 恥ずかしいかもしれませんが、恋愛では女性から誘うことが求められることもあります。

スポンサードリンク

男性をその気にさせるテクニック

・素直にして欲しいことを言う

恋愛とビジネスは似たようなものだと言われ、モテる人は仕事もバリバリこなすエネルギーがある。 どちらも営業力が大事で、上手に自己PRしたり自分の意見をハッキリ述べないと熱意は伝わらないしなかなか成果は得られない。 女性は自分の気持ちを察して欲しいという欲求があるため感情表現が遠回しで理解しづらいことがある。 男性としてはわかりやすくはっきりと気持ちを伝えて欲しいし、 たまに女から誘うぐらいリードされてみたいと思っている。

具体的にはして欲しいことをおねだりする小悪魔的なスキルが求められる。 物欲しそうにじっと目を見つめてお願いされたら強情で頑固者でもなければ男性は断れない。 「もっと相手して」「寂しい」「抱きしめて」などの可愛く甘える言葉は男性をドキッとさせる。 面と向かって直接言うのが恥ずかしいならline(ライン)やメールで本音を伝える方法も使えます。

わがままを言われると一瞬は困惑しますが、遠まわしに願望を伝えられるよりも直球で要望を注文してくれると男性としても素直に応じやすい。 プライドが許さない女性もいるかもしれませんが、 男性を喜ばせるサービスだと思って映画のヒロインのように演じてみよう。

・手を出せるシチュエーションに誘う

人はその場の状況によって気分が高揚して盛り上がったり、興奮することがあります。 シチュエーションやムードが良いと、一緒にいる相手が魅力的に映るので、雰囲気や空気が良い場所に連れて行くのは効果的です。 簡単に言えば、薄暗い場所で二人きりになれれば、大抵の男性は手を出してきます。 人は普段本性を隠して生活していますが、光が遮断されると抑制が効かなくなって本能の欲求を我慢しなくなる。 飲み会の流れでお持ち帰りされたり、カラオケ、クラブなどで気分が盛り上がりやすいのもこの心理があるからです。

付き合う前なら、1人暮らしの彼氏の家に遊びに行くか泊りに行くのが一番手っ取り早いでしょう。 シチュエーションを整えて自然体で接していればあとはその場の流れや勢いで落とすことができます。 付き合っている場合はいつもとは違うデートスポットに赴くのもマンネリ解消には良いかもしれません。

・積極的にスキンシップする

人間の本能として、少しでも好意がある人なら体を密着させていると、それだけで親密度は高まるし男女共に性的対象として意識して、 メロメロになってしまう心理があります。 笑顔でいつもより体の触れ合いを増やすと「今日は機嫌がいいのかな」なんて感じさせます。 そしてポジティブで明るい空気は伝染するので、男性も犬や猫と触れ合っているような和んだ気分になるでしょう。

大抵の女性は受身なので、自分から甘えるアプローチをしてくると可愛がりたくなります。 具体的には、パーソナルスペースに入り手と手が触れ合うぐらい近づく、肩を揉んだり寄りかかったり腕を絡めてベタベタするなどさり気ないボディタッチをする、 お酒を飲んでいる時は寄った振りをして距離を縮めるテクニックも有効です。 自分からキスするぐらい情熱的だと、男性としては好意を実感できて嬉しいし、愛情に応じてあげようと思うものでしょう。

・甘えたい派か甘えられたい派か聞く

この質問は男女の仲を急接近させるキーワードであり、ここぞというタイミングで尋ねればほぼ間違いなくイチャイチャムードにもっていくことができる。 男性や彼氏の答えによって対応の仕方は単純に2つあります。

「甘えるのが好き」なら「もっと甘えてもいいよ、ハグして」みたいにお願いする、 「甘えられたい」なら手を繋いだり、抱き着いたり、会話の流れからそのままスキンシップができます。 簡単に好感度を上げながらもお互いの欲求が理解でき、女としても意識させることができる。 恋愛の進展に役立つネタとして覚えておきましょう。

・自尊心を満たす褒める言葉を掛ける

男性は厳しい競争社会の中にいて、仕事中は常にストレスを感じている。 だからこそ、彼女や嫁、奥さんには自分を癒してほしいと思っている人が多い。 男性は好きな人に安らぎを感じると、自然とくっついたりイチャイチャしたくなります。 だから、ケンカで険悪になったり、気が強く勝気な女性だとイライラしてしまい安心して接することができなくなることがある。

誘いを断られて傷つき、それ以来一切体の関係がないという夫婦もいます。 男性の体の機能は女性に比べてナイーブで精神的に落ち込んでいる時などは働きが鈍ります。 仕事で忙しいからとデートを断るのもこれが影響しているところもあります。

彼氏や旦那を褒めたり持ち上げることができる女性、つまり男を立てることができると 男性も自尊心が高まりエネルギッシュに生活できるようになる。 自信がつくと男性ホルモンの分泌も活発になり、明るくアクティブになります。 その気にさせる方法として、褒めたり煽てる、支えてあげることが効果的で、 「格好いい」「すごい」「上手い」「頼りになる」「尊敬します」などが男性が喜ぶ言葉で、 パートナーが自分の味方だと認識すると一緒にいて居心地が良いリラックスした関係になれます。

・食事はデートの最後にする

男性と女性では食事の前後で性欲のスイッチがまったく逆に入るようにできている。 女性は満腹時には栄養状態が良好、現状が豊かで子供が産める状態だと判断して性欲が高まる。 逆に男性は空腹時に身の危険を感じ、最後の生命力を振り絞り自分の遺伝子を後世に残したいという子孫繁栄本能のスイッチが入り性欲がアップするという。 科学的根拠が明確なのでわかりやすい男女の心理の違いです。 ただ、外国ではわかりませんが、日本人女性は食べ物に余裕があるので、空腹でも全然問題ないようです。

また、食後にキスすると脂っこかったり臭かったりするのもちょっと気持ち悪いので性欲が減退したり意欲も削がれますね。 同棲カップルや結婚している夫婦ならあまり気にならないかもしれませんが、これから親密になる男女は良く考えてみましょう。 ただ、精力がつく食べ物を少し食べさせるぐらいは良いと思います。 具体的には、お肉、ニンニク、ごま、牡蠣、山芋、ニラ、アーモンド、ピーナッツなどが精力アップに効果的だとされています。

・甘いムードが出る仕草や態度をする

色気を出す女のモテしぐさみたいなものがあり、異性として意識させる効果があったりする。 男性をその気にさせるコツとしては基本的に隙があると迫られることを意識しておくと良い。

具体的にな態度としては、力なく脱力したアンニュイな様子、体をくねくね捻る、髪を掻き分けたり触る、無防備な後姿、寝顔、ゴロゴロする、 目を見つめる、顔を近づけて口を半開きにする、耳元で囁くなど。 どれも警戒心を感じさせず、相手を信頼している心理が見て取れるしぐさと言えます。 これらの行為はどれも女らしさがあり動物がする求愛行動やダンスに近いものを感じ興奮させます。 少年漫画などでもこの手の描写は多く男性が高ぶる心理をよく表しています。

・ボディラインが出る服を着る

よく知らない他人がミニスカートなどを履いていると目のやり場に困るものですが、 二人で遊んでいる女性なら遠慮なく体が見られる?ので、勝負デートの日は適度に肌を見せると男としては感激するもので乗り気になりやすい。 そもそも現代人は本能が鈍っていて、男らしさ、女らしさを感じるアンテナがうまく機能してないとも言われています。 だから、性差を目立たせないと異性としての魅力に気づかないのかもしれません。

短いスカート、ショートパンツ等で足を強調したり、 ピタッとしたサイズのファッションで体のシルエットがハッキリわかるようにすると性的魅力をアピールできます。 ただ注意点として、露出にはチラリズムや適度に隠す上品さが求められ、下品すぎるとレベルが低い男性が寄ってくることもあります。

・男の好きな匂いで気を引く

女性物のシャンプーやリンスはそれだけで十分男性の本能をくすぐるぐらいいい香りを漂わせていますが、香水は女性ホルモンのような匂いをさらにパワーアップさせます。 アロマテラピーにも「誘引効果」という性欲を引き出す効能がある匂い成分があります。 人間は五感の記憶(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)は強く印象に残るので、良い匂いの香水をつけることは男性の頭をその女性で一杯にするぐらいの効果が期待できます。 だから、モテたいと思ったら、男ウケする香水をつけるというのはアプローチ方法としては非常にシンプルで簡単なものです。

男性が好きな匂い、香りページでも紹介している。 ベッド専用香水リビドーロゼ フェロモン香水の刺激は科学的にも性衝動のレベルが上がりスイッチが入りやすいと評判です。 人間はいい匂いがする人や場所のことは強く記憶に焼きつき、そうそう忘れません。 「また彼女のあの匂いが嗅ぎたいな」「元カノと再開したい」など、 香りを使うと男性の無意識の潜在意識に入り込む事ができ思い出されやすくなります。

毎回香水をつけるのは大変かもしれないので、 たまには魅了させ、誘惑させるような色気を感じさせてドキドキさせましょう。

・男の理想像になりきる

男性は大切な女性の頼みだったらなんでも聞くし全力で守りたいと思います。 しかし、大切にされるにも条件があって、本気で夢中になる価値があるほど惚れ込める相手でなければ、冷めて扱いが雑になってきます。 男性の理想の女の子像に近いほど、付き合った後や結婚後も優しくしてくれる。

その要素としては、男性遍歴が無い、初めてが多く新鮮な気持ちで付き合える、一途に好意を持ってくれる、純情可憐な乙女でいて欲しい。 ピュアで穢れの無い女神か天使のような女性を理想としています。 女性の実態とは全然違い馬鹿らしいですが、この男性の願望を満たす努力をしてあげると愛されやすくなります。

過去の男性遍歴や元カレの話をしたり元カノについての質問をするのは、男性の夢を壊し恋愛感情を萎えさせるので本命度が下がりやすい話題です。 露骨で下品すぎる下ネタも控えたほうが無難かもしれません。 私は無駄に真実を伝えるよりも嘘をつかれたり秘密なままの方が幸せなこともあると思う派ですが、 全てを正直に打ち明けて欲しいタイプもいて、ここは意見が分かれるところです。

些細なことで嫉妬するのは割合的に女性の方が多い気がしますが、嫉妬や嫌な気分にされた怨みを本気で根に持つ負のパワーでは男性が勝っていると思います。 一度失望されて本命の彼女として見られなくなったら結婚は難しく、遊びでキープされるか別れるしかなくなってしまうので注意しましょう。





知り合ったばかりの男女もマンネリ気味の倦怠期カップルでも、女性がきっかけを作る努力をすれば男性は手を出してくるものです。 仕事で疲れてるだとか健康に問題がないのに体を求めてこないのは、愛情不足か、 あるいは女として見られない状態に陥っているのでしょう。

これまでの項目を見ていくと年上男性と年下女性のカップルは自然と相性が良くなるようにできている気がします。 10代ぐらいの若い年齢の女の子のように好奇心旺盛で明るく素直に振舞うのが男性をその気にさせる成功の秘訣かもしれません。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.