恋愛tanu.com男性心理 > 男が勘違いする女の行動、思わせぶりな態度

男が勘違いする女の行動、思わせぶりな態度

女性にとってはただのお友達という認識だったのに、親しく接しすぎて男性が異性としての恋愛対象、好意だと勘違いしてしまうことがある。 男性からすれば、「俺に気があるのかな」と思ってデートに誘ったり告白してみても振られたり断られたりして 「なんであんなに脈ありっぽかったのに」と思わせぶりな態度をとる女に意気消沈してしまう。

天然系の女性は何の気なしに、小悪魔系女子は意図的に遊びで二股をしたり、男性を勘違いさせる言動をしていることがあるのです。 わざと思わせぶりな態度をとる女性の心理としてはは男性からチヤホヤされたい承認欲求や充実感から来るものや、 自分の魅力で男性を照れさせて反応を見て弄んでいることもあります。

女性視点では、好きな人へアプローチする場合、手を出してこない男性に気があるサインを出したい時は、これらの勘違いさせる方法をすれば恋愛がうまくいきやすい。 逆に嫌いなおじさんなどに好意を寄せられたくない、脈なし態度を明確にしたい時は、思わせぶりな態度や気がありそうな行動で誤解されないようにすれば、 トラブルに巻き込まれることも少なくなるでしょう。

男を勘違いさせる女の言動

・普通の女性よりも距離が近い

気さくでフレンドリーな女性と接していると自分に気があると勘違いする男性が続出する。 男慣れしている女性はパーソナルスペースが狭いことが多く恋人同士のような距離感で、服装もラフでガードが緩い。 特定の異性のパートナーがいる余裕がある彼氏持ちや既婚者の奥さんなどは特にこの傾向が強いのが理由で、 恋人がいる女性ほどより魅力的に見えてモテるようになる。

具体的な事例としては、飲み会の時に隣に来る、歩いている時に手が触れ合うぐらい距離が近い、 職場のエレベーダーで一緒になった時に近い、話している時の距離が普通の人より近い、 ふわっといい匂いがして女性のフェロモンを感じるなど。 心理的な距離は身体的な距離と一致しやすく接している相手も女として意識してしまいやすいのです。 逆にちょっと距離を離せば、あっという間に他人行儀な雰囲気ができあがります。

・優柔不断ではっきりノ―と言えない

女性は男性を傷つけないように、怒らせないようにやんわりと拒否する人が多い。 口説かれている時やデートに誘われている時にハッキリと断ったり無視しないと、迷っている=押せばイケそう、 と勘違いされることになったりします。

恋愛のきっかけは、「あまり興味がない男性だったけど予定がないからデートの誘いにとりあえず乗ってみよう」 という軽い気持ちが始まりだったりします。だから男性はこの幸運に賭けて必死でアプローチしてきます。 しつこい男やストーカーも、初めからきっぱり断らないから淡い期待を抱いてしまうというので、 危なそうな男には注意しましょう。

・目をじっと見つめてくる

目が悪い女の子はモテるという説がある。 メガネを掛けていない裸眼の状態だと、遠くからでも相手の顔がぼやけて見えていないけど、 相手からは見られてると認識されて興味があるのかと勘違いされる。 また、微妙な距離で誰かわからないので目をすぼめて凝視して確かめているのも脈ありだと誤解される。 人間のコミュニケーションの入り口はアイコンタクトであり、異性がチラチラ見てくると恋愛感情があるかと勘違いするのもおかしくはない。

男ウケが良いぶりっ子の特徴として、男性とのアイコンタクトの回数、頻度が多く、視線がよく合うということがある。 ちょっと清潔感があって綺麗な女の子が色目を使って見つめてきたら、初心な男なら誰でも惚れてしまうというものです。 また、社交的で積極的な人は視線を外す傾向があり、 内向的で受け身な性格の人ほど相手を見つめる時間が長いという心理のデータもあります。

・恋愛に関する質問をしてくる

恋バナは女性にとっては普通の雑談と同じようなもので、短期間で仲良くなるのには恋バナが最も適している。 しかし、恋愛経験が少ないモテない男性にとっては、恋愛系の話は普段あまりしないもので、勘違いさせる要素になる。

好きなタイプ、好きなデート、休日の過ごし方、彼女がいるか、などを聞いてくる。 秘密やプライベートなこと、下ネタを話したり、彼氏がいないアピールをしてくるなど。 女性の場合、興味津々で根掘り葉掘り個人情報を聞く割には、実は質問してる相手に全く興味がないなんてことも珍しくない。

・よく絡んでくる

学校や職場で社交的な性格の女性はちょくちょくちょっかいを出してくる人がいたりする。 具体的な行動としては肩や腕など体に触れる、電話や連絡をしてくる、二人きりの状況を作る、友達がいるのに仲良しアピールするなど。

特に恋人同士のようにボディタッチやスキンシップをするのは、脈ありサインだと思ってしまうのは仕方がない。 明るく陽気なモテる女が愛想を振りまくと、そこに居るだけで男性の視線を独り占めしてしまったりするものです。

・間接キスのシチュエーションを作る

運動系の部活やサークル活動、職場や学校の飲み会で、「飲み物一口ちょうだい」とか「どんな味するの?」と言って 軽く間接キスの状況を作り出す気さくな女性がいたりする。

男としては非常に好感度が高く、これをやられただけで他の女性とはまったく違う特別な好印象を抱いてしまう。 よっぽどの天然系か計算高い女性しかできない恋愛ドラマのようなイベントで、独身男子なら一発で勘違いすることでしょう。

・話してる時のリアクションが良い

女性が可愛く見えるチャームポイントのひとつは感情表現豊かで身振り手振りや表情の変化が激しいことが挙げられる。 女性はコミュニケーションをしている時、男性の10倍ぐらいは体が良く動くと思われる。 特に笑顔で愛想が良い女性に弱いのが男性心理というもので、 友達感覚で男性とお喋りしているだけなのに次々男を魅了して虜にするモテる女がいたりする。

また、相談事を持ちかけたり、話を親身になって聞いてあげたり、深夜に電話したり、 メールやlineの返信が早い、絵文字やスタンプが多いなどでも、男性は恋愛対象として意識しやすい。 男性からすれば女性の好意的な言葉は全て愛のメッセージと受け取ります。 そして、会話中に楽しそうにしたりオーバーリアクションが出るのは女らしい魅力のひとつなので、何の気なしに話しているだけでも無意識のうちに男性を誘ってしまっているかもしれません。

・一緒にいる時に甘えてくる

片思い中の男性に甘えられる女性は小さい頃から可愛がれるのが上手いか相当の恋愛経験を積んでいるように思われます。 声のトーンを上げて猫なで声で「〇〇くーん」と名前を呼ばれたら、それだけで嬉しいものです。 他にも「手伝って」「助けて」みたいにお願いして頼りにするのも好感度が上がります。 だから、男に甘えて積極的に利用する腹黒い性格の悪女はモテたりします。

また、男女共に異性の笑顔には弱いもので、営業スマイルや作り笑いでも親近感を覚えて騙される傾向がある。 占いなどで相性が良いことを強調するのも親密度がアップします。 楽しそうな笑顔で甘えてくる女性がいたら男性は勘違いすることでしょう。

・男性の持ち物を触る

人の心理的領域(テリトリー)は自分の周囲に存在しますが、それは自分の所有している物にまで及びます。 例えば、青春時代の世の男子は学校で好きな女の子が自分の椅子に座ってたらドキッとするし、ちょっと嬉しいとも思ったはずです。 他にもシャーペンや教科書などの貸し借りも異性とするとなんだか胸がときめいて興奮します。

何の気なしに相手の気に入っているアイテムやプライベートに関わるモノに触れることは、 親近感が湧く効果がある行動です。 好きな人にあえてスマホやカバンなどを持たせる行為も、信頼の証であり性的に意識させる恋愛テクニックとして使えます。

・彼氏持ちなのに誘ってくる

カップルと言っても誰もがラブラブというわけではなく、半分以上は別れるし、彼氏彼女どちらかが冷めていてマンネリ気味だったりする。 彼氏がいないガードが固い女性よりも、彼氏持ちで男に免疫がある女性の方が案外デートに対するハードルは低かったりします。

二人きりで食事や密室空間に遊びに行ったり、酔っぱらうほどお酒を飲むのは、ガードが緩く気を許していると思われる。 特に飲み会の場は男性もお持ち帰りを期待しているし勘違いされやすいので注意しましょう。

・男性の細かいところを褒める

男はプライドが高い生き物です。 しかし、社会ではヒエラルキーで上位のイケメンやお金持ちしか褒められることは少ないものです。 だから、男性を褒めると非常によく喜びます。ヒエラルキー下位のレベルの低い人間ほど表面上のゴマすりや社交辞令に弱い。 「優しい」「すごい」「カッコイイ」「センスがいい」みたいなテンプレのようなお世辞でも簡単に笑みがこぼれ自信満々の態度になります。

女性から「髪切った?」「服寒くない?」みたいに興味や関心を示されると、「俺見られてるな」 「俺の事好きなのかな」と勘違いします。

・男性の運転する車に乗る

都市部以外の地方では、車で移動が当たり前で、若い学生の間でも「車持ちじゃない彼氏は無理」「デートと言えばドライブ」みたいな 価値観があります。 女性としたらその気がない男性の車に乗るなんて考えられない人もいるかもしれません。

しかし、男は単純なので男女が二人きりで車に乗ったらキスぐらいはできるものだと思っています。 日本人は草食系男子で優しい人が多いので比較的安全ですが、送り狼という言葉があるように外国では連れ去られてもおかしくはありません。 車に乗るのは男の家に遊びに行くぐらいの親密度がある行為だと認識する必要があるでしょう。

女性は距離感を間違えると男性はすぐ勘違いしてしまう

男性は単純で性欲が強いので、友達として仲良くしている感覚でもすぐに女として意識してしまう。 男女の友情が成立しないのは、ほぼ必ず性的な目線で見てしまう色気のある行動や態度が出る瞬間があるからです。

友達として付き合うにしても女性は男性の欲求をかわし続けないといけないので、 友達以上恋人未満の関係を維持するのは案外難しいものかもしれません。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.