恋愛tanu.com男性心理 > 男性からアプローチされたい時のアピール方法

男性からアプローチされたい時のアピール方法

日本人女性は外国人に比べると受け身で消極的なのが特徴だと言われています。 女性の本能として「男性から愛されたい」「好きって言ってほしい」という願望があるので、 その部分の欲求が強いのは日本人女性特有なのかもしれません。

男性からアプローチされるには女性側が誘いを受け入れる準備を整えてコミュニケーションを取ると意気投合する確率が高まります。 ちょっと気になる遊びたい男性には連絡しやすい雰囲気を作ると恋愛がうまくいきやすい。 どのように振る舞えば男を引き寄せるのか、片思いしている好きな人からデートに誘われるにはどうすれば効果的なのか紹介していきます。

スポンサードリンク

デートに誘われるアピールの仕方

・女友達と同じように接して打ち解ける

女性は異性に対する警戒心が強い人が多く、さらに恋愛対象外の男性から言い寄られると露骨に不快な表情をしたり思わせぶりな態度をしつつもNOを突きつけます。 そんな振られた経験をしてきた男性はそんな残念な結果が当たり前だと思いつつも、やはり嫌われるのは苦痛です。 逆に言えば自分に懐いてくれる女性に対しては非常に好感度が高くすぐに惚れてしまう。 猫被ったぶりっ子のように甘える男たらしがモテるのも、多くの男性が過去に拒否された記憶がトラウマになっているからです。 だから、「女は嫌い、信頼できない」と女性不信になる男性が続出します。

逆に言えば愛想を良くして笑顔を見せる女性と何度も話していると男性は「この人は自分に脈ありだ」と勘違いして、ほぼ間違いなく デートの誘いを申し込まれるか告白させることができます。 朝顔を会せたときの軽い挨拶、話しやすい相手にするちょっとした相談事、職場での事務連絡など、 男女関係は何気ない会話から恋愛感情が育ちます。

メールやラインでも変に敬語でかしこまらないで、 できるだけ早い段階からフレンドリーな文章のメッセージ交換ができると、お互いにリラックスして自然体を出せるようになり、 仲良くなったり親密になるスピードが早まります。 そういう意味では、ギャルのように無礼者でおてんば系女子の方が心に壁を作らず接しやすいと思われることもあります。

・なんでもOKしてくれそうな優しい雰囲気を出す

性格や特徴は顔に出ると言われますがまさにその通りで、いかにも包容力があって尽くしてくれそうな顔をしている女性は 愛嬌があってホワホワした表情をしています。 これは巻き髪や可愛い服装をしているだけでは出てこないオーラです。

俗にいうゆるふわ系の雰囲気を意識して出すのは難しい。 普段から刺々しく攻撃的な性格の人は眉間にしわを寄せて怒っているような表情をしやすく、 のんびりまったり平和主義な心持ちで毎日幸せを実感していると 自然と表情が朗かになりしぐさや態度も女らしい色気が出てきてアプローチされやすい女性になります。

・モテるオーラを弱める

最近の若い男女は草食化傾向にあると言われていますが、その原因のひとつに美人や可愛い子が増えていることも挙げられるのではないかと思います。 顔、ルックスが良い容姿端麗な女性は必ずしも青春を謳歌しているかと言うとそうでもなかったりする。

ナンパされたり声をかけられることはあっても純愛がしたいだとか、理想が高かったり、好みのタイプと合わないから付き合わないという女性もいますが、 それよりも美人すぎて男性が声を掛けづらいという現象が起こっている可能性があります。 多くの男性は振られることを怖がるし、拒否されると精神的に傷つくので基本的に成功確率が高そうな女性を選びやすい。

オシャレでモデル級の美人を前にすると多くの男性は「難易度高そう」と臆病になって尻込みして口説く意欲を無くしてしまいます。 それよりもちょっと地味で芋っぽい普通の子の方が外見が好みのタイプだった場合「俺でもイケるかも」と思わせる (男性の本能にある独占欲や支配欲を刺激)し、癖があるところがツボにハマったりします。

怖い例ですが、ストーカー被害に遭う女性は意外と見た目が普通っぽい女性が多いです。 男性は自己主張が強く勝気な女性よりも、大人しくて控えめな女性の方が手を出しやすい心理があります。 自分のルックスに自信がある女性は、本命の好きな人の前ではあえて女の輝きレベルを落としてみるのも アプローチさせる効果が期待できます。

・目で訴えかける

男性は自分に気がある人、脈ありだと自信を持てると声を掛けやすい。 女性も好みのイケメンを発見したらアプローチされたい時はガン見するという好意のサインを出すと思います。 視線を送り目を合わせるのは人間関係の入り口であり、 目が合わなければ関係は始まりません。 会社の採用面接でもある程度目を合わせないと第一印象は悪くなります。

デートに誘われたいならアイコンタクトを増やして好きアピールをしましょう。 女性の目つきには色目を使うと言われるように色気があり、上目使い、横目、伏し目がち、見返り美人など全部可愛く綺麗に見えます。 積極的になる第一歩として好きな人の目を見れるようになりましょう。

・ツッコミ所を用意しておく

人は特殊な人や派手な服装をしていたり変な行動をしている人を見るとそこを指摘したくてたまらない気持ちになる。 特にそれが知り合いならなおさら気になるので、会話のきっかけ作りとしては最適になる。 ハム太郎とか可愛い系のマスコットがバッグやスマホについていればそれだけで、「ハム太郎可愛いね」という言葉を言いたくて仕方がなくなる。

何もこれはおかしいポイントだけでなく、優れているところでも使える。 体型に魅力があれば「スタイルいいね」、性格が良ければ「優しいね」、髪がサラサラなら「髪触りたい」みたいにもなる。 とにかく無難で何も個性を出さないことが最もいじりづらいので、自分の素の部分を出すことが男性にアピールする方法としては一番の近道です。

・休日ヒマなことをアピールをする

女の子はとにかく予定が多そうなイメージが男性陣にはあります。 合コンや飲み会で「休みの日何してるの?」なんて聞けば、「彼氏と遊んでる」「友達と遊んでる」「バイトしてる」 のような忙しい感じの言葉が出てきますが、男性に同じ質問をすると「無趣味でやることないんだよ」「家に引きこもってネットとかゲームしてる」「仕事、勉強してる」 みたいなことを言う人が多いです。 だから孤独で寂しい発言をする人は希少価値が高い印象に残る女性になります。

誘う側からすると大勢の友達に囲まれて楽しそうにしてる女の子にアプローチを仕掛けて連れ出すのは相当の男気や人望、 男女のグループ同士で繋がりが強くなければ難しいです。 逆に孤独で寂しそうな女性、2人〜3人の少人数で行動してる女性などは誘いやすい。

さらに「〜のお店いきたいな」「〜食べたいな」みたいなことを匂わしたり、 ついでに彼氏がいないことや非リア充な毎日を送ってることを伝えられるとベストです。 SNSで友達と楽し気な写真を張っていると、迷惑メールが来る確率も若干抑えられる。 男性は群れている女性には手を出しづらいのです。

・2回以上は顔を合わせる

初対面で一目惚れしてしまったのに1度会ったきりずっと会えないことがよくある。 最初の一歩で積極的に踏み出す勇気がなくて別れた後に後悔している人は多いと思います。

軽いお茶や食事デートをしてもフィーリングが合わないならフェードアウトが正解ですが、 どうしてもまた会いたい人だったら連絡先を交換したり、SNSで絡むなりして、 できることなら1度だけでなく2度顔を合わせる機会を作りましょう。 特に高校生、大学生が終わって社会人になったら2回以上続けて会える人は限られてくるので、 出会いから仲良くなれる確率は相当高まります。

・告白させる場所に誘い出す

二人きりの空間は奥手なシャイボーイでもなければ、ほぼ確実に手が出てしまうシチュエーションとも言えます。 放課後の教室、残業後の職場、エレベーター内、などは割と自然です。 特にエレベーターは外国では企業家が30秒でプレゼンをして投資家から資金を引き出すという荒業も行われていたりするほど濃密な空間です。 そもそも好きな人を呼び出せる時点でかなり恥ずかしいかもしれませんが、 勢いで行動してしてしまえば後は緊張しつつもすんなりうまくいったりするものです。

人間関係はスタートさせるのが最も難しい、アプローチされる方法として女から誘うのは少しおかしな話ですが、 男性がアクティブになれる環境に連れ出して何かの偶然、運命を期待する。 誘い受けは恋愛ドラマとして女性が最もドキドキするアクションかもしれません。

・話が合うことを強調する

カップルの彼氏が彼女と付き合っていて最も感じることは会話をしていてつまらない、一緒にいても面白くないということです。 会話をしていて楽しいと錯覚させる簡単な方法は、 相手の話を興味がありそうな態度で聞くことです。 彼の趣味や関心を示して、できることならお互いを高めあい成長、尊敬できるような知識も共有できれば最高です。

そこまでハイレベルなことをしなくても、 ただ面白そうに相手の意見を聞いて肯定的な言葉と共に相槌を打ち共感すると、自動的に上機嫌になります。 まさに夜のお店の接客や接待のようにゴマをすれば、男は楽しい気分になれるのです。 そして、一緒にいて楽しい時間を共有できた女性を好きにならない男性は既婚者や彼女持ちでもなければまずいません。 逆に嫌われたければひたすら否定的になり、最終的に無視すればしつこい相手でも簡単に諦めさせることができます。

・男性よりも友達の予定を優先する

これはもうデートに誘われそうな段階でのちょっとした小技のテクニックですが、 また会いたいなと思わせて追いかけさせる女になるには、 最初の誘いに対しては「その日は友達と約束がある」と断りを入れると、 それだけで二人に追いかけ追われる適度な距離感が出来上がります。 「デートはしてもいいけど友達の次」という順位付けは、彼氏彼女に依存する関係よりも居心地が良いものです。

男性はハンターであり苦労して手に入れた女性を大事にしたい願望があるし、 女性は強く必要とされて大切にされたい欲求がある。 この男女の本能を満たすのが最初に断るというワンクッションです。 そこまで細かい駆け引きをする必要はありませんが、 少しだけ会う日を先延ばしするとお互いの求める価値が高まる心理が働きます。

男にアプローチされる方法はガードを緩めて隙がある女になること

デートに誘いやすい女というと下心だけの男が近寄ってきて馬鹿にされているような気分になるかもしれませんが、 誠実な男性も同じように魅力を感じるので悪い虫も良縁も引き寄せられます。

女性は隙を見せれば色々な男性から交際の申し込みが来ると思うので、あとはその中から本当に愛し合えるパートナーを見極めるだけです。 ただ受け身で待つだけでなく、好意の気持ちをアピールできるようになればあとは出会いを増やすだけで彼氏は作れるし、結婚もできることでしょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.