恋愛tanu.comデート・カップル > 男性の本命じゃない彼女に対する態度、サイン

男性の本命じゃない彼女に対する態度、サイン

今の彼氏と付き合っているけど、どこか妥協っぽくて好きでもない女の子と一緒にいるような態度をしている気がする。 と不安になってしまう女性が非常に多い。 このように心配して悩んでしまうのも仕方がないことです。

男性心理としては元々本能で「遊び」と「本命」の相手を区別して別々に考える特徴があります。 女性は一人の相手を一途に想い一生愛し合いたいと思うが、 男性は沢山の女性に同時に愛してモテたいという願望がある。

本来動物社会は1人の優秀な能力を持つオスに大勢のメスが群がる構図が普通です。 日本のように1人の夫に特定の妻というパターンは、生物的にはかなりいびつと言えます。 友達以上恋人未満の都合の良い女を複数作りたがるのが男性心理の無意識の本能です。

ちょっと気に入ったターゲットがいればすぐに好意を示してアピールしようとします。 恋愛は女性としては男性の本音や本気度をチェックしつつ、浮気や不倫も警戒しなければならない面もあり、 安心できないし忙しくて精神的に参るかもしれません。 中にはイライラしてしまい彼氏に当たってしまう人もいるでしょう。



遊び人の男と本命彼女と付き合っている彼氏には、しぐさや態度、言葉やサインなど 、彼女の扱い方に明らかな違いや差があります。 その特徴にはわかりやすい共通点があるので、ちょっと目を凝らして観察していれば 簡単にキープか本命かどうか診断、見分けることができます。 ただ、疑いすぎると、彼女から信用されてないと思われて、 このことがきっかけで破局至るパターンもよくあります。

人間関係は信頼が肝です。お互いに疑心暗鬼で不安を感じていたら 、その負の気持ちは相手に瞬時に伝わり険悪なムードになる、必ず別れるハメになります。 男女の恋愛の熱は小さなことで冷めてしまう。 特に男性はプライドが高く、疑われたり怒られることを嫌うため、 例え不安に思っていても、男性を責めることは控えましょう。 浮気癖がある男を止めるのはそう簡単にはうまくいきませんから、 石田純一夫妻のように、 多少の浮気、移り気ぐらいなら許容してしまうのがベストな方法かもしれません。

大人の余裕や自信で信じてくれる女にこそ、 誠実に接して甘えたくなるのが男というものです。 遊びを本気にさせることができるのも、 男性を信じて優しく受け入れてくれる癒し系、天然系女性ならではでしょう。 女性は一度彼氏に依存し始めると気持ちの整理がつかず離れるのが困難ですが、 どこかで遊ばれていると気づいたのなら、だらだら惰性で付き合わず別れを決断することも必要です。

1人のつまらない男性と付き合っていると新しい出会いの可能性すら失ってしまい、 独身未婚のまま年齢を重ねていつの間にかアラサー後半、結婚適齢期を逃していたということになりかねません。 遊びかどうか確かめて見抜くことが出来たら、 真剣交際として振り向かせるのか、綺麗サッパリ別れるのか、惰性で付き合いを続けるのか、 将来の道をどう選ぶかは本人次第です。

基本的には「一緒にいて落ち着く、癒される」というキーワードが男性から出てきたら、 性欲以上の魅力や必要性、リラックスできる安心感や居心地のよさを彼女に感じているので、本命としての ポジションを維持できていると思ってよいでしょう。

スポンサードリンク

行動、態度、サインで彼氏の遊びと本命の違いを見分ける

・笑顔が少ない

付き合う前は緊張してたり恥ずかしくて無口になったり、無愛想でツンとした態度になってしまうこともありますが、 3ヶ月以上交際が続いているのに、デートつまらなそうな表情をしていたら事態は深刻、 短期間で別れることになるかもしれない。 個人差はありますが、 肉食系男子のように本能に忠実なタイプの男性は、 容姿が美人だったり可愛い子、スタイルが良い子を見るとどうしても目尻も口角が上がって にやけ面になります。

彼女だと見慣れているからそうならないというパターンもありますが、 本命として好きなら会っている時に自然と表情が緩んで、 彼女の顔をまじまじ凝視したり、目をじっと見つめながら笑顔になっているはずです。 男性は好きな女性の顔を見てアイコンタクトをしようとします、 これは最もわかりやすい脈ありしぐさ、サインです。 歯を見せてニコッとは笑わなくても、なんとなく雰囲気で気分が良さそうかどうかは 察することができます。

暗くて引っ込み思案、クールな草食系男子でも、熱い思いの兆候のようなものは確認できます。 無表情でも楽しそうにしているかどうかは、勘の良い女性ならなんとなくわかるものでしょう。 好きな人と一緒にいて退屈するなら、現状に飽き始めているのかもしれません。 ただ「マンネリ=嫌い」というわけではないので、 倦怠期でも空気のように一緒にいるのが当たり前の存在な、 特別なパートナーとして、婚約までゴールインできればそれに越したことはありません。

・体目当てのような態度

あまり好きじゃない彼女とのデート、 体だけ求められて、終わったらすぐ帰らされる なんてことがあったら、下心だけで遊ばれている都合のいい女です。 賢者モードならぬ、愚者状態とも言うべき態度です。

男性は生物的に、発射した後はすぐに臨戦態勢に入らないと 外敵に襲われる可能性があるため、パートナーから目を離す傾向がある。 それだけでなく、もし子供が身篭っていたら、極力自分は労力や時間をかけたくない。 妻や子供のお世話せずに逃げ出したいという気持ちもある。

1人の女性だけでなく、一夫多妻制のようにできるだけ多くの女性に遺伝子をばら撒きたいため、 本命ではない彼女が相手の場合、フィニッシュ後はピロートークや腕枕などせず、 一切イチャイチャすることなく、すぐさま退散したくなります。 女性側も面倒くさがり屋であまり触れて欲しくないタイプであれば相性は良いかもしれませんが、 将来別れる可能性は大です。

大人の深い仲になった後、ベッドに入って事が済んだ後も夢中になって熱心に相手してくれるなら、 本命彼女として大切にされている可能性は高い。 一度一緒に寝てみる方法でないと男性の本心がわからないと言われるのはこのためです。 男性の事後の行動に本気度が表れるのです。 言葉だけではいくらでも嘘は言えますが、行動や態度には本心や本音が表れます。 特にベッドではそれが顕著なのです。

乱暴で強引だったり、自分勝手だったり、終わったら無関心で放置されたり、気遣いや労わりの心があったりなど様々です。 身体目的だけではいけませんが、彼女の体に魅力を感じて虜になっているのなら 絶対手放したくないと思っているはずです。 どちらにしても体を求められるのですが、心理的には微妙に違い、差があります。 体の相性やスタイル、遺伝子的な感覚、どこかで惚れてもらえれば 大丈夫です。 男性側にただの性欲解消目的以上の感情があれば、本命彼女としては合格ラインは達成しています。 あとはお互いの内面的な問題だけでしょう。

・家族や友達に紹介してくれない

二人だけの秘密の関係も憧れるものですが、 結婚を前提に真剣交際を考えているとなると、 女性としては付き合っていることを認めてくれる証人がいると安心感が増します。 逆に男性としては、もし遊びの軽い女だったら、友人や親族に知られるのは非常に恥ずかしい。

本命であれば親族に紹介したり、周囲の人に自慢したりノロケたくて仕方がなくなる。 彼氏が付き合っていることをコソコソと隠しているようなら、 他にキープの女の子や浮気相手がいる可能性もあります。

ただ単にシャイだったり親に口出しされたくないという理由で 両親に合わせないケースもありますので、判断が難しいですが、 家族ぐるみで付き合えるかどうかは、本命かどうか見極める一つの目安になります。 彼氏がなかなか結婚を決意しないというカップルの場合も、 両親の後ろ盾や応援、プレッシャーなど、家族も同然のような既成事実があると 、同棲、婚約までスムーズに進みそのまますんなりゴールインしてしまうようです。

お互いの両親や親族と仲良くなれれば、 家族から結婚式や披露宴、マイホーム購入の資金援助などもされやすくなるので、 友好関係を築いておくに越したことはありません。 もし本気で彼氏が大好きで結婚までしたいと考えているなら、 両親とお酒や食事を共にしたりして仲良くなっておくのが近道です。 ただ、付き合ったばかりで「親を紹介してほしい」と要求するのは ちょっと重い女に受け取られそうなので、お互いを深く理解して許しあえる仲になるまでは、 適度な心理手距離を保って 、好きな気持ちを我慢する方が良いかもしれません。

・厳しい要求をしてくる

振られてもオッケーなどうでもいい彼女、義理や情もない都合のいい女には嫌われても問題ないという気持ちで 彼氏側が一方的に得をするような提案をしてくる。 女性から誘えば「仕事が忙しいから無理」と断る割には、急に 夜中に「今から遊べる?」とか、「明日うち来れる?」など家政婦さん であるかのように急な呼び出しが来る。

酷い人だと「お金が無いから貸してくれ」 「軍資金が必要なんだ」なんて言って借金や無心をしてくるでしょう。 特にお金の貸し借りがある男女は険悪になりやすい。 男性がヒモ体質になり、女性が貢ぐ喜びに目覚めて共依存の関係になって 絆が深まることもありますが、経済的に余裕が無ければ非常に苦しい関係だと聞きます。

女性には母性本能があるため、頼まれごとをされて、面倒を見ていたり尽くしていると なんだか嬉しくなって余計ダメ男を好きになってしまう心理がある。 優しくて世話好きなタイプの女性は要注意です。

一度ダメ男を好きになると、認知的不協和(矛盾が生じた時、理論よりも行動が正しいと判断する心理) などから悪循環、負のスパイラルに入ってしまう。 ぞんざいに軽く扱われるとさらに惚れ込んでしまうというのは女の性のようです。 逆に本命の男性は、ちょっと控え目だったり慎重で優しい対応をしてくれます。 刺激不足を感じてしまうかもしれませんが、正直で誠実、ちょっと照れ屋ぐらいが 結婚相手としては一番安定してて幸せになれそうな人格ではないでしょうか。

・真剣な話をしてくれない

家デートではお笑いのDVDやバラエティ番組の録画ばかり見ている、 会話も軽くて楽しいけれど、弱みや将来への不安、悩み事やコンプレックスなど、シリアスな部分を まったく語ってくれない。あるいは話を聞いてくれない。 能天気でポジティブな性格なのかもしれませんが、 たまには真剣な話をしないといけないときもあります。 将来設計や家族計画、お金の管理などきちんと話し合わないままあやふやにしていると、 どこかで行き詰るかもしれません。

一緒に過ごしている時に面白さを追求して接するのは悪くないですが、 このタイプは不真面目さが先行している印象があるので、恐らく今が楽しければいいという 享楽的、快楽主義者で結婚については消極的です。 口達者で面白おかしく笑わせてくれるのはそれだけで幸せになれる長所でもありますが、 結婚についてははぐらかす傾向がある。 授かり婚やできちゃった婚を狙うか、どこかで女性側が決断しなければ ならない瞬間がやってくるでしょう。

・結婚話に拒否反応を示す

友達の結婚式に行った話しをすると機嫌が悪くなる。 ウェディング関係のCMが流れると時間が止まる。 親との同居や子供の話を振ると、口をもごもごさせてはっきりしない、話をはぐらかすなど。 男性は女性よりも結婚に対する責任が重く、 一生働いて家族を養っていかなければならないプレッシャーを感じています。

独身だとお金も時間も自由に使えるので遊び放題ですが、 結婚して同居を始めれば相手に合わせないといけなくて、様々な縛りが生まれて窮屈になる。 だから、基本的には結婚に及び腰で億劫な気持ちを持っている。 しかし、それとは別に本命として好きな相手のためなら一生支えてあげたい、守ってあげたいと思うのも 男性の根本にある保護欲求という本能です。

10代20代前半ぐらいの若くてお金も将来も考えていない純粋な年齢の時は、 サラッと「絶対結婚しようね」なんてセリフを吐けますが、 30歳代、アラサーを超えてくると、 「もうちょっと考えてからにしよう」と後回しにしようとします。

好きじゃない相手の面倒を見るのは心理的には負担になりますが、 本気で愛している女性、彼女が応援してくれれば、企業の奴隷として身を粉にして働いてもになってもきっと耐えられる。 ただ、結婚話は男女関係の核心に迫るテーマの話題なので、 もし意見が食い違うとあっという間にケンカに発展して別れに繋がる事もあるので、 深く追求するにはタイミングを見計らう必要があります。

・デートが単純作業っぽい

男性は肉体関係を持った後にこそ、本性を表します。 一度女性の体を手に入れた瞬間や結婚した後に 急に態度が傲慢になってそっけなくなったり冷たく振舞ったりするようになることがある。 男性は女性と肉体関係を持った後は口説いたり褒める必要があまりないと錯覚します。 釣った魚に餌はやらんといった心境です。 逆に親密な関係であっても褒めたり悩み事を聞いてくれたりするなら大事に思ってくれています。

お互いにキスして抱き合っている時が幸せで飽きないのならそのままの状態で良いのですが、 あまりに待ち合わせしてからすぐ家やホテルばかりだとちょっと怪しいかもしれません。 男性は本気で好きな女性とは肉体的に結ばれたいとも思いますが、 一緒にどこかに出かけたいとも考えます。 下心や体目当ての性欲だけではなく、人間としての付き合いを求めてきます。

マンネリ、ワンパターンの自宅デート、 全く同じデートスポットのヘビーローテーション。 彼女に対するケアが面倒くさくなっている証拠です。 毎回お家でDVDや食事をしていて楽しいのであれば良いですが、 昼間に外出したり旅行にでも連れて行ってくれないのは 、ちょっと心配になります。

いつも1人暮らしの家でばかり遊んでいて 、本命かどうか怪しいと感じたなら「たまには外で遊びたいな」 と言って、鎌をかけてみて、その時の態度やリアクションを伺ってみましょう。 「たまにはいいな」とノリ気で応じてくれれば大丈夫。 嫌そうで渋った表情をしたら危険信号です。

・彼女の個人情報やデート内容を覚えていない

このサインが出たら致命的です。 何かしらのショックを受けて記憶喪失にでもならない限り 遠距離恋愛や久しぶりに再開して会ったとしても、普通は大切な女性のことは忘れません。 本気で大事に思っているのなら、彼女の行動や態度、特徴などを詳しく知りたくて仕方ないはずです。 誕生日や記念日を覚えていない。 どこでバイト、仕事しているのか、何学部の学校か、出身地、好きな食べ物、 バレンタインでプレゼントした手作りチョコの形、メールや電話で話した事など。

どこかが曖昧だと稀に会話がちぐはぐになったりします。 うっかり忘れてしまうことならありますが、 これが2回、3回になってきたら他に本命彼女を作っているかもしれません。

普通の男性なら、1人の彼女に集中していれば全ての愛情を注ぎます。 凄く些細な事、ツイッターやラインでちょっとつぶやいたことを 覚えていてくれて話題に出してくれるようなら、遠くからしっかり見守ってくれている証拠です。 そう考えると、束縛したり嫉妬心が強い彼氏は愛情も強いのかもしれません。 ただし粘着質のようにべったり愛してくる男性は一度付き合い始めると別れるのが大変ですが。

・頻繁に連絡してくれる

男性は女性に比べれば恋愛に対してコスト(時間、労力、お金、行動など)を掛けたくないという思いが強い。 デート代はできるだけ驕らず割り勘にしたい、できれば相手を呼び出して家デートで楽をしたい、 コミュニケーションが面倒くさいからデートの誘い以外は関わらないなど。

元々人間は興味の無い人のために動くのが非常に億劫です。 つまり、逆に言えば、自分に対して、 コストを掛けてでも追いかけてきてくれる男性は大いに脈ありと言えるのです。 別れた後、元カノに何度もメールや電話をして復縁を迫る男性は、 愛情の度合いでいえば、その辺の男には負けないほどの執念があります。

ストーカーと本気の愛は紙一重、好きな人から毎日電話が着たら嬉しいけど、 嫌いな人なら怖いし気持ち悪い。 この気持ちと同様、彼氏も大好きな彼女と繋がっていたいと思ったり声を聞きたいと 考えるようなら、間違いなく本命です。

暇なときに他愛無い内容の長電話をしてきたりメールを送ってくれる、 メールの頻度や回数が多く返信が早いなど、 自分に対して積極的なアクションを起こしてくれる彼氏なら、問題なく大切にされていると 判断できます。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.