恋愛tanu.comデート・カップル > 彼氏が別れたくないと思う彼女になるには

彼氏が別れたくないと思う彼女になるには

恋愛の主導権は大抵女性が握っているもので、 別れ話を切り出すのも立場的に優位な彼女からということが多い。 しかし、妙なことに女性が本気で彼氏に惚れこんでいる時ほど、 男性に振り回されたりケンカしたり、急に別れを切り出されたりする。 お互いにラブラブで情熱的であればバランスが取れるのでしょうが、 恋愛感情の温度差がアンバランスだと冷める原因になってしまうのでしょう。

出会い、別れ、失恋、など恋愛に辛いことはつきものですが、 できるだけ失敗をなくし、別れるにしてもできることなら復縁に繋がったり友達として仲良くできるような 後悔しない穏便な破局を目指すべきでしょう。 今は必要な存在だと思わなくても、別れた後にやり直したくなることもあります。 彼氏が手放したくないと思う彼女になるためには、 尽くすだけの愛情ではなく、わがままさや甘えたりなど、自分にとって不足している点がないか考えてみましょう。

スポンサードリンク

彼氏に絶対別れたくない彼女と思わせる方法

・一途さをアピール

一部のモテる男は別ですが、8割は女性と喋る機会もないモテない独身男であり、 女性からアプローチされたり付き合ってと告白されればなかなか断りきれるものではない。 女性は一度夢中になると男性以上に恋人にはまり込む性質がありますが、 通常の愛情表現の量で言えば、男性の方が勝っているのではないでしょうか。 付き合っていてもデートをしても「好き」とは自分からあまり言いません。

つまり最も求められているのは下手に隠し事をしない「素直な感情表現」です。 これは性格の相性にもよりますが、ベタベタすると調子に乗って都合のいい女として利用するタイプと、 淡白に見えるけど好きな気持を伝えるとしっかり愛情を受け止めて喜んでくれるタイプがいます。 肉食系と草食系と言ってしまえば話は理解しやすいかもしれません。

女性の中には恋愛の駆け引きをしようとして、 他の男の影をチラつかせたり元カレの話をする人もいますが、 これは男性の嫉妬心を燃え上がらせテンションを上げますが、 プライドを傷つける面があるので大抵はうまくいかない結果に終わります。 男友達が多いモテる女性は浮気しそうで心変わりも早そうであり、 本気で愛せるか疑問を抱きやすい。

結婚を前提にした真剣交際をしたいのなら、 両思いであること、惚れていることを明確にしてしまった方がお互いに心が晴れて気楽に付き合えます。 受身でデートに誘うのは常に彼氏から、自分から愛情表現できないなど、 奥手で消極的な女性は積極的に好意を示す努力をしましょう。

・距離を置く余裕を持つ

毎日でも会いたい、 会いたいけど会えなくて寂しいなどの気持もあるでしょうが、 社会人の彼氏が会社で忙しいという時にはあえてスルーして連絡を一切取らないことも重要だったりします。 男性は孤独になり外界との接触を絶ち殻に閉じ篭ることによってストレスを解消する性質があるので、 同棲のように常に一緒にいるよりも、 適度な距離感で放置し、自由にさせると新鮮味が失われず居心地がいい関係が築けます。

また、男に依存しない女性は自立心があったり仕事、勉強、趣味など彼氏抜きでも充実できる時間があるので、 そこがまた追いかけたくなり魅力的だったりします。 ただ、体調が悪そうな時や精神的に疲れてそうな時は心配して「大丈夫なの?」という優しい言葉を一声かけてあげるのは 効果的で「支えてくれる彼女」としての地位を確保できます。

・全面的に信じる

人間関係は鏡写しであり、どちらか一方の信頼度が高ければお互いの絆も深まる傾向があります。 悪意であれ善意であれ、その気持を他人に発すればそれは自分の身にそのまま跳ね返ってきやすいのです。 つまり、彼氏を疑わないで信じることが最大の信頼の証になります。

例えばお金持ちで今の彼女が好きな彼氏でも「貯金いくらあるの?」と聞かれると それがどんな意図であろうと言葉を聞いただけでむかつくもので、 条件のみを求める女性は将来裏切りそうで信頼できません。 「他の女の子と遊んでるんじゃないの?」も似たようなものです。

男性が最も好むものは何のスペックも求めず、ただ単に会ってくれる、現状を好いてくれるという 純粋な愛情です。そのような清廉潔白な愛情を向けられると、全身全霊を捧げてでも守ってあげたいと思える。 自分の欠点や短所、コンプレックスを打ち明けた時に全然気にしない女性などは、 自分の理解者であり最も大事にしたいパートナーとなります。



彼氏を束縛することは、動機、原動力が「好きかどうか不安だから」だとしても、嫌われる原因になります。 疑いの気持は一種のマイナス思考であり、ネガティブで情緒不安定な女性とはあまり一緒にいたいとは思えません。 自分を信用してくれない相手のことは本命には選べないどうでもいい存在になります。

電話させる、スマホや携帯を覗き見る、女友達をチェックする、 SNSで行動を監視する、メールの返信時間や頻度に対して厳しく怒るなど、束縛するような 行為は控えるようにしましょう。 付き合っている恋人でも依存されたり干渉過多だと「重い女」認定されて振られてしまうことでしょう。

・自分磨きでカレ好みの彼女になる

人間の相性は不思議なもので、大勢に人気の綺麗系の美人や童顔の可愛い子よりも、 少し癖がある普通っぽい女の子がツボにハマることが多い。 これは心理学的にも根拠があるもので、マッチング理論という自分と釣り合った相手を 恋人に選びやすいという法則が作用している。

年齢、外見、性格、所属など、共通点が多い男女ほどカップルになりやすい。 人は自分と似た者同士か、あるいは正反対のタイプと付き合うと安らぎや癒しを感じるのです。 もちろん美形でスタイル抜群が最も支持されるのは間違いないですが、 割合は少ないものの太っているぽっちゃり系でブサイクが好きなB専と呼ばれる人も存在する。

性格、身長、髪型、共通の趣味、体の相性など、本当に歯車が噛み合うように ぴったりだと思える異性は想像以上に少ない。 彼氏の好きなことや趣味に合わせる努力をすることは手放したくない女になる 方法としては理にかなっている効果的な作戦です。

・料理が上手い

新婚さんの夫、旦那に馴れ初めを聞くと「妻に胃袋を掴まれた」という体験談がよく出てくる。 人間栄養が無ければ生きていけないもので、食べ物を好きな人に提供するのは アプローチ方法として非常に有効です。

さらに人は食事を共にした人に対しては肯定的になり口説き落としやすくなったり、仲間意識が芽生える心理がある。 それが異性であれば恋愛感情に繋がります。 さらに、人間は5感の記憶は頭に残りやすく良い思い出として何度も思い出されプラスの印象が残せます。 難しい料理を作れなくても、家事ができるのは評価ポイントだし、 後は味付けや味覚の相性がどうかも重要なことです。

料理上手という長所は飲食店の職業として月給を支払っていもいいぐらい優れている特殊能力です。 自分の好きな食べ物を提供してくれるのは大きなメリットで「報酬」でもあります。 人は自分が成長できたり尊敬できたり、利益になる異性に惹かれやすい。 昔は花嫁修業なるものがどの家でもあった。 それだけ料理は男を引き止める効果が期待できるのでしょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.