恋愛tanu.comデート・カップル > 別れた後に後悔した理由

別れた後に後悔した理由

世の中は諸行無常、出会いがあれば別れがある、男女の恋愛関係も同じ。 彼氏や彼女、恋人との別れ、結婚している夫婦では離婚。 「距離を置きたい」別れた直後はお互い納得してさよならして、音信不通状態にもなったのに、 一ヶ月もすると、苦しく切なくなってまた会いたい、再開したくなってくる。 振られた場合ではなく、自分から振った後なのにすぐに虚無感を感じて後悔してよりを戻したい、復縁したいと 思うことさえある。

一時的な怒りや嫌悪感で別れてしまったが、その後彼氏や彼女の重大さが身にしみてわかったということが 意外と多い。体感的には、男女の別れた後、また復縁する可能性は3分の1程度だと思います。 これは比較的多い水準でしょう。 思ったよりも別れた後に後悔している男女の割合は多く存在しているようです。

スポンサードリンク

振った後に後悔した理由

・今までの彼氏、彼女以上のいい人に出会えなかった

長期間付き合っていると、どんなにイケメンでかっこいい彼氏や、 美人で可愛い綺麗な彼女でも、慣れてきて出会った当初、付き合った頃の ドキドキ感や喜びは消えていきます。 顔や容姿などの外見、体型やスタイルなど、そして性格の良さ、 全てが当たり前のようになると、そのありがたみがわからなくなってしまうものです。

一度別れてみると、今まで付き合った恋人以上の異性がいないことに気づく。 そしてよりを戻したい、復縁したいと思うようになる。 でも実際メールを送って連絡したり、告白すれば関係がすんなり修復できるかというとそうでもなく、 振った方、振られた方関係なく、どちらかが既に気持ちが冷めてしまっていたり、 「一度別れたらもう会わない」とプライド高く、頑固で意地っ張りな態度になったりもする。

別れようと思ったら一度落ち着ついて今の恋人の長所や短所を今一度考えてしてみましょう。 そして総合的に判断した結果やっぱり付き合っていくのは無理だと思えば別れたら良いと思います。

・体の相性が抜群だった

男女の性差は個人個人千差万別で、相性の合う合わないがまったく異なります。 歯車が噛み合うような相性もいれば、触れると弾けるような感覚になる相手もいる。 相性が良い相手は特殊で、肌が吸い付く感覚、キスの具合や押し引き、 視線の交錯など全てのバランスが合致する。

人間不思議なもので、このような最高のパートナーであっても、 性格や価値観の不一致が原因、理由でいくらでも別れることがある。 男女関係は体だけでは計れないということでしょう。 結婚している夫婦であっても、「元カレ、元カノの方が相性は良かった」 なんてことを言うぐらいです。 人によっては重要なファクターですが、気にしない人にとってはどうでもよいことなのかもしれません。

・別れた後に幸せそうで嫉妬してしまった

別れた後にすぐ新しい恋人を作って、しかもラブラブなのを見せ付けられると、 「別れて失敗したかなー」と嫉妬や羨望からか後悔の念が湧いてくることがある。 特にそれが結婚して子供もできてとなるとさらにダメージは大きい。

人間心理としては別れた後は孤独で不幸になってくれていた方が 、優越感を感じられるし、「あんなレベルの低い奴と別れた良かった」 と思えるのですが、別れた直後に彼氏や彼女とデートしていたり、 幸せそうに遊んでいるのを知ると胸がざわついてきてイライラしてくる。 これこそがまさに嫉妬や羨望と呼ばれる心理なのでしょう。

・別れた後急に寂しくなった

いつもの休日は恋人とデートの予定が入っているのに、失恋してからは 時間に余裕ができたもののどこか虚しい。 このような空虚感を埋めるために復縁したいと安易に考えてしまう男女が比較的多い。 これは恋愛依存症のようなもので、一度ハマるとなかなか抜け出せない。

女性は元カレの都合の良いように呼び出されて、体目的の付き合いをしてしまうこともある。 寂しさや切なさは本来恋心とは違うものですが、そのような何も無い空白の 時間が、別れを後悔する理由となることもある。 新しい異性でさらにタイプで魅力的な人と出会うのは大変ですから、尚更元カレや元カノへメールや電話など 連絡してしまいたくなるのでしょう。

男は名前を付けて保存、女は上書き保存

男性は過去に付き合った女性を全て「好きな人」という脳内の箱に入れています。 そして新しい好意の対象や彼女ができると、「好きな人」という箱に同じように保存します。 つまり今まで付き合った女性や片思いだった人が全て同じフォルダに入っているという状態です。

これに対して女性は、好きな人ができると、過去の全ての「好きな人」という情報を削除して 保存する。つまり常に新しい人が恋愛対象に切り替わっていると言われている。

・男性は未練がましく、女性はさっぱりしている

男性は複数の女性に好意を持つことができる。 だからこそ別れた後の元カノに対してもよほど酷い別れ方をしなければ未練がましい。 元彼女に遭遇した時、すぐ様昔のようにお喋りして、尚且つデートに誘ったりするのはそのためです。 男性は本能的に沢山の異性をキープしておきたい欲求があります。 都合のいい女を作るためにアプローチしているという可能性も考えられる。 だからこそ、独身未婚で現在彼女がいないモテない男性に限って言えば、復縁の可能性も比較的高いと言える。

逆に女性は、さっぱりしている人が多く、例え一時的には別れたことを 後悔していたとしても、長期間、時間が経過するに連れてその人への意識は薄らいでいく。 そのうち新しい恋愛対象を見つけいつの間にか付き合っている。

未練がましく、メールや電話で毎日連絡をするのは男性が多い。 しかし、一定の割合で復縁を望む女性がいることも事実です。 ただ、男性に比べれば圧倒的にドライで別れてから後ろを振り返り、再度やり直したいと思う確率は低いのです。 女性の方が環境適応能力や生命力が強いと言えます。

別れた後は恋人や結婚相手が見つかりやすい

今まで付き合っている特定の異性の恋人がいた男女は 、失恋してパートナーがいなくなると暇な時間が増えて、ぽっかり心に穴が開いたように寂しい状態になってくる。 彼氏や彼女、結婚相手との別れは心理的なストレスポイントがかなり多く、 精神的に大きな負担になっている。

そして、人間はストレス下に置かれると異性に惚れっぽくなり、 相談に乗ってくれたり手を差し伸べてくれたりなどのサプローチをされるとすぐに一目惚れと似たような 感覚に陥る。 これは宗教と同じような理屈で、道に迷っている時、将来に不安を抱えている時に、 正しい行き先を提示されると、そっちに引っ張られてついて行きたくなるという心理です。

これらの心理が重なり、別れた直後は非常に恋人ができやすい状態になる。 そして付き合っている頃は、異性に対して保守的で限定的だった視野が広がり、 魅力的な男女が沢山いることに気づく。

別れてから「元カレや元カノに会いたい」と未練がましく想ってしまう気持ちもわかりますが、 現実を受け止めて、時には過去を断ち切り諦めて前に進まなければいけません。 別れた直後、振った後や振られた後は慰めてくれたり相談に乗ってくれる異性も出現します。 そのような優しさに甘えて、乗り換えるように交際をスタートさせてしまうのもありなことでしょう。 ウジウジと過去の栄光を思ってばかりいても仕方がありません。 ダメな彼氏や彼女には見切りをつけて前向きな姿勢で今を全力で生き、楽しむ努力をしましょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.