恋愛tanu.comデート・カップル > 彼氏の気持ちが冷めた理由、振られるきっかけ

彼氏の気持ちが冷めた理由、振られるきっかけ

男にも女にも、なぜかわからないけれど瞬間的に熱が冷める、萎えるスイッチ「これを言ったらお終い」という言動があったりする。 女性視点の例では、デート中、次に行く場所が決まらず迷っている姿、ファミレスでメニューを見て悩んでいる優柔不断で自信がない様子を見ると 本能的に嫌いになりやすい心理があるという。 男性視点でもこれと同様にマイナス評価をされる彼女の態度、行動が存在している。

以下の項目で紹介するのは彼氏の気持ちがさめた理由、彼女を振るきっかけになった行動としてよく挙げられるものです。 結婚を考えている本命の彼氏と付き合っていて、長続きするカップルでいたいなら特に注意するべきことかもしれません。 本命か、遊びの女、キープとしての対象になるか、 かりそめの付き合いが続いていたとしても些細なところで本気かどうか判断されている可能性もあります。

スポンサードリンク

彼氏の気持ちが冷めるときの彼女の行動、冷めた瞬間

・怒る、叱る

男性の中でも特に自尊心、プライドが高いタイプは怒られると不機嫌になり猛烈に反発したくなる対抗心が湧いてきます。 具体例としては、仕事が忙しい彼氏に会えなくて欲求不満が溜まっていて、 彼氏が余裕がない中で時間を作って会いに来たタイミングで、 その不満をぶつけるとこれが原因で別れることになったりします。

彼氏を精神的に支えてサポートできるのが本当に価値のある手放したくない彼女です。 仕事で追い詰められていたりごたごたしてて大変な時期に、 ヒステリーでさらにプレッシャーを与えるような言動や注文をすると、 味方どころか敵と認識され会うとイライラする面倒くさい女だという印象が強く記憶に残ってしまいます。

「私と仕事どっちが大事なの?」という決まり文句も地雷ワードのひとつ。 他にも「役立たず」「この安月給」「もっとお金を稼いでこい」なども危険です。 彼氏に対して我慢していた部分への不満や愚痴を吐くにもタイミングが重要で、 相手に心のゆとりがある状態のときの方が精神的なダメージが少なく、冷静に話すことができ信頼関係もギリギリ保てます。

多忙な時期やブルーな気分のときに追い討ちをかけるように罵倒を浴びせると、 ぷつんと糸がキレてしまい「お前とは別れる」と決意させる引き金になります。 彼氏の仕事が忙しいときはわがままを口にせず一ヶ月ぐらい放置して待ち落ち着いた時に会うようにした方が正解になることもある。 寂しい気持ちを伝えるにしても怒鳴りながら寂しいと言われても不快にしか思われず嫌われてしまう結果になるかもしれません。

・元カレの話を楽しそうにしてるとき

多くの男性は、女性を自分だけのモノにしたいという独占欲がある。 だから昔の男との交際歴はそもそも気に入らない忌まわしい過去の出来事だったりします。 私も若い頃は女性に彼氏がいることそのものに嫌悪感や嫉妬心も若干沸きましたし許せないこともありました。

成長して20歳を超えた辺りからはようやく大人の男としての余裕か、悟りのようなもので 女性に恋愛遍歴があるのは仕方ないと諦め、許容できるようになりましたが、やはり清廉潔白、純心でまっさらな女の子の方が本気で好きになりやすいし、 全身全霊で大切に守ってあげたいと思える部分がある。女性の清純性は男にとってのロマン、夢でもあります。 また、男性は比較されるのが嫌いで比べられるとあまり面白くない。 険悪なムードの時に「元カレはもっと優しかった」と言うとケンカに発展することも多々あります。 基本的にしつこく質問されでもしない限り、昔の男のことはペラペラ喋らないのが無難です。

・距離が遠い

遠距離恋愛が成就する可能性はよっぽど強い絆で結ばれていないと厳しい。 それこそ婚約を宣言しているぐらいの覚悟なければお互いにキープの関係にしかなれない。 カップルがよくある別れる時期として、新年度がある。 中学や高校でクラス替え、卒業などがあると、会う機会も減り自然消滅気味に恋愛感情が冷めてくる。

毎日会うのがめんどくさくてうざったくなることもありますが、 逆に会わなすぎても良くない。 そういう意味では住んでる場所が遠い男女が付き合うのは、結構なハードルを乗り越えなければいけないとも思えます。 人は手近で都合がいい異性と遊びたがるのが自然の成り行きなので、 物理的距離が離れると恋愛感情も薄れていきます。 デート時にしっかりお互いの好意を確認して絆を深めておきたいところです。

・拒否、否定される

人間関係を持続させるためには相手が期待や要望に応えてくれるかどうかは重要な要素で、 自分にとって利益、メリットがある存在は好きになりやすく、それが異性であれば尚更一緒にいたいと思える。 逆に自分にとって損しかもたらさない人は距離をとりたいと思う。

面白さを重視する人は楽しくお喋りできる会話が弾む彼女を求めるし、甘えたい男性は思いやりがあって尽くすタイプの母性本能が強い彼女が欲しいと思ったりする。 また事あるごとに「ヤダ、キモイ、無理」など男性からの欲求を反射的に断ったり、あるいは人格否定や身体的特徴などにダメ出しされると、 恋愛感情が冷めて「大切にしたい女」「本命の彼女」というカテゴリーから「キープ」「遊びの女」 へと降格してしまうことがある。

正直に言って、精神的には女性の方がタフで男性は全然ナイーブであり、弱々しい面があります。 夫婦関係でも、一度拒絶されるとそれ以降はまったく興奮しなくなるということがあるようです。 そういう意味では彼氏彼女との体の相性が悪いのは男女関係には致命的とも言えます。 男は優しく自分を受け入れてくれるパートナーを前にすると、安心できますが、 デートの誘いや要求を断られるパートナーだと素直に体を預けたり寄り添うことができず愛情を感じられないのです。

・束縛、干渉が激しい

彼氏の行動を逐一チェックしたがったり、毎日常に連絡を取っていないと不安というタイプの女性は長続きしない人が多い。 付き合っていて疲れる彼女だとずっと一緒にいる価値を見出せなくなってくる。 よくあるパターンは毎週末彼氏の家に定期的に遊びに行っていたけど、 彼氏はせっかくの休みに毎回来るから邪魔だと思っていて振られてしまったというケース。

単純に会う回数が多ければ愛情が深まるかというとそうでもなくて、 実際は適度に会わない空白期間があり孤独感や寂しさが芽生えるぐらいのベストタイミングに会うと 彼女のありがたみを再確認できて愛情がより深まる。 結婚している夫婦も、旦那が単身赴任で数ヶ月転勤して帰ってくると、新鮮な気持ちにリフレッシュして結婚前のラブラブ度が甦り惚れ直すと言われます。

また、彼氏に対して不信感を持ったり疑心暗鬼になることも関係の悪化に繋がります。 浮気を疑う言葉を投げかける、携帯、スマホを覗き見てプライバシーを侵害する、 メールやline、連絡の返事が遅いと催促するなどがよくあります。 人間には相手の気持ちを読み取るミラーニューロンという神経細胞があり、 この細胞は瞬時に相手の感情に共感する力を持っています。

だから心に疑念が渦巻いていると、それは表情やしぐさ、態度などに表れ、 気持ちが相手にすぐに伝わり居心地が悪い雰囲気を作り出します。 モテる女は大体能天気に彼氏を信じるフワフワした明るさを持っているので、男性も一緒にいたいと思うのです。 女性は男性に癒しを与え安らげる存在であることが理想的です。 彼氏に恐怖心や緊張を強いるようでは、関係を維持するのが困難なことは理屈としては明白です。

・母親として不適格だと思った時

金銭感覚が合わない、ブランド物好きで無駄遣いの趣味が多い、子供が嫌い、モラルやマナー違反があったなど。 結婚を前提に付き合いを考えた時、明らかに欠陥のように思えることがあると、 惰性で交際を続けることはあっても本命彼女として接するモチベーションは維持できない。

内面、中身の性格は短期間で直るようなものでもないので、相性が合わないとわかるとあっという間に振られる可能性があります。 ただ、生涯を共にする伴侶ではなく、愉快に遊べる女友達としては多少母親として難があっても需要があるので、 割り切った付き合いをする上では幸せを感じられるかもしれません。




彼氏持ちの人の中には「付き合っている人には隠し事をせず自分の本音や全てを曝け出した方がいい」と考える人がいますが、 これは恐らくは偏った考え方で、実際は恋人同士であってもある程度の秘密、プライベートは隠したままの方が関係は良好になりやすいと思います。 自分が思ったことをストレートに相手にぶつけるのは、相手がそのストレスに耐えられる人ならば良いですが、 もし我慢できない人なら破局が待っています。

女性は感情表現豊かで情緒的な生き物、喜びも悲しみも不信感も突発的に感情を吐き出してしまいやすい。 この長所でも短所でもある「女らしさ」が彼氏が冷めた理由、別れるきっかけ繋がりやすかったりするので、 プラス感情は表に出すのが良くても、マイナスな感情は上手にコントロールして抑制できるようにしておきたいところです。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.