恋愛tanu.comデート・カップル > カップルの倦怠期を乗り越える方法

カップルの倦怠期を乗り越える方法

恋愛の賞味期限は3年だと言われており、出会ってから盛り上がる時期はアドレナリンやドーパミンなど 集中力や性欲を高めるホルモンが分泌され、相手の目を見つめるだけでも感激してしまう。 3年を過ぎるとβエンドルフィンなどの幸福感や安心感を感じる脳内物質が出るようになり、 キスをしてもあまり高揚感がないなどの症状が出て心が離れ始める。

付き合ったばかりの頃のドキドキ感やハイテンション、緊張感が薄れるのは仕方のないことで、 長年付き合っていると多くの人は約3年前後で彼氏や彼女に飽きてしまい、家族のように思えてくる。 そして会いたい気持ちが湧かないだとか、ベタベタしてくるのがうっとうしいと思い始める。

倦怠期は誰にでも起こるものでは兆候があっても防ぐ必要はあまりなく放置していても結婚まで進みそこまで問題にならない場合が多い。 ただ、「好きでもないのに惰性で付き合っている」という状況は別れる理由としては十分なものなので 浮気や不倫の原因にもなり改善する必要がある。 マンネリを感じてきたら倦怠期解消法のための付き合い方や心構えを考えて乗り越えましょう。

スポンサードリンク

マンネリ、倦怠期の解消法

・感謝の気持ちを口にする

いつまでも仲睦まじい夫婦円満な生活をしている男女の共通点として、 1日に30分以上会話しているというデータがある。 逆に関係が冷え切っている仮面夫婦は家庭内別居状態で会話がほとんどない。 人はよっぽどフィーリングが合わない限りはコミュニケーション不足だと関係が続かないようにできています。

「最近彼氏が冷たい」「彼女と遊んでない」という時に他の異性から口説かれたら、そちらに心変わりしてもおかしくありません。 これは浮気や不倫という火遊びようなものではなく、単純に好意が薄れているから起こる自然消滅です。 このコミュニケーション不足を解消するためには、定期的に愛情表現をしましょう。 はっきり好きと伝えたり、特にスキンシップをすることが有効です。 体の関係は心理にも密接に関わっているので、会話が噛み合わなくても触れ合いやマッサージするのが好きなカップルは長続きしやすい。

また、言葉だけでなく行動や態度でもパートナーを支えてあげられると惚れ直させることができることもある。 相手を敬う気持ち、尊敬、感謝などの念はポジティブな気持ちなので、 それを表に出せば幸せなオーラに包まれるのが実感できると思います。

逆にいつもネガティブで小言が多くケンカが絶えないカップルは、 常に不快さを覚えているので、付き合っているだけでイライラしたり精神的に疲れます。 「あなたと一緒に居ると楽しい」とか「会ってくれてありがとう」のような 心が温まるセリフをサラッと言えると男女関係は安泰かもしれません。 さらに言えば「可愛いね」「カッコイイね」という単純な褒め言葉もたまには言ってもらえると嬉しいでしょう。

・2人でできる共同作業をする

人はどんな相手でもペアを組めばそれなりに息が合ってくるものです。 強制的にペアを組まされてデートをしたとしても、よっぽど生理的に無理でなければ悪い気はあまりしません。 人は他人との関わりあいを「仲間」か「敵」かのどちらかでカテゴリー分けしています。

どんなに嫌いな「敵」でも同じ目的を持っていて一緒に物事を進めているといつの間にか仲良くなって「仲間」しまうのです。 具体的な共同作業の例としては、育児が代表的です。 他にはペットを飼う、畑仕事をしたり植物を育てる、一緒に料理を作る、二人でプレイできるゲームをするなどが効果的です。 喜怒哀楽の感情を共に味わえる共同作業は男女の絆を深めることができます。

・連絡をしすぎない

復活愛、復縁テクニックの代表的なものには冷却期間というものがあり、 メールやLINE、電話などの連絡を一切経って、お互いに気持ちをリセットする時期があると、 久しぶりに会った時にラブラブさが再燃するという。 これは現在進行形で恋人として付き合っている時でも有効です。

性格にもよりますが多くの人はプライベートに干渉されたり、仕事について根掘り葉掘り質問されるのをあまり好まない。 それは自分だけの時間に他人が入り込んでくると心が休まらないからです。 たとえ彼氏や彼女、結婚している夫婦であってもお互いに隠し事をせず一切の秘密がないということはないと思います。 頻繁に連絡することは相手の余暇を奪う行動でもあるので、度が過ぎるとストレスを与え別れる原因になります。 束縛がきっかけで破局を迎えるカップルが後を絶たないので、メールやLINEの頻度や返信の間隔には注意して、 相手にうざいと思われないように距離を置くことも、駆け引きとして意識しておきましょう。

モテる人は心理的にも時間的にもゆとりがあり一緒にいて安心感を覚えるので好意を持たれやすい。 好きな人に会えなくて寂しいと思っても、焦らずにあえて接触を我慢することで初対面や初デート、 出会ったばかりの頃のような新鮮な恋愛感情が長続きすることになります。

冷え切った夫婦でも旦那が数ヶ月単身赴任すると高確率で惚れ直すという体験談があります。 同棲して常にくっついているよりも、適度に距離を置いてお互いに1人の時間がある方が恋愛感情が長続きしやすいこともあるのでしょう。 たとえ好きな人でもなんとなく気が乗らなくて連絡を返さなかったり、遊ぶのが面倒くさいということもあるので、 タイミングによってはしつこいぐらいに追いかける行動が大きなマイナスポイントになることがあります。

・相方の平凡さに不満を感じない

付き合っている人と一緒にいてつまらないと思ってしまうのは、 刺激不足であるか、あるいは体や会話の相性が合っていないなどの理由であることが多い。 そして、成人前後の年齢では相手に面白味を感じないと優しい相手でも別れてしまったりする。 これは非常に贅沢な悩みで、恋愛経験が豊富な男女特有の悩みの種です。 そもそも、あまりモテた経験がない人は自分のことを好きになってくれる異性がいるだけで極力大事にするし、 結婚を考えるほど惚れむことも少なくない。

恋愛をしていて毎日ドラマチックで胸がドキドキするような展開があるかと言えばそうでもなく、 事務的にデートの約束をして、会ってイチャイチャしたりキスをしたり、一緒に寝て帰宅するというあまり変化のないデートパターンのルーチンワークになりがちです。 これだけでも十分幸せなことですが、幸福に鈍感な人は満足できない。 無言で沈黙してる時間を嫌悪したり、非日常的で刺激的なロマンスや甘いムードを感じるデートを望みます。

自分と付き合ってくれるパートナーがいることそのものに感謝していれば、普通は細かいことはどうでもよくなります。 長く付き合うと恋人が空気のような存在になりますが、 この何も無い空気が嫌だと言う人はそもそも1人の人と長続きしないタイプなので、 この飽きっぽい性格を直さなければいけないと思います。

・イメージチェンジする

マンネリ化の一番の原因は交際相手に変化が無いことです。 外見も内面も同じままだと新しい感動が得られずつまらないと錯覚してしまいます。 特に男性は視覚情報で興奮しやすい本能があるので、女性の見た目を変化させるのは彼氏に飽きられない方法のひとつです。 髪型、メイク、服装などをちょっと変えるだけで女性はイメチェンでき、いつもと違う雰囲気を出せます。

男性は彼女にコスプレをさせるのが好きなことからも視覚重視だとわかります。 男性の場合は彼女への接し方を変えると、ドキッとさせることができます。 いつもよりも押しが強く激しい、扱いや言葉遣いが優しいなど、普段とのギャップを作るだけでも女性は愛情を再確認できます。 同じパートナーでも飽きないのがベストですが、 人間はどんな環境や刺激にも慣れてしまう生き物です。 非日常を感じさせるデート、新しい異性であるかのような言動、容姿、ルックスの変化があると魅力的な恋人だと再認識させることができます。

・不快感を与える

この解決方法は、付き合い始めに主導権を握る目的でもあり、関係の改善がほとんど見込めないと判断した時の博打的要素もあります。 人の脳には自分にとって悪いことを印象強く記憶する癖みたいなものがあります。 ストーカーされた経験、乱暴に扱われた経験など、恐怖心などはトラウマになるほど忘れられなくなる。

人はどのような人に恋をするかというと「考えている時間が長い異性」という理論があります。 つまり、頭の中に何度も想起されやすい人が最も好かれやすい。 世間では暴力を振るう彼氏と付き合っている彼女が沢山いて本当に不思議ですが、この記憶の性質が関わっている部分もあると思われる。 女性は一度叩かれたり怒鳴られると悲しみながらも彼氏のことで頭が一杯になります。 だから、多少嫌な行為をされても交際を続けてしまう依存症のような状態にのめり込む。 さらにそこにたまに見せる優しさがあったりすると、アメとムチ理論でより夢中になってしまう。

「真面目でいい人は好かれない」というのは、普段あまり思い出されないので恋愛感情が減少してしまうからです。 ヤンキーやギャル、不良などDQN系統の人はナチュラルに不快感を与えているので、異性として意識されやすい特徴を初めから備えていると言えます。 具体的なテクニックとしては、変なニックネームをつける、欠点や短所を指摘する、相手に非がある時は徹底的に叱る、怒る、などです 男女関係はまったりと平穏で成立しているのが一番ですが、 このようにピリッと辛い刺激を与えることでドキドキを甦らせることができます。 「ムカツキ=恋心」と勘違いしてしまうこともあるのが人間の脳の仕組みです。




マンネリ、倦怠期は異性と交際する限りずっとつきまとう問題です。 冷めた気持ちが一時的に盛り上がって峠を乗り越えた後でも、根本的に原因が克服できていなければまた険悪な状況になりかねません。

お互いの相性、性格や価値観の不一致がないかなど、基礎的な部分に不仲になる理由がないかチェックし、 時にはケンカをしつつもパートナーとじっくり話し合いながら改善していきましょう。 まぁ私個人の考えとしては、明日ご飯が食べられなくなってもおかしくないという心構えがあれば、飽きるなんてことはあんまり感じず 毎日が楽しいと思いますが。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2019 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.