恋愛tanu.com男性心理 > 飽きられる女の特徴、飽きられない女になる方法

飽きられる女の特徴、飽きられない女になる方法

男も女も相手の心を繋ぎとめるのは難しいことで、 大抵の場合は結婚まで突き進めなければ別れてしまいその後は友達関係になるか、あるいはもう一生会わなかったりもする。 大まかにまとめると愛される女は、「一緒にいて楽しい、面白い、安心感がある」など、もっと一緒にいたいと思わせる 要素を持っている。

長続きしないで失敗するカップルは付き合っていてもこれらのメリットを感じないから破局するのでしょう。 また、人間は不満が募って心が離れるだけではなく、幸せすぎても興味がなくなる不思議な一面がある。 恋人同士でも長年付き合うと家族のようになってくるので、刺激を求めて違う異性に心変わりしてしまうこともよくある。 今回は飽きられる女の特徴や原因を確認することで飽きられない方法を探っていきます。

スポンサードリンク

飽きられる女の特徴、原因

・自分の欠点をしゃべり過ぎる

女脳は右脳と左脳の間にある脳梁が太くて言語と感情との連絡がよく、お喋り好きが多いのが特徴的です。 会話ネタが少な過ぎて飽きられるパターンも多く、話好きなことは長く愛される女の共通点です。 しかし能弁な中でもネガティブな話題を選びやすいタイプは心理的につまらない女認定されやすい。 男も女も多少なりとも自分に自信を持っている頼りになる人を恋人にしたいと思っているところがあります。

自分のコンプレックスや短所に悩んでいてたまに口にするぐらいなら大丈夫ですが、 2回も3回も卑下や否定などマイナスなことを口にすると、相手の無意識、潜在意識に「この人はダメな女なんだ」と刷り込まれていきます。 詐欺師なんかは「私は凄い、お金持ちだ」と常に吹いて回っています。 そして、そんなあからさまな騙しの手口でも引っかかる人は大勢います。 それだけ人間の思い込みの力は強く脳は勘違いを起こしやすい。

ネガティブな言葉が多いと、その言葉の意味と言った人の印象がリンクして決定付けられます。 だから、「楽しい、嬉しい」という女性は大切にされるし、「つまらない、気持ち悪い、興味ない」などが口癖だとうざいと思わたり捨てられやすい。 彼氏の趣味を勉強したり、アンテナを立てて色々なことに興味を持ち知識を蓄えておいて大人な男性、年上彼氏の話にも対応できるようにして、 さらに肯定的でポジティブなキーワードを口にするようにすると一緒にいて飽きない女になれます。 心に余裕があり自信を持っている大人のお姉さんは魅力的です。

・追いかけすぎる女

男女の恋愛感情には時期にズレがある傾向がある。 男性は出会った当初に好意のピークが来て次第に冷めていく。 女性は最初は仕方なく遊んであげるみたいな態度だけど付き合ってしばらくしてから愛情が高まってくる。 だから、彼氏の会ってくれる回数、連絡の頻度が減ってきたという彼女の悩みはよく耳にする。

男性は釣った魚に餌はやらないという都合のいい女として利用しようとする人が一定数存在している。 このタイプの男性は好きだという弱味を見せると調子に乗ってお金を要求したりわがままを言ってくることがあり、 キープ女的な扱いになり結果的に飽きられてしまいます。 また、結婚する気がないのに結婚を迫る女性も重くて拒否されることがある。

色々な理由が重なっていますが、メールやLINEの返信を急かしたり話したがる、浮気や不倫を疑う、 携帯、スマホを確認したがるなどの追いかける行動は相手を束縛することにも繋がるので、 しつこくやりすぎるとストーカー女のような恐怖心を与えてしまうかもしれない。 男性は基本は積極的に押したり自分からデートに誘ってくれる女性が好きです。

しかし、仕事が忙しい時や1人になりたい時は返信が遅かったり誘いを断ることもあるのでその点は意識して、 時には放置ゆとりを持つことも大切です。 できれば形だけでも男性が追いかけ、女性が追われるという関係性を作れるとカップルは長続きしやすいので、 できるだけ男性から誘わせるように仕向けられると理想的です。 これらを考慮するとデート回数は月に1〜4回程度が新鮮味を保つ距離感としては調度いいのかもしれません。

・身の回りのお世話をやろうとする

男性は女性に支えられたり、婚活は胃袋を掴めと言われるように手料理を作ってくれると嬉しい。 しかし、世話を焼くのも度が過ぎるとお母さんのような存在になり飽きられてしまう。 これは特に同棲をした時に注意したいことです。

尽くすのが好きな彼女は頼まれてもいないのに彼氏に奉仕するために家のことを全てやろうとしてしまいます。 掃除も食事もお風呂やゴミ捨ても全部やってさらにプレゼントまであげようとする。 この環境で満足できるような優しい彼氏であればベストですが、 家政婦や使用人のようでパートナーとしてはイマイチと感じてしまう人がいる。

想像してみるとわかりますが、自分が何もしなくてもいい環境というのは思った以上に面白くないものです。 毎日人に決められたメニューを食べるだけではストレスが溜まってきます。

また、心理的にも人は苦労すればするほどそのことに価値があると思いこむ性質(サンクコスト効果)があります。 だから、一方的に親切にするだけでは信頼関係は築けず、 相手にも何かを要求することで愛情が深まる性質がある。

例えば100万円をデート代に使った彼女は1円も使っていない彼女よりも手放したくない依存対象になりやすい傾向がある。 これは100万円分の元を取りたいという気持ちが働くからです。 だから、わがままで小悪魔系の女性は男性を引っ張ることで負担を負わせるのでハマらせる特徴を備えていると言えます。 甘え上手だけど、言いなりになりすぎないことも男性の狩猟本能を燃え上がらせるきっかけのひとつになります。 あまりに男性に頼りっぱなしだとそれはそれでお荷物な存在になるので、相手を喜ばせつつ調子に乗らせすぎないバランス感覚が大事です。

・本音を言わない

気を使っていることが態度から見て取れると、気を使われてる方は緊張して気疲れしてしまいます。 目の前にいる人の気持ちはミラーニューロンと呼ばれる神経細胞により伝わりやすく、 鋭い人なら勘で感情を読めるかもしれない。

特に女性に多いのは、デート中に本当にしたいことを抑えて彼氏優先で行動するなど我慢する人です。 付き合っている方としては、ありがたいかもしれませんが自己主張しない彼女にはどこか居心地の悪さや気持ち悪さを感じます。 小さい子供は素直に感情表現をするので、高感度が高い。 大人になると辺に相手に気を使って嘘をつくようになるから雰囲気が悪くなるのです。 自然体で接することがお互いにとって居心地のいい関係を生みます。 女性はみんな受身なので、時には自分からデートプランを提案するなども男性としては嬉しいことです。

ただ、この項目も加減の問題があり、ミステリアスな面が何もないよりも、 プライベートやプロフィールに謎の部分や未完成の要素があった方が相手の興味が尽きないという心理(ツァイガルニク効果)があります。 人は読みかけのマンガや小説は気になりますが、完結して全てを知ったら興味がなくなるのです。 なんでもかんでも馬鹿正直に本心を口にすればいいというわけではなく、見せなくてもいい部分は隠したままの方が幻滅されずに円満なこともあります。 言いたいことは遠慮せずぶつけた方が良いですが、親しき仲にも礼儀ありということで 男性のプライドを傷つけるような言動をしてはいけないことも忘れてはいけません。

・女らしさがキープできていない

カップルは自然体がリラックスしやすいとはいえ、着替えなど生々しいだらしない格好を見せられ続けると 性的対象から外れてしまい冷めることがある。 外見がワンパターンで代わり映えがしないと、男性は違う女性に目移りしやすい本能がある。 だから男性は彼女が別人であるかのようなルックスになるコスプレをさせるのが好きです。

つまり飽きさせないためには、たまに髪型を変える、オシャレに気を使う、体型を維持する、ムダ毛を処理する、 いい匂いのする香水をつける、恥じらいを失わないなど。 それぞれに変化を加えながらも女としての魅力を主張し続ける必要がある。 もちろん、できるだけ笑顔で接することも忘れないでおきたい。 女らしさを見せるためには多少ぶりっ子のように演技することも重要です。 彼氏がドキドキさせる喜ぶような工夫を考えて実行してみましょう。

・彼氏以外に興味がない

知識レベルが高く、中身重視の人間は会話の楽しさが結婚を決意させるきっかけになることがある。 人はIQのレベルに差があると会話が噛み合わず非常に退屈になると言われています。 頭の良さとは別に自分の意見がない、芯がないという人は意外性を感じる要素がなく刺激不足の交際相手になりやすい。

会話で求められるものは共感と呼吸が合うかが主ですが、そこに驚きや深みがプラスされなければ浅い人間性で価値がないと思われることもある。 世界が狭い人の会話は話題のネタもごく一般的な範囲内でこじんまりとしていて面白みが少ない。 話がつまらないぐらいならどうってことないかもしれませんが、 このような人は将来やりたい目標みたいなものもなく惰性で過ごしていたりするので、尊敬できる面が少なかったりする.

彼氏と会う以外にすることがある女性は男性と適度な距離を保てるので結果的に好循環に繋がります。 好奇心旺盛で視野が広く自由奔放でフットワークが軽い女はナチュラルに男を夢中にさせて追いかけさせるのが上手い。 男性としてもどこかに行ってしまいそうな危うさがあった方が手放したくないという欲求が出てきやすい。

スケジュールが一杯で充実している女性は表情がキラキラ輝いています。 彼氏としても彼女が自分以外のことに一生懸命だと「何をしてるんだろう」と関心を持つようになり引き寄せられる。 彼氏に依存し過ぎるよりも、自立していた方が結果的に絆は強まり飽きが来ないのです。




彼氏が淡白な草食系男子だと、コミュニケーションやスキンシップが不足して、いつまでもラブラブ状態でいるのは結構難しいものかもしれません。 過ぎたるは及ばざるが如しで、何事も過剰にしすぎるのはマイナス評価になりやすい。

飽きられない女になる方法としては飽きられる女の特徴で自分が当てはまってしまった部分を改善していくことが近道かもしれません。 倦怠期やマンネリの時期は二人の運命を左右するタイミング。 ずっと一緒にいたいと思うのなら、ドキドキ感が薄れてきたところからが本番です。 女磨きを怠らず彼氏にいつまでも大好きな彼女、妻として意識されるように努力しましょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.