恋愛tanu.comデート・カップル > 初デートで成功する会話の話題、内容

初デートで成功する会話の話題、内容

婚活をしていると初対面の相手と初デートをする機会が沢山ある。 婚活でなくても、一回目のデートは2回目3回目と違い、相手の人間性や会話の傾向も把握できていないので 非常に緊張するものです。「会話が続かなかったらどうしよう」「話題が途切れて 無言、沈黙状態になったら嫌われるかな」なんて些細な事でも悩んでしまいがちです。

社交的な性格かよほどのマイペース人間でもなければ、デートで 不安になるのは当たり前です。 もしそれがただの遊び相手ではなく、本命の片思い中の好きな人や気になる異性であれば 尚更会話が弾まなかったケースを想像して苦悩することでしょう。 でもその心配は無用です。 お喋りなんてリラックスして気楽にすれば誰でも簡単にできます。

ただ、人間同士の付き合いは相性やフィーリングがあるので、 まったく感覚が合わない、価値観の相違を感じるような人も 稀にいます。そのような自分と相性が悪い異性でも無理やり無難に仲良くするのが一流ですが、 このケースでは付き合いを控えたり距離を置くのが無難でしょう。

何をしたって空気が合わない人には改善の手はありません、 前世の縁なのか、遺伝子的なものなのかはわかりませんが、これだけはどうしようもないです。 しかし、もし内面的な相性は抜群なのに、会話だけが噛み合わないという場合は、 コミュニケーション能力を鍛えることで、好意を得られるようになります。 せっかく両思いの状態でも、会話がぎこちないせいで結ばれずに別れることになってしまっては 悲惨すぎます。



なぜ会話に不安を感じるのかと言うと、経験値が不足しているからです。 ナンパ師や接客業、営業をしている男女は年下年上、お偉いさん問わずお喋りすることが慣れっ子で コツを掴んでいるので、 緊張していても、頭が自動的に速く回転し、丁寧な敬語での言葉がすぐに出てきて能弁に会話することができます。

会話をする能力は一種の才能と努力の賜物によって得られます。 お笑い芸人やニュースキャスター、落語家や弁士などしゃべりそのものが 職業になるぐらいですから、話をするというのは難しいことで、そう簡単に習得できるものではありません。 継続的な訓練が必要なのです。 一般的な男女の経験不足な面は、とりあえず第一段階として知識で補い。そして、 実践する事で自分の能力、スキル、テクニックを高めていきましょう。

スポンサードリンク

初デートでうまくいく会話のコツ

・お互いの共通点を話題にする

人が話をしていて最も面白く感じる事は何か、答えは「自分に関連すること」です。 例えばハマッている趣味が流行のゲームだったりすると、そのゲームの内容を語ると、 大盛り上がりする鉄板ネタとなります。

また、人は共通点があるというだけで心理的に親近感が湧く。 だから共通点を探して「私もですよ」「同じですね」などと共通項、類似点を強調して アピールするとそれだけで好感度をアップさせることができる。 男と女とはいえ恐らくは同じ日本に住んでいるのですから必ず共通点は見つけられます。 例を挙げれば学校、住んでる地域、地元、出身地、好き嫌い、服装のセンス、年齢的なこと、 孤独感や不安、悩み事の共有、恋バナなど。

簡単に言ってしまえば食事やカフェ、宅飲みデートで飲み食いしている時、 映画デートでぽっぷコーンでも食べている時に 「これおいしいね」「うん、うまい」という二言だけでもお互いの絆はグッと深まります。 美味というのはプラスイメージを印象付ける言葉だし、共感や同意は味方である証明であり 仲間意識や親密感が増します。

人には好きな人やものと一体となりたい同一視という心理があり、 好きな人の真似をしたり同じ動きを無意識にしてしまうミラーリング行動もある。 共通点があること、似た者同士であり同じ意見や考え方を持つことは恋愛関係を進展させるシンプルで使いやすい 恋愛心理テクニックです。例え内心は裏腹な気持ちでも その場では演技をしてでも共通点があるフリをしてしまうのもアリな方法です。

・感じたことを言葉に出す

思ったこと、見たことをそのまま口にするというのは会話で最も理想的な居心地よいリズムを生み出します。 大抵の人は相手のことを気遣ったり「これを言っちゃまずいかな」と心にブレーキをかけて 口をもごもごさせてしまう。 相手が神経質だったりデリケートな場合は多少は警戒した方が良いですが、 お互いに好意を持っている時はもっと素直に言葉を出したほうがうまくいきます。

たとえ後で後悔するような悪口やコンプレックスを刺激する言葉でも、 よほど短気でもなければ謝れば許してくれるし、数秒もすれば時間と共に水に流れます。 喋るのが苦手だと思い込んでいる人は、本能のまま言葉を発することを意識してください。 自分が赤ちゃんか、子供であるかのように、無の境地で喋るのが成功の秘訣です。

デート中に猫や犬、鳥がいれば、「可愛いねー」と言っておけばそれだけで場が和むし笑顔も生まれる。 ショッピングをしていて、値段が高い商品があれば「これ高いだろー」とツッコミを入れたり、 歩いていて暑かったら「汗ダラダラになってきた」とか、「のど乾いたね」とか、 今日は晴れてるねとかなんでもあります。

二人きりの時にどうしても話題が頭に浮かんでこないという人は、 自分の視界に入ったものを言語化する訓練をしてみましょう。 高身長でモデル体型のグラマーで派手なムチムチ女性がいるね、 休日なのに閑散とした町並みで人が全然いないね、 モダンなスタイルが素敵なお店だね。 とか何でもいいんです。 ポイントはできるだけ形容詞をつけて文章を伸ばすことです。 日頃から目に入るものを、言葉で説明できるように頭の中で整理していると、 デート時、何も考えずに咄嗟に言葉が出てくるようになります。

人は相手の感想を聞くのが好きです。 低学年の駄々っ子のように、どんな内容でも頭で深く考える前に素直に口にしてしまいましょう。 単細胞のお馬鹿さんは一緒にいて楽だし、愛着が湧いて案外可愛がられるものです。 言いたい事を言っても思った以上に嫌われません、むしろ本音を語ってくれる信頼できる人として好かれることでしょう。

・喋るのが苦手なら聞き上手になる

既に付き合っているカップルや夫婦であれば沈黙、無言で居られる間柄が理想なんてよく言いますが、 付き合う前、付き合っていない友達以上恋人未満の男女が無言状態で一緒に居たら恐らく空気が持たないでしょう。 喋る能力は誰もが持てる能力ではないし、 遺伝や先天的な要因の性格で、天然ボケっぽかったり、早口が苦手なゆっくり遅く喋る人などもいたりする。 そのような会話能力に自信がない場合は、面白い話をして盛り上げるのではなく、 相手に気持ちよく喋らせて盛り上げるという手段に思考を切り替えていくべきです。

上記の項目でも書いた様に、人は自分に関することを見聞きする事が一番好きです。 つまり、自分に起こった出来事や体験などを語らせるのが最も愉快な気分になる会話であるとも言えます。 男性は自分の武勇伝や自慢話、元カノの話をするのが好きだし、女性は 過去の恋愛遍歴や小さな悩み事や仕事、彼氏の愚痴を聞いてもらうのが大好きです。

相手の話に耳を傾けるのは面白おかしく喋るよりもよっぽど容易なことで ほんの少し基礎的なテクニックを勉強するだけで誰にでも簡単にできます。 デート時の話し下手を克服する方法 にも聞き上手になる方法はまとめてあるのでサラッとチェックしてみよう。



聞き上手になるコツとして、まず第一に真剣に聞いているしぐさや態度を表すということ。 人が話をしている時最も心配している事は「私の話を聞いていて退屈じゃないかな 」「ちゃんと話を聞いてくれてるかな」ということです。 その疑念を解消するのが、相手の顔をしっかり見つめて、頷いたり相槌を打つという振る舞いです。 目線を合わせて相槌をしながら「へぇー」「凄いね」「そうなんだぁー」と3種類の受け答えを するだけ十分会話は楽しめる。

無表情でリアクションが薄いよりも、笑顔で目を見つめながらウンウン頷いてくれていると、 興味関心を持って熱心に話を聞いてもらえていると思えて、気分よく話し続けられる。 このように簡単な行動で話を聞いている体を醸し出せたら、 次は話の内容にツッコミを入れたり、掘り下げて質問して話題を広げてください。

会話をしているとよっぽどの完璧超人でもない限り、疑問点や矛盾点、可笑しい部分が存在する。 いわゆるボケのような箇所が生じるので、そこに対してバシッと鋭いツッコミを決めて相手を シャキっと正すことで喝を入れて笑いを誘う。 または、いつ、どこで、誰が、何を、どのように、という定番のオープンクエスションで話の範囲を拡大させていく。 ちなみにイエスノーで答えられるものをクローズドクエスション(閉じられた質問)、 答えられないものをオープンクエスション(開かれた質問)という。

例えば「そのファッション可愛いね」「ありがとう」「どこの服屋で買ってるの?」 「しまむら」「あそこいいよねー」そして批評を展開していくと言う具合に会話を進めていく。 これらの基点となるポイントが、オープンクエスションで質問する人です。 聞き上手は話を受動的に聞いていると同時に、相手に好きなことを喋らせリードする という役割があります。

話したい事を喋らせるお膳立てをすることが聞き上手のやるべき使命です。 キャッチしやすいボールを投げるという心遣いや思いやり、相手の 興味や関心を事前にチェックして調べたり察する洞察力などが問われます。

・基本的には褒めるスタンスで挑む

男性も女性も、好きな人から特別扱いされたい、大切にされたい、好意を持たれたいと 思っており、それを実感できることがデートの喜びでもあります。

男性はプライドが高く、貶されるのを嫌うし、基本的には自分を大きく見せたい小物な面があるので、 女性から褒められると感激します。自慢話や武勇伝、説教が多いのも 自分の立場が上だと無意識的にアピールしたい心理が働いています。 だから、女性は男性を軽く「かっこいいね、イケメンだね、体つきがいいね、ファッションセンスあるね」 などの褒め言葉を言うだけで舞い上がって喜びます。

それに対して女性はデート中に「私をどれだけ大事にしてくれるか」 という点をチェックして男性を評価しています。 男性は車道側、女性は歩道側を歩くように誘導したり、エレベーターでボタンを押したまま 降りるのを待ったり、ドライブデートではドアを開けて「どうぞ」といった具合にエスコートする、 後ろから自転車が来ていたら肩をそっと抱き寄せて危険を回避させるなど。

そして女性が最も嬉しい褒め言葉は、 男性のように単純でシンプルな褒め方ではなく、 今までしてきた隠れた努力や行動に対して褒めることがポイントです。 男性のためにオシャレでつけたアクセサリー、髪飾りやイヤリングなどのワンポイントを褒めたり、 「今日は大変なのに朝早くからデートに来てくれてありがとう」 とやってくれたことに対して感謝の気持ちを伝えること。

女性は男性よりも、献身的に尽くしたいという従属的な心理がある。 だからこそ、自分がやった行動に対して認めてくれたり褒められると非常に嬉しいという心理がある。 母性本能をくすぐる、尽くさせる男性になるためには、小まめに褒めることを忘れてはいけない。 女性に大しては例え冗談でも「愛されていない」と錯覚させるような言動は慎むべきなのです。

・相手の性格タイプに合わせる

コミュニケーションは基本的に臨機応変に空気を読んだりしながら相手に合わせるのが 最もうまくいきます。 相手のメールが短文なら長文は控える。 歩き方、歩幅が違う時は合わせる。 無口な男性や人見知りな女性で口数が少なくゆっくり会話するタイプだったら「間」を取り入れて少し待つ時間を設ける。

キスしたりいちゃつきたい脈ありの雰囲気を感じ取ったらオーケーサインを出したり 実際に家に誘ってみる。 下ネタが好きそうならちょっと下品なキャラを演じる。 早く帰りたそうだったら予定変更して 早めに切り上げる。など例はいくらでもあります。

基本的な心構えとして相手を喜ばせるサービス精神を持っておきたいものです。 我が強く、自分がやってもらって当たり前と言う考えは捨ててください。 そうしたお互いが相手に対して気遣いや思いやりを持てるタイプの性格だったら、 その二人は大抵うまくいき親密な関係の彼氏や彼女、恋人同士、カップルになれることでしょう。

自分を主張してばかりいると、どこかで意見の食い違いや衝突が起きます。 日本人の美徳の一つ「曖昧さ」は人間関係を円滑にする機能を持っています。 自分のパーソナリティ、個性を尊重してもらうのではなく、 相手の全てを理解して受け入れる包容力、懐の深さで勝負しましょう。

・ネガティブな話題は控える

デートは楽しむ事を目的としている。気分が沈むような話、 暗い話やコンプレックスを刺激するような話題は控えましょう。 親密な関係であれば相手の深い部分を詮索したり聞き出すことは有効ですが、 初対面や一回目のデート時はまだ表面的な好印象を固める時期なので 、あまり内面の深い部分にまで触れる必要性はありません。

むしろ嫌悪感を持たれたり引かれるリスクの方が高い。 始めのうちは笑顔で雰囲気イケメンのような人工的な和やかさを作るぐらいで十分なのです。

性格的にマイナス思考で自虐的な人はついつい、誰かの悪口や批判、欠点やダメな点ばかりを 口にしがちです。悪いものを取り上げて敢えて「あれはダメだ」なんて言うのは精神をすり減らす だけで時間の無駄です。例えその意見が正しくても、そんな事聞いていても楽しくありません。 並んでいる待ち時間やドライブデートで沈黙やマイナス発言ばかり だと白けてしまい険悪なムードになる。特に車内は逃げ場が無いので最悪です。



それよりも、プラスの話題を口にするようにしてください。 「あのアイドルはかっこいい、可愛い」「芸能人のモデルなら誰々がタイプ」 「昨日の金曜ロードショー面白かったよね」など、好きなことを語る人はそれだけで 居心地が良く魅力的なのです。

また、心理的にも負の言葉は悪い作用をもたらします。 「まずい」「キモイ」「くさい」「だるい」など このような言葉聞くだけで気分が少し沈みます。 それを目の前の彼氏や彼女、異性が言っていたら「この人といると気分が悪くなるな」 と勘違いして錯覚を起こしてしまう事もある。

逆に「おいしい」「楽しい」「愉快」「嬉しい」などの 言葉を聞いているとなんだか幸福感が出てハッピーな気分になってくる。 単純な恋愛心理ですが、言葉の響きはこのように無意識、潜在意識に影響するので覚えておきましょう、 いつだってモテるのは明るく爽やかでプラス思考、楽天家な男女です。

・笑えるネタをストックしておく

笑いというのは凄いパワーを秘めていて、常に笑顔な人は 免疫力が強く、病気にもなりづらく健康な人が多いという。 笑う門には福来るというように、男女共に異性にもモテやすいし、 運気もやってくるいいこと尽くめです。 だからこそ、自分の事を笑わせてくれる異性はモテるし好意を持たれやすい。

お笑い芸人はモテるし、どんなにブサイクな人でも一緒に居て居心地が良くて 、デートなども自然体で楽しめるとそれだけで彼氏、彼女候補、結婚対象、恋愛対象として見られやすくなる。 デートの前には下準備として、何かしらの笑えるネタや豆知識、薀蓄、失敗談などを用意しておきたい。 特に失敗談は、安心感を与えたり、「守ってあげたい」という男心の保護欲求や独占欲、 「お世話してあげたい、放っておけない」という尽くしたいという心理の母性本能はくすぐられる。

なんでも1人でテキパキこなしてしまう自立している完璧人間よりも、どこかで 甘えてくれる部分や、欠陥、ダメな部分が見え隠れした方が人間味があって愛されやすい。 自分を落として笑いを誘うのは、プライドが高い人間ではできない高等テクニックです。 どんなに退屈な時間ばかりだったとしても、たった一度大笑いできるような 出来事があると、そのピークの瞬間は良い思い出として残り、帰った後も何度も思い出されます。

デートはピーク・エンドの法則が基本。最初、最高、最後の瞬間にこそ力を入れれば他は力を抜いて 沈黙、無言状態で盛り上がらなくても大抵は成功します。 会話が弾まない時に「何か面白いことやって」という無茶振りをされた時に対応するためにも、3個ぐらいは鉄板の 盛り上がるネタを用意して備えておきたいものです。

・非日常が味わえるデート場所に行く

人は誰しもデートでも当たり前の毎日とは違う、 非日常を味わいたいという願望があります。 デートは特別な体験ができる日でワクワクする胸躍るイベント事です。 いつも通っている定番のデートスポットで遊んでも 高揚感や刺激はなく、斬新さ、新鮮味は感じられません。 退屈でつまらない日常とはまったく違った体験ができるような 場所に行けば話題の内容なんか考えるヒマも無く自然と会話が弾みます。

躍動感がありスリリングな遊園地や水族館、ロマンチックで情緒溢れる夜景の見えるレストラン 、いきなりお泊り旅行に誘ってしまうのもそれだけ親密な関係になれるよくある手段です。 意外性や興奮を味わえるデート場所を選んだ時点で話が続かないなんてことにはなりづらいです。 勝負はプランを練っている間に半ば決まってしまう良い例ですね。 できればお互いに余所余所しい雰囲気にならないように、二人きりになれる空間や ボディタッチなどのスキンシップを図れる個室などを計画に入れておくとベストでしょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.