恋愛tanu.com女性心理 > 女性との会話のコツ、ノリの良さだけで心は掴める

女性との会話のコツ、ノリの良さだけで心は掴める

男性は口下手が多く会話が苦手で悩んでいる人が多い。 気の利いた面白いジョークが言える人一握りで普通は面白くない人ばかりだと思います。 だからこそ、会話術を練習することは大きなアドバンテージになります。

顔が悪いブサメンでもトークを練習してテクニックを磨けばイケメン以上に彼女が作れるようになったりする。 結婚相手に求める条件でも見た目や外見よりも中身(会話の相性)を重視する女性が多いです。 特に初対面や初デートなど、第一印象で恋愛対象に入るかどうかの最初が肝心です。 多くの男性は勘違いした振る舞いをしてここで失敗し不合格の判定を下され距離を置かれます。 逆に言えば初めての段階で正解の行動が取れる男性は気に入られやすく、出会いの数だけ女友達や彼女候補が沢山作れるようになります。

まず基本的に男と女の会話の質には違いがあることを理解しておきたい。 男性は言語を情報伝達や問題解決の手段として用いるので、一言で終わってしまったり、 無駄に凝った理屈を展開して何かしらの結果を求める特徴がある。 それに対して女性は感情的で友好関係構築のために言葉を駆使します。 だから、会話自体にあまり意味は無く、なんとなく和んだ雰囲気で笑い合えれば正解だと考えています。 男性が無駄にアドバイスして女性がそれを突っぱねるのも、このような男脳と女脳の食い違いが原因になっています。

「あるよねー、わかる、それな」などは女子高生の間では流行しているキーワードで、 このような共感の言葉は女性が嬉しいと感じるものです。 人間は自分と似た人を仲間だと思い好きになる類似性の法則がある。 だから、地元、学校、会社、趣味が同じなどの共通点があると自然と仲良くなりやすい。

女性との会話は感情表現を強調し、そして共感が生まれれば和やかなムードになる。 会話の中身は好意とはあまり関係が無いことを理解しておこう。 これを基本として、さらに細かいコツなども覚えておくと女性との会話に役立ちます。

スポンサードリンク

女性との会話を盛り上げるポイント

・女性は語りたいことが沢山ある

女性は男性に比べれば日々の生活で我慢していることが多々あります。 簡単に例を挙げれば同性同士、女社会での陰口や悪口、職場での派閥争い。 生理での体調不良を表に出さずに生活すること。 男性の存在や威圧感に対する恐怖心など。 このようなフラストレーションを雑談することによって解消しようとします。 だから、女性は放っておけば何時間でも、いつまでも喋っている。

男子会よりも女子会の開催数の方が多いし、 道端で井戸端会議をしているのは大抵おばさんです。 女性は話したがりな生き物で、無口、引っ込み思案、消極的な性格だけどお喋りがしたいという欲求があると考えて問題ないと思います。

トークスキルが無くて初デート時の会話の盛り上げ方がわからないという人は多い。 しかし、男性はそこまで口を開く必要はなく、女性を気持ちよく喋らせる努力をするべきです。 お笑い芸人のように日々誰かを笑わせるテクニックを持っているのは特殊なことで、特別モテたいと思わなければ冗談やギャグを言う話し上手になる必要はあまりありません。 それよりも聞く技術を磨き聞き上手になるのが得策です。 ここでまた新たな悩み「何を質問すればいいのか」がある。

聞き上手になる方法は簡単なことで、 質問のコツはできるだけ相手に関係のある話題を振ることです。 人は自分の身の回りの出来事が好きで、中でも自分自身の関する会話ネタが最も面白いと思う性質があります。 だから、どんなに遠く間接的にでも相手の女性に繋がりがある話題であれば全てが正解になります。

特に秘密の共有やプライベートを喋らせると、本能的に打ち解けたと錯覚するので惚れさせるためには効果があります。 注意点としては、まだ知り合って間もない間柄の場合は下ネタや身体的コンプレックスの指摘など、返事に困るようなことはできるだけ聞かない方がいいです。 男性はデリカシーがない無神経な人が多いので、ここら辺を理解していないと女性を口説き落とすのは厳しいものがある。

・接している時の態度が大事

女性にとって男性が無表情で何を考えているかわからない状態は恐怖心を覚えるものです。 とりあえず、会話中に無反応だけは極力控えるようにしましょう。 女性が喜ぶリアクションは、興味関心のある眼差しで目を見て、笑顔で相槌を打ち、適度にツッコミを入れたり褒める、というものです。 自分が逆の立場で同じようなしぐさ、態度を女性にされても恐らくは嬉しいと思います。

無意識だと聞き方にあまり力を入れないかもしれませんが、喋っている時の反応の仕方は好感度アップには密接に関わっています。 また、男性は自信や余裕がある態度が好まれ、緊張しておどおどして顔色を伺っていたり、早口でどもるようだとキモイ、気持ち悪いと思われ引かれてしまう。 女として、異性として意識していると、会話が失敗しやすいのはリアクションがギクシャクしてしまうから、相手も違和感を感じて居心地が悪いと思ってしまうのです。

人間は視線が合い、アイコンタクトが成立したりスキンシップをするとオキシトシンというホルモンが分泌され、 信頼感や安心感が芽生える体の仕組みがあります。 だから、できるだけ目を合わせたり下心を感じさせないボディタッチをすることで、興味がない状態から脈ありで気になる恋愛対象に持っていくことができる。

ナンパでも挨拶すると同時に笑顔で女性の顔を覗き込むのが大事で、ただ声をかけるだけよりも成功率が高くなると言われている。 ただ、第一印象で嫌われている脈なしの場合、女性は目をそらすことが多くなる。 ここは照れ屋な性格の場合も俯き加減になるのでなんとも言えないところですが。

・相性が合わない人とは仲良くなれない

人間、誰でも仲良くなれるような気立てのいい人は少なく、価値観や個性の違いによってはまったく馬が合わなかったりする。 沈黙や会話が続かないことに苦痛を感じる女性もいれば、 黙ったまま一緒に歩きたいという女性もいます。 下ネタでも歓迎という人もいれば露骨に嫌悪感を示す人もいます。 フィーリングが合わないとどんなにトークスキルがあっても男と女としての会話は続かないものです。

その人の個性や価値観、相性次第で会話は性質が180度変わってしまうものなので、 失敗した時は「相手との相性が悪かった」と思って再チャレンジするようにして充分だと思います。 性格が悪い女性は楽しませてもらって当たり前と思っていたりする。 受身でお客様であるかのような横柄な態度を取られたら、追いかけても無駄なのでその人との関係はキッパリ切り捨てて新しい出会いを探しましょう。

また、世の中には純粋に恋愛をしたいタイプと結婚という契約をしたいタイプの2種類の女性がいて、 結婚相手に安定した生活や裕福さを求める女性だと、年収、職業、家柄などのスペックを品定めされることがある。 打算的なタイプは経済力などを明らかにしないとなびかないような強欲さがあるので、そもそも口説いたところでトークスキルがあってもうまくいく確率が低い。 異性を財布として都合よく利用しようとせず、背景を見ないで1人の男として見てくれる女性は性格が優しく親しみやすいところがあります。 付き合える難易度でいえば、無欲で天然ボケっぽい女性の方が容易で、打算的な女性は追いかけても苦労ばかりする。 見た目が美人だったり可愛いからといっても、性格が悪い女を追いかけるのは時間と労力の無駄になるので注意したいところです。

・女性が嫌いな話題、会話の内容

女性が求めているのは楽しいコミュニケーションであり、暗くなるようなネガティブな話題は口にしないのが基本的なルールです。 女性が特に嫌いな話題は、自慢話、有能だという自己アピール、誰かを見下す発言、お金の話など見栄っ張りだと思われると良くない。 この手の話題はつまらないと思いつつも愛想笑いしながら聞いていて、内心では男性の評価がマイナスになっている。

鈍感な男性は女性が引き気味なのに気づかず、「上手く喋れてるな」などと調子に乗って同じ話題を続け 気づいたら「友達以下」のカテゴリーに入れられて恋愛対象外になってしまう。 ネガティブな話題はタブーで、どんな正論でも棘がある言葉は女性にはウケが良くない。 何かを批判する癖がある男性は、多くの女性に毛嫌いされます。 テレビなどを見ていると、30代以上で婚活をして売れ残っている男性はこのような女性が嫌いな話題をピンポイントで攻める猛者が多い。

女性が好むのは感情の共有であり、自分の気持ちを理解してくれる男性を求めている。 男性のルックスや能力はそこまで重視されるものでもなく、自分に興味を持ってくれたり知ろうとしてくれるのが嬉しかったりする。 だから、髪型や服装、アクセサリー、小物、体調など普段との変化に気づいてくれると喜ばれる。

他にも軽い失敗談、食べ物、美容、恋バナ、好きなタイプなどの定番話もウケがいい。 女性はただ単に会話をして、そして自分の悩み事や愚痴を聞いてくれると好意が膨らんでいく性質があります。 実際、容姿はまったく関係なくネット上のスカイプで通話しているだけで男性に惚れてしまう女性は後を立たない。 最低限拒否されない程度の話術で関係を継続させれば、好意は自然と育まれていきます。

・フレンドリーさと丁寧さのバランスが大事

初デートでなんか違うと思う理由、彼氏と別れた原因などには「優しすぎるから」というものがある。 男性は本命の彼女に対して気を使いすぎてしまうところがありますが、これが女性にとっては居心地が悪いという。 いつまでも敬語でタメ口で接してくれない、なんでも女性の言いなりで自分の主張が少ない優柔不断など。

逆に好かれるのは気さくでなんでも本音を言い合えて友達感覚のように付き合える男性です。 ヤンキーがモテるのも、変に気を使わずに遊びやすいからです。 ただ、あまりに上から目線で粗雑に扱うのも嫌われます。 オレ様キャラやS系が好まれるとは囁かれることがありますが、それは優しさが根本にあってのことで、 投げやりな態度が好まれるわけではないので注意しましょう。

落ち着きがあって包容力を感じさせる大人の年上男性も、甘えたくなるので年下女性にとっては接しやすい対象です。 これはラインやメールなどでアプローチする時も気にするべきことです。




好かれるモテる男性の会話は独りよがりではなく、常に女性優先で楽しませる努力をしています。 女性は気分よく喋らせてくれる彼氏や旦那が欲しいと思っていて、多くの女性は特別お喋り上手な男性が好きというわけではない。 会話はキャッチボールと言われますが、男女間では案外そうでもなく女性が一方的に話している時がうまくいっている状態とも言えます。

愚痴を言えば黙って聞いてくれる、相談事をすれば悩みを理解して真剣に助言してくれる、 他愛も無い雑談でも付き合ってくれるなど、女性に主導権を渡して彼女が主役になるように誘導するのが楽しませるコツです。 ヘタにアドバイスしたり自分の意見を言わずに黙って頷いているだけでも合格点になってしまうのは、 このような女性心理の仕組みがあるからです。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.