恋愛tanu.com女性心理 > 女性の口説き方、心理テクニック

女性の口説き方、心理テクニック

女性は男性に比べると思ったよりも顔や見た目、ルックスなどの外見よりも、 性格の良さや愛情など内面重視で彼氏や夫を選ぶ傾向がある。 彼女が途切れないモテる男は容姿が完璧に優れている人もさることながら、 案外不細工男性の方が努力をしていて、ナンパや口説き落とすのが得意という男性の割合が多い。 積極的で活発なブサメンは受け身で消極的なイケメンよりもよっぽど女性に 好意を持たれやすい。

実際のところ超一流のホストやモテる男は二枚目よりも三枚目キャラで 親しみやすい印象の男性ばかりです。 生まれた際の遺伝子的に顔で勝負できないのなら何かしらの行動力を持ったリ努力や頑張りで 女性を引き寄せる魅力を持つしかありません。 配られたカードが役に立たないものばかりでも、新たに自分で 勝てるカードを作り出せば成功するのです。

女性には「大切にされたい願望」があります。 これは本能の心理に組み込まれているもので、 どんなに優れた地位や能力、条件を備えた男性でも、自分を大事にしてくれなければ 結婚して家族や子供を養ってもらえないと無意識に理解している。 女性は一人の力で生きていくのが大変で、伴侶となるパートナー、夫、旦那からの食料の援助や 外敵からの保護を必要とします。 だから、どれだけ自分のことを大事にしてくれるか、本気、本命の気持ちで 好きでいてくれるかの評価が高ポイントとなっている。

モテる男の共通点に「マメである」という特徴の項目がランクインしている。 熱意あるアプローチが、必要とされていると感じさせ、 紳士的な気遣いを感じるエスコートやデート時のリードから、 長い間大切に扱ってくれそうだという安心感、信頼感を覚えるからです。 女性を口説く際は、たとえ冗談でもパーソナリティ、身体的特徴やコンプレックスを否定したり批判することはタブーであり、 一度軽蔑されて嫌われたら挽回は難しい。

どんなにあからさまで演技臭くても、 肯定して褒めて、煽てて可愛がることで口説き落とすことが可能となる。 美人や可愛い子でも、それなりに清潔感のある男からアタックや愛の告白をされて嫌がる人は少なく むしろ嬉しい。男は度胸、女は愛嬌というように、男は恐れずに ライバルよりも先に仕掛けていく先手必勝の精神が必要不可欠です。 女性を口説く方法、口説き方には様々なものがありますが、 思いついたアイディア全てを行動に移すぐらいの気概で実戦していきましょう。

スポンサードリンク

女性を口説くコツ

・話をしっかり聞く

女性の好きなタイプには「私のことを理解してくれる人」という項目が挙げられることが多い。 これは男性の場合はほとんどない女性特有の条件です。 自分がいかに優れているか、強いのかということをアピールする男は 「自慢ばっかりでうざい」と嫌われる。

これは営業の仕事を例にすると理解できる。 一方的に商品の自慢をされても、客にとっては「はいそーですか」で終わってしまう。 売れるセールスマンはお客さんの困っている情報を聞き出し、相手の悩みや愚痴にひたすら耳を傾ける。 そうして信頼関係を築き、いつの間にかモノやサービスを販売してしまう。 これは恋愛でもまったく同じことです。

平凡で大した能力や魅力もない男でも、女性にとっての良き相談相手で、 毎日コミュニケーションを取っていると惚れられることが多い。
聞き上手の男はモテる。 女性は関心を示してくれないイケメンよりも、 自分自身に興味関心を示して質問してくれる普通の男の方が好きなんです。 これは女性を口説き落としたいというときに覚えておいたほうがいい最重要の項目です。

・質より量のプレゼントを増やす

女性は1回の愛の告白よりも、100回の会話の方が好意の量が増えると言われています。 女性心理の好きという感情は、一瞬で増加することは一目惚れ以外にはほとんどなく、 知り合い→友達→恋愛対象→恋人、彼氏とじっくりと時間をかけてステップアップしていきます。 女性の恋愛体験談は大抵「初めは興味がなかった、むしろキモイと思ったけど付き合っているうちに 好きになっていった」というパターンばかりです。 もちろんこの流れを10分ぐらいの短期間で行うことも可能です。

デートに誘われてokしたものの、あんまり脈があるわけでもないけど遊んでみるということもよくある。 これに対して男性は、女性から「好きです」と言われただけで興奮して舞い上がり大喜びする。 一瞬にして恋愛感情がピークに達して結婚まで考えてしまうほど過剰反応する。 これが男脳と女脳の違いです。

女性は1人の男性の遺伝子しか身篭れないため、しっかり男性を吟味、選別してから 慎重に最良の相手を選びたいと考える。 男性は、いくらでも種をばら撒けるので、一瞬で気を許すことができる。 この心理の差から、女性には凝縮した愛情よりも、薄っぺらでも回数がある 愛情確認を欲しがっていると考えられています。

口説くことに繋がる具体的な行動は、 小まめにコミュニケーションをとる機会を設ける ことが重要です。たった一度キザな口説き文句を言われても女性の 好感度は1ポイントしか上昇しません。 これはメールやツイッターで一度絡んだのとほぼ同様の価値です。 つまり、なんでもいいので片思い中のターゲットに自分の事を考えてもらうことが成功の秘訣、口説くコツです。

そのために接触する機会を増やす、フレンドリーに挨拶する、他愛無いお喋りをする、 何気ないメールを送る、SNSやコミュニケーションツール、lineやtwitterなどで 頻繁に世間話をする、愚痴を聞いたり悩み相談に乗ってあげるなど。 女性はこのような体目的や下品な下心から来るものではない自然な温かさに胸がキュンとすると言われています。

もちろん女性が脈ありサインを発している時は強引に押すことも必要ですが、 まだあまり親しくないのであれば、少しずつ友達として接近することが成功の近道です。 基本的に年下女性は余裕ある大人の年上男性が好きです。 焦って親密な関係へと進展させようとしても空回りしてしまい、 最悪の場合嫌悪感を持たれて音信普通になるケースもあるので注意しましょう。

・言葉で感動させる

男性は視覚情報をが8割と言われるほど目から入る要素で好きになりやすいが、 女性は情緒的、直感的であり、嗅覚や聴覚を重視してで恋愛をしていると言われている。 最近流行りのインタネーットサイトやアプリに、ニコ生、こえ部、nanaなるものがあり 女性ユーザーが非常に多い。 特に女性に人気なのが歌い手と呼ばれる生放送をしている男性です。

女は耳で感じると言われる、遠くから大声で話しかけるよりも、 耳元の近くで小声で囁くとぞくぞくして好きになりやすい。 女性は異性の声を聞くのが好きなので、男性の低くて響く良質な声を聞くと 快感なのです。

女性は的確に褒めることで気を許してくれるようになります。例えば 職場の上司と部下という関係の場合でも、いつもしかめっ面で叱ってばかりの上司よりも、 笑顔でよく褒めたり失敗した時にタイミングよく慰めてくれる、 褒めるテクニックを持つ上司の方が 仕事の効率がアップします。

とにかく男は女の変化や努力を褒めることで簡単に好意を持たれることができます。 人見知りで奥手なシャイボーイでも問題ありません、営業マンのように営業スマイルを 浮かべて明るく話しかけなくても、ぎこちない雰囲気でボソッとつぶやいて褒めるだけでも効果は抜群、 むしろ少し暗いツンツンキャラの男性が、稀にデレっと優しくなった方がギャップ効果で より口説ける確率が上がります。

一言何か気の利いたセリフを添えて アクションを起こすと、ムードが盛り上がり女性の気持ちもより高揚してくるでしょう。 そしてムードが良くなってきてから無言でボディタッチをして反応を伺うのです。 また、女性は口から発せられる言葉だけでなく、メールや手紙の文章でも感激します。 文字を見ているだけで相手が話しかけているかのような妄想、錯覚を起こすほど 想像力が豊かなので、メールでのアプローチも効果があります。 どんな手段でも良いので、女性のした過去の実績や行動など 、普通の人は気づかないような些細な努力を褒めるとより高評価を得られるでしょう。

・常に近くのポジションを確保する

男女が彼氏彼女、カップルとしてペアになれるかどうかは物理的な距離が 大きく影響しています。恋人がいない理由のほとんどは 環境要因が悪い状況が原因となっています。 男性が女性を口説こうと思う時に考えるのは、ライバルや競争率の高さの問題でしょう。 恋愛は子孫繁栄のための争いなので、何かしらの戦略を持っている男性が勝利し 、異性を獲得するようにできています。 そこで重要なのが相手の近くに寄るという至極単純の理論です。

容姿端麗で可愛い、美人な女性は大抵誰かから声をかけられたりナンパされたりしています。 そのような有象無象の男性とは違うというアピール、差別化を図らなければいけません。 それが、他の人よりも一歩踏み込んで会話することです。 これは心理学で言うところのパーソナルスペースに侵入して異性として意識 させることを目的としています。

綺麗な女性は高嶺の花だと思われてモテない男、自己評価が低く自信がない男性にとっては 話しかけるのを躊躇させる対象です。 皆が腰が引けているからこそあえて急接近すると親密になりやすいという方法です。 想像してみるとわかりますが、エレベーターのような個室で 男女が二人きりになると少なからず緊張して胸がドキドキします。 そのようなドキドキ感を与えるのは、威圧感やプレッシャーです。 ちょっと手を伸ばせばすぐに触れるぐらいの距離に異性が存在するというのはそれだけで 、恋愛対象として意識させるのに十分な理由となる。

また、飲み会や合コンでの座る位置でもこの理論は使える。 口説き落としたい対象の隣か斜め前のポジションをキープするとうまくいく。 隣はすぐにボディタッチやスキンシップ、耳元での内緒話、 メールアドレスや電話番号などの連絡先の交換 が行えるし、斜め前の席は無意識、自然と視線が合いやすく最も魅力的に映る横目、流し目の位置です。 真正面は心理学では対立する場所と言われており、あまり好ましくありません。 宴会や打ち上げなど飲み会で、自由席の場合は真っ先に好きな人の隣をキープするのが 上策です。

小手先の口説き方のテクニックは様々なものがありますが、 「単純に隣に存在してる」という要素は非常にメリット、利点が多く大切な要素です。 学校や職場でも隣の席に位置する異性はついつい気になって興味関心を持ってしまう。 恥ずかしがってモジモジしていては関係は進展しません。 フリーの独身女性を掴むのは早い者勝ちです。 好きなタイプの人を発見したら、 先手必勝で誰よりも早く近づいて口説いてしまいましょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.