恋愛tanu.com女性心理 > メール、lineで簡単に女を落とすテクニック

メール、lineで簡単に女を落とすテクニック

現在人の恋愛はメールやlineが勝負の肝であり、 メールアドレスやラインIDさえ聞ければ半分は成功したも同然で非常に有利に 女性を口説き落とすことができます。

女性とのメールが続かない、途切れてしまう、うまくデートに誘えないと悩んでいる男性がいるかもしれない。 これらは大人の余裕が足りない、プライドが高い、度胸が無いことが原因にあります。 女性は常に受身で誘われるのを待っており、リードしてくれてなおかつ包容力がある年上男性が好きです。 つまり、積極的に押せるアクティブさと余裕があるしぐさや態度、振る舞いを感じさせる アプローチの仕方ができる男はモテる。

交際経験豊富で自信がある男性は女性を褒めるのが得意だし、 話を聞くのも苦にせず、年下女性のわがままを受け入れる懐の深さがあり甘えられる存在です。 たとえ彼女居ない歴=年齢であっても、嘆かないで「強い男」として格好つけて女性と接すると仲良くなれます。

女性は強がりであっても「男らしさ」を感じると付いて行きたくなります。 女々しく弱音を吐いたり優柔不断で決断力が無い様子を見せると嫌われます。 回りくどい間接的な表現は好まれません。 女性を本気で振り向かせたいなら自分の想いを直接的でストレートに伝えることを心がけましょう。

スポンサードリンク

メール、line(ライン)で女性を落とすテクニック

・メールの間隔は開けた方が吉

コミュニケーションは個人差と相性があり、相手に合わせるものでどの方法が正解と言うこともないですが、 万人ウケするのはお互いにとって「疲れない関係」です。 全然遠慮しない私からすると不思議な話ですが、 付き合っている恋人同士であっても、彼氏と彼女が気を使いすぎて本音を言えず、 一緒にいて気が休まらないことが理由で自然消滅や別れに繋がったりするケースがあります。 それぐらい緊張せずにリラックスできることが重要だと言えます。

基本的に連絡を取る目的はデートに誘うことで、 それ以外の会話は付き合う前では全ておまけです。 しかし、デートに誘っても中々OKしない仲良くなるのに時間が掛かるタイプの女の子は、 攻略難易度が若干高く、じっくりマメに交流する必要があります。



メールの回数や頻度はよほど構ってちゃんで束縛が激しい女性以外は、 1日に1〜3回程度で十分です。 メッセージのやり取りは量よりも質を重視しましょう。 下手に文章で話しすぎると、会った時にメールの性格とのギャップで嫌われたり、 デートでの会話ネタに困ったりします。

モテない男性がやりがちな行為は 好きな女の子からメールが来たら嬉しくて即返信してしまい何十通もラリーをしたがることです。 女性は基本的に相手のペースに合わせるので、一見コミュニケーションが上手くいっているようでも 連続で送られてくるとうざい、面倒くさい男だと思われている可能性があります。 それこそ、デートの約束を取り付ける時や相談事がある時だけ連絡を取り合うのが理想的です。

女性は電話で話すのは好きでも、メールのやり取りは意外と面倒くさいと思っていたりします。 お互いにとって都合のいい関係、会いたい時に会えるような利用しやすい間柄を求めているのは男も女も同じです。

・爽やかにがっつく

女性が一番好きな男のタイプは「ロールキャベツ系男子」です。 表向きは草食系のように大人しそうで紳士なのに、 二人きりのサシ飲みや家デートでは中身の肉食系の本性を現すと言った具合です。

女性は理性と本能が分離されており、言動も支離滅裂で嘘が多いです(ほぼ無自覚)。 「優しい男が好き」と言っても実際は誠実で真面目系より、 ヤンキーやDQNタイプのチャラい粗暴な男と仲良くなる女の子が多いし、 下ネタが嫌いと言ってても実は大好物だったりするし、 嫌そうな表情をして「イヤ」と言うのに強引に迫られると本当は嬉しかったりもします。

女性には表向きは清楚な淑女でいたいという願望があますが、 逆に性欲や下心も男と同じようにあります。 ただ、そのスイッチの入り方が男のような視覚情報重視ではなく、 愛されている実感や嗅覚、その場のムードやノリなど曖昧な要素によるものが多いのです。

そして体の関係になった時、失敗した責任は全て男性のせいであると言い訳したがります。 このような女心の本音と建前を見極めて、口実を作ってあげるような口説き落とし方をすればOKサインをもらえる確率が高まります。 強気でありながら紳士的にエスコートする必要がある。 女性は男の口車に乗せられて押されて付き合い、うっかり結婚までしてしまったと言いたい願望があります。 女性は強制しない強引さ、駆け落ちなど男にグイグイ腕を引っ張られることにロマンスを感じ興奮ます。



デートに誘ったり、 断られたり愛の告白をして振られ傷つくのは男の役目です。 雑談や適当な絡みでお茶を濁すのではなく、 直球で好意を伝えて、お茶や映画、遊びに誘うなりしなければいけません。

ツイッター、フェイスブック、ミクシィなどのコメントで絡んでいるのに 中々関係が進展しないなんて悩んでいるのは、 明らかに恋愛経験不足で、行動のスピードが遅過ぎます。 女性は時間にゆとりがあったらあっという間に男性に口説かれて彼氏を作ってしまうので、 すぐにアタックしなければ他の異性のライバルにすぐ取られてしまいます。

積極的にガツガツ迫ることは何も恥ずかしいことはなく、 独身でフリーな寂しい女性にとっては、声をかけてくれた人が白馬の王子様に見えて嬉しいこともあるでしょう。 どんなに表面的な会話を繰り広げて盛り上がるよりも、 一度のデートでボディタッチやキスをした方がはるかに勝ります。

挨拶のように誘い、OKされるか断られるか、これは男女の自然な会話の流れです。 メールなら恥ずかしくないしボタンひとつ押す勇気だけで誘えます。 片思い中で気になる好きな人がいるなら、すぐに誘いましょう。 ただし、露骨に迫る軽すぎる男、ストーカーのようにしつこい男、 あるいは丁寧すぎる敬語口調などの特徴、共通点があると反射的に気持ち悪いと思われることもあるので注意しましょう。

・既読スルー宣言をしておく

これはライン専用のアプローチのやり方です。 男女の恋愛はお互いに不安と安心感の二つの心理が絡み合い、愛情が育まれていきます。 例えばこのどちらかの気持ちが過剰だと、 ノリが軽くて遊び人っぽいし他の女の子にも同じように手を出してそうと疑ったり、 あいつは私にベタ惚れしてるっぽいけど私はあんまり興味がないのよねと冷たい態度になる、 といった感じでどちらもイマイチ距離が縮まない結果になる。

恋愛は微妙な感情が絡み合うことで、ドキドキして好意が生まれたりします。 不安過ぎても、安心させすぎても人は不満を感じてしまいます。

これをLINEで当てはめると、既読スルー=読んでるのにシカトかよ、 と信頼を損ねるし、既読がつかないと私は無視されてるのね、と悲しくなる。 本来どちらも大して問題ないのですが、少しでもマイナス思考に陥ったり信頼できない 文章が送られたりすると、普通にメッセージを交換しているだけで評価が悪くなる。

これをあらかじめ防ぐのが「既読でも返事が遅くなるかもしれない」 と伝えることです。 初めにマイペースな性格で返事がゆっくりなのに悪気がないことを教えて共通認識にしておけば、、 それだけで信頼感が増します。 そして女性としても返信の時間や間隔にプレッシャーを感じることなく 適度なペースでラインのラリーが続き、居心地の良い関係が築けます。

男女関係は喜怒哀楽の感情が絡み合うほど繋がりが強まります。 一目惚れされるのが理想的ですが、普通は徐々に好きにさせるものなので、 押したり引いたり、相手の感情をうまくコントロールしましょう。

この場合は既読という疑いが強まる不安要素を取り除き、 「いつ返事が来るんだろう」という期待の不安を抱かせ、 さらに「待ってれば来るんだよね」という安心感も同時に与えることで 自我関与(対象を考えてる時間)や好意を増加させる効果があります。

・女性の体調を察する

女性の体はデリケートで生理の影響で感情の波が激しく、どんなに落差が少ない人でも外見、内面に変化があります。 特に有名なのがPMS(月経前症候群)で生理が始まる2週間前は イライラしてマイナス思考になり、将来を悲観したり、口論などからケンカに発展しやすい時期です。 この男性を拒絶する時期はアプローチをしてもNOと言われる確率が高いので、 仕事で忙しい時など、空気が悪いと感じたらしばらく押すのは控えめに立ち回りましょう。

しかし、逆に生理が終わった後は最もご機嫌で、男性からの誘いをOKすることが多い。 これは体が本能的に男性を受け入れる準備が完了しているからであり、 女性自身どこか体がすっきりした感覚があり活動的になることも理由のひとつでしょう。

女性の身体的特徴を加味すれば、毎月10日前後+生理周期のズレで体調が優れない可能性があるので、 恋愛関係を進展させるためには 1、2ヶ月以上の中長期的な繋がりを保つ必要があると言えます。 だから、時間と心にゆとりがある男性が好まれるという面もあるのでしょう。



稀にSNSやブログ、つぶやきなどから生理周期を知ることもできますが、 通常はそういうことはないので、洞察力が求められます。 大抵は調子が良いか悪いかはメールの文面の躍動感、顔文字や絵文字、スタンプの多さなどが脈ありサインになっています。 最も無難なのは、マメに連絡をして、運良く能天気で外に出歩きたい時期(異性に出会いたい時) に誘い出すことです。

私の経験談で女性に聞いた話ですが、 遊びに誘われてすぐ駆けつけてくるような女性は、物事を深く考えておらず、 ヒマさえあれば直感の赴くままに体が勝手に動いて会いに来てくれることがあるようです。 暗く沈んでいる時とハイテンション状態との差をよく観察して、 誘われて嬉しいタイミングでうまく呼び出しましょう。

・彼氏がいても遊びたいことを伝える

ある程度の年齢になってくると、美人や可愛い子はみんな彼氏持ちなことが多くなってきて、 振られることに慣れてきます。 しかし、男女の仲は彼氏がいるのが発覚した時点で即終了というわけではなく、 男友達から彼氏に昇格したり、離れている時期を乗り越えて結ばれることもある。 今片思い中の女性の付き合っている彼氏に大して嫉妬や怒りを覚えながらも、 諦めずに彼女を待っていると数ヶ月後〜数年後に再開できることがあります。

彼氏持ちや既婚者との付き合いは、浮気、不倫などと忌み嫌われるものですが、 現状に不満があり新たな幸せを求めれば破局や彼氏の乗り換えが起こることも頻繁にあります。 種を蒔いて気長にじっくり育てるつもりで良好な関係を築きましょう。

返事が来なかったら2回目の催促メールを送るに留めて、 最後はずっと応援してる、味方だよといった臭いセリフを残しておきましょう。 きっとその時は返事はきませんが、後々過去の記憶が美化されて効果が出てくることがあります。 時間が経つに連れて記憶(信頼性のない相手)と事実(嬉しい言葉)が分離され説得の効果が出てくるスリーパー効果というものです。 だから、最後に相手に捨てゼリフや罵詈雑言を浴びせるよりも、 布石を打っておくのが遅効性のメールで落とすテクニックであり、将来的にチャンスが訪れたりします。



「彼氏持ちだからアプローチを止める」というのは非常に残念な選択肢です。 女性は誠実で熱意を持って一途にずっと愛してくれる男性、お前が必要だと求めてくれる人には応えてくれることがあります。 順番待ちや使い古しみたいで敗北感を覚えるかもしれませんが、 プラス思考で考えれば将来的に好きな人と両思いになれる可能性があります。

自分の安いプライドを守って縁が切れるのは非常に勿体無いことです。 メールやラインを無視されて終わっても、数ヵ月後にまたデートに誘うと彼氏と別れててOKされることもあります。 常に希望を持ち、ポジティブで前向きな姿勢は男らしくて好きにさせる、惚れさせる要素でもあります。 ただ、束縛が激しそうな重い男は女性は引くので、 メールでは友達感覚で、親密な愛情表現は二人きりで会った時限定にしましょう。

・答えやすい質問をする

男女は何かしらの口実、理由が無ければ連絡を取り合えない不器用な生き物です。 特に女性は「好き」であることを絶対に自分からは言いたくないので隠します。 ネット恋愛のメル友、合コンや婚活で知り合った場合など、 女性は初対面や出会ったばかり、付き合い始めの頃は恥ずかしがって愛情表現をあまりしません。 だから、職場や学校の同僚や同級生など、同じグループの人は「好き」以外の理由で話しかけられるので、 女性としてはお近づきになりやすい存在になります。

デートに誘う前の段階では、交流のきっかけを男性が用意しなければいけません。 女性に「好きだからメールやlineをしたい」以外の理由を与えてあげましょう。 「最近調子どう?」「明けましておめでとう」「誕生日おめでとう」「勉強、仕事頑張ってる?」 などなんでもいいです。 他愛の無い近況報告でも良いでしょう。



心理学的には人は一度YESと言うとその次の要求を断りづらくなる フットインザドアテクニックの法則があります。 セールスマンに「家のことでお悩みのことがありますか?」と尋ねられて「ハイ」 と答えると無意識の流れとして次に「NO」とは言いづらくなる。

警戒心があっても少しドアを開けた瞬間に足を突っ込んでしまえば、押し売りできるというような意味合いです。 つまり初めの一歩で「YES」「いいよ」と言わせるのはそれだけで大きなアドバンテージになり 弱味を握ったようなもので、 次の要求を多少大きくしても呑んでくれる可能性が高まります。

だから、できるだけ否定よりも肯定、共感しやすい話を相手に振るように心がけましょう。 とにかく初めは細く長く関係を繋ぎとめる、 そしてタイミングを見計らって急接近するチャンスを狙いましょう。 また、プライベートを根掘り葉掘り聞かれると尋問されているようで印象が悪くなります。 聞きたいことが沢山あっても、雪崩のように質問をぶつけるのではなく、 疑問文は1つのメールに1個、最高でも2個に留めておきましょう。

・適度なタメ口で接する

根が真面目な男性は「です」「ます」調の敬語でメールし続けてしまうことがあります。 しかし、女性が求めているのは丁寧さよりも、砕けた口調のタメ口レベルの距離感だったりします。 堅苦しくて変に礼儀正しすぎる人ってなんとなく不気味で恋愛対象には入りづらいです。

女性は基本的にMっ気があり強気な男に従順に仕えるのが好きなので、上手に支配してくれる男性に憧れています。 俗に言うSっぽいタイプ、少女漫画でも人気のキャラは壁ドンをするような強気で生意気な先輩キャラです。 女性は本能的に自分より尊敬できる男と付き合いたいという願望があるので、 腰が低い男は魅力的には映りません。

例えば「お願いだからデートしてください」と土下座されたら、 ルックスが良くても雰囲気的に断りたくなるものです。 それよりも「一緒に遊ばない?」の方が自分より格上で価値がある男だと勘違いして好感度が高いのです。

相手の名前を呼ぶ時もいつまでも「名字+さん」では心理的な距離は縮まりません。 親しい女性に対しては下の名前の呼び捨て、あだ名やニックネーム、ちゃん付けなどが一般的です。 女性としても名前で呼んだ方が喜んでくれます。 最低限礼儀正しくて明るい男友達をイメージするのがコツです。

ただ、あまりにヤンチャなオラオラ系を気取って馴れ馴れしくするのは嫌われるので注意してください。 まだメル友になったばかりなのに 恋人同士になった気分で長文メールを連発し「おはよう」「好きだよ」「可愛いね」「おやすみ」 なんてキザで親密さを感じさせるセリフを毎回送ると引かれるのは必至です。

・自分の話はあまりしなくていい

男脳と女脳はまったく異なると言ってもいいもので、 特に会話の欲求は正反対です。 男性は理論的で口下手が多く何か問題がないとあまりうまく喋れない。 女性は感情的で話を聞けばどうでもいいことを能弁に喋りだします。

女性は誰かと仲良くしたいという親和欲求が強く、大人しく見える子でも本当は沢山話をしたいのです。 だから、モテる男は聞き上手で女性の欲求を満たす存在です。

逆によくある嫌われるパターンは理屈っぽく自慢や武勇伝を語ることです。 正直、女性は大抵の男には興味がないわけで、 いくら理論的に優秀でもそれだけでは打ち解けないし、 顔が良いお金持ちでも感情でときめいたり運命を感じなければ恋愛関係には発展しません。 女性は男性との会話の中身にはあまり興味がありませんから、 相手から何かしらプラベートな質問を振られるとしたら相当の脈ありサインともとれます。

そのようなフレンドリーな関係になるためには、 基本は自分から相手の話したい話題を振ってあげて、それを語らせることに専念しましょう。 相手の趣味やハマっていること、今取り組んでいる仕事など、 愚痴や不安を吐き出させてあげて励ましてあげたり、将来の夢を言わせて 背中を押してあげたりすると、頼れる兄貴のように惚れられる存在になります。




最近は何でもネット化、電子化の時代で、恋愛さえも顔を合わせずにチャットや声の交流だけでも交際、結婚まで突き進むこともあります。 メールは立派なアプローチ手段、特に情緒的な女性は文章だけでも 男性の本音や気持ちを受信してロマンスを感じたり喜怒哀楽を感じます。

メールはデートの約束を取り付けるためのツールですが、 女性を口説き落とす過程も重要です。 表向きは誠実系で、中身はオラオラ系、女性のコミュニケーションの好みを把握して臨機応変に惚れさせましょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.