恋愛tanu.com女性心理 > 女を惚れさす方法

女を惚れさす方法

まずモテない男性が陥りがちなのが、女性に好きになってもらうために 必死に自己アピールをしすぎることです。 もちろん積極性は最も大事であり、 ある程度の狙いを定めて街中に歩いている女の子をナンパすれば、 どんなに顔や容姿が不細工でもある程度の成功は収めることができます。 しかし、その時であっても、媚を売ったりまとわりついてくるような しつこさや必死さが伺えると怖い男だと思われて絶対にうまくいきません。

男性に必要な心構えは大人の余裕と自信を持つ事です。 たとえ今まで彼女居ない歴=年齢のような喪男、非リア充、 オタク、太っている、デブ、痩せている、ガリ、チビ、ハゲ 、無職やニート、アルバイトやフリーターであっても関係なし。 根拠のない自信を持ち始めると短所の全てが帳消しになり、 途端に彼女ができたりします。

女性には自信がある男について行きたい、腕を引っ張られたいという願望が強いので、 まず周囲からの評価はどうでもいいので、ポジティブシンキングをして自己評価を高めましょう。 女性とお喋りしている様子やデートをしている自分の姿を想像して、 相手が笑顔でリアクションをとってくれることをイメージするのがコツです。

女性だって、ビクビクと自信なさげで腰を低くして喋りかけられるよりも、 堂々と胸を張っている男性と会話したいし一緒に遊びたいと思います。 男性は自信を持つと男性ホルモンの分泌量が上がると言われており、 その匂いに無意識に引き寄せられて女性がポーッと惚れてしまうという 科学的根拠もあります。



恋愛において女性は、男性が本気になって追いかければ追いかけるほど逃げていく法則があります。 真剣ではなく遊びの軽い気持ちで追いかけると案外トントン拍子にうまくいきます。 女性も初めから気持ちが重いアプローチは嫌いなようです。 恋愛はスタートしてゴールまで辿り着くと達成感が生まれて、 ある種の脱力感に襲われる。 山頂に上って高みに着くと、そこで立ち止まってやる気が無くなる傾向がある。 この心境の変化のタイミングには男女で違いがある。

男性の場合は、深い仲、親密な関係になり女性の体を手に入れたと実感すると恋の熱が冷めやすい。 女性の場合は、男性から愛の告白をされた時に起こります。 生存本能で言えば、男性は女性に自分の遺伝子を身篭らせた時点で お役御免としてトンズラしてもまったく問題ないし、子孫も残せるし、 別れた方が新しい恋人に子供を宿すことができるのでお得です。

それに対して女性は、子供を身篭った後も、特定のパートナーの男性に 食料や外敵からの保護をしてもらわなければ生命が危険にさらされます。 だから、長期的に愛されるためのダイエットしたり美容やオシャレ、 スキンケアなどに気を遣ったり自分磨きに努力をしている。



女性が好きなメロドラマは、大抵 イベント毎の進行で出会う機会があっても性格的に素直じゃないので、男女がすれ違い 続け、なかなか結ばれないので、男性からしたらじれったくて仕方がない。 しかし、女性はこのように なかなか男性が自分に振り向いてくれないというシビアな状況に 性的な興奮やロマンスを感じる性質があるのです。

つまり、まだ知り合ったばかりだったり好感度が高くもないのに、 いきなり「好きだ」「愛してる」と言われると高確率で引かれてしまう。 「私のこと何も知らないのに何言ってるの」といった心理で気持ち悪がられる。 女性が求めているものはじっくり時間をかけて育む信頼関係や愛情です。 あまり露骨に好意を示しすぎると、いきなり恋の達成感を感じてしまい、 それから先は男性を見下したり嫌悪するだけになってしまいます。

下心や体目的だと感じさせないようなさり気ないアプローチが最も女性の心を揺さぶります。 自然な挨拶、何の気なしの「可愛いね、オシャレだね」という友達のような褒め言葉、ちょっとしたスキンシップなどです。 もちろん性欲もありますが、女性は体よりも精神での興奮の方が大きいのです。

女性を惚れさせる方法のコツとしては、 そう簡単に「好き」とは言わないことです。 その代わり女性を褒めたり煽てたりすることは大事です。 愛情をプレゼントするのは付き合ってから、それもたまにがベストです。 付き合う前は男性が上位、優位なポジションを取り恋愛の主導権を握らなければ、 いずれ彼女に振られてしまう関係になります。 そのためにも、ストレートな愛情表現は控えたほうが好かれやすく長続きするのです。

スポンサードリンク

女を惚れさせるテクニック

・女として意識しない

本命の好きな女の子にはまったく見向きもされないのに、 チョイブスであんまり興味がない女の子から好かれた経験ってありませんか? 実はこのような現象が起こる理由は無意識のうちに、 相手を遠ざけたり、逆に惚れさせるような態度を取っているからなんです。

冒頭でも述べたように、女性は「この人は私にゾッコンラブだな」と 確信すると、その男性のことを見下すようになりあまり好きにはなりません。 もちろんお互いの相性が良ければ両思いに発展する可能性もありますが、 付き合う前の段階ではあまりそうはならない。 男性は女性に極力好意が悟られてはいけません、 それだけで恋愛においてハンデを背負ってしまっていると思ってください。 女性はモテる男が好きなので、体の関係になる前に「愛してる」というような男は価値が低いと錯覚します。

女性には、自分の価値をできるだけ高めたいという欲求がある。 この心理を分析すると、 自分に対して腰が低くペコペコしている男性から好かれるのと、 普段は全然見向きもしてくれなくて無愛想なのに、 実はチラチラ目があったりする人とでは、 どちらと付き合えたら自分の価値が高まるでしょうか。 当然正解は後者です。

女性が好きなタイプは、少し自分勝手だったり自己中、ツンデレ、 不良っぽい暴れん坊、Sっ気のある人、リーダーっぽい振る舞いをする目立つ人などが好みです。 実際ケンカが強いかどうかはともかく、 堂々としていて強そうな男と付き合うことは女性にとってのステータスであり、 本能でもあります。 自信と大人の男の余裕、頼りがいは年上男性に求められる魅力であり、 女性が心惹かれる要素の共通点です。



女性は特別扱いやお姫様扱いされることは好きですが、 女として見られるのは嫌いな面があります。 下心丸出しの人や必死で重いストーカーなどは、 体や心を求めて、女として意識してしまっているから気持ち悪いのです。

実は女性がされて嬉しいのは愛の告白よりも、デートのお誘い、 それよりもフレンドリーな会話などの自然な関わり合いなのです。 「好きだ」と迫るよりも、「ヒマだし遊ぼうか」と誘われた方が 気分は楽なのです。さらに言えば、 デートに誘いもしないで、ただ単にお喋りして笑い合うこと(そして自然にいい雰囲気になってキスをしたり抱き合うこと)を 一番に求めているのです。

女性を同性の男友達のように扱っている人は非常にモテます。 何の気なしに下の名前で呼ぶ、挨拶代わりにボディタッチしたり話しかける、 視線に緊張感が無くまっすぐ見つめてくる、 ガツガツ必死に迫ってこない安心感など。

男には性欲もあるし、にゃんにゃんをしたい気持ちもわかりますが、 そこはグッと我慢して、常日頃接している時は紳士的に振る舞い、 チャンスが来て押すべきタイミングには狼に変身すれば良いのです。 普段から下ネタ満載なんて、ただの気持ち悪い人として嫌われてしまいます。

・基本は褒める、共感する

モテる男の中に、女性を褒めない人はいないのではないかというぐらい 褒めることは重要です。 初対面で会った時、挨拶の後にすぐ「可愛いね、綺麗だね」 というだけで第一印象は抜群に良くなる。 デートで会った時に、髪型、お化粧、服装やファッション、アクセサリーなど のオシャレポイントを褒めるのも効果的です。

女同士のお喋りでは常に褒めあうのが当たり前、お世辞を言ってようやく通常モード といったところです。 男同士では、相手を批判したり冗談で悪口を言ったりすることもありますが、 よほど明るくてカラッとした女性でなければ冗談が通じないで不機嫌になってしまう場合があります。

会話に女性が求めているものは「共感」 と「会話することそのもの」です。 ダラダラと何時間も結論の出ない女子会や井戸端会議をしている理由は 、言葉を発して適当に賛同してもらえるだけで、 快感でありストレス解消になっているからです。

例えば女性がよく口にする不満として、 「彼氏に悩み事を相談すると上から目線で説教させる」というものがある。 女性は、アドバイスをされたり解決策を強制されたりすることを嫌います。 ここで男性に求められているのは、ただひたすら頷いたり「うんうん」と 相槌を打ってひたすら聞くことです。 「それで?」「すごいねー」などで間を取り、 ちょっと変な事があったら「それはおかしくない?」と 時にはトゲがあるツッコミを入れると会話が盛り上がるかもしれない。

女性は話を聞いてくれると非常に嬉しくて男性に対する好感度がアップします。 頭の中でこんがらがって混乱している感情、イライラを そのまま口に出す言葉にする性質が女性にはあります。 これは理論や理性でどうこうというものではなく、 明確な答えが必要なわけでもありません。 ただひたすらペチャクチャと喋っているのが気持ちよいのです。

男脳と女脳を比べると女脳の方が明らかに能弁であり、 一日話す語彙数も男性の5倍〜100倍はあると言われています。 男は変に偉そうにして自分の凄さをアピールしようとすると失敗してしまいます。 馬の耳に念仏状態で、半分居眠りをしながら 彼女の話を聞いているのが、男女共に幸せになるベストな方法と言えます。 モテる男性は聞き上手です。 女性に気分よく喋らせるためには、褒めること、共感することが欠かせません。

・メールや電話はマメにする

モテない男性はメールや電話などのコミュニケーションを取ろうとすることは 余裕がないと勘違いしていることがある。 実際はその逆、女は男とお喋りがしたくて仕方ないのです。 周囲の顔はあまりよくない、どちらかといえば不細工な部類なのにモテる男性は 寂しがり屋だったり会話するのが好きで、頻繁に女性に連絡を取っている。

口説き方や落とし方が知りたいという人はこれが答えです。 女性はただ単に会話するだけで好きになります。 中身がほとんどないような、他愛無い雑談であっても、 心地よさや共感を味わえれば、それが好意や愛情へと変わっていきます。 女性を口説き落とす方法は、ただ単に友達としての関わりの中で 接触があれば十分なのです。臭い決め台詞や下手な口説き文句はいりません。

最近では携帯メールや電話だけではなく、 SNS、mixi、twitter、facebook、line、skypeチャットなど、 連絡手段が沢山あります。 このようなコミュニケーションサービスの中のどれかひとつでもいいので、 女性と友達になり、日頃の出来事、愚痴や不満、悩み事やコンプレックスを聞くだけでいいのです。

もちろん適度に仲良くなったらデートや遊びには誘いましょう。 アプローチする時のコツは好き好きオーラは控えめにして、 気楽でフレンドリーな間柄を演出することです。 友達だったのがいつの間にか、彼氏彼女の恋人関係になり、 情が芽生えてそのまま流れで結婚。というコースが一般的であり、王道です。 ただ、あまりに連絡頻度が多すぎると暇人でキモイ男だと思われるので注意しましょう。

・体を鍛える、絞る

口では「筋肉マンはキモイ」て言いますが、 実際女性は男性の体が大好きです。 腕まくりした時の血管が浮き出ている様子、ゴツゴツした手、 引き締まった腹筋やお尻、大きく膨らんだふくらはぎ、逆三角形のがっしりした体型など。 本能では健康で逞しい男性を求めているので、 肉体を鍛えればその分、恋愛、婚活ではアドバンテージがあります。

理性ではなく本能的な魅力なので、惚れさせる効果は抜群です。 実際、顔や容姿はそんなに格好良くなくても、 磨き上げられた肉体で海を歩いていると逆ナンされたりもします。 街中でもスタイルが良い男性は「あの人格好よくない?」なんて 言われたり女の子の方から声をかけられたり、とにかくモテます。

学生時代に部活動やスポーツをしていた男性は 基礎が出来ているのでたいしたことをしなくても、 若い頃の貯金だけでスタイルは良い。 しかし、10代20代にあまり運動せず インドア派の趣味だったりすると、肉体的にはハンデがある。 最低でも女性が「生理的に無理」と言われないぐらいの体型は作り上げておきましょう。

痩せたいのならウォーキングやジョギング、 逆に太りたいならしっかり食事を取って筋トレをする。 体が整うと自分に自信がつき積極的に女性にアタックすることにも繋がります。 特に精力に直結する足腰だけは絶対に鍛えておきましょう。 体の相性の良し悪しも女を惚れさすには重要な事なので、 運動不足の人は最低でも歩く時間だけはなるべく増やすべきでしょう。

・他の女性の影もチラつかせる

女性というのはできるだけ優秀な遺伝子を持った男性を彼氏や夫にしたい、 結婚したいという無意識の本能があります。 結論から言ってしまうと、女性は 彼女持ちや既婚者の男性に魅力や好意を持ちやすいのです。

学校のクラスで、 とある女子が「○○君がちょっと好きかも」 なんて言うと、周りの友達も皆がその男子に注目し始めます。 初めは興味がなかったのに、考えている時間が増えるにつれて 「格好いいかも」と思い始める。 そして、好きな気持ちを伝えられずグダグダと時間を無駄にしていたら、 いつの間にか親友が告白して付き合っていた。というケースの体験談は 非常によく聞く話です。 女性は身近な存在が恋のライバルになりやすいのです。

他の女性と一緒にいるところを見せ付ける簡単な方法としては、 とにかく社交的なキャラになって女友達を増やすことです。 可愛い、美人、綺麗、スタイルが良いなどの特徴を持つ高嶺の花のようないい女と ある程度仲良くなれると「あの男はハイスペックな人を捕まえているから何か 凄い能力があるのではないか」という本能が働き、 嫉妬されるようになり、より注目され異性として意識ます。

また、これはネット上でもいえることです。 SNS、mixiやfacebook、lineなど で仲の良いグループに女性の顔写真があったりすると、 「いつも派手に遊んでいるのね」なんて軽蔑しながらもついついモテる男の 遊び相手や彼女との仲などの動向は気になってしまう のが女性心理というものです。

女友達が0の人(大半がそう)には心苦しいが、 女友達や彼女、妻がいると余計にモテはじめるのが 生物的な法則のようです。 チャラ男やナンパ師は表面上は嫌われますが、彼女や交際相手が途切れない 。ここに女性の本質が隠されているのです。

・兄貴力を見せ付ける

兄貴力とはナンパ師の間では流行のキーワードとなっている。 言葉の意味はそのままで「兄貴」っぽさがあると女の子にモテるという話です。 具体的にはどのようなシーンで兄貴力が発揮できるかというと、 例えば悩み事を相談された時にどのように対処するかで兄貴力が決まる。

ダメなパターンは上から目線で「こうすればいいじゃん」 と自分の意見を押し付けてしまう。あるいは「僕にはちょっとわからないから 友達に相談すれば」と突っぱねてしまうなどはだめです。 どのような言葉をかけるのが正解かというと、 客観的な理論に基づいたアドバイス、そして 相談者の意見はどうなのかさらに聞き出すという傾聴の態度です。

相手の不満や弱さを全て受け入れて、 そして行動を強制しないような包容力を感じさせる優しい言葉をかける。 凄く曖昧で抽象的な表現ですが、女性に対してはこのように ふんわりとした受け答えが正解になることが多い。

例えて言うと占い師のように、当たらずとも遠からずな意見が良い。 そして、ここに兄貴力を加えると、ある程度の道筋をビシッと意見してしまうことです。 「今やっていることは無駄にはならない」「大変だけどお前なら仕事を続けられるよ」 などの決め台詞を言うと、女性はなんとなく感動して「頼れる男だな」と思います。 悩み事を相談した時に、すぐさま問題を解決してくれるような (実際に解決しなくても精神的に納得させるような) 回答を出せるのが男らしさです。



これは悩み相談の時だけではありません。 デート中や日常のふとした瞬間でも兄貴力はアピールできます。 ファミレスで食べるものを選ぶ時、メニュー表を一目見て瞬時に決める。 このような決断力は思った以上に感心されます。 女性は優柔不断で鈍感な男は大嫌い、逆に即決即断で頭の回転が早い男性は大好きです。

デート中に「次にどこいこっか」と質問したら、「あそこのお店行こう」 とすぐに行き先を示して腕を引っ張ってくれる。 女性には引っ張られたい願望、大人の年上男性にリードされたい欲求があるので、 自己中心的な性格が意外と惚れられやすい。 好き勝手に振舞う様、無邪気な笑顔などに母性本能をくすぐられて 虜になってしまうのです。

弟のように可愛い未熟な年下の男の子は遊び相手としては好かれるかもしれませんが、 本命の恋愛対象にはなかなか昇格しません。 女性は強い男に寄り添いたい、その深層心理にある望みを叶えるために、 ハッタリや虚勢でもいいので、自信満々の強い男でなければ惚れさすことはできないのです。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.