恋愛tanu.com女性心理 > 恋愛での女性の気持ちを理解する方法

恋愛での女性の気持ちを理解する方法

男性と女性は、まったく別の生き物だと言われるぐらい思考回路が別だと言われています。 同じ場面や景色を見ても、男女で目に映るものに差が出るし、 褒め言葉や冗談、嫌味に対する反応も全く違う。 男心は単純明快で、女心は感情が複雑に入り組んでいます。

簡単な例を挙げると、男性は「カッコイイね、イケメンだね」 と言われると、大抵は上機嫌になって喜ぶ。 しかし女性の場合は、「可愛いね、美人だね」と言っても、 「お世辞でしょ、下心が見え見えよ、気持ち悪い」なんて感情が芽生えたりもするねじ曲がったところがある。

女性の深層心理は、深い無意識のところで複雑な感情が入り混じっている ので、女性の本音や本心はそう簡単に知ることができず、説明も難しいのです。 女心が理解できない男は鈍感男というレッテルを貼られて嫌われてしまう。 モテない男性は大抵恋愛の押し引き、駆け引きが苦手です。 女性心理を正しく理解すれば、自然と気遣いや積極性となって 行動に表れ好意を持たれるようになるでしょう。



基本的に女性の言葉と態度の間には矛盾が多い。 本音と建前を使い分けている可能性が非常に高いです。あるいは 理性と本能で気持ちが相反していることが多々ある。 端的に言えば論理的思考と情緒的思考の二重人格のようなものです。 「口では嫌がっているのに体が反応してしまう」という表現は 露骨ですが、実際にこれと似たような現象は頻繁に起こっています。

「スキンシップされるのは嫌だ」と口では言うけど、 実際は肩を抱かれたり腰に手を回されるのもまんざらでもなかったりする。 普段は「筋肉マンはゴツくて気持ち悪い」と公言していても、 いざマッチョな男性を目にするとに肉体的魅力に釘付けになって夢中になってしまったり。

彼氏彼女のカップルや夫婦で喧嘩が起こったとき、 女性がヒステリー気味で感情的になってしまい、口うるさくガミガミ 怒っているけど、しばらくしてからキスをしたらすぐに仲直りできてしまったり。 冷静に考えるとデートに誘われた相手があまり好きではないんだけど、 頭がぼーっとして何も考えず流れでホテルまで付いて行ってしまった。などの 体験談はよく聞きます。

これらは理性と本能が乖離していると見て取れるケースです。 女性は本能やその場の甘い雰囲気やムードに流されやすく、暗示にも掛かりやすいと言われています。 男性よりも無意識の深層心理に身を任せてノリで行動をしている面があるのが特徴的です。

だから、客観的に見て明らかに不細工な男性でも、遺伝子的な相性が良ければ付き合う 割合が多い。男性に比べれば顔や容姿、見た目、ルックスなどはあまり気にしない。 デートで海や夜景の見えるレストランに行くと、冷静さを失って簡単に口説き落とされてしまう。 熱意あるアプローチを受けると本能的に「結婚したら大切にしてもらえそう」 と判断して彼氏や夫、旦那として選んでしまうなど。



ここで断言してしまうと女性は本能で決断することが多い のです。 俗に「女は子宮で考える」「女心は秋の空」と言われるのも本能や直感、情によって 言動が左右されるからです。

男性が理性、理論的に物事のメリット、デメリットを考えるのに対して、 女性は本能や直感的に損得をはじき出す脳の仕組みになっています。 だから、女性に恋のアプローチをしたり説得する時は、理路整然と正しい意見を並べるよりも、 不明瞭で適当な言葉でも、 女性の気持ちを整理して共感するような発言をするとうまくいきやすい。

ナンパを例にすれば気温が高い日に「暑いね」と声をかけて「えっはい、そうですね」 と返事がかえって来れば好感度はアップする。 いきなり携帯番号やメールアドレス、連絡先を教えてくださいと要求するより 効果的です。共感して一体感が得られると、仲間意識が芽生えて好意的になる。 それが人間心理にある本能なんです。 女性にモテるためには本能を操作するコツを心得ていなければいけません。



女性の気持ちを理解するためには、 男性とは考えていることも見えているものも違う、 まったく別種の人間だと思いましょう。 男性から見て「自分と似たようなものだろう」 と考えるのは間違いです。

恋愛心理学を勉強していない人にとっては 、女性は急に気が変わったり冷めたりするので心理が わからないかもしれませんが、 本能欲求が重視されるので、行動や振る舞いには一定の法則があります。 逆に言えば男性よりも動物的な動きをするので、 研究次第では女心はいくらでも読めるようになります。

女性を好きにさせる近道は、 綺麗なセリフを並べるよりも 、無意識にある深層心理の本能を満足させ、コントロールするテクニックを磨くことです。 モテる男はこのような女心をつかむコツを知っているのです。

スポンサードリンク

女性心理の特徴、共通点

・大切にされたい願望

男は最初になりたがる、女は最後になりたがるなんて言葉がある。 男性は沢山の遺伝子をばら撒けるため、 ライバルの唾がついていない純粋で真っ白な女性を好み、 女性は1人の夫、旦那の子供しか身篭れないため、 男性が過去にどのような女性遍歴、交際経験があっても、 能力的に優秀で一生大事にしてくれて家庭を守ってくれるなら満足という構図です。

女性にアタックする時には、自分がどれだけ、 誠実に尽くすことができるか をアピールすることが重要なポイントになる。 デートの誘いや告白の成否を分けるのも、 どれだけ本気、本命としての気持ちでぶつかってくれているかが 最もチェックされている。

小マメにメールや電話、ツイッターやラインで連絡をとってくれる、 病気や怪我の時心配してくれる、 誕生にお祝いメールやプレゼントをくれる、 朝会った時に挨拶をしてくれるなど、 男性からすれば些細な気遣いと感じてしまうようなことにこそ、 女性はロマンスを感じて惚れこんでしまうものです。

遠距離恋愛でも長続きしてうまくいく恋人同士は、彼氏が頻繁に彼女に電話している ケースがほとんどです。 女性にとってはコミュニケーションの時間=愛情と言っても過言ではないかもしれません。 女性の運命の人と一生一緒に居たいという願望を満たすためには、 マメなケア、悩み事や常日頃の話を聞くことが欠かせません。

・軽い女だと思われたくない

女性を口説く時、最も厄介な気持ち「警戒心」というものです。 女性にとって最も避けたい事態は、子供を身篭ったのに、 食料や外敵から警護してくれる配偶者がいないことです。 誰彼構わず親密な間柄、肉体関係になってしまうと 、子孫や自分の生命に危険が及びます。 だから、できるだけ慎重に相手を吟味して選ぶように本能にインプットされています。

女性にだって性欲はあるしスタイルの良いイケメンに抱かれたい気持ちはあります。 しかし、都合のいい女として自分の価値を下げるようなヤリ捨てだけは 絶対に拒否したいのです。 女としての価値が下がると恋愛市場でも安く見られて、 優秀な遺伝子を持った男性と付き合えなくなってしまう。

下心や体目当てで迫る男が嫌われるのはこの軽く見られたくない心理に原因、理由があります。 片思い中のターゲットがガードが堅いタイプの場合、真剣な気持ちを理解してもらうために 時間をかけてじっくり愛情を注いで尽くしていく必要がある場合もあります。

・構ってもらいたい、注目されたい

女性は無意識のうちに男性の視線を集めるような振る舞いをしてしまいます。 女同士の付き合いでは、男性に媚を売ったり猫被って甘い声を出したりすると 嫌われる。それは、男性の注目を集めている存在に嫉妬しているからです。

女性は服装やファッション、アクセサリーなどで着飾ってオシャレをするのが大好きです。 ハイヒールでコツコツ足音を立てるのも、ミニスカートで足を露出するのも、 緩い服装で見せブラのヒモを見せるのも、ダイエットをして痩せようとするのも 全て男性に良く見られたいからです。

さらに言えば、男性に照れて欲しい、緊張させたい、追いかけられたい、声をかけられたいという 心理も含まれています。 声をかけられた瞬間の恋の予感、高揚感や胸のドキドキを感じたいのです。

話しかけられなかったり一切見向きもされないと女性は寂しい、悲しい気持ちになります。 いざ視線を感じると「キモイ、気持ち悪い」なんて突っぱねているけれど、 それとは裏腹に本能では男性からチヤホヤされたくて仕方ないのです。

若い年下の女の子に将来の夢を聞くと、モデルさん、女優、アイドルなどという 職業が出てくる。 女性は根本的にお姫様願望、アイドル願望を備えているのでしょう。 この気持ちは無自覚なケースがほとんどなので、 女性自身に追及しても本当の答えはかえってきません。



女性の方が男性を求める性欲そのもは強いと思われます。 女子高など、女同士の環境では恋バナや下ネタ、彼氏や男性の下品な話ばかりしています。 女性の性欲は肉体関係が中心ではなく、 精神的な繋がりを求めたものです。

上京したばかり、受験勉強中、精神病を患っている、孤独感があって寂しい、 などストレス状況下にいる女性は口説き落ちやすい。 それは誰かと仲良くしたいという親和欲求が満たされていないからです。 ナンパで口説かれやすい女性の特徴は、 ヴィジュアル系、メンヘラ系、ゴスロリ系、スイーツ系、お嬢様系と呼ばれるような 男性を誘惑するために努力している女性だと言われています。

セクシーで派手目なファッションは、無意識の深層心理から来る 「ちょっと寂しい」 「男性に相手をされたい」 という欲求が少なからず含まれている。 逆にすっぴんで服に気を遣わない恋愛を諦めているような 女性は男性から誘われる機会が少ないのでガードが固く難易度が高い。 さらに深く突っ込むと、彼氏持ちや既婚者、人妻の方が 独身よりも軽い遊びやデートには乗ってしまいやすいという。 「他の男も味見してみたい」という好奇心が湧くのです。



結論を言ってしまうと、女性は男性よりもムラムラする波が激しいのです。 男性の性的興奮のピークが50だとすれば、女性は100、200と 無制限に膨らんでいきます。 女性が構って欲しい時にお話ができれば、そのまま親密な関係へと発展します。 だから、ナンパは5割が運だと言われています。 これも女性心理の法則のひとつです。

男性に求められていることは、素直に自分の欲求に従って、 女性に目を向ける、振られることを恐れずにアプローチするという度胸、男気、 最初に振られたり拒否されても諦めず、しつこくない程度にアタックする、 そしてしっかり愛情を注いで尽くすということ。 これらは全て、構って欲しい、自分だけを見て欲しいという 願望を満たすものです。

・言い訳を求めている

女性は軽く見られたくない、自分の価値を下げたくないという思いが強いため、 男女の恋愛では常に言い訳や口実を探しています。 例えば男性が「ホテル行こうか」とストレートに誘うと「嫌だ」 と断られます。この提案を許諾すると「下心満載の女」 だと思われてしまうから拒否するのです。

そこで強引に腕を引っ張って「いいじゃん行こうよ」と言うと 明らかに下心が見え見えですが、「無理矢理連れてかれた」 という言い訳が心の中で生まれます。 これは誘い方としてはド下手なパターンですが、稀にうまくいくこともあります。 もっとスマートにホテルに誘う例としては「疲れたからどこかで休憩しようか」 「暑いから涼もうか」「寒いから暖かいところ行こう」「二人きりになれるところ行こう」 「のどが湧いたから中入ろうか」「女磨きはした方がいいよ」 といった言葉をかけて、そのまま無言で手を繋いだり肩を抱いたまま、 一緒にホテルに入るというのが理想的です。

大人の関係になりたいということを直球で伝えるのではなく、 オブラートに包んで遠まわしな表現にすることによって、 女性に「騙されたから仕方ないよね」という心理的な逃げ道を作れる。



また、飲み会や合コンなどお酒の席では女性の本音や本心が解放されやすい。 それは「アルコールがあるから何をしても許される」 という口実を作り酒の勢いを借りて、酔ったフリをしてアタックしてくるからです。 好きな人と飲み会をすると、 スキンシップをしたり、手や肩を握ったり太ももを触ったり、キス魔に変身したりなど 大胆になる女性は男性よりも多いです。

性欲が強いだとか体目的ということを極力露わにしたくない 女性心理を理解し、女性自身の意志ではない「仕方なかった」 という環境を作り出すことで 意中のターゲットの行動を誘導する事が可能です。 恋愛での女性は言い訳を用意してあげると、肉食系女子ばりに積極的に迫ってくることが よくあるのです。

・捨てられたくない

女性にとって男性に捨てられることは、生命の危機を意味する。 特に一度体を許した相手に見放されるのを女性は酷く恐れる。 もしも子供を身篭っていたら、伴侶となる男性に保護され寵愛を受けなければ 生活するのが大変だからです。 この捨てられたくないという本能は非常に強いものです。 付き合っている彼氏と彼女、結婚している夫、旦那と妻などの 関係では特に顕著です。

離婚したいのに「子供のため、生活が苦しいから」という理由で 同居生活を続けている夫婦は沢山います。 また、彼氏にぞっこんラブ状態の彼女は、 嫌われそうになると必死になって寄り添ったり奉仕精神で尽くそうとする。 客観的に見れば不細工のダメ男でも、一度惚れこむと別れたくなくなるのです。

この「捨てられたくない」という気持ちを利用すると、依存させることができます。 ナンパ師、ヒモ男の技術としてよくある話が、 どんな理由であれ一度体の関係で繋がってしまえばこちらのものだということ。 肉体関係になると、男性側は達成感や飽きが来るのにたいして、 女性は情が芽生えて好きになり虜になりやすいという。

流れや勢い、ムードで一度体を支配してしまえば「捨てられたくない」 という気持ちを呼び起こすのが容易になり、 男性側が恋愛の主導権を握ることができるのです。 女性が好きでもないのに告白されたからお試しで付き合ったのに、 時間が経つと彼女が惚れこんで、彼氏が冷めているという 立場が逆転する現象が起こるのもこの心理が影響しています。

・些細な侮辱は根に持つのに大きな危害は許す

女性は恋愛心理学的な暗示に掛かりやすい。 特に認知的不協和がその代表的なものです。 自分の考えている本心と実際の行動が正反対になった時、 行動の方を自分の本音だと記憶違いのように脳に刻み思い込んでしまう性質です。

例えば、「キミの住んでいるところちょっと田舎っぽいよね」 とか「プリクラと実物は全然違うね」 など軽い冗談のつもりで言ったとする。 その場は笑顔で流していても内心はあまり穏やかではないかもしれない。 デートが終わった後にボディブローのように効いてきて、 「2回目のデートはやめておこう」という気分にさせるきっかけにもなる。 このような小さなことは非常に根に持ちいつまでも覚えているのが女脳です。

しかし、大事となるとまったく違った対応になる。 例えば「暴力を振るわれた」「押し倒されて大人の関係になってしまった」 という展開だと女性は男性を許してしまうという。 「私が悪かったから」「私に魅力があって好きになってくれたから」 なんて自己正当化して都合よく解釈してしまう女性心理がある。 彼女に手を上げる彼氏といつまでも別れないのもこのような心理がある。 女性には感覚を麻痺させてしまうような大きな要求をするのが 交渉として有効な手段となる。

・脈ありかどうかはサインでわかる

女性の気持ちの確かめ方は簡単です。 ストレートに質問してみればいい。 しかし、恋愛経験が少ない若いシャイボーイでは難しい。 基本的にはこちらの好意を示してしまう、告白するのが一番手っ取り早いですが、 恥ずかしくて気が引けるという若いシャイボーイの方は、 体の動きを観察して気持ちを確かめる方法が使えます。

視線、しぐさに好意の気持ちが表れるので 場数を踏めばある程度は相手が自分に興味関心を示してくれているか、好感触かどうかは 判別できます。 片思い中の相手が自分のことを好きか嫌いか、どう思っているか確かめたいという方は、 女性の脈ありサインについて 女性が好きな男性にする態度、行動 に簡単にまとめてあるので興味がある人はチェックしてみましょう。

女は男よりも情緒や感情、本能で行動している

女性と男性は物事の捉え方や評価の仕方が微妙に食い違っている。 このような男女差を理解していないと、初デートで、 自分が全く気づかないうちに嫌われたり敬遠されて、二回目以降は会ってくれないという 悲惨な結果を招くことになりかねない。

逆に女心をつかむことができれば、常に自分に依存させるほどに 惹きつけることも可能というわけです。 モテる男は女のことをよく勉強しており、精錬された紳士的な扱い方を心得ている。 結局最後には、真面目で誠実に女性を研究し、努力した人が好きな人を虜にできるのです。 特に女性の性欲がONになるスイッチがどこにあるのか感覚的に理解することが重要かもしれません。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.