恋愛tanu.com女性心理 > 女性が男性に言われたい言葉

女性が男性に言われたい言葉

女性のコミュニケーションは基本的に親しくなるために行われるもので、 男同士のようにお互いを批判したり冗談でも悪口を言うことは少ない。 女性は仲間と共感したいという 心理や仲良くしたいという親和欲求が男性よりも強いため、 褒めたり肯定してくれる人を好きになりやすい。 逆に少しでも否定されたりからかわれると恋愛の熱が冷めてしまう 確率が高まるので注意しましょう。

女性は基本的に褒めることで親密になることができます。 面と向かってストレートに褒めるのが照れくさい方は メールや電話で言葉にしましょう。 モテる男は女性を喜ばせる歯の浮くようなセリフを サラッと言ってのけます。 自分がフランス人か、あるいは一流ホストにでもなったつもりで サービス精神を発揮させると女性との関係が円滑になりうまくいくでしょう。

女性の好意の気持ちは少しずつ膨らむ性質があるため、 1回の愛の告白よりも、100回さり気なく喜ばせることの方が大切です。 周囲の目を気にせず本命の相手には積極的に煽て上げ、ゴマスリでもなんでも してアプローチするようにしましょう。

年齢別では、 格好いい年上男性から言われたい言葉では、 大人の包容力や頼りがいを感じさせるものが人気です。 「困った事があったら俺に相談しろ」 「いつでも頼ってくれていいよ」 「俺に任せておけば大丈夫」 など、自分を守ってくれるよな安心感がある言葉が胸をキュンとときめかせます。

年下の男の子からは、 「○○ちゃんの手料理が食べたいな」 「好きすぎて我慢できない」 「僕以外の男と遊んじゃだめだよ」 「僕には君が必要なんだ」 など年下特有の可愛さを感じる素直さや甘えたがり屋な一面、 、独占欲をあらわにした言葉などが好評です。 他にランキング上位のものは、 「好きだよ」「ずっと一緒にいて欲しい」「結婚しよう」 などの愛の告白系は常に人気です。 告白フレーズ以外では、 自然でさり気なく、 尚且つストレートでダイレクトで心に響くような褒め言葉が効果的なようです。



好感度を上げるテクニック、褒めるコツは 相手が普段言われ慣れていない長所、意外性を感じる部分を指摘することです。 美人や可愛い子が相手の場合、顔や容姿など外見を褒めるのは皆がやることなので、 異性として特別意識させるにはあまり適切とは言えない行為ということになります。 ルックス以外の要素を褒めると衝撃を受けて胸キュンして喜びます。

女性は遠くから自分を優しく見守ってくれる男性に好意を抱きやすい。 しっかり観察して多くの人が気づかない優れた部分を見つけ出し 褒めてあげると心理的距離がグッと縮まることでしょう。 誰しもが言うような定番の褒め言葉は耳にたこができるほどで聞き飽きているし、 社交辞令のお世辞、下心や体目当てっぽくて気持ち悪いと 思われてしまう可能性があるので注意が必要です。

スポンサードリンク

女性が言われて嬉しい褒め言葉の要素

・見た目の特徴

女性は誘われる側の受け身な性であり常に男性から注目されたいと無意識に思っている生き物です。 だから「いつも貴方を見ています」というメッセージは口に出しておいた 方がお得です。可愛いと思って黙っていても以心伝心のような超能力や 最高の相性でもない限り好意を察して貰えません。

外見に関することは最も気づきやすく簡単でさり気なく褒めることができる。 「可愛いね」「綺麗だね」「美人だ」「好みのタイプ」「細くてスタイルいいね」 「モデル体型だね」「肌が色白でモチモチしてそう」 「髪サラサラヘアーだね」「胸が大きいね」など身体的特徴に関することは 気楽に指摘できる。

また、女性は男性と会うときや初対面のデート時などは服装やアクセサリーにも 必ず気を遣っている。 もしかしたら勝負下着を身につけているかもしれない。 これらについても「お嬢様系だね」「派手な色似合ってるじゃん」 「今日は頑張ってるね」 などと言われると喜んでくれることでしょう。 彼女に関する目に見えたことは、批判的にならずプラスの言葉で褒め上げましょう。

・性格や内面

女性は良き相談相手や理解者を求めています。 彼氏にしたい男性の特徴には、自分の話しを親身になって聞いてくれて どんな悩みやコンプレックス、短所や欠点などを受け入れてくれる男性を好きになります。

人は誰しも自分の内面や性格が周囲の人達に受け入れて貰えているかどうか 不安です。 特に若い年齢で自尊心が低い年下女性は、自分に自信を与えてくれたり、 自分を励ましたり肯定してくれる大人で頼れる年上男性に心を開き惚れやすい傾向があります。 人柄は見た目にも表れますが、やはり普通の人からは見えない 中身を評価された方が嬉しいのは間違い在りません。

「明るくて元気なのが好き」「地味で暗いけど居心地がいい」 「気が強いところが頼りになるよな」 など。 人は普段性格を褒められることが稀だから、 自分を認めてくれる異性がいたら恋愛対象として特別意識してしまうのは 間違いないでしょう。

・気遣いや行動

女性は男性と比べるといろいろな欲求を我慢しながら生活しています。 男友達と会う時などは、愛想が良く表面的には仲良くしているように見えるものの、 怒らせないように言動に注意したり、 猫被った態度をしていたり、または恋愛経験が少なく男慣れしていない、男嫌いな女性などは 緊張していたりもする。 そのような細かい気遣いを察して感謝の言葉を述べると評価が高まります。

「今日は朝から来てくれてありがとう」「メール送ってくれてありがとう」 「おっ気が利くじゃん」など。 女性はお世話してあげたいという母性本能や必要とされたいという 従属的な心理があることから、お礼を言われたりすると男性以上に嬉しく感じます。 女性を喜ばせたいのなら、自分のためにしてくれた行為に対して 感謝の気持ちを述べましょう。

・一緒にいるときの雰囲気

一緒にいる時に男性がどのような心理でいるか女性は非常に気になって疑心暗鬼になっています。 モテる男性は無口よりも能弁でお喋りなタイプです。 それは自分の心理を素直に語ってくれるから、女性は警戒心を解き安心感が芽生えるのです。 印象を褒める時、特に喜ばれるフレーズは「一緒にいると落ち着く」 「素の自分が出せる」 「話していると楽しい」「安心する」などです。

人間同士は目の前の相手と同調する性質、相手の気持ちを読み取る能力 、俗に言うミラーニューロンを持っている。 だから、言葉にせずとも沈黙して向かい合っているだけでお互いの気分は ある程度は理解できてしまう。 でも本音や本心は口に出さなければわからないものです。 女性の不安や疑心暗鬼を取り除くためにも、今の自分の気持ちを実況中継のように 伝える努力をするとコミュニケーションが円滑になるでしょう。

・能力や仕事

男性は自由奔放で自己中、自分勝手なタイプが多く周囲の評価よりも 自己完結的に満足感を得るような行動に熱中しやすい。 これに対して女性は本能的に従順な傾向があり頑張り屋さんな一面があり、 周囲の人と自分を比べた時の相対的な評判を気にしたり、誰かから 求められたい、必要とされたいという願望がある。

女性の仕事の頑張りを褒めることは、このような 尽くしてあげたい本能をくすぐる要素があるので女としては非常に嬉しい褒め言葉となる。 褒め上手な男性上司は女性の部下と付き合ったり結婚することが頻繁にある。 女性が何か使命感を持って物事に取り組んでいるタイミングは、最高のアタックチャンスです。 「○○ちゃんの作った手料理おいしいよ」 「テスト勉強頑張ってるね」「上手にできたね、次はこれもお願い」 など。

女性は叱られると敵対心を抱き、褒められると友好的になります。 女性をうまくコントロールするコツは、 アメとムチの使い分けテクニックを学び、 快感を感じるセリフをサラッと言える褒め上手になることが近道です。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.