恋愛tanu.com女性心理 > 年下彼女が欲しい

年下彼女が欲しい

男性の本能として自分より年下で従順な若い女性を彼女にしたいという要求があるのは当然の願いでしょう。 純粋無垢、純白な年下女性を自分色に染めたいと思うのは男性特有の本能です。 若い学生時代は可愛い子といくらでも簡単に知り合えたが、 社会人、会社員として働き出すと、時間も無くなるし異性との偶然の出会いそのもの減少する。 都市部ではなく、地方や田舎での就職や転勤が伴うと、新しい人との接触すらも危うい状態になってくる。 年下女性の彼女を作るコツは、女性心理を知ること。そしてその上でうまくアプローチして 落としていく必要があります。

高校生や大学生など、女性は若くて未熟さ、成熟しきっていない時期ほど、 年上男性に無意識の心理で、漠然とロマンチックさや魅力を感じて憧れている面もあるので、 以外にも30代男性、アラサーなどおじさんと呼ばれる年齢でも5歳差、十歳差ぐらいの歳の差で付き合っている人は 大勢います。婚活であっても女性は男性ほど年齢、歳の差を気にしないので、努力や頑張り次第でいくらでもチャンスがあります。 それこそ顔や見た目、外見が容姿端麗のイケメンでなく、不細工であっても、 体型がイマイチでおデブであっても、年下彼女は作れます。

「もう年齢的に諦めるしかないか」なんて心配する必要はありません。 ウジウジ悩んでいるヒマがあったら、ナンパでも合コンでも婚活でもネットの出会いでもなんでも 探して行動を起こしましょう。 男は自分から積極的にアクションを起こさなければ無価値であり、成功も掴み取れません。

スポンサードリンク

年下女性に好かれる方法

・敬語からタメ口へ移行する

初対面から知り合って、メールアドレスや電話番号など連絡先をゲットできたら、 しばらくは敬語で挨拶したり、会話したりという状態になると思います。 ここで年下女性は「ちょっと堅苦しいなぁ」と感じてきます。 バイト先の先輩後輩、社内恋愛では上司部下などでも恋愛関係に成りえる。 そんな時に笑顔で「敬語は面倒だからタメ口でいいよ」 とフレンドリーになることを許可すると女性は嬉しく感じます。

女性はこのように関係が進展する瞬間、人と親しくなる時にこそ喜ぶ生き物で、 恋愛心理にもある仲良くしたいという「親和欲求」は男性よりも強いと言われています。 だからこのように精神的な距離を縮めてくれる発言には感激します。

特に年上男性は、憧れと同時に年齢の壁やジェネレーションギャップも意識して緊張してしまうところがあるので、 敬語ではなくタメ口にすることによって、一気に関係が進展し、親密な関係になります。 いきなり馴れ馴れしく接しすぎるのも良くありませんが、 いつまでも敬語で余所余所しい雰囲気であるよりも100倍マシというものです。

・デートでは常に男性がリードする

年下女性は年上男性に引っ張られたい願望があり、二人きりの時にリードされることで幸せを感じます。 例えばデート中嫌われる男性として最も有名なのは優柔不断な特徴を持っていることです。 レストランでメニューを選んでるときに悩む、「これからどうしよっか」 という時に口をもごもごさせて悩んでしまい選択肢が出せない。 こんな優柔不断で決断力がないのはいけません。

年上男性は常に頼れる兄貴という 存在でなくては惚れられません。 ナンパ師やヒモ男の間では兄貴力とも呼ばれている要素です。 ドライブデートで道に迷った時、地図を見てすぐに軌道修正できる。 デート中ある程度の遊びのプランをこなした後何をするか迷った時、やりたいことの 選択肢を出して女性に二者択一で選ばせてくれるなどさり気ないエスコートが上手い。 この文章を見ただけで女性の扱いに慣れている頼れるダンディな大人の雰囲気を感じてしまいます。

デートで男性がアピールするべきは頼りがいです。 別にデート代を全額奢るとか、割り勘にする、プレゼントを渡すことなどの経済力アピールは些細なことであまり気に留めることもありません。 それよりも女性心理、女心のハートを掴むのは 、しぐさや態度、行動の端々で女性の一歩前を行き、心理的に魅力を感じさせることが最も重要なことです。 多少わがままなお願いを受け入れてあげることも大切なことです。

・特別扱いして大切にする

周囲から見れば美女と野獣のような不釣合いな彼氏や彼女、カップルがよくいる。 客観的視点で他人が見ると、どこに魅力があるのかまったくわからないような男性でも 、二人きりの時は意外と紳士的で女性優先、甘くイチャイチャできる独特のムードや雰囲気を作るのが上手だったりする。

女性は男性から「大事にされたい」という願望を常に持っているし、 恋人にはその辺の男からは受けられない本命としての愛情や癒しが欲しいと考えている。 その本気の気持ちを表す判断基準になるものが他の女性と接する時とは違う 行動や態度を示すことです。 つまり、特別扱いを することが年下女性に好かれる方法のポイントです。

女性を口説いたりデートに誘って、振られたことがある男性なら少しは経験があるかもしれませんが、 軽い冗談やジョークでも、ちょっと貶したり悪口、批判をすると女性は急激に冷めて それ以降メールも電話も無視、会っても素っ気無い態度になってしまうことがある。 これは女性の心理の中で「この人は私を軽く見ている、見下している」と肌で感じてしまった ことに原因、理由があります。

女性のメンタルは扱い方に対して非常にデリケート、繊細であり 例えシャレでも無闇にコンプレックスを刺激したりイチャモンをつけてはいけない。 それができるのは余程親密で深い仲になっている時限定です。

つまり特別扱いとは逆のこと、興味のない女の子に対する接し方をすると 好感度がガクッと激減してしまう結果になる。 好きな人を口説きたい、落としたいと考えている時は、ゴマすり、お世辞のように褒めすぎるぐらいで 調度いいんです。 ワルイ男ぶって、いい加減な言動をしてしまうと、「勘違い男」というレッテルを貼られて 恋愛感情がゼロどころかマイナスにまで下がってしまうので注意しましょう。

・できれば実家暮らしではなく一人暮らしをする

女性は年上男性に自立や頼りがいがあるところを魅力的に感じる部分がある。 年上好きの女性は精神年齢が低く、家庭環境が過保護気味で父親や母親に依存して育っているタイプが多い。 いつも親からの援助があり、携帯代や遊び金なども全て親が支払ってくれる 、進学先も親が先取りして決めたり強制してしまう、 などの状態です。 このように甘やかされて成長してきたからこそ自己評価が低く、自分に自信を持たない女性が多い 。年上男性の 精神年齢の高さや経済面の自立、父親っぽさにドキッと胸がときめく。

一人暮らしをしている男性は、身の回りの片付け、部屋の掃除、ゴミ捨て、料理、洗濯など 一人でこなしている。もうそれだけで尊敬の対象になる。 そして一人暮らしは家賃や電気代、ガス代、水道代などを定期的に支払わなければいけない。 独り立ちして生計を立てている男性は女性からすれば非常に頼りになります。

また精神的な面でのメリットだけではなく、実際にデートをする時にも当然一人暮らしは便利です。 実家暮らしで家デートだと、親がいるので気を遣ってしまい自由なタイミングで遊びに来れないし お泊りだって普通の家庭なら拒否されてしまう。 一人暮らしはそのような制限が無いので、気が済むまで一緒の時間、 テレビやDVDを見たりまったりゴロゴロしたり、漫画を見たり食事をするなどして 楽しみ放題です。

できるだけ面倒くさくなく、コストを掛けずに彼氏や彼女と付き合いたいと考えるのは男女共に 共通です。もし経済的にお金に少しでも余裕があるのなら一人暮らしにチャレンジしてみましょう。 親の目、周囲の目を気にせず好きな時間に家デートに誘えるというだけで 、非常に大きなメリットであり利点なのです。

年下女性が年上男性に求めるもの、条件や特徴

年下女性の彼女を作る方法としては相手の欲求や望みを叶えてあげる、 求めるものを提供する存在になる必要がある。

人間関係はギブアンドテイクなので、年下女性に好かれるためにニーズを満たすことは必要になってきます。 ここで女心を正しく理解しておくと、年下彼女の作り方が自然と身につき、 魅力的な年上彼氏の特徴を持つことができるしょう。

・優しさ思いやり、包容力

大人の男性は、若い同年代の男の子に比べて、穏やかで寛容さがあることが 特徴です。 元カレ、元彼氏の話をしても昔のこと、過去の恋愛だと許してくれる、 些細なことでヤキモチを焼かない。 ケンカをしても落ち着かせてくれるし、自分から素直に謝ってくれるからすぐに仲直りができる。 多少のワガママを言っても見逃してくれる、マメにメールや電話をくれたり 心配してくれたり尽くしてくれる、むやみに否定したりしないなど。

若い男性だと、自慢話をしたり説教臭かったり、すぐに怒ったり、嫌なことがあったり不機嫌だとメールを無視して放置したりしてしまう。 刺激的でドキドキするけど、 自分勝手で幼く青臭くて面倒くさいなどの共通点がある。

それに比べると年上男性は一緒にいて安心感がありリラックスできる。非常に魅力的な点ばかりです。 過酷な人生経験、社会経験をある程度積んできたからこそ 、自分に厳しく人に優しくできる素晴らしい人間性が身についています。 そのような同年代にはない魅力、大きなクッションに体全体を包み込まれるような感覚の 暖かい包容力に胸がキュンとして幸福感を感じてしまうのです。

・悩みごとを相談するとスッキリする

女性が精神的に不安定だったり悩んでいる時、誰かに相談するとそれだけで気持ちが晴れると言われています。 年上男性特有の味や問題解決能力、テクニックがあるとさらに喜ばせることができる。 悩みを相談しても上から目線で説教臭くアドバイスするだけだったり、上の空で聞いているだけでは すぐに振られてしまうでしょう。

年下女性に好かれ、モテる年上男性は、しっかり相手の話を受け止めて、 その上で尚且つ解決の糸口や道筋を見出してくれます。 ただ傲慢に押し付けるような主張をするのではなく、 同じ目線で正論やアドバイスを言う主体性、自分の考えを持っている。

実は女性は男性の悩み事解決能力を高く評価している。どんなに不細工で顔は好みのタイプではない 地味やオタクの男性でも、自分の話にじっくり耳を傾けて聞いてくれて、その上で客観的な視点である程度の解決策を ビシッと提示できるような面倒見のよさは、年上男性として非常に重要な兄貴力です。 友達から恋人へ昇格の可能性が高いのも、良き相談相手というポジションにいるからこそです。

・知識や経験が豊富

これはただ単に無為に歳を重ねただけでは得られない特徴かもしれません。 仕事でそれなりに努力した、受験や大学時代にみっちりと勉強に励み 幅広いジャンルの知識を蓄えた、様々な街へ出かけたり旅行に行った人生経験から来る 楽しい遊び方を知っているなど、まさに亀の甲より年の功です。

頭の回転が速い人や、会話のネタがいくらでも浮かぶ年上男性とのコミュニケーションほど面白いことはありません。 このような男性は尊敬の眼差しで見られますし、話を聞いているだけで飽きないので デートに誘われたら付いていってしまいそうです。

20代前半位はまだまだ子供、若造であり世間知らずもいいとこです。 ある程度の挫折や成功体験など一通り味わうと、酸いも甘いも知っている、味のある 中高年オヤジが出来上がります。 また常識を良く知っているということは、髪型、ヘアスタイルやヒゲなどの清潔感は当然あるとして、 服装、ファッション センスについても無難や着こなしができるという点もチェックしておきたい ポイントです。

・安定した経済力

凄くシンプルですが、お金持ちだったり収入、年収が高いことはそれだけで女性の好感度を上げ惚れさせる 材料になります。元々人間のご先祖様は狩りをしていたと言われており、 食料の調達能力が高ければ高い程、体が丈夫で健康であり、生存率が高い。 だからこそ女性もそのような男性に遺伝子的に惹かれ、無意識的に子供が欲しいと思い込む。 その心理の名残、食料調達能力が、現在では「お金」へと価値が移り変わっています。

資本主義の現代社会では、現金さえあれば飲み食いに困りません。 つまりお金=食べ物ということになります。 そして年下女性は、年上男性に可愛がられたい、保護の対象としてお世話をして欲しいという 願望がある。だからこそ単純にお金持ちだったり、リッチであること、金銭面の余裕はイコール好かれることに繋がる。

そこまで高収入である必要はありませんが、正社員として20代、30代前後の働き盛りの 平均的な収入があると大黒柱としての能力もあり、結婚へと繋がる安心感もありベストでしょう。 ただ、ごく普通のスーツ姿のサラリーマンというだけで十分可愛く、母性本能をくすぐるし、 頼れる働ける大人としての側面はあるので、何かしらの収入を得る手段を持っていれば それだけで恋愛対象に入りやすくなります。

無職やニート、フリーターでも兄貴力さえあれば、いくらでも女性と付き合うことは可能ですが、 普通に働いてお金を稼いでいるという事実、財力があると、交際の確率が高まるという点がポイントです。

・ガツガツしていない

若い男性が子供っぽいと言われる理由は体目的の関係があまりに多すぎることです。 急にメールや電話で会いたいと呼び出したかと思えば、 結果的には性的な欲求の捌け口だったということが頻繁にあります。 それに比べて年上男性は焦らず気長にプラトニックな恋愛関係で付き合ってくれるので、 逆に年下女性の方が痺れを切らして「構って欲しい」「誘って欲しい」とおねだりしてしまう始末です。

合コンや婚活など、守りではなく攻めの姿勢でアプローチして口説き落としにかかることも重要ですが、 年上男性特有の魅力を引き出すためには、恋の駆け引きとして、 じっくり腰を据えてコミュニケーションをするということも大切になってきます。 いきなり体の関係になり結ばれるよりも、肉体的に繋がる前に 時間を掛けたほうが、より愛情の量も大きくなりやすい。 年下女性が欲しい、年下女性の彼女を作りたいと思うのなら 大人の余裕、じっくりとして渋い、「大人の待ち」という姿勢も必要な方法です。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.