恋愛tanu.com女性心理 > 可愛い彼女を作る方法

可愛い彼女を作る方法

10代、20代の頃はそれほど意識していなかったかもしれませんが、 30歳代、アラサーにもなると、偶然に異性と出会うことはほとんどなくなってくる。 基本的にモテない男性社会人は会社と家の往復になりがちなので、職場の男女比が 偏っていて社内恋愛ができないとなると、最早女性と知り合う機会が無い。 しかし、このように彼女が作れない人がいる一方、複数の彼女をキープしていたりする 男性もいる。この差はずばり行動力によって変わってきます。

いつまでも相手からのアプローチを待っているだけで彼女ができるほど世の中は甘くありません。 受け身のままでも許されるのは中高生、最低でも大学生までだと思っておきましょう。 自動的に女性からお声がかかったり逆ナンパされるのは、 顔や容姿が良い一部のイケメンだけです。一般的な男性は大抵自分からメールや 電話などで連絡して必死にアタックしたり、デートに誘って断られたり振られたりして傷つきながらも 理想的な彼女を獲得する。

逆に彼女いない歴イコール年齢のモテない男性は、受け身で声を掛けられるのをいつまでも待っている。 急に目の前に突然美女が現れて「私と付き合ってください」と愛の告白をされる。なんてい う夢物語はあまりに非現実的です。女性の方から関心を持って話しかけてくれるのはごく稀に一目惚れされた時ぐらいのものでしょう。 これは一生に一度体験できるかどうかぐらいの確率です。 まずはこのような奇跡的な偶然や運に身を任せるという考えを辞め、 自分の力、アクションを起こし、口説き落として彼女を作る、彼女を掴み取るという目的意識を持ちましょう。

ネット上ではネタ的に「ただしイケメンに限る」なんて持てはやされていますが実際はそうではない。 不細工でも、中身、内面的な魅力があれば顔がイマイチでオタクっぽくても 女性からモテモテの男性はいます。 女性は男性が思っているよりも外見重視で彼氏を選んでいるというわけではない。 コミュニケーションや関わり合いの中で、内面重視で付き合うかどうかを決めています。 「俺はハゲ、チビ、不細工だから無理だ」なんて思っていてはいつまで経ってもダメなままです。 もし本気で可愛い、美人、綺麗な彼女を作りたいと思うのなら、彼女を作れる方法を勉強して、 そして頭で覚えるだけではなく、勇気を持って実践しましょう。

スポンサードリンク

彼女を作るのに必要な技術や能力

・出会い力をアップさせる

彼女ができないと悩んでいる人の大半は、そもそも女性がいる環境に身を置いていないという ことが多い。男だらけの職場、男子校などはまさにその典型。 どんなに格好いいイケメンでも、女性と接近できる場、出会いそのものが無ければ好意を持たれるきっかけすら ありません。また、好みのタイプ以外の女の子は全て恋愛対象外と感じてしまう理想が高い 男性も要注意。

ピンポイントで自分の好みの条件と合致した女性と出会えることなんて滅多にない。 胸が大きい、スタイルが良い、容姿端麗で可愛いなど、 そのような好条件の女性は恋愛市場で売れるのも早く、彼氏持ちの可能性も非常に高い。 理想のハードル、ストライクゾーンを広げるというのも彼女を作りやすくするコツの一つです。

「出会いが無い」と嘆いている男性がいる。確かに自分から動かなければ出会いなんて皆無です。 しかし、逆に言えば行動力さえあれば年上だろうが年下だろうがいくらでも出会えます。 例えば合コン、ナンパ、居酒屋、オフ会など、初対面の見知らぬ男女がすぐに意気投合する場所として定番です。 外で声を掛けるのが苦手であれば、ネットで出会いを探す手段を使うのもありです。 最近は携帯だけでなく、スマホも普及し、インターネットからメル友、彼氏や彼女などの 恋人関係、さらには結婚まで進展することも珍しくなくなっています。

具体的に最近では、twitter(ツイッター)、ツイキャス、facebook(フェイスブック)、skype(スカイプ) 、line(ライン)、ニコニコ生放送、mixi(ミクシィ)、各種出会えるスマホアプリなどが流行しています。
今若い人の間で最も流行っているフェイスブック連動型出会いアプリの ペアーズ は男性有料ですが、女性は無料なので男女比がほぼ半々で非常に人気の婚活&出会いサイトです。 無料登録でも会員検索からマッチングまではのアプローチはできるので、 フェイスブックアカウントを持っていて興味がある方は一度覗いてみましょう。

これらのほとんどで、個人のプロフィールが閲覧でき、さらには住んでいる地域や趣味、好き嫌いまで 把握でき、顔写真やウェブカメラのビデオ通話機能で顔を確認することもできる。 SNSやコミュニケーションサイトは、言い方を変えれば非常に便利な出会いツールです。 学生から社会人まで、皆使っているし、不純な実態ですが、 若い男女であれば恋人探し、結婚している既婚者でも浮気や不倫相手を 探す時にまで気軽に利用されます。 個人情報を可能な限り公開してコメントやメッセージ等で絡めるので、 臨場感があり、実際に目の前で話しているかのような感覚になれるのが特徴。

恋愛心理学で言うところ、ザイオンス効果(何回も接触すると好意が増す)も作用するので 、恋愛感情が芽生える可能性が高い。一度コツを掴んでネットの 出会いツールやサイトを使いこなせば出会いの数は無限に広がります。 特にニコ生の生主になると、女性側からファンになり積極的に追いかけてくるパターンが多いので まさに無敵、無双状態を作り出す事も可能です。

これらの中に「彼氏がいなくて寂しい思いをしている独身女性」 という属性、フリー状態の女性が見つかると、あっという間に交際まで漕ぎ着ける可能性すらある。 せっかくチャンスが転がっているのにそれをゲットしないのは非常にもったいない。 外に出かけて可愛い子がいたら話しかけるか、 あるいはネット文化に参加して、ネットから仲良く親密なるというステップに挑戦してみましょう。

いきなり彼女でなくとも、まずは男女の友達を増やし人脈を広げてから 、出会いを探したり紹介してもらうという手段もあります。 彼女の作り方の種類はいくらでもあるのです。「何もしない」という動かザルみたいな 選択肢さえ選ばなければ結果は必ずついてきます。 「出会いが無い」と嘆いているヒマがあったら、すぐにでも行動し良縁を掴みましょう。

・積極性が大事

恋愛も仕事も人間関係も、人生において積極性は必ず必要になってきます。 何か目標を立ててそれに向かって努力をする。こんな基本的なことが 恋愛においてできていない人が中にはいる。 基本的に女性は受動的で、男性からのアプローチがなければ主体的には動きません。 美人や可愛い子など若い頃チヤホヤされた女性ほどその傾向は強くなります。 男性は誘う側、女性はその誘いにイエスかノーかを答えるという性別の役割がある。 これを理解せず「女から誘え、告白しろ」なんて主張している男性はあまりに恥ずかしい存在です。

女性は熱意あるアピールで口説き落とされたいという秘めた願望があります。 別に顔や条件的に好みのタイプでなくても、本気、本命の気持ちで誠実に愛しているという 気持ちを伝えると、告白にオーケーが出る可能性が高いのです。 一度断られたぐらいで精神的にショックを受けてへこたれて諦めるようなら、恋愛はやってられません。 男は何度傷つき倒れても這い上がる。そのぐらいの強さがあってこそモテるし彼女も作れるというものです。

ただ、ひとつ注意点として、女性は段階的に恋愛を進展させることを好みます。 例えば合コンで知り合ってメールアドレスを交換し、 すぐに「好きです、付き合ってください」なんて早合点メールを送ってしまうそそっかしい 男子がいる。 勿論お断りされて振られてしまいその後は音信不通でフェードアウト、あるいは 余所余所しい付き合いになるかもしれない。 これはモテない君の失敗の典型例。

男女関係は心理的距離感や恋愛感情の温度差が同程度でなければ嫌悪感を持たれたり引かれてしまいます。 男性は告白されたら、即付き合いキスでもなんでもできるのですが、女性はそうではない。 女性は根本的に急に惚れたりせず、徐々に好意が膨らむ心理のシステムを持っています。

男性は100の告白をされれば、その100メモリ全てを好意として受け取りますが、 女性はいきなり100の告白をされても10程度しか好意のメモリが増えず残りは除外されてしまう。 メールや電話で連絡すると好意の気持ちが1増える、挨拶するとまた増える、と 少しずつコツコツと積み上がりそして最終的に付き合ってもいいラインの数値になる。 これは男心と女心の恋愛の暖まり方の代表的な違いです。

彼女を作るにはまずお友達として仲良くお喋りできる基礎的な関係を築くことからスタートさせましょう。 もちろん「押せばイケる」と思った時には猪突猛進でいいのですが、 その気配やサインを感じられない時から特攻しすぎると、「なんか必死で焦ってて気持ち悪い、下心丸出しでキモイ」 と思われてしまいます。積極性も大事なんですが、それがあまりに過剰だと かえって嫌われて敬遠される対象になるので気をつけましょう。

・男らしさを忘れない

女性に男性の好き嫌いを聞くと、様々な意見が返ってくる。 身長が高い、ソフトマッチョ、頭がいい、お金持ちなどでしょう。 このようにあまりトークの話題にはなりませんが、 「男らしさ」は最も女性に評価される点です。

これがどのような特徴、共通点かというと、 胸を張って姿勢を正し堂々としている。道に迷ったり優柔不断ではなく決断力がある。 知識や経験が豊富で尊敬できる面がある。時には強引に押す力。 デート時などにリードして引っ張るリーダーシップの能力があるなどです。 簡単に言ってしまえば「男としての迫力」 があることが重要です。 言い換えれば「自信」のようなものです。

始めに好みとして挙げられた特徴が無くても この男らしささえあれば、可愛い彼女はいくらでも作れます。 例えば身長が低く、貧乏、無職やニート、フリーターで、体が痩せ細い、あるいはデブでも 好かれます。



女性は一度男性を格下だと見下すとなかなか恋愛対象に入りづらくなる性質がある。 ヘコヘコしながら何でも好きな物をプレゼントしてくれたり、 言う事を聞いてくれるアッシー、メッシー、貢ぐ君や メールの返事が早すぎる男などに魅力は微塵も感じない。

それよりも自分勝手でマイペース、女を従順にさせるような威圧感があり恐怖心を感じる、 面倒くさがってメールの返信が遅いぐらいの気がない素振りなどの方が その危うさから胸がときめいてドキドキするのです。 根拠のない自信、勘違いや思い込みから来る天狗になったような自信でも良いので、 とにかく自信と負けん気だけは持ちましょう。

考えてみれば周囲のモテる男性は皆爽やかで目に輝きがあり自然な笑顔で自信に満ち溢れているでしょう。 それらは過去にあった数々の成功体験や努力によって裏打ちさた実績があるからなのです。 男らしさや頼りがいは、女性の誰もが求める特徴です。 虚勢でもハッタリでも、威風堂々、胸で風を切って歩くぐらいの態度が できるとポイントが高いのです。

草食系男子が持てはやされていますが、実際女性の理想像には 草食系の中にも、Sっ気、攻めっ気やイジワル要素が入っている。 つまり理性的には清潔で安全そうな草食系を好きと言っても無意識の潜在意識、本能的には肉食系男子に ガツガツと迫られ求愛されたいと願っているのです。

・外見的魅力を磨く

顔、容姿、体型、スタイルなどこれらの要素は彼女を作る方法に必要というわけではありませんが、 無いよりはあった方が断然有利なのは間違いありません。 当然ブサイクで腕が細くてお腹が出ているという弛んだ体型は最も不評です。 ただこれは短くて一ヶ月、長くて半年も努力すればすぐに改善できます。 また、服装、ファッションや髪型、ヒゲなどの身だしなみ、 そして表情を明るくすることも自分でできる改善点です。

人間は第一印象で8割方自分との相性を判断します。 初対面で一目見た瞬間3秒で「恋愛対象外ね」と足きりされないためにも 合格ラインのギリギリ上ぐらいの位置をキープするため、 身体的、外面的なスペックは確保しておくべきです。 女性の恋愛観は減点方式なので、 特別優れているよりも、最低ライン、赤点ギリギリの点数さえあれば、彼氏候補、結婚相手の候補になりえる。

中でも一番簡単なのは足腰を鍛えて、お腹回りをスリムにすることです。 腕の筋肉もあれば、腕まくりや血管が浮き出ているのが好きな女の子にモテますが、 長期的な筋トレが必要になるので覚悟がいります。 それよりも腹筋や脂肪を落とすことは比較的短期間の頑張りで変化させることができる。 ウォーキングやジョギングなど、一日30分〜1時間程度も真面目に運動し、 食事は糖分を摂取しすぎないよう控えればスタイルに関しては劇的に、見違えるでしょう。

他にも今まで無表情で怖い表情だったが、少し目力を入れて口角を上げれば爽やかな笑顔が作れる。 ファッションセンスも、お母さんに選んで貰ったものや兄弟のお下がりではなく、 自分がカッコイイと思うものを着る。わからないなら雑誌や友達、待ち行く男性を参考にしてみるなど。 男は中身でも勝負できますが、外見でも評価の対象となることは忘れないでおきましょう。 基本的に、ガタイが良くてお腹とお尻が引き締まっている男性は好感度が高くモテます。

・余計なプライドを捨てる

世の中には最高の作戦を考え、ベストな行動をしても失敗することが沢山あります。 特に男性が女性を口説く時はこれが明白です。 理論的には完璧に女性を口説けるテクニックを身につけた 一流のナンパ師でも全て成功するわけではなく、女性の本能、遺伝子的な相性、 たまたま付き合ったばかりでタイミングが悪かったなどの理由には勝てません。

必ず確実に可愛い彼女が作れる方法、簡単で楽して、絶対に彼女を作るなんて不可能なんです。 どんなにモテる男性でも100人に「お茶しませんか」と声を掛ければ、95人位には振られたり 、誘いをお断りされる。 彼氏持ちや夫持ちの既婚者に声を掛けてしまって即拒絶されることも頻繁にあるし、 もしかしたら全敗の可能性もある、中には警察に通報するほどの嫌悪感を抱かれるかもしれない。

どんなに男磨きを頑張り、高身長イケメン、容姿端麗でお金持ちでも 、女性はそう簡単には心を開かない。 彼女を作りたいと思うのなら「100人には拒否され振られる」 という覚悟、心構えは最低限必要になってくる。

一回失敗したぐらいでめげてしまうようでは男としてはやっていけない。 プライドを捨てて、生身の自分で女性に真っ向勝負を挑みましょう。 トライアンドエラーを繰り返していくうち、次第に成長して自然と可愛い彼女を作る方法、好意を持たれるテクニックが 身につくはずです。

・女性心理を見抜く感覚

女心を見抜くスキルはモテる男性は大抵持っています。 女性に嫌われる原因の一つに「鈍感さ」が挙げられます。 女性は好意の気持ちやして欲しい要望などを直接的な言葉には出さず、 間接的に非言語コミュニケーションとして、しぐさや態度、行動や振る舞いなどに 出します。

例えばじっ目を見つめる、手で髪を直したり耳にかける、 体の位置をそっとひそかに近づける、一歩後ずさりする、 急に早口や無口になる等。どこかで変化を起こす。 これを機敏に感じて女性の気持ちを読むのが彼女が作れる男として必要な能力です。

特に重要なのが「オーケーサイン」を読み取るスキルです。 女性は稀に「ちょっと強引に押してくれれば応じてもいいかな」という心理状態になっているタイミングがあります。 それは生理周期や体調の問題であったり、たまたまの気まぐれだったり、 恋心によるものだったり理由は様々ですが、受け入れ準備ができている時があるんです。 男性にとって見ればこれは大チャンス、このように誘惑する感じ、明らかに向こうから誘われてるとわかる瞬間って ありがちなことだと思います。

女性の体は男性とは違い、すんなり異性を受け入れるタイミングとそうでない意固地になる時期が入り混じっています。 だから、急に心寂しくなって「抱かれたい」と思うことがある。 こんな下品な理由だけでなくとも女心を読むことは彼女を作る上では大切なことです。

女性には男性に「自分の気持ちを察して欲しい、気づいて欲しい」という願望がある。 だからこそ女性の体の動きの変化にはアンテナをしっかり立てて読み取り 、臨機応変、ケースバイケースで最適な解答をすることが求められる。 無言の状態、以心伝心で女性が最も喜ぶ行為ができるようになればもう一人前、 いつ彼女ができてもおかしくないほど魅力がある素敵な男性と言えるでしょう。

・趣味を増やしたり共通点を作る

男女関係は驚くほど単純な面もある。 ただ単に好きな趣味が同じという共通点があるだけで他の特徴はどうにしろウマが合い意気投合できるのです。 例えばゲームが趣味のオタク男女、消極的で奥手、内向的で引っ込み思案で人見知りなど、 一通り喪男、喪女要素を持っているこの男女でも、趣味が同じというだけで 交際もできるし、結婚までゴールインする可能性も非常に高い。

実際にオタク合コンを開催すると、カップル成立確率が異様に高いと言われている。 同じ物事に夢中になり、共感できる人というのは貴重な存在で それだけで一生連れ添う パートナーとしての素質は備えていると言えるようです。

彼女を作りたいのなら、色々なジャンルに興味を持ち多趣味になるとうまくいく。 カラオケが好きな女性には歌を披露し、 ギターを習いたい女性には教えてあげる、 同じ資格取得を目指す、 同じアイドルや歌手のファンで一緒にライブ会場に遊びにいく、 テニスやジョギングが好きで、一緒に壁打ちや走ったりするなど挙げればきりがありません。

できればありとあらゆる趣味や話題に精通して、何に対しても意見が言える万能人間であることが 理想ですが、そこまでのハイスペックになるのはさすがに難しい。 ならば、最低限今流行している事柄に関心を向けてみて、流れに乗ってみる。 あるいはターゲットの趣味や好きなことを事前に調べて、そのリサーチ結果から 導き出された趣味や習い事の勉強をする。

ここまでの努力をするのが面倒くさいならもっと簡単な共通点でも良いのです。 例えば「2chの○○スレが好き」「ニコニコ動画が好き」 「料理好き」「 映画が好き」「食べ歩きが好き」など些細なことでも共通点を見つけてアピールする。 すると、女性は似た者同士だと思い仲間意識や親近感が生まれる。

好意を持っている片思い中の女性がいるのなら、できるだけ共通点を増やすように、 行動したり学んだりなど 切磋琢磨しましょう。 一生懸命努力して会話を合わせてくれる男性は素敵で「私のためにこんなにしてくれるんだ」と輝いているように映るものです。

・大人の余裕、包容力

女性は大抵年上男性のことが好きです。 その理由は同年代にはない安心感や安定感、大人っぽい優しさや思いやりなど、 包容力を感じるからです。 同年代の若い男性は、幼稚で生意気、女の扱いに慣れていないし、乱暴な言葉使いで 付き合っていて子供っぽさを感じる。

それに対して年上の男性、ダンディなおじ様は大人の態度で接してくれる。 ワガママを言っても許してくれる、過去の恋愛遍歴や元カレの話をしてもヤキモチを焼かない。 悩み事を相談したら、真面目に聞いてくれ客観的なアドバイスもできる。 余裕があり、自信がある男がモテるとは昔から言われていることです。

また、この余裕には経済的余裕、金銭面、財力も多少関係しています。 サラリーマンとして仕事をして、さらには一人暮らしをしていると、 自分で生計を立てて独り立ちしている逞しい男性というイメージがつきます。

お金持ちはモテますが、別にお金持ちである必要はなく、 自分自身の力でお金を稼ぎ、そして親に援助したり依存せず一人で生活している という事実に頼りがいを感じるのです。 平均以下の収入であっても、バイトやフリーターでも自分の手でお金を稼いでいる というだけで女性にとっては立派で尊敬できる対象として映ります。



特に女性が求めているのは、気分が落ち込んだ時、現状や将来に不安を抱えた時に 悩み事を話せる存在であること。そしてその悩みを解決する能力を有していることです。 悩み事の解決とは、別に具体的で正しいアドバイスである必要はなく、 抽象的でも女性を納得させ、暗いネガティブ思考から明るいポジティブ思考の状態へと 変化させることができる能力です。

例えば「私今のまま働いていていいのかな、職場に将来性がない」 という愚痴を言ってきた時「お前の好きにすればいいじゃん」 と言って突き放したりするような輩に対して女性は「大切にされていない、別れたい」 と失望します。

そこで彼女が途切れないようなモテる男性なら 「今を耐えればその経験は生きるよ」「どうしても嫌だって言うなら一緒に新しい仕事を考えようか」 などの言葉をかける。 別にこの悩みを根本的に解決する手段を提示しているわけではないのに、好感度は急上昇します。 女性はこのような「大事にしてくれている感覚」に非常に喜び、感激します。

中高生カップルの彼氏なんかは「一生お前を守っていくよ」なんて歯の浮くようなセリフを恥ずかしげも無く簡単に言ってのける。 ほとんどのケースで実際そうはならないのですが、 一時的にでも女性の胸を時めかせ、酔わせるのには十分事足りるのです。 大人の余裕とは、過去の人生経験や豊富な知識などから来る優しさや思いやりの包容力、 時には嘘やお世辞、社交辞令でも褒めてくれる。 全てを許容し理解してくれる、 女性の理想像は言うなればチビっ子達のガキ大将、大きなクマさん、クッションの様な空気の包容力です。

・一般的なコミュニケーション能力

男性は女性に比べて口下手が多く、 統計でも一日に発する言葉の語彙数が女性の約3分の1程度と言われている。 常日頃から会話の少ない会社に勤務していたりして しばらく喋っていないとコミュニケーションが著しく下手になる可能性がある。

コミュニケーション能力というと面白いことを喋る能力だと思われますが、 実際にはそうではありません。 コミュニケーション能力の本質とは 楽しめる会話をすることです。

能弁で面白いことを言うのは才能や努力が必要です。 しかし、街中の全ての人、彼女を持っている彼氏の全てがお笑い芸人のように愉快な人間なわけではありません。 会話とは自分が話すのではなく、話したいことを質問して話させる。 打ちやすい球を投げる、とりやすいボールを投げるという意識が重要なのです。

人は何を話している時が心理的に一番楽しいのかというと、 それは自分に関する話題です。 例えば、仕事の愚痴、自慢話、武勇伝、成功の体験談、ブログの話、恋の話、 日常の些細な出来事、それらの自分自身に関係していることが最も面白いのです。 極端な例では、外国のおじさんの話よりも、近所でよく見るおじさんの話の方が身近で面白い、 なぜなら自分と関連があるからです。

女性が最も話していて楽しいことは自分に関すること、つまり男性は聞き上手として 気持ちよくお喋りができるようにお膳立てをしてあげれば良いだけなのです。 まず、会話の導入、スタートとして、相手に対していじったり質問をする。 そしてその答えに対してツッコミやイチャモンを入れて話が広がりそうなら掘り下げてさらに質問する。 そして大原則としてできるだけ否定はせずに褒める。 さらに付け加えると、初対面の場合は自分から自己開示をして、 相手のプライベートな部分やパーソナリティの深いところを質問して引き出す。 女性が好きになる男性は「自分の事を知ってくれる人」「素を出せる人」 などの特徴がある。

つまり、女性の気分が良くなる会話をひたすら長時間続けているだけで、 友達として仲良くなり、そして次第に彼氏や彼女、恋人候補にまで恋愛感情、親密感が ステップアップしていく。いわば口説き落とすのと同等の効果があると言えるのです。 今日あった出来事や感想、これからの予定や意気込みなど常日頃から変化する事柄を 話せば話題が尽きることはありません。

男性は女性の話に耳を傾け「ウンウン」と首を振って相槌を打っているだけである程度は 関係がうまくいきます。あの有名なモテ芸能人石田純一氏の名言には、 「すごいねー」「へぇー」「そうなんだー」 と言っているだけで女性との関係は円滑になるある程度のラインまではうまくいくと言っています。

女性と付き合えるかは運と確率で決まる、出会いの数を増やすことが大事

彼女の作り方は運や縁による要素が一番大きく、知り合った、付き合い始めたきっかけは個人個人千差万別です。 しかし上記の必要な技術、スキルやテクニックなどの項目のうち自分がどれほどの頑張りをしてきたのか計れると思います。 自分に欠けているもの、欠点があるのならそれを無くすか、 長所を伸ばすかする他ありません。

彼女を作る方法はいくらでもあるのに、なかなか彼女ができない原因は 結局のところ因果応報の努力不足(行動が足りない)が理由と言わざるを得ないのでしょう。 確かに運の要素も大きいのですが、それを全て覆すほどの努力や日々の鍛錬、 目的意識や向上心があれば、運が無いなんて些細なこと。 五体満足で日本に生まれていたら既に感謝すべきレベルなのです。

男としての実力をきっちりと身につけて、自分からアクティブに女性へ アプローチするようにしましょう。 何もしないままでは負のスパイラルから抜け出せず、現状に変化は起きません。 悪い流れを断ち切るには強力なきっかけが必要なのです。

彼女が欲しいと思ったらその日から何ができるのか探し、そして実行する。 彼女を作る攻略法や、 口説き方、落とし方の本を読んだだけで満足するのではなく、その知識を腐らせることなく 実践投入して使うこと、実戦で使える能力とすることが肝要です。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.