恋愛tanu.comデート・カップル > 女性との初デートを成功させるためにやるべきこと

女性との初デートを成功させるためにやるべきこと

女性は恋愛に対して少女漫画のような夢を見ている。 清潔感のある爽やかな男性がくしゃっとした笑顔を浮かべながら、デートコースをエスコートし、 女の子を大切に思っている気が利く振舞いを見せ、 時にはドキドキする展開もあったり、まさに女の子が思い描くラブロマンスを叶えることが、初デートを成功させるカギです。

デートに誘われて呼ばれてくるというのは最低限脈ありであり、 あとはデート内容で合格点がもらえれば晴れて付き合えるか、あるいは体の関係にまで持ち込める。 初デートで失敗するとよほど性格のいい女性以外はほとんど挽回は不可能に近いので、 必ずうまくいくように心の準備をしてアドリブが苦手なら、ある程度ウケのいい行動を決め打ちしてしまいましょう。

スポンサードリンク

女性との初デートのコツ、テクニック

・ボディタッチで男として意識させる

現代の人間は昔に比べて、本能が大分弱ってきてると言われています。 だから、女性も遊んでいる男性を性的な対象として認識できていないこともあります。 「女の子はデートをOKしたんだから下心があるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、 初デートの場合、ただのお試し感覚で遊びに来てることがありで体を求めていいかどうかはその場のノリや雰囲気で決まったりします。 女性は何も考えずに無意識で誘われてやってくるパターンがよくあります。 特別やましい目的もないので、男性のリード次第で好きにも嫌いにもぶれる心理状態です。

女性との初デートで成功率を高めるにはとにかく触ることが最重要課題です。 女性は「この男を本気で惚れていいのか、彼氏にしてもいいものか」と不安や疑問を抱いている。 これはいわば心の壁みたいなものでこれがある限りは男女の心理的距離が縮まることはありません。

この壁を壊す方法が自然なスキンシップです。 手をつなぐ、肩や腰を抱く、頭をポンポンする、キスをするなど。 なんでもいいので、とにかく触れ合いがなければ、女性は本能的に男性としての魅力を感じられず「物足りない男」「つまらない男」 と判定され恋愛対象外になります。

ヤンキーやDQNが好かれやすいのは、怖い見た目に反して愛情表現に関しては素直なところあり可愛らしくて母性をくすぐられるからでしょう。 「嫌われないだろうか」と自信なさげで恥ずかしがって手を出せないのは、 男として勇気がないし、女からすれば手を出されない自分は魅力がないのかと落ち込む原因にもなります。

ボディタッチはそれなりに好意がある男女が合意の上ですれば、欲求や自尊心が満たされる有意義なものです。 そういう意味では、デート場所を選ぶ段階で、個室居酒屋やカラオケボックス、家デートを提案できるとそれだけでデートの成功率は大幅にアップします。 何度言葉を交わすよりもたった一度手を握っただけの方が、男女の親密度は高くなります。 女性の脈ありのOKサインらしきものが直感でわかったら、強引に押すべき時には押していきましょう。

・臨機応変な対応力を見せる

女性が初デートで男性を査定する最重要ポイントは決断力と余裕のある雰囲気です。 どんなに強がりや虚勢でもいいので、格好つけることは女性にとっては付き合う彼氏の価値があがるので喜ばしいことです。 そして根拠のない自信と共に、トラブル解決能力も頼りがいのパラメータとしてチェックされています。

例えば食事が終わった後次の行き先を決めるとき、優柔不断で次の場所を決められなかったり道に迷ってあたふたするのは減点評価。 ノープランは女性がしてほしい「特別扱い」の真逆の振る舞いなので嫌われる理由になります。 理想的なのは彼女に察せられることなく、デートの段取りパターンをある程度決めておくことです。

女脳は本能的に選択を迷いやすい性質を持っています。 男脳の長所である素早い決断はリーダーシップがある証であり、オスとしての優秀な能力で、外的から家族や子供を守るために必要なもの。 だから、女性は無意識のうちに男性の頭の回転の速さをイケメン要素のひとつに加えています。

・女性の細かいところを気遣う

面倒くさい男からすると女性は非常に手間が掛かる。 だから、付き合うとすぐ飽きるだとか、顔が良くても束縛や嫉妬で性格が面倒だと別れたくなるという。 具体的に初デートで女性のどこを注意するべきか例を挙げると、 歩くスピード、暑さ、寒さ、トイレタイムを作る、割り勘か奢るかなど。

女性は思った以上に歩くのが遅く、高身長男性の一歩が低身長女性の二歩分だったりするので、 普段よりも著しく速度を落とす必要がある。 また、外出デートで極端に温度が厳しい時は、何か理由をつけて室内に入った方がお互いに一息つけてリラックスできる。

一緒にいて2時間ぐらいしたら、自分からトイレに行ってしまうと女性としては自分から言わなくていいので手間が省ける。 女性が「お金ない」とせびるようなら、奢るべきだし、自分で出すようなら気を使う必要はあまりない。 ただ、スマートに会計を済ませてしまうのも好感度が上がるエスコートテクニックのひとつです。 会計時に財布を渡して「払っといて」と言って任せるのもキザですが素敵です。

・女性との会話の基本は聞き上手、褒める、同調と共感

女性は感情の共有から友好関係を築くのがコミュニケーションの中心です。 女の子同士の会話を聞いていれば、話題が所々に飛び雑談に中身はほとんどなく、 「へぇー」「すごーい」「だよねー」「それあるー」のような共感を意味する相槌が多いことに気づきます。

だから、会話の話題、ネタ、内容などはどうでもよく、なんとなくその場の雰囲気が和やかで笑顔があるだけで気分が良くなります。 そのためには、話している時はしっかり相手の目を見ること。 見つめ合う時間がなければそれは事務的であり男と女の交流とは言えません。 さらにそこでニコッと笑えば、「あなたと一緒にいて楽しいです」というメッセージになりお互いにハッピーになれます。

そして、会話では自己開示させることで、お互いの精神的距離を縮める効果があります。 女性は自分の話を男性に聞いてもらいたい生き物であり、聞き上手であることが理想の彼氏の条件だという女性もいるぐらいです。 しっかり相手の目を見て相槌を打ち、共感、同意し、褒めたり時にはツッコミを入れる。 将来の不安や仕事の愚痴などネガティブな話題や相手の意見を否定したり批判するような言動はできるだけ控えて、陽気な雰囲気で会話を盛り上げることだけに集中する。 俗に言うリア充が「うぇーい」という掛け声とともに盛り上げるように、 人間は言葉に大した意味なんてなくても、楽しいノリさえ醸し出せれば案外面白いと思う流されやすい心理を持っているのです。

・清潔感がある無難な服装を選ぶ

派手でオシャレすぎたり目立ちすぎると変なスタイルでダサいと嫌われる。 女性は最高得点を求めているというよりも、最低のボーダーラインさえ上回っていればとりあえず会ってくれる。 そして、それ以上の魅力的なライバルが現れない限り良好な関係は維持できます。

ジーンズや黒ジャケなど、代表的定番のファッションが、無難で女ウケは案外良い。 下手に凝ったファッションや、アクセサリーをジャラジャラつけると奇抜な人だと思われて、 同じ趣味を持った女性しか集まってこないでしょう。 相手の女性の好みやキャラに合わせるのがベストですが、それが難しいなら 服装はあまり頑張らないで、スタイルが良く見えるものを着ましょう。

・1回目は食事デートだけでバイバイもあり

女性の中にはいきなり体の関係を求められるとなんだか軽く見られてるみたいで不快に思う人がいます。 かといって初めからデートプランガチガチでプレゼントを渡したりと重い愛情を注がれても「まだ仲良くなってないのにキモイ」とドン引きされてしまう。 そこで間を取って調度良いのが食事デートというわけで、小手調べをするにはうってつけです。

女性の初デートの平均時間は3時間ぐらいがちょうどいいと思っているというデータもあり、初対面や最初のデートはいきなり長丁場よりも短めの時間設定が無難です。 食事デートをする際男性としては最も不安、心配になるのは会話が続かず気まずい空気になることでしょう。 実際、女性も恋愛経験が豊富な人ほど会話が弾まない男はナシだと判定する割合が多かったりします。 しかし、何か食べるのなんてほんの20分ぐらいです。 これが美味しいとか、好きな食べ物とか、今日の印象とか、適当に思いついたことを口にすれば場は持ちます。 とにかく肩に力を入れて緊張しないで自然体で余裕を見せることで、空気が良くなります。

食事デートはでは奢ると恩を感じて記憶に残りやすいので評価は若干高くなる。 ただ、逆に奢らせるのはそれよりも優れていて、 できれば女性にお金を支払わせた方がサンクコスト効果(お金や労力を投資した分を取り戻したい心理)により男性に対して愛情が生まれやすい。 会計に関しては1円単位で割り勘などケチで細かい行為をしなければ、そこまで大差はないです。

食事後は、いきなりホテルに誘うと「体目当てなのね」と好感度が激減して、2回目のデートで断られる原因になったりします。 ただ、フォロー次第では許してもらえるので、軽く手を出してリアクションを伺うのはありなアプローチ方法ではあります。 無難なのは初デート記念に初プリクラを撮影したりウインドウショッピングをだらだらとして、 次のデートの約束を取り付けて、さっさと帰宅することです。 初回は女性も相手に気を使って疲れているので、早く切り上げた方が余計なストレスなく次に繋がったりします。

・できるだけ早めに2回目のデートをする

一回目のデートで割と好感触だったのに、二回目のデートの繋がらない経験はモテない男なら結構あると思う。 恋愛対象外、彼氏候補として魅力がイマイチだとジャッジされると次は会えない。 そしてここでポイントなのが、女性は時間が経つに連れて愛情が冷めるという性質を持っていることです。 まず、生理は感情もすべて洗い流され新しいものになるという考えもあり、今まで好きだった男性に興味がなくなることもあります。 生理周期では、マッチョが好きなタイプになったり、細身の優男が好きなタイプになったりと、時期によってタイプがバラバラです。 また、美人や可愛い子は遊びの先約が沢山あったり、日常的に異性から口説かれているので1ヶ月も放置したらライバルの外の男にあっという間に奪われます。

つまり、結論としては初回デートで約束を取り付けてから一週間後ぐらいにはもう2回目のデートに誘い、 ここら辺でキスをしたり男女関係になったりとガツガツ攻めて親密になっておきたい。 がっつきすぎで必死なようですが、このタイミングで大人の関係になれないと、女性はあっという間に去っていきます。 会わずに1ヶ月以上遊べる女友達的ポジションをキープするとなると、マメな連絡や電話が欠かせません。

・メールやLINEメッセージで盛り上がりすぎない

電話、通話などお互いの声を聴きながら会話するのは仲良くなる近道でどんどんするべきことですが、 メールやラインだと相手のイメージに変に期待してしまうことがあります。 そして、頭の中で理想の彼氏、彼女を作り出してしまい、実際会ってみると理想と現実のギャップで冷めてしまう。

文章では凄い明るくユーモアもありお喋りなのに、実際面と向かうと口下手で沈黙しがちだったりすると、 女性は幻滅して、あっという間に振られてしまいます。 そうならないためには、相手の想像している人物と実際の人物をある程度一致させておく必要がある。

特にネット恋愛、メル友関係でネットで知り合った相手との初デート時などは特に要注意です。 このようなギャップによる悪影響を防ぐためには、あらかじめ電話して自分の声を聞いてもらうか、 メールではあまり面白おかしく喋りすぎるキャラにはしないことです。 人の第一印象は悪い方が後々素敵な面が見えたりした時に有利に働きます。 最低限嫌われずデートができるぐらいの仲になったら、その後は実際に会ってからか電話で距離を縮めるようにしましょう。 メールはあくまで恋愛の補助ツールで、盛り上げすぎると初デートでデメリットが大きく振られるリスクが増したりします。

女性は初デートにはカップルになった後以上に重い意味を持たせている。 男性がどれだけ女性を大切にしているか、誠実な愛情を持って本気で向き合ってくれているか、 どのような優秀なスキル、アピールポイントがあるのか、それらを総合評価するテスト、通過儀礼のようなものです。 表情を強張らせず少女漫画の男友達のように爽やかな笑顔で接して、軽いノリでありながら真剣さがあることを表現しましょう。

女性との初デートを成功させるコツ、男性の心構えとしては、「自分が楽しめば女性も楽しめている」ということだと思います。 自慢話や武勇伝はなど自分語りの独りよがりは嫌われますが、 笑ってさえいれば、人は異性に好印象を抱くものです。 男性は無表情でいることが多いので何を考えてるかわからないと怖がられるし「つまらないのかな」と不安にもさせる。 女性にサービスして喜ばせるつもりなら営業スマイルでもよいのではにかむ練習をしておこう。 笑顔を見せることが感情を共有したがる女性を落とす最大のテクニックです。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.