恋愛tanu.com恋愛コラム > 運命の相手に出会う方法

運命の相手に出会う方法

「運命の人に出会うにはどうすればいいのか」というテーマは 、直感や感覚、スピリチュアルなものであり、科学的な根拠に乏しく 証明することが困難なことです。

魂やオーラ、次元の世界については諸説ありどれが正しいとはなかなか断言できません。 今回はそんな曖昧な事柄の中でも、私が信じていることを記事にしています。 答えは人によって違うかもしれませんが、参考になると思います。

スポンサードリンク

運命の恋人、結婚相手は存在する

運命は決まっているのか変えられるかという疑問がある。 私は未来はある程度定められているが意識や選択によって変化すると判断しています。 というのもこの世はパラレルワールドと呼ばれる並行世界が無数にあるという思想が理由です。

思い込み、勘違いが本物か偽者かは結局後の結果によってでしかわかりません。 初対面で異性の目を見た瞬間教会の鐘の音が鳴ったり、夢に前兆があったりしても その後うまくいかないという体験談もよく聞きます。 つまり自由意志の範疇によって、チャンスを掴んだり逃したり分岐してしまう。

縁を円にし和となすとも言われます。 たとえ魂で強い結びつきがあっても、 すれ違うだけで認識できなかったり、選択の誤りで縁を切ってしまうとそれっきりになってしまう。 会話や触れ合いなどのコミュニケーションによって運命の相手を認知しなければ気づかないかもしれない。 つまり決まっている時間軸を捻じ曲げるような行動をしていると、悪い方向の時間軸にジャンプしてしまうのです。 原因と結果の法則、因果応報とも言える理論です。

人間は輪廻転生により何度も魂が天地を移動していると考えられています。 その過程で前世での知り合いが複数いてもおかしくありません。 このような転生の中で家族や友達など身近な存在として何度も知り合っているというグループ 、魂の仲間をソウルメイト という。 ソウルメイトには種類があり、 家族や血縁、恋人や結婚相手、同じ霊魂が分かれたもの、仕事のパートナー、 同じ目的や使命を持つ相棒等、他にも様々な種類や名称がある。

つまり運命の相手の人数は複数存在するということになる。 また、死後の世界は時間の概念がなく、どの宇宙も見渡せて自由に世界を選択して生まれ変われると言われている。 現世の寿命約80年という短い期間だけの関係ではなく、 過去も未来も含めた時間軸の話になるので、まさに無数の知り合いがいることになる。



〜運命の赤い糸で結ばれた人に出会う方法〜
このテーマを男女の恋愛関係で考えた場合、 相性が抜群の相思相愛になれる異性と意図的に結ばれることはできるのでしょうか。 この答えには「引き寄せの法則」で説明されます。 引き寄せの法則とは簡単にまとめれば、 本人のインスピレーション、想像が現実化するというものです。

おまじないのようなものですが、実はこれこそが理想の条件を持つ相手に巡り合う、 願望実現のカギです。 この世の出来事は全て引き寄せられて起こるとされています。 何か不安が胸に渦巻いていると、その考えが起こる確率が高まる。 ポジティブ思考だと無意識のうちに人生のサクセスストーリーを歩んでいたりする。

つまり、潜在意識、セルフイメージを磨くことによって光り輝くオーラが体の回りに充満してくる。 陰陽で言えば、魂の状況が陽の状態になる。 こうなると外見も内面もキラキラして、何事もうまくいきだす。



人生の成功は偶然や幸運の比重が大きいと言われる。 ラッキーでなければお金持ちにもなれないし玉の輿にも乗れない。 「偶然」言い換えれば奇跡を起こすことが勝ち組になる秘訣なのです。 しかし、人はあまり運を引き寄せる努力をしていないのかもしれない。 この考え方は米永邦夫によると、勝利の女神に好かれるにはどうするかに繋がる。

勝利の女神はどのような人が好きかというと、 謙虚で楽観的、人の幸せを願うような人に味方するという。 また、4次元の世界は心や気持ち、魂だけが存在しており、 その色は魂の状態によって決まる。 恨み、嫉妬、怒り、不満、愚痴、などネガティブな精神状態だとどす黒く、 感謝、嬉しさ、満足感などポジティブであれば金色に輝く。 4次元は時間や場所を問わず意思疎通ができ、似たような人を引き寄せるという。 オーラのレベルが高いと、ハイレベルな人を引き寄せ関わりを持ちやすくなるのです。



この世は基本的に自分の願いが叶うようにできているという。 人間1人1人が主体であり、他の人は意識の外側、つまり全員繋がりがありながらもまったくの他人なんです。 自分が中心となって世界が動いていることをイメージしましょう。 失敗してしまうのは悪い気を引き寄せていることが理由です。

理想的なのは、ご先祖様、家族に感謝し、将来に対する明るい見通しを当たり前であるかのように 頭に思い描くことです。 「運命の人に会いたいと願う」 たたこれだけを念じることで、思いが実現します。

一方的な片思いでも、気持ちが強ければ神様かご先祖様かはわからないけれど手助けしてくれるのです。 また、人の願いは1年以上遅れて叶えられることもあったり試練を与えて 壁を乗り越えることを要求されたりする。 願い事は長いこと想い続けることで実現しやすくなると覚えておきましょう。



1つの結論として、偶然が発生する環境に身を置くことが最も現実的な運命の相手の探し方のアクションではないでしょうか。 どんな幸運の持ち主でも、偶然のトラブルやハプニングに遭遇しなければ出会いが生まれません。 だから偶然が起こる環境に足を運ぶことが大切です。

また占いや風水では外見を変えると開運に繋がり 占星術では苗字や名前、イニシャルを代えると画数が変わり運気の流れも変わる。 生年月日などからも将来の伴侶がわかるという話もあるがこれはあまり確信が持てません。 無料で男女が集うイベント、飲み会や合コン、婚活に赴くのも直接的で良いことでしょう。

波乱万丈でなければいけないわけではないですが、 奥手な成人男女にはドラマチックな展開が用意されないと、 恥ずかしくてお近づきになれないもの。 偶然を意図的に起こすことが成功への近道です。

運命の相手を見極める方法、特徴、共通点

運命の相手がハッキリと明確に分かる方法はないかもしれませんが、 初対面の異性に結婚の兆しや予感めいたものを感じる人は大勢いる。 今回はそのような体験談から出てきた声や意見をまとめていきます。 簡単な結論としては、「偶然」の要素が数多くが一致する男女が運命の夫、旦那、妻、嫁ということになりそうです。

・デジャブ

初めてのことなのに既に体験したかのような感覚になることをデジャヴュという。 心理学の世界では過去の記憶を呼び起こす際に誤った認識で思い出して勘違いしているにすぎない という説もあるが、輪廻転生があるとすれば魂は天と地で行き来している間に遭遇してる人がいる。 このような昔会ったような感覚があることも説明もできる。

・初対面なのに親しみやすい

第一印象がよく懐かしい雰囲気がしたり、一目惚れすることがたまにあったりする。 このような人とは惹かれ合いすぐに親密な関係に進展する。 短所や欠点、容姿や外見がイマイチでもまったく気にならなかったり、 条件を無視して損得勘定なしの深い親しみを感じたりする。

・共通点が多い

普通、人は奇跡に近い確率がなければ似た者同士になったり出会うことはありません。 つまり、共通点の多さは自分とかなり近い魂を持っていると言えるのかもしれない。 幼馴染、地元が近い、学校の同級生、通勤電車が同じ、趣味や好き嫌いが共通など 、場所やタイミング、年齢などルーツが身近であればあるほど運命の人と言える。

・無言でも心が通じる

目と目が合う、アイコンタクトだけで恋に落ちることができる男女がいる。 これはよほどフィーリングが合っていなければまずこうはならない。 特別な間柄の二人は波長が合い、何を考えているのか自然と読めるようになってくる。 長く付き合っている夫婦にもなると言葉がなくても阿吽の呼吸で息が合ったり以心伝心が可能になる。

また、連絡しようとした時に相手からメールがきたり、「今何してるのかな」と思いを馳せていると 遊びの誘い電話が来たりする。 これは両思いの人に特有のよく起きるシンクロニシティ現象です。 会話がなくても意気投合できる不思議な関係になります。

・体の相性が合う

肌が合う男女は思っている以上に稀なのではないでしょうか。 胸が大きく、ウエストが細く、お尻が引き締まっていたり、綺麗な細マッチョ体型など スタイルが整っていても、いざ抱き合ってみると「アレ?なんか違う」と拍子抜けしてしまうかもしれない。

キスの味が不味いか美味しいか、抱き合ったときにピッタリフィットする感覚があるか、 いい匂いがするか、 一緒に寝ていて落ち着くかなどは、 遺伝子的なものもあり本人達の努力ではどうしようもない生まれ持った性質です。 ずっと体を密着させていても、あまり違和感を感じず緊張しない、 むしろリラックスできればベストです。

・目つめ合った時に安心感がある

目を見たときに第一感で「なんとなく無理」と瞬時に頭に中に浮かぶと大抵はうまくいかない。 逆に「笑顔が可愛い、素敵」と思うと交際に発展しやすい。 このような感情の流れは心理学的には、 好意を持つ相手を見ると目の瞳孔が開きお互いの友好度や興味を無意識に 確認しているから起こるといえる。「カワイイ、カッコイイ」という気持ちは知らずに相手に伝わっている。

相手の目を見つめているときに穏やかな気持ちになったり居心地が良ければ相性は抜群です。 何時間でも見つめあってられるカップルは真剣に愛し合っており、本気で魅力を感じ恋に落ちていなければこうはなりえません。 芸能人の結婚会見でもお互いによく目を見つめている新郎新婦は離婚せず長続きします。

・時間が経っても会いたくなる

一度別れた後にまた再会したくなるのは非常に強い絆で結ばれている。 彼氏彼女持ち、既婚者がケンカして、不倫や浮気に一時流された後にまた元鞘に収まるような感覚です。 元カレ、元カノと破局してから3年越しにまた復縁したり、 同棲して相手の嫌な面が見えて、実家に帰り冷却期間を置いたあともまた会いたくなるなど。

どんなに時間が経ってもすぐ昔のように仲良くお喋りできる人がまさにそうです。 過去の縁を切らずに大切にすると、恋愛だけでなく友人関係でもこのようなことが起こります。 一緒に居て飽きないのも特徴的です。

・よく会う、すれ違う

見えない力が二人を巡り合わせようとしているのかやたらと会う人がいます。 私もまったく違う場所で自転車や歩き、1年に3〜5回以上すれ違う小学校の同級生がいます。 一瞬の対面なので心の準備が出来ていなくていまだに声をかけられずに後悔しているのですが、 次に会った時こそは話しかけたいと思っています。

地元が近い、学校が同じ、夢に出やすい、よく目に付くなど、 単純に接触機会が多い異性は要チェックでしょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.