恋愛tanu.com結婚心理 > 結婚できない女の特徴、理由

結婚できない女の特徴、理由

あっさり学生時代からの付き合いで20代で結婚できる女性もいれば 、30代になってもなかなか結婚できず焦り始める女性もいる。 勝ち組、負け組という言い方はあまり好ましくありませんが、 どこで差がついてしまったのか。

近年不況で無職やニート、フリーターが増加し雇用も絞られ所得も減少してる。 若者の交際率、恋人がいる独身未婚男女は50%を切る勢いであり、 仕事が忙しく彼氏ができない女性も沢山いて、 将来的に生涯独身の割合が著しく増加しそうな気配が漂っています。

男性は1人で自由気まま、気楽に生きていても良いかもしれませんが、 女性はできるだけ結婚して子供を生み育てたいと本能的に思うものです。 婚活をしていてもうまくいかず、情けないと悩み振られてトラウマになったり、惨めさからうつになって しまう婚活疲れの男女も増加している。 一生独身貴族で男女交際を楽しむというライフスタイルの選択肢も頭の片隅に入れておくべきかもしれません。

40代50代、老後を家庭や子供無しで孤独に生きるのはやはり寂しいと思います。 もし、結婚相手を本気で見つけたい、探したいという意思があるのなら、 今からでも向上心を持って自分磨き、女磨きをするなり、出会いを探すなりして何かしらのアクションを起こしていきましょう。 負のスパイラル、悪い流れはどこかで断ち切らなければ悪循環は一生変わることはありません。 今がその時だと思って、まずは結婚できない女の特徴や理由を知り、 自分の悪い点、欠点や短所と向き合ってみましょう。

スポンサードリンク

結婚できない女の特徴、理由の共通点

・積極性がなく受け身

女性は誘われる性であり、受動的なポジションにいるとはいえ、 まったく何も行動を起こさないという場合は論外になってしまう。 ある日突然、白馬の王子様がやってきて貧乏で何の長所も無い みすぼらしい自分にプロポーズしてくれるなんて話は夢物語です。 お姫様願望を抱いて良いのは学生時代まで、20代30代、アラサーにもなったら 現実的に、彼氏や夫、結婚相手の候補を獲得する方法を考え模索していきましょう。

まずは出会いのある環境に赴くことから始まります。 結婚できない原因の半分以上は男女間の交流が無い環境に長期間身を置いていることが原因です。 毎日会社と職場の往復で、休日は女友達と遊ぶなんてことを繰り返しているとあっという間に 1年が過ぎ去ります。

どこでも良いので独身男性が居そうな場所を探しましょう。 例えば、相席屋、居酒屋、ライブ、イベント会場、趣味やコミュニティ、サークルのオフ会などです。 いきなり初対面でナンパみたいなことをされるのが嫌ならネットの出会いサイト等で彼氏を探すこともできます。

現在はネット婚活の会員数も年々増加しており、オーソドックスな結婚相手を探す方法としても 活用されています。他にも合コンやカップリングパーティ、ネットSNSでの交流で 人脈を広げることもできます。出会いの確率そのものを増やそうとしない消極的な態度は、 結婚できない理由の大きな特徴、共通点と言えます。

女性に求められる積極性は男性のようにガツガツとした強引さや攻めるアプローチ方法だけではなく、 さり気なく、自分の存在をアピールする、守りながら様子を見る手段をとることも含まれています。 例えばしぐさや態度、ポーズによって女らしさを見せる。 男性は女性の脱力した感じ、手足が交差、クロスしているラインなどを魅力的だと感じ好意を持ちます。 お酒に酔った女性がなんとなく色っぽいのもこれらの心理が関係しているからです。 目立つ服装でお洒落をして誘惑するのも効果的です。

男性の恋愛感情は8割は視覚情報で決定されるといわれており、 色合いやファッション、髪型などによって簡単に第一印象が変わります。 また視線や目で訴えかけることもできます。 女からアクティブに話しかけて、メールアドレスや連絡先を交換してデートに誘って、 という一連のステップ、流れができれば理想的ですが、 些細な体の動き、しぐさや態度、立ち居振る舞いでさり気なく会話のきっかけを作ることも 可能なのです。

異性に対する免疫や耐性が無くて自信が持てないのなら、 とりあえず相手の近距離、パーソナルスペースに一歩踏み込んで近づく努力をしましょう。 この時、男性の気を引くために、良い匂いのする香水を微妙につけておくと 女らしさが演出できより効果的です。

・過去にモテすぎた

10代20代の若い頃にモテすぎた女性、遊び人で恋愛経験豊富な女性は 早く結婚できるかと思いきや案外この成功体験が原因で、逆に結婚を渋って先延ばししてしまう傾向がある。 むしろ女子校育ちだったり学校ではモテなくてブサイクと言われている女性程結婚は早い傾向がある。 それは幸せのハードルがモテる女性に比べて低いためです。

結婚と恋愛を比べると、自由恋愛の方が明らかに楽しく好き勝手に遊べます。 しかし、結婚するとなると様々な責任や我慢、制約が生まれます。 お金に縛られる、浮気は禁止、仕事をしなければいけない、家事や育児などが大変など。 だからこそ、需要があるうちは沢山遊んでいたいと考える。 しかし、それを過ぎた30歳代になると、男性から声をかけられなくなることに気づく。 今までのように、チヤホヤされなくなってくる。

若い頃は同年代から年下年上男性など 年齢問わず可愛い、美人だと甘やかされ恋愛遍歴を重ねてきたので、 その過去の栄光にいつまでもしがみついてしまう 傾向がある。 男性は若いうちは彼女に刺激的で楽しめることを求めてので多少のわがままも 許せるけど 、結婚相手として、妻、嫁、奥さんに娶るとなるとモテすぎると浮気の危険性も高いし不満を感じます。

この精神状態は非常に厄介で婚活男性にも 昔の恋人、元カレのような条件を求めるようになってしまう。 食事を奢って貰って当たり前、金品や物をプレゼントされて当たり前、 特別扱いされて当たり前、 服のセンスも良く、会話も上手、お金も、ルックスも、デートのエスコートも メールでの気遣いも全て完璧にこなす1流の男を求めてしまう。

また、変に美人だと高嶺の花だと思われて常識的な男性ほど声をかけづらい。 そのような心理や理由が重なって、男性への評価が厳しいまま婚活をしていると 売れ残っているという結果になってしまう。 過去にモテていて30代以上になっても「私はまだまだイケるわよ」なんて余裕な態度でいてハイスペックな男を選り好みしていると、 足元を掬われてしまうかもしれない。

結婚できないという悩みがあるのなら少しは謙虚になって、初デートをする許容範囲を広げてみよう。 好かれすぎるモテ子な状態あることが原因で 結婚できなくなってしまうなんてなんだか本末転倒で哀れな話ですね。

・理想が高く、求める条件が厳しい

女性であれば、まったくお声がかからないというわけはなく、 恐らくは誰かしらからアプローチをされた経験があるのではないかと思う。 ネット婚活などを見れば、やはり女性はまだまだ需要があると感じる。 その気になれば簡単に彼氏を作ることはできるでしょう。

まさに自動販売機に並べられたジュースを見て「あんまりいいのが無いな」と言っている状況です。 理想の条件を並べすぎて妥協できない女性は結婚できないとされる定番の共通点です。 自分の事を棚に上げて打算的に条件を要求できるのは 若い需要があるときだけです。

顔や容姿、見た目の好み、家庭環境、長男長女は嫌だ 、高学歴、経済力、金銭感覚、好き嫌いや似たような価値観を求める、 など。男女の付き合いは遺伝子的な相性や会話やスキンシップのフィーリング で決まるので、条件面ばかり見ていては埒が明かない。 厳しいハードルを越えてようやく見つかった候補は、大人気で 競争が激しいということが頻繁にある。

婚活市場で取り残されてしまう場合は 、希望の条件に優先順位をつけ多少は譲歩、妥協する必要が出てくる。 普通に考えて、欲深く打算的で、要求を突きつけるような女性は 、高収入のイケメン男性からすれば即お断りの対象になってしまうでしょう。

また、女性が求める普通の年収は不況の現在は普通ではなくなっている現状がある。 年収400万円以上は25歳〜35歳の結婚適齢期の男性30人に1人の割合と言われている。 さらに地方と都会の差を比較すると都市部に偏っているというから格差は 確実に広がっている。

この高嶺の花を獲得できるのは30分の1に選ばれた能力がある女性か 幸運、ラッキーで良縁に巡り合えた女性のみということを心得ておきましょう。 もし絶対に好条件は譲れないという固い決意があるのなら、 できるだけ穴場の男性をターゲットにして狙うようにしましょう。

明らかに人気になっている人の影には地味で目立たないけど 輝くような掘り出しものが眠っている可能性がある。 皆が注目しているものでは争わず、 宝探しのように婚活をすることが成功のコツです。

簡単に1例を挙げれば、理系学者や研究員などは仕事人間であり、男社会で出会いも無いのが 共通点なので、 誠実で真面目な質の良く年収などの条件も良い男性が揃っています。 このような妥協点は探せばいくらでもあると思うので試行錯誤してみましょう。

・女の隙が無い

女性は自分から口説いたりアプローチするのが苦手です。 それは人間の性別的な役割から当然のことです。 自分からデートに誘ったりアタックすることができればベストですが 、それより大切なことがあります。

それは男性に誘わせるということです。 確かにモテない女性、喪女にとっては困難なことかもしれませんが、 隙のある女性になれば、男性はそこを攻めてきます。 そのようなガードが甘い、緩い雰囲気という特徴をできれば身につけて婚活に挑みたいものです。

では女の隙とは何かと言うと、それは安心感や親近感、ふわふわした オーラや雰囲気のことです。 自己主張が強く、我が強い人は、男性に付け入る隙を与えない強固さを感じさせます。 それに対して、自然体でアンニュイ、緩い空気を持っている女性は男性に一番人気で 婚活市場でも売れ残りません。 これは先天的、遺伝子的な性格なのであまり変えようがないのかもしれませんが、 天然ボケっぽくてボーッとしてる女性は癒されるしモテます。

男性は上から目線で見下せる女性が好きです。 これは本能の心理にある「保護欲求」 や「征服欲求」が刺激されるからです。 相手より弱い立場になるなんて嫌だと思うかもしれませんが、 男性が求めているのは「守ってあげたい女性」なので、 ちょっとドジだったり、笑顔が眩しかったり、警戒心が無くてガードが緩い女性 にほど誠実に接したいと考えます。

女の隙を出すためには、悪意や欲望を捨て、素の自分、取り繕わない自然体で 男性とコミュニケーションをするように心がけると関係がうまくいくでしょう。

・経済的に自立している

昔の女性は、結婚していかなければ生きていけないぐらい貧しかったと言われており、 両親や仲人的な友達の紹介やお見合いで若いうちから良い家柄の旦那さんと縁結びのようなことを行なわれていたと言われています。 しかし現在は、金銭的に余裕がある一人で自活できる女性が増えてきています。

日本は他国に比べれば男女平等社会であり、給料も男性並みに貰っている人が多いです。 そして、30代40代、アラサーやアラフォーの独身女性は大抵倹約家で、貯金が1000万円程度あり、とりあえず生きていくのには困らない水準になっています。 財力にゆとりがあると、恋愛対象、結婚相手の男性を選ぶ際に審査が厳しくなりがちです。

女性は年上男性で尊敬できたり頼れる人と付き合いたいという願望があり、 自分が裕福だったりお金持ちだと、相手にはそれ以上の年収やスペックを求めるようになってしまうのです。 芸能人やモデル、女優さんが結婚する時、高確率で同じ高収入のアイドルや成功したベンチャー企業の社長、一流企業の重役だったりします。 自分のレベルに釣り合った条件や特徴を持つ人を探していると、なかなか相手が見つからず結婚できないという事態に陥ってしまうのです。

自分1人で生きていけるのは素晴らしいことですが、 できることなら彼氏や恋人、生涯を共にする伴侶を見つけられるとより良いです。

・自我が強くわがままな性格

仕事人間のキャリアウーマンは男ウケしないと言われている。 仕事も格好良くできて、給料も高いのに、プライベートでは付き合いたいと思われずモテない。 男性からすると、自分より稼いでいる妻はプライドが傷つけられて精神的に持たない。

そして何より、 完璧すぎる女性は男性に「1人で生きて行けそうだから一緒にいなくても大丈夫だな」 と思われて結婚対象に見られず大切に扱われない。 男性に頼ったり甘えて寄りかかるのが得意な女性は大事にされるし「 守ってあげたい」対象としてすぐに惚れられます。

若い頃に仕事優先で恋愛を疎かにしてしまった女性は、 結婚相手を見つけられずに苦労しているし後悔していることもある。 また、自我が強いということは相手に譲らないという堅物の可能性が高い。 女性の魅力は衝撃を吸収するクッションのように柔軟性があることです。 ガチガチに凝り固まった思想や考え方、自己主張をする男勝りな姉御系、 ガサツで自称サバサバ系女性はなかなか結婚できないものです。

一時期派遣の品格というドラマの影響でこのような強気なOL、姉御系女性が流行りましたが 、現実、実態として男性にはまったく好まれない、むしろ嫌悪、敬遠される対象と言えます。 逆に結婚できるのは 天然系のアホっぽい雰囲気、何も知らないフリをする女性です。 男性には教えたい願望もあるのでその心理をくすぐる効果もある。 男性に対しては賢いフリをするよりも、バカな演技をするぶりっ子の方が可愛がられるしお得なことが多いのです。

・愛想が悪い、暗い表情をしている

大人しい女性自体は比較的人気で従順な雰囲気がするので、結婚相手も案外見つかりやすいのですが、 そこにネガティブ思考で自虐的という特徴が加わると敬遠されやすくなります。 「私はダメなんだ」「私じゃ無理だ」なんて後ろ向きな発言をしたり後悔ばかり している女性を見ると男性は フォローしなければいけないし、非常に面倒くさい存在だと感じます。

マイナス思考とコミュニケーションにはそこまで関連性がないのですが、 結婚している夫婦は一日の会話時間が長ければ長いほど幸福度が高いと言われている。 そういう意味で、根暗な人、口数が少ない人は結婚後にあまりハッピーになれない 可能性もある。

男性は基本的に口下手な人が多いので、 メールだけではなく、電話や直接会話する能力が女性には求めれらている。 サバサバ系とまではいかないまでも、口数が多く能弁、お喋りな女性は 男性としては歓迎される特徴で人気もあります。

クールで能面、仏頂面の女性は冷たい印象を持たれる。 無愛想で不機嫌そうな奥さんがいる家に帰りたくないと考えるのは男性なら誰しも共通です。 また、表情が乏しい、目つきが悪い、 人を否定したり悪口をよく言う、不満や愚痴、僻みなど悪態をつくのが日課、 など明らかにマイナスっぽい人間は嫌われます。 そしてそのような内面、中身を持っている女性はそれが外見にも表れ見た目も 威圧感がある怖いものになる。

こんなに簡単に嫌われる原因や理由がわかっているのだから改善しない手はありません。 まずは根本的にポジティブ思考で楽天的な考え方をするようにしましょう。 「将来が不安」なんて考える必要はなく。「今を頑張る」「今を楽しむ」という気持ちを持つ。

人間未来に何が起こるかなんて予測はできません。 だからこそ現在を全力で生きてください。そうすることで将来的にも良い結果が出ます。 思考は現実化する。内面は外見に表れる。これがキーワードです。 自分を嫌いな人間を好きになる人なんていません。 虚勢でもハッタリでも良いので、自信は持ちましょう。

・体型、スタイルが悪い

男性が恋愛対象として女性に求めるもは、外見などの視覚情報であることは認めなければいけません。 ただ、顔やルックスが好みのタイプじゃないというのはほとんど変えようがないので 、体型やスタイルを磨くことに専念すると良い。

まず、男性の本能として、おデブ、ぽっちゃり系、ふくよかな女性は 性的な目で見られず、恋愛対象外になりやすい。それは本能的に「ライバルの遺伝子を身篭っている可能性がある」 と勘繰るからです。 確かにデブ専と言われる男性もいますが、それは稀です。 オタクで不細工であっても、体のラインが綺麗に整っていればそれだけで 結婚相手の候補として残ります。

腰が軽いという言葉がありますが、 これはまさに身体能力においても言えることです。 腰が軽い女は男にだらしないという意味合いもありますが、 それだけ軽快に動ける身軽さを持っているということでもあり男性のハートを掴むのに 十分な特徴です。

男性は高身長でモデル体型よりも低身長、小柄で華奢な女性を好む割合が多いのは 本能的、潜在意識、無意識的に魅力を感じて惹かれるからです。 あまりにガリガリに細すぎるのは不健康でよくありませんが、 適度なスリムさは必ず婚活の強力な武器になります。 常日頃から運動やスポーツは欠かさないようにしましょう。

ウォーキングやジョギング、腹筋や軽いスクワットなどほんの5分〜30分程度を 毎日続ければ驚くほど体型は変化していきます。 自分の体が緩んでいてだらしないと思うのなら、そのまま放置せず、 鍛えて整えましょう。




結婚できない女の特徴、恋愛できない理由は様々ですが、 最も大きな要素は女性の恋愛対象の範囲、ストライクゾーンが狭いことによるものです。 女性は性別的に女というだけで需要が多く、婚活市場ではアドバンテージがあります。

それでも結婚相手が見つからない、婚活が失敗続きだというのは、やはり自分自身の性格や内面に問題があると言えそうです。 自分の夢や理想を諦めずに追い求めるのは大切なことですが、 容姿、身長、収入、職業、誠実さ、優しさ、家柄などの要素を全て備えている完璧人間を恋人に求めるのはさすがに実現する確率が低いかもしれません。 ほんの少し、ガードを緩めて妥協できれば、それなりの幸せはすぐに掴めるのではないかと思います。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.