恋愛tanu.com結婚心理 > 男が結婚したい女の条件

男が結婚したい女の条件

最近は未婚晩婚化が進行している事に加えて、恋愛に淡白で消極的になる 草食化まで叫ばれている。 男性にとって結婚とは、独身のような自由な時間が失われ、 一生働いて家族を養わなければならない責任重大なものです。

理性的にメリットやデメリットを考えれば考えるほどできればしたくないと思う。 絶対手放したくないような、幸せにしたいと思える女性意外とは急いで結婚する 必要は無いと考えている。 逆に言えば、魅力的な女性であれば男性は積極的に行動する。 熱烈にアプローチして結婚をしたがり、 プロポーズも辞さない。

女性は結婚すると、男性からの援助を受けられる上に、自分の子孫を残せる、 さらに年収が高ければ専業主婦として家を守っていれば面倒を見てもらえるなど、 結婚すると得なことばかりなので基本的に結婚したがります。 また、男性は遊び相手の彼女と結婚相手は区別して考える傾向がある。 若い年齢の頃は恋愛において、派手で刺激的、楽しい女性を魅力的だと感じるけれど、 アラサーやアラフォーに入ってくると、素朴で普通な雰囲気の女性が理想像へと移り変わってくる。

普段は消極的な男性の結婚願望を奮い起こさせ、結婚を決意させる決め手となる理由は 、魅力的で大切にしたい女性であるかどうか に掛かっています。 汗水流して働いて稼いだお金を、全て捧げてあげても後悔がないような 女性と結婚したいと男性は思っている。

男性が結婚したい女の条件としては、 明確な経済的ライン、年収や職業を望むことが少ない が、それ以外の性格、内面については非常に重視される。 また、婚活では年齢や顔、容姿、スタイルのレベルなどで人気が集中するが、 実際の自由恋愛ではやはり性格や価値観が一致するかどうかが最も重要です。 外見を磨くことも大事ですが、それ以上に内面の改善が最も効果があります。 男性の乙女チックな女性の理想像を壊さないように、 女の品格を忘れずに男性と接するときっとうまくいくでしょう。

スポンサードリンク

男性が結婚したくなる理由の共通点

・性欲が湧く外見的特徴

顔や容姿、体型やスタイルのプロポーションなどの見た目やルックスは 男性が興奮するためには必須のものです。 「見た目より中身が大事」なんていいますが、 実際は両方大切、むしろ人の心理は見た目の印象で大半が決まる。

特に男性の場合、8割は視覚情報で興奮すると言われている。 もし、結婚後に妻に対する男性の気持ちが萎えてしまったら、刺激が不足して 夜のお勤めもままならず、子作りが出来ないまま、自然消滅的に離婚まで発展してしまう事態になるかもしれない。 鬼ア

好みのタイプは個人個人千差万別で違いがあります。 B専(ブス専門)、デブ専、などの言葉があるように様々なフェチの人がいますが、 一般的には適度に肉付きがよいムチムチ体型か、スリム、スラリとした痩せている体型に人気がある。 しかし、美人は三日で飽きる、ブスは三日で慣れると言われるように、 そこまで極端に顔や容姿が可愛くなくても良い。 最低限ベッドでやる気になるなどうかの基準に達するかが一番の問題です。

そう考えると、重要なのは顔の良し悪しよりも体のケアだとわかります。 男性が興奮するのは顔の作りもありますが、それよりも本能的には 女性の体の丸みや膨らみなどのシルエットや肌の色などから視覚的に刺激を受けることが理由です。 豊満なバスト、くびれたウエストや絞られたお腹回り、腹筋、ツンと上向いたヒップライン 、白くて透き通ったスベスベの肌など。 特に男性が注目するのは下半身です。 お尻にぶよぶよと脂肪がついていると潔癖症な男性からは「醜い」「汚い」と思われる可能性すらあります。

顔が不細工、体型がぽっちゃり系でも明るく朗らかに生きていて運がよければ、彼氏も結婚相手も できます。 しかし、一生涯独身未婚のまま孤独に生きたくないという思いがあるのなら、 向上心を持って自分磨き、体を整えるためにも適度な運動、ダイエットやエクササイズは欠かせません。 後姿のお尻や腰つきを見せただけで惚れさせたり、結婚したいと思わせたら一流の女だと自信を持ちましょう。

・純粋で素朴さを感じさせる普通っぽい女の子

男性の好物は素人、天然、恥ずかしがり屋、黒髪、地味系、清楚、清潔感があるなどの特徴に共通点があり、 初心っぽさを感じさせる女性が好きです。 逆にモテない、婚期を逃すタイプの嫌われる女性は、ブランド物好き、派手な服装やメイク、 ギャル系、ケバい、口うるさい、酒好き、姉御系、など大人の女性というよりも 欲の突っ張ったオヤジ系とも言える人です。

女性の傾向として、10代20代のうちは、 男性の年収や経済力などを一切度外視して、 純粋に人間として好き嫌いを判断するのに対して、 早熟で社会を知っている女の子や30代、40歳代以上にもなると 計算高く打算的になってくる。 婚活していても結婚できない女は「年収が高くないと無理」「身長が高くないとダメ」 と条件や特徴ですぐさま足きりしてしまうタイプが多い。

例え条件に合致した男性が稀にいたとしても「性格が気に入らない」「異性として恋愛感情が湧かない」 などの理由で交際を続けられないという。 「お金」に恋をしてしまうような腹黒い女性を好きになる男性は非常に少ない。 男性には彼女を自分色に染めたい、支配してコントロールしたい、守ってあげたいなどの 心理もあるため、自己主張やインパクトが激しすぎる女性は敬遠される傾向があります。 質素倹約でお金が掛からなそうな、普通の女の子にこそ心惹かれて自分のものにしたいと感じるのです。

・家庭的な能力がある良妻タイプ

どんなに容姿端麗、才色兼備でも、生活習慣がだらしない女性とは結婚したくないと思ってしまいます。 結婚相手には、外出中に家庭を任せられるかどうかがチェックされます。 彼氏から「お母さんみたい」と言われるとちょっと嫌かもしれませんが、 褒め言葉として受け取っておきましょう。

男性は結婚相手には意外と「きちんとした母親」としてのスキルを 持っているかを評価している。 結婚生活に適応するする能力を 備えているか普段のデートで観察されているかもしれません。 ポイントとしては、金銭感覚、無駄遣いする散在癖、ショッピングや海外旅行などお金が掛かる趣味などの 「経済的要素」。 家計の管理は将来を左右する重要なものです。 もし結婚後、夫をお小遣い制にする時に財布の紐が緩く 、計画的に貯金できない妻だったらうんざりしてしまうでしょう。

他にも1人暮らしの部屋が片付いているかで「掃除ができるか」、 お弁当や手料理を食べた時においしさで「料理上手か」どうかもさり気なく確認しています。 美味しい料理が作れるならそれだけで、月給で言えば20万円レベルのコックと同等の 働きをするわけだし、お腹が満たされれば仕事にも精が出ます。 しっかり「子育てができるか」も大事です。 最近育児放棄や育児ノイローゼがニュースでクローズアップされています。 赤ん坊や小さな子供好きはアピールして損はありません。

両親や親戚、ご近所さんとと仲良くしてくれそうな「コミュニケーション能力」 、一般的な常識、礼儀や作法、モラルやマナーなどは 特に地方に嫁ぐ場合は必須です。 飲み会でさり気なくテーブルの片づけをしたり、 家族同士で食事をするときに、食べ物を取り分けたりお酒や飲み物を注いだりなど の気配りができる行動力があると好感度はアップするでしょう。

一昔前は花嫁修業として、家庭力のようなものを訓練して鍛えていました。 いつの間にか廃れた文化ですが、 男性は女性の母性的な面、母親っぽさを結婚相手に求める傾向がある。 家事全般を安心して任せられる女性なら、専業主婦として養いたくなるものです。

・安らぎを感じる癒し系、天然系

男性は常に疲れています。 幼少期、家庭では女の子に比べて男の子は親から叱られたりガミガミ言われることが多い。 さらに大人の社会人になっても女子社員には優しいけど、 男性社員には怒るという傾向は続く。 接客業や営業で人と接することが多い仕事は、 ペコペコ腰を低くして対応しなければならず心理的に大きな負担となる。

事務系の仕事であってもインターネットの発達により、 労働内容が機械化により圧縮されて重労働になってきている。 現代はストレス社会、一家の大黒柱としてお金を稼ぐ男性にとっては 苦しい世の中です。

そんな厳しい世界であっても、家に帰ったときに優しく微笑んで「おかえり」と 言ってくれる最愛の女性がいたら、疲れも吹き飛ぶというものです。 仕事で疲れていても優しく声を掛けてくれる、 励ましたり応援して背中を押してくれる女性が理想的だと思っています。 この理想像は大抵、男が結婚したい好きな女のタイプに当てはまります。 男性は常に安らげる居場所、帰ってこれる恋人を求めているのです。



モテない女性はいつも、 ギスギスしていて不機嫌そうな表情をしている。 攻撃的だったり他人に対しての不満や嫉妬、将来に対する漠然とした不安など負の感情が多い証拠です。 この気持ちは一緒にいる男性にも伝染して不快にさせてしまいます。 逆に結婚したくなる女性の特徴は、 いつもニコニコしていて前向きであり、茶目っ気や遊び心を忘れない余裕を持っている。 いつもハッピーで幸せそうな表情をしていて、一緒にいるだけで気分が良くなってくる。

このような女性は日頃から周囲に対する思いやりや感謝が絶えず、 明るいことを考えている柔軟性があるプラス思考な人間です。 自分の傍にいていつも笑顔でいてくれる女性を男性は手放したくないと思います。 芸能人で言えば、綾瀬はるか、安めぐみなどが挙げられます。 笑顔が絶えず、男性をやさしく受け入れて なおかつ否定せずに応援してくれそうなふんわりした穏やかな雰囲気が漂っています。

生まれつきの性格や育った環境による部分もあるので、 無理矢理矯正してこの空気を出すのは難しいかもしれませんが、 相手に対する嫉妬や羨望、批判などマイナスの感情をなくして、 賞賛や感謝などのプラスの感情を常日頃から持つように心がけると 、他人に対しても優しく接する事ができるようになります。

また、どんなことでも正直に話したくなるような聞き上手であることも大事です。 悩み事を相談したり愚痴をこぼした時に、 自分の価値観を押し付けてきたり、批判、非難、否定するような言動をしてしまうと 男性は次からは「彼女以外の人に相談しよう」と一歩遠ざかります。

安らげる女性になるためには、男性の欠点や短所、コンプレックス、過去の黒歴史などを 全て受け入れて許せるような器量が必要です。 癒し系や天然系女性と付き合っていると、 たとえ喧嘩をしても仲直りできる、そもそもリラックスできるパートナーだから喧嘩をする気にならない かもしれない。 まさに笑う門には福来るで、どんな境遇になっても、 いつも愛想が良く笑顔が維持できるのは、男性に好意を持たれる強力な武器になります。

彼女、妻に会えれば気が休まる、安らぐという要素は 男性が結婚したい女、将来の伴侶に最も求めている要素と言っても良いでしょう。 ブルーで落ち込んでいる時にこそ、 ニコッと笑顔を向けてくれる瞬間に胸がキュンとして結婚したくなってしまいます。

・自分でお金を稼げそうな自立した女性

昔は結婚したら妻は夫の家に嫁ぎ育児や掃除、炊事、家事などを担当する専業主婦になるのが当たり前だったけど、 現在は都市部への一極集中で核家族化が進行し、 所得格差が広がり経済的に右肩下がりの不況といえる状況、 20代の若い男性だけでなく、働き盛りのアラサー、30歳代の中年男性でも年収300万円以下が普通になってきてます。 (一体お金はどこに消えているのか不思議です) さらにはジェンダーフリーの流れで女性の社会進出が進んでいるので、共働きが当たり前。

社会人経験や現在OLとして働いている女性、看護師や栄養士、介護士など 食べていくのに困らないような資格持ちや、 パティシエ、職人さんなど手に職があると男女共に安心して結婚できます。 無職やニート、俗にいう家事手伝いの場合は、 ちょっと我慢して節約生活でやりくりするか、女性もアルバイトやパートで収入を得なければ、 生活が苦しいと感じるかもしれません。

もちろん男性にも本気で好きな本命の彼女が相手だったら「俺が養ってやりたい」 「全身全霊を捧げて尽くしてもいい」と尽くしたいと考える奉仕精神はあります。 本当に結婚したくなるような魅力的な女性であれば、誠意を尽くしてあげたくなります。

しかし、最近婚活中の女性は、自分の権利を第一に掲げ自己主張するようになってきました。 年収は400万円以上、年齢は30歳まで、身長は170cm以上など、 この条件で結婚相手を探そうとして情報を検索すると、 人数が一気に絞られて競争率が急激に激しくなります。 簡単に言うと女性は昔に比べて結婚に対して「わがまま」「贅沢」「高望み」になってきたのです。

現代日本人の将来に不安を抱えている現状からすると「専業主婦になりたい」 と打算的、腹黒さ丸出しで手を挙げている女性を拾い上げる余裕は男性にはあまりありません。 それに、なんだか給料を全部持っていかれる寄生虫のような気がして嫌悪している人もいます。 女性は謙虚になって「苦しかったら私も働くから大丈夫」と表面上だけでも お金目当てではない姿勢を見せて接することが男性をやる気にさせる重要な 要素です。

男性としても、理想の条件を要求するだけの女性よりも、 助け合って生きていこうとする、自分を応援して支えてくれそうな女性に好意を持ち結婚したくなるのは 当然のことです。 何か欲しいものがあるならまずは与えること、世の中はギブアンドテイクで成り立っています。 男性が一生身を粉にして働きアリとして労働しても良いと思える、魅力的で大切にされる女性になることが 、男性に結婚したいと決意させる最大の近道です。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.