恋愛tanu.com結婚心理 > 医師と恋愛、結婚する方法

医師と恋愛、結婚する方法

女性なら一度は憧れた事がある医師との結婚。 玉の輿に乗るのに成功したら、幸福な結婚生活を夢見ますが実際のところはそうでもないらしい。 医者と結婚している妻、奥さんの体験談、ブログや日記を見ると、 玉の輿に乗ることだけで人生が幸福になるとは言えない現実が垣間見えます。 理想と現実には大きな差がある。

医師というと男性の職業の花形であり、誰もが凄いと一目置いてしまう仕事です。 しかし、その華やかなイメージとは裏腹に仕事内容は大変なことが多く、 休日がほとんど無い事も少なくありません。 結婚後の夫婦生活は、他にも様々な面で苦労が耐えないという。

医師、ドクターは 医学生時代、研修中などは彼女と遊んでいる時間がありますが、 独立開業や勤務医として働き始めると、途端に多忙になって、 恋人と遊んでいる暇なんてほとんど皆無になります。 当然、婚活をしている時間もないので、若い頃に結婚していなかった独身医師は そのまま仕事漬けで、結婚相手がいないこともよくあります。

結婚適齢期でそろそろ年貢の納め時というタイミング、30歳代前半ぐらいで ようやく、婚活に身を乗り出してきて1年前後ですんなり結婚するというパターンが多いようです。 お医者さんは意外と独身未婚のフリー状態で余っているという現状、実態があります。 ちょっとした努力次第では、妻、奥さん候補として見初められる可能性はあります。

医者の性格

お医者さんの性格、パーソナリティの特徴は 一般人とは明らかに頭の構造が違います。 専門分野に強く勉強家で賢く優秀なのは間違いありません。 世間一般の社会常識はあまり持ち合わせておらず、感覚がずれている人が多い。 エリート気質の変人なタイプが多いです。

プライドが高く頑固、変なこだわりがあって他人の意見を受け入れない面がある。 だから、女性が反論や批判など口答えしたり気が強いガサツなタイプだと ほぼ間違いなく、性格や価値観の不一致であり相性が悪い。 また、モテるけど特別浮気性な人の割合は少なく、患者や看護師を食い散らかす人は少ない 。恋愛や女性関係は生真面目な人が比較的多いという。

性格に多少の難はあっても家庭のために働く責任感はあるので頼りがいがあります。 神経質で頑固な人が多いので、相手にするのが面倒くさく感じたりしてしまいますが そこはほとんど治らない性根なので、我慢するしかなさそうです。

スポンサードリンク

医師と出会う方法

お医者さんの結婚相手の割合は圧倒的に医療関係者が占めています。 看護師、ナース、医療事務受付、MR(製薬営業)、薬剤師、歯科助手、患者さんなどがほとんどの職場結婚です。 大抵の人は仕事漬けなので病院内、身内で知り合います。

このコミュニティの内部に入るのは至難の技です。 専門学校や大学の出身校が同じでなければコネを作ることすらできないかもしれません。 しかし、医療系の女性は性的に奔放な面がありそれを毛嫌いして、 中には「絶対医療関係者とは結婚しない派」という男性がいるので、 そのようなちょっと捻くれている妙なこだわりを持っている人を探すのがベストでしょう。

・お見合い

お見合いの相手に選ばれることがそもそも難易度が高いかもしれない。 若い方が有利だし、顔写真やスタイルなどももちろん評価される。 両親が医療関係の家柄だった場合は、妻として恥ずかしくない職業の人を選んだりもする。

一般人としてのスペックがあれば十分勝負は可能ですが、 ニートやアルバイトのように地位が低いポジションにいると、 医師特有のプライドの高さからなかなか相手にされないかもしれない。

・結婚情報サービス、婚活パーティ

ライバルが多く競争は激しいですが、カップリングパーティのフィーリングで意気投合したり、 ネット婚活などのメッセージ交換で デートまで漕ぎ着けるのが最も可能性が高いと思われます。

仕事や勉強付けだった日々から重い腰を上げて本気で結婚相手を選ぼうとしている お医者さんは意外にも沢山います。 魅力的な女として、大切にされるように振舞う事が求められます。 言葉、行動、しぐさなど、上品で知的な様子を見せるようにしましょう。

・友達からの紹介

医療、介護、薬剤師など、内部関係者に知り合いがいると、友達のつてで独身の医者を紹介してくれることがあります。 現役医師だけでなく、 若い年齢の医学部生とも知り合いになれるチャンスなので、 友達は多いに越した事はありません。

自ら医療事務などの専門学校に潜入しておくと、 実習や合コン、ナンパなどから簡単に出会うことができると言われている。 やはり身内社会なので、どこかで自分の存在をねじ込んでコネを作っておきたいところです。

・SNSやブログで知り合う

医師も中身は普通の人間ですのでtwitter、facebook、mixiやブログ等を利用して 情報発信をしたり友人との交流を図っていることがあります。 プロフィール検索で、医師、研修医、医学生、歯科医師に加えて 東京などの地域と一緒に検索してみると以外にも沢山登録者が出てきます。 ただ、競争率が高いので、ライバル押しのけて交際に辿り着くのは至難であり、 かなりの運か、または魅力的な特徴を持っているかが必要となります。

同じコミュニティや住所が近いお医者さんを見つけて、 メッセージを送ってみて好感触だった場合は 、もしかしたらお付き合いできるかもしれません。 ただ、医師はアプローチされていることが多いし、 リアルの人間関係の監視や信用問題もあるので、警戒心から変なことをしようとしない人が多いので、 やはり返信は少ないでしょう。

そう考えると、ブログで日々の出来事を綴っているだけの医者を探すのが 最も可能性は高いかもしれない。 ただ、個人の日記やブログ記事を探す方法の場合はひとつずつチェックするのが かなりの手間です。

医師と結婚するメリット、デメリット

医師と結婚するメリット


・社会的地位が高い
・年収が高く金銭的に余裕がある
・病気の時に治療してもらえる、良い薬が手に入る

お医者さんと結婚できた女性は、勝ち組セレブ妻の仲間入りとして世間に認知されます。 両親や親戚、友達に自慢できて鼻が高い。 年収は非常に高く、1000万円以上が普通の世界です。 夫、旦那がたんまり稼いできてくれるので、女性は専業主婦として 家に入ることができます。 ほとんど遊んで暮らせるでしょう。 さらに、家庭内に医療関係者がいると、錠剤や湿布、塗り薬の余っているものなどを 貰えるという利点があるのも大きい。 ちょっとした風邪やお腹が痛い時にも診察なしで薬が手に入る。 たった三つだけのメリットなのに、結婚したら全てを手に入れたかと錯覚してしまうかのような 良い点だらけです。




医師と結婚するデメリット



・仕事が多忙で休日がほとんどない
・育児や家庭のことに協力してもらえない
・子供がグレる可能性が高い
・モテるので浮気率、不倫率が高い
・離婚率が高い
・夫婦の時間が全然ない
・性格に癖がある人が多い
・嫉妬や妬みの対象になることがある
・夫がお金の管理をしてると思った以上に豊かになれない

亭主元気で留守がいいと思うタイプなら夫がひたすら外で働いているのは大歓迎ですが、 夫婦水入らずで愛情を確認したい、会話をしていたいと思う 女性では結婚生活は長続きしません。 お金目当てで結婚したとしても、愛情が無ければ次第に 険悪なムードになり、話しかけられたり触られるのも気持ち悪いと思うようになったりする。 多忙なので家族サービスはほとんどできない。 勉強会、学会、セミナー、出身校の同期との宴会、パーティ、ゴルフ、出張など 勉強熱心で人付き合いが良い人ほど、稀にある休日も予定で埋まっています。 また、医者は家庭内で子供と話す機会も少なく、さらにエリート気質なため、 子供に勉強を強制したり、学歴で見下して叱ってしまうところもある。 家柄が医師家系だと「医学部に進学しろ」というプレッシャーで子供が精神的にダウン してしまったという話もよく耳にします。 両親が一流企業勤めだったり、プライドが高いと、厳しいしつけの反動で子供が非行に走りやすい。 医師は家庭円満の状態にするのが難しい職業です。

さらに、頭が良い人は天才肌なのか、どこか人とは変わった性格や嗜好を持ち合わせています。 ドクターはその典型であり、さらに昔から「先生」と持てはやされているため、 自分に自信があり、自己主張も強いのであまり我慢することがありません。 偏屈な性格、神経質で生真面目な人でも楽しくコミュニケーションが取れるかが重要です。 他にもママ友達に「旦那は医者です」なんて笑顔で喋ったら、その後 「ムスッ」と不機嫌そうな表情をして口を聞いてもらえなくなったという体験談もあります。 医師は成功者というイメージが強く女性は横並びが好きなため、 自分とは違う世界の相手を見ると反発心や負の感情が芽生えてしまう人は 女性には多いようです。 さらに、女性としては夫、旦那の収入でぬくぬくとした暮らしを想像していたのに、 お金の管理は全て旦那がやってしまうと、妻、奥さんは手が出せず、 一般会社員と結婚したのと同程度のお小遣いしかもらえないこともあります。 結婚する前に「私のお金は月20万円」なんて契約書を作成するわけにもいかないので、 いざお金を支配されてしまったら、自分で稼げない女性は厳しい環境で生活するハメになります。



総評としては、特別お医者さんをターゲットにして婚活を始めるよりも、 上場企業勤め、パイロットや公務員などの一般人や、 年収が高そうな男性を狙うほうが将来的に幸せになれそうな気がします。 医師は極端に休日が少なく、残業、当直、夜勤も多いので、職場から家に帰ってくればそのまま 寝てしまうというパターンが多い。 家庭内でもすれ違いが生まれやすい職業です。 皆に自慢できる責任感が強い尊敬できる夫が欲しい、その上年収が高い人が良いという理想の条件を 求めているのなら結婚相手として相応しいですが、 夫婦が仲睦まじく、末永く一緒にいて幸福感を感じられるかというとなかなかそうはいきません。 結婚相手としては苦労が多くあまり正直な感想としてはおすすめできないタイプの職業です。

医師が好きな女性のタイプ

医師は男性の職業の中でも超一流のエリートの部類なので、 非常にプライドが高い。理系なので草食系男子かと思いきや、 そうでもなく女性関係は淡白だけど、 中身は肉食系男子のように闘争心が強い。 このような男性の自尊心を傷つけずに、男性の気苦労を理解して献身的に支えてくれるような 女性が求められている。

・お金目当てじゃない人

婚活中の女性は、医師の肩書きに目がくらみ瞳がマネーマークになっているのが簡単に わかるようです。 特に医者はこのようなタイプの人種「ドクターは人間キャッシュカード、ATM」と見てるような 女性から大勢アプローチされます。 だからこそ最も嫌いなのがお金目当てで擦り寄ってくる女性です。 「医師と結婚したい」という強い思いがある時点で、 強欲さはかなりのものなので否定はできないと思います。 しかし、その欲望の炎はアタックしている最中は消さないといけません。 会話をしている時、身辺調査、貯金や持ち家の有無、両親の経済状況を探るような質問をしないのがコツです。 これだけでも婚活パーティやお見合いでは効果があります。 例え演技であっても、表面上は質素倹約で堅実な良妻賢母な女性だとアピールしなければ 、すぐにお払い箱いきです。

・家庭を任せられそうな人

医師は常日頃、気が強い女性陣に囲まれて生活しています。 看護師、ナースの社会は非常に体育会系で攻撃的、陰湿で閉鎖的な人間関係、お局さんが存在したりいじめもよくあります。 そんな女性の怖い一面を目の当たりにしているからこそ、 将来の結婚相手にはおっとりしていて癒される存在を選ぶ傾向があります。 イメージ的には大和撫子のように、清楚で清潔感があるのが好みのタイプです。 ドクターは数ある職業の中でも男性ホルモンが強い部類に入るので、 普通の男性よりも、より女性的な特徴を持つ人を好きになります。 家にいることがほとんどないため、 掃除、片付け、洗濯、掃除、料理、子育てなど一連の家事をきちんと任せられるかが評価されます。 若い頃はモテていそうな美人でギャルっぽい女の子よりも、 ちょっと地味だけど真面目で可愛い子の方が結婚相手として相応しいと思っています。 派手で綺麗な女性を嫁に貰い、お金を彼女の実家に全て奪われて挙句に離婚という話も聞きます。 財産没収は女性としては大成功かもしれませんが、男性が恐れて警戒していることです。

・健気に尽くしてくれる

医師の彼女というと、彼氏の驕りで贅沢三昧をしてばかりです。 20代ぐらいのお医者さんは、美人で可愛い彼女を連れて、なんでも彼女の分のお金を支払い プレゼントも挙げて尽くします。 若い頃は楽しければ良いという考えで女性と付き合いますが、 30代の結婚適齢期になると 「なんだか違う気がする」と違和感を覚え始める。 凄く綺麗でスタイルも良いのだけど、本当の意味で愛情を感じないような気がする。 そんなタイミングに男性の結婚を決意させるポイントが、 男性を立ててくれる彼女かどうかです。 普段から気遣いの言葉や健康管理の心配をしてくれたり、身の回りの世話を 頑張ろうとしてくれると好感度は非常に高い。 医者は毎日人の生死に触れる責任重大な仕事です。 そのような厳しくてストレスが多い環境から帰ってきたときに しっかりサポートしてくれる女性 は重宝されます。 プライドが高いので、褒め上手というだけで好意を持たれる可能性は高まります。 顔や容姿のレベルが平均以下でも、必死に尽くしてくれる奉仕精神やサービス精神がある女性を 結婚相手に選びたいと思うのが本音です。

・純粋に内面を好きになってくれる人

医師は一般女性との出会いが少ないため、お見合いやカップリングパーティで結婚相手を探すことが多い。 そんな時に、自分自身の内面や趣味趣向を見てくれる人が現れると嬉しいといいます。 結局普通の男性が求めていることって、 自分が無職、無収入になっても一緒に居て支えあって生きていける女性です。 内面を理解してくれて、自分の中身に興味関心を示してくれる女性とお付き合いしたいと思うのが普通です。 キーワードとしては「傍にいるだけで嬉しい」と言ってくれる女性に心惹かれるようです。 結局、純粋な気持ちで恋愛感情を持てると、本気、本命の気持ちで好きになれるので強いですね。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.