恋愛tanu.com結婚心理 > 男性が結婚したい女性の理想のタイプ

男性が結婚したい女性の理想のタイプ

余程無責任な人でもない限り男は結婚することに責任やプレッシャーを感じます。 20代前後の勢いで挑戦できる精神力があれば、すんなり電撃結婚なども良くありますが、 30歳を超えてくると段々付き合うことそのものに慎重になってくる。 男性が結婚前に一番悩みを抱える点は「今の彼女に俺の働いた金を使わせてもいいのか」 という疑問です。 本気で魅力を感じる瞬間があれば、汗水たらして稼いだお金を全てプレゼントしても何の後悔もないものです。 男性の理想の女性像の根本にはこの心理が土台に存在する事を意識しましょう。 この条件がクリアできると、大切にしたい、プロポーズしたいと思わせることができます。

外見も内面も綺麗で可愛くなるためには、まずは精神を正しく整えることが大切です。 マイナス思考、ネガティブな感情は自分の心にダメージを与え表情を固くなる原因になります。 知らず知らずのうちに相手を傷つけたり不快な気持ちにさせている可能性もある。 物事のポジティブな面に注目し、明るく楽しく人生を歩むようにすると、自然に幸運が訪れます。 結婚するならどんな人がいいのかはよく議論されるテーマ、 これから婚活を始めようと考えている方は下記の記事内容が役に立つことでしょう。

スポンサードリンク

結婚相手として選ばれる女性の理想像、特徴と共通点

・欲深くない

最近の女性は男性を値踏みする理想が高い人が増えている。 特に婚活の現場では、職業、年収、学歴、身長などわかりやすいスペックで価値を計る。 男性は基本的にプライドが高いのでこのように品定めをするような女性を嫌います。 お金持ち、リッチマンがこのような腹黒い女性を生涯を共にする伴侶として選ぶでしょうか。 若さや抜群のプロポーション、美貌を備えていたとしても、無駄遣いが激しかったり 心が貧しく汚ければ、遊び相手としては良いですが、本命の嫁として一緒にいたいパートナーにはならないと思います。

遊びの付き合いは見た目、外見が重要ですが、結婚はそれよりも性格や内面が重視されます。 素朴で無欲、清廉潔白、純粋無垢、裏表が無いなど精神的にも身体的にも綺麗で質素な女性だと、ついつい好きになってしまうものです。 現実的に考えれば、家計や生活費のやりくりを任せられるぐらい倹約家だと頼りになります。

・ずっと一緒にいてくれる

「一生貴方の傍にいます」なんてロマンチックな誓いのセリフを口走る女性は滅多にいません。 しかし、これは男性が最も喜ぶ言葉です。 結婚相手がすぐ心変わりしてしまうような軽い人だと先が思いやられます。 男性は彼女や妻の浮気や不倫をされることを最も嫌悪し、一回でも過ちが発覚すれば即別れる、離婚するという割合は多い。 趣味や相性が合っていることはもちろん関係が長続きする重要なポイントですが、 人間的に噛み合わなかったとしても、一生寄り添って生きてくれるという意志があれば結婚したいと思えます。 たとえ貧乏でも一緒に生活していれば働くのも苦じゃないでしょう。

無意識に思う心理法則に全面的に信頼して期待してもらえると、それに応えようとする。というものがある。 カップルや夫婦なら当たり前かと思われがちですが意外と疑心暗鬼の念があったり信頼関係は揺らいでいたりします。 不安の種を抱えたままの状態は心が休まらない生活を余儀なくされるし後々破綻する可能性があります。 この点を考えると、派手な可愛い子や美人よりもちょい地味目なブスや不細工よりの女性の方が独占できる安心感があるような気がします。

・明るく笑顔でいられる関係

明るい表情ができなくてもユーモアセンスがなくても、根っこがポジティブな人と一緒にいると 、どんなに疲れていても心が和んで幸せな気分になれます。 男性は女性を笑わせるために生きていると言っても過言ではなく、 ギャグやダジャレを口にした時に素直に喜んでくれる愛嬌がある女性が大好きです。 独身男性は家庭に帰れば奥さんと子供が笑って「おかえり」と出迎えてくれることを夢見ています。 自然にニコッと微笑む癖があるとそれだけ男女交際には有利になります。 若干天然で抜けてるタイプは常に人気がありモテます。 感情の起伏が激しく、ストレスが溜まるとすぐにイライラして機嫌が悪くなったりヒステリーを起こして当たるタイプは長く共同生活をできるか心配になるので、 彼氏がなかなか結婚を決意できずためらうケースもあります。

・家事、料理が得意

結婚を決意させるためには胃袋を掴めという体験談?もあるように、 料理の腕前は直接本能に訴えかける長所となります。 自宅や公園デートをする際は一緒にメニューを考えたりお弁当を作ってあげるなどすると評価が上がることでしょう。 昔は結婚すれば女性は専業主婦として夫の実家に住むのが普通でした。 掃除炊事育児など一連の家の仕事をこなすのは当たり前で、これが苦手だと姑にいびられたことでしょう。 一昔前は亭主関白などといって、夫は妻に家のことを一切任せることが当たり前でしたが、 最近は主夫なんていう言葉も流行するぐらいで、 男性側の意識が変わり家事を手伝う人が増えているので、 ずぼらな女性でもあまり気にしない傾向があるかもしれません。

・優しさ、母性

女性は「優しい人が好き」と言っても実際は力強く攻撃的な要素を持つ男性に本能で惹かれる部分があると思います。 しかし、男性は心の底から癒される優しい女性を求めています。 母性本能は暴れん坊だったり夢を追いかけている男性や子供を支えたりサポートしたくなるような心理、 父性本能とは王女を守る騎士のように、自分の身を捧げてまでも仕えたいという気持ちです。 この男性のナイトのような性質を引き出すのが女性の慈愛の精神です。

男性は愛する女性から優しくされればどんな命令でも素直に従います。 いつも穏やかで自分を応援してくれる女性がいたら、その気持ちに応えるべく努力してくれるのです。 男性に攻撃的な態度をとっていたり否定したり批判的な言葉を口にする女性は、 命を賭けてまで守るべき対象とはなりづらいのです。 男をコントロールしたいなら 征服欲求や支配欲求を満たす言動を取ること、 例を挙げれば肯定的な応援のメッセージを送ったり、色仕掛けで誘ったりと「男を立てる」ことが効果的です。

・面倒見なくても大丈夫そう

好きな女の子から頼られたい気持ちと重い女というのは加減が難しい話ですが、 結婚相手としてはできるだけ手の掛からない自立した女性の方が都合が良いでしょう、 彼女にするなら細くて華奢な体型が良いけど、結婚するなら丈夫で健康そうな肉付きが良い背が高い女性の方が 良いと思うことがあります。 女性のお世話をする甲斐性がある男性であればか弱い彼女を守りたいと思うかもしれませんが、 収入が少なく金銭面で援助する自信がない人なら、生活力がある強いデキ女の方を選びやすい。 放置すると不機嫌になるような構ってちゃんよりも、適度な距離感を保って 大人の付き合いができる人が理想的でしょう。

・最低限のマナーやモラルを身につけている

私は社会人としての常識とか普通などの言葉はあまり好きではないのですが、 あまりに異常すぎるのもやはり問題です。 特にそれが他人に迷惑をかけるもの、ネガティブなことであれば厄介です。 男性が嫌うのは女らしくない振る舞いです。 乱暴な言葉遣い、高圧的、高飛車な態度、下ネタが露骨すぎるなどは恋愛関係が冷めるきっかけになりえます。 親しき仲にも礼儀ありで、本音を出して欲しいところもありますが、淑女として演技をして欲しい部分も当然あるのです。 正しい行動をしろというわけではなく、誰かを不快にさせないことが最低限求められています。 また、結婚後はご近所や親戚付き合いなども求められるので、TPOをわきまえた 振る舞いが言動が出来るとベストでしょう。




女性は年齢と共に「若さ」という強力な武器が通用しなくなってきます。 女磨きをするのであれば、容姿やスタイルを整えようと努力することもさることながら、 上記の項目のように中身を成長させることが成功への近道となります。 男性と接する時に真心、相手への思いやりがあればきっと好意を抱かれる存在になることでしょう。 下心や欲望丸出しの人は嫌われます(特に経済的な面)。 アラサー、アラフォー、年を重ねるごとに謙虚に美しく振舞えるようになると好感度もグッと上がります。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.