恋愛tanu.com結婚心理 > 彼女と結婚したい、嫁にしたいと思う瞬間

彼女と結婚したい、嫁にしたいと思う瞬間

恋愛と結婚は別という恋愛観を持っている男女は比較的多いかもしれない。 彼氏にとっては今付き合っている彼女が遊びの女としての都合のいいパートナーという認識で、 妻、嫁にしたい女というわけではなく、惰性や情、成り行きで付き合っているカップルもいます。

男性が彼女と結婚したいと思うのは、やはり人間性の部分で尊敬できたりコミュニケーションや会話などの相性の良さを感じることができる瞬間です。 男にとって「お前がいないと生きていけない」というぐらい必要とされる存在になれることが理想です。 心理テクニック的には、本能的な結びつきを強くして、いつも隣にいるのが当たり前であるかのような無意識に手放したくない彼女になるのがコツでしょう。 そして、男性は長く付き合う女性には支えてくれることを求めている傾向があります。 精神的にも肉体的にも献身的にサポートしてくれるような、奉仕精神に満ちた尽くす女性は大切にされることでしょう。

スポンサードリンク

男性が結婚したいと思う時、嫁にしたい彼女の特徴

・いつも明るくて元気になれる

女性の最大の長所はやはり人当たりの良さで、ニコニコしてて愛想が良い姿、無邪気な笑顔に癒される。 見た目の若さは年齢を重ねると無くなりますが、愛嬌は歳を取っても無くならないもので、 明るい人と一緒にいられると毎日が楽しくなる。 楽天的、能天気、お茶目、など天然系の特徴を持つ女性はとにかくモテます。 この手の女性は相手のペースで話を合わせるのが上手いし、一緒にいて居心地が良い。

また、精神的に安定感があることも評価ポイントが高い。 女性の中には感情の上下の幅が大きく、ヒステリーを起こしたり、調子が悪いときに不機嫌になったりする人がいます。 大抵は普段から暗い人で、不満や愚痴を口にすることが多いタイプです。 やはり人間はポジティブに越したことはありません。 いつも笑顔で忠誠心があるペットのような存在、従順な犬系女子が理想のイメージかもしれません。

・気遣いができる、気が利く

女性は男性よりも察する能力が高く、細かいしぐさや態度で心理を読むのが得意な人が多いです。 逆に男性は無神経でデリカシーの無い発言をしたり、平気で人を見下したり貶したり説教をしたりもします。 気配りや配慮は、最近話題の日本の強み「おもてなし」にも繋がるもので、 接客業ではやはり男よりも女の方が適性があります。

柔軟性があり、人を思いやれる性格があると女としての魅力が引き立ちます。 俗に言う男を立てることができる、というのも謙虚で細かいことに気づきマメな気配りができるからこそ可能なことでしょう。 そして優しい気遣いができる女性は、子供や動物にも優しいので家族を守る母親という視点からも信頼できます。

・美味しい食べ物を作ってくれた時

家デートで遊んでいるとき、手料理を振舞う機会があると胃袋を掴むチャンスです。 人間は五感に関する記憶は早々忘れるものではなく、その時の印象は頭に強く残ります。 私も今まで友達と外食した店は覚えていますし、女の子がお菓子をくれた記憶もあり好印象の思い出としてあります。 手料理は家庭的な一面をアピールされるもので、男としても頼もしく、 さらに味付けがよければ、嫁にしたいと思うものです。

理論的に考えても料理人は給料を貰うぐらいの技術職で、そのスキルを持っている女性は価値が高い。 人生の喜びの中でも美味しい食事は結構な割合を占めています。 同棲中なら出金する彼氏にお弁当を作るのも喜ばれる。 食べ物の記憶は強いものです、逆に言えば料理が不味いときは評価が下がってしまうこともあるので注意が必要です。

・浮気が発覚しても好きでいてくれる

男は基本的に女の子に惚れっぽい単純な生き物です。 彼女とデート中でも、目の前にスタイル抜群の美女がいれば目で追ってしまうこともあるし、 彼女持ちでも一時の気の迷いで悪い女に夢中になることもあります。 そして、他の女に振られて帰ってきてた時に浮気を許す度量の大きさ、寛容さがあると最後の女として認められることもある。

2番目のキープしていた女、あるいは女友達が本命彼女に昇格するパターンは、失恋したときに優しく接してくれる瞬間だったりします。 これは特にイケメンのモテる男を掴まえたい女性が覚悟しておくことです。 お医者さんや上場企業勤めの会社員、年収500万円超えの男性は需要があり引く手あまたです。 データ的にも年収の増加と共に浮気率も高くなっています。 結婚する前ぐらいは自由恋愛なので、多少の遊びぐらいは許してあげて、さらに一途さをアピールすれば、 苦労させた分、一生面倒見てあげたいとも思えるし、過去も受け入れてもらえて安心して甘えられる女になれます。

・女としての性的魅力

美人は三日で飽きるとは言われるけれど、逆に何日見てても飽きないという人もいるのであまり当てにならない名言かもしれない。 結婚後は毎日一緒に暮らすからこそ、可愛い女の子がいいという考え方をする人もいます。 女性は男性よりも筋肉量も油も少ないので乾燥肌になりやすく、老化のスピードが早いと言われています。 逆に言えばその短所を補うことができればモテる女になるのは自然のことです。

見た目の若々しさ、スリムな体型、ムチムチ感、胸の大きさ、色白の清楚系、色気のあるお姉さん系など、 細めと太めの好みの違いもありますが、女として体型が整っているのならそれに越したことはありません。 また、顔は線対称で、体型は適度な肉付きで健康的だと母体として相応しく、遺伝子的に強く子孫繁栄に繋がりやすいと認識されます。 体型的にはくびれのあるウエスト、重力に負けていないお尻などは、努力次第で作れるものなので、女磨きを頑張っていただきたいものです。

・質素であまりお金を消費しない

遊び人の男性は基本的にオシャレで派手目、モデルさんのような綺麗な女性が好きです。 しかし、やはり年貢の納め時、結婚したい女性となると、外見の美しさよりも内面で選ぶようになる。 一生を共にする相手となれば、お金が掛からない女が好まれます。

お姫様のように特別扱いされたい女性とってはケチ臭い考えかもしれませんが、 年収が高いお金が余っている男性でも、人の金で遊び歩くような女は嫌だというのが本音です。 実際、離婚原因ランキングの上位には金銭感覚の違いが常にあります。 将来を考える時、旦那におんぶに抱っこで経済的な負担を全て求めるのが当たり前だと主張するような女性はちょっと面倒くさい。

大人になり家庭を持つと、家賃、電気代、水道光熱費、養育費、教育費、ローン、保険、税金など、毎月の固定的な出費が格段に増えます。 高価なブランド物で着飾ったり、高級品ばかりの贅沢な料理を食べたりするのは難しくなってきます。 多くの日本人は生活するので精一杯でしょう。

お金で苦労したくない男性が多いからか、やはり地味で落ち着いた雰囲気の女性は案外結婚が早い。 1人暮らしで貧乏生活に慣れている、貯金するような堅実さがあるなど、 平均よりも生活レベルが低い女性は理想的です。 これはお金持ちかどうかに関わらず、ビジネスや投資で成功した億万長者でもきっと似たようなことを考えていると思います。

・相性の良さを実感した時

人間は相性次第でどんな人とでもくっつくし離れたりもします。 美人や可愛い子でも、体臭が嫌い、趣味や価値観が合わない、素の自分でいられない、体の相性が悪いなど、 見た目が好みでもそれ以外の中身でギクシャクすると、別れることになってしまう。 逆に言えば、ルックスがイマイチ好みじゃなくても、相性さえ合えばあっという間に結婚に至ります。

相性がいい人は、話しているときや触れ合ったときにどこか馴染むような感覚がある。 基本的に人間は自分と似た者同士の異性に魅力を感じる心理があります。 心理学的には「マッチング理論」と呼ばれる法則で、自分とレベルが釣り合っている人を交際相手に選びやすい。

女性は恥ずかしがったり遠慮やプライドからか、自分から積極的にアタックしたり愛情表現することが少ない。 だから、男としては「相性が合わないのかな」と疑問に思ってしまうことがあったりする。 本気で好きな彼氏と結婚したいと思うのなら、自分からボディタッチしたり、デートに誘ったり、趣味や意見を彼氏に合わせてみると 「相性がいいかも」と思われる確率が上がります。

・男友達が少ない女性

男性は独占欲が強いので、その欲求を満たせる彼女を求める傾向がある。 女性の過去を気にしたり元カレに対する嫉妬心などもあるので、女子校育ちだとどことなく喜ばれます。 だから、男友達が多い女性は、あえて少なめに申告したり、男と付き合いがないということをアピールすると本命度が高まります。

SNSでも怪しい男友達が多いより、同性の女友達ばかりの方が、浮気の心配がないので安心して好きになれます。 ただ、この要素とは逆とも言える「人付き合いが得意」という特徴は、 両親や親戚、近所付き合いで重宝する重要なものです。 男友達が少なくなおかつ、社交的で誰とでも仲良くできるという二つの特徴が同時に備わっていると嫁にしたいポイントが高い。

・女らしい振る舞いにグッときた時

男は感情表現に乏しく、どんなに感情が動いていようとほとんど無表情に近かったりポーカーフェイスなことが多い。 女は感情表現が豊かで、身振り手振りが激しくオーバーリアクションで見ていて華やかさがある。 日本人は自分の気持ちを隠す恥じらいの文化があるので、奥ゆかしく控えめなことを美徳としている面もある。 しかし、本当はみんな本心でぶつかっている方が楽しめるものです。

男も女も子供のように無邪気に感情を出す人は、可愛がられ好かれやすい。 子供や動物を見るとはしゃぐ、褒められると素直に喜ぶ、怒り方が可愛いなど、 女性のキュートな一面を見せられたとき、男心はくすぐられ守ってあげたいと思うものです。

・一生懸命な姿を見た時

人は案外本気で物事に取り組むことは少ないものです。 特に女性は受身で消極的なので恋愛に関しては自分から強引にアプローチしたりすることはほとんどないし、 男性は逆ナンされたり、口説かれる経験もありません。

そんな女性が自分のために必死になっている姿を見ると、愛情が強まります。 また、ひたむきに何かをしている姿は真面目さの象徴でもあり、その誠実さを見ると味方になってあげたくなる。 大した魅力がなくても、自分のために奉仕してくれるなら、それに応えてあげたくなるのが人情というものでしょう。

・頼れるしっかり者な女性

可愛くて守ってあげたくなる人に惹かれるのは男の本能ですが、 妻、嫁さんにするならしっかり者で頼れる自立した女性を条件に入れることもある。 家庭的で掃除や洗濯、裁縫やアイロン掛けなどが得意で綺麗好きならそれだけで好感度は大幅にアップします。 中でも特に大きいのが経済面です。

専業主婦願望があるよりも、働きたいと言ってくれる女性の方が、自活できる能力があるので男性としては負担が少なくて安心感がある。 看護師、保育士、介護士、栄養士、薬剤師など食べるに困らない資格を持っているのは最も心強いです。 ただ、正社員としてではなくても、バイトをして家計の足しにしてくれる女性なら十分です。 不景気な昨今、どんな高収入男性でも奥さんには少なくとも自分のお小遣いぐらいは稼いで貰いたい望むのが自然です。 デートで男に奢らせる女よりも、自分から割り勘にするぐらいの方が、嫁さんにするには経済観念がしっかりしていて家計を任せられます。

・辛い時でも傍にいてくれるとき

風邪など病気で寝込んでいる時、仕事がうまくいかなくて精神的に参っている時、イライラしてる時など、 弱っているタイミングで彼女が看病してくれたり優しい言葉を掛けてくれたり寄り添ってくれると、「この子とならずっと一緒になりたい」と思わせられます。 多くの男性は競争社会で戦うポジションにいます。 競争社会の中では敗者は叩かれ虐げられる存在で、誰からも見向きもされません。 女性としては彼氏がそんなブルーな状態の時こそ、今以上に好感度を上げて距離を縮めるチャンスです。

「私は信じてるよ」という定番の励まし方が有効です。 他にも普通に「頑張ってね」と一声かけるだけでも男性は非常に喜びます。 基本的に男性は悩み事がある時は1人で自由にさせて欲しい、放っておいて欲しいとも思っているので、 彼女側は何も気にせず一緒にいてくれるだけで元気が出るし嬉しいとも思えます。

人間は好きも嫌いもその気持ちをお返ししたいと思う本能がある生き物。 辛いとき、落ち込んでいる時に優しくしてくれた人への恩返しは極力したいと思うもので、 自分の目標や将来の夢を応援してくれる彼女は一生大事にしたいと思うものです。 逆に普段から浮気を疑ったり、不安や不満ばかりぶつけていると相手も同じことを思ってしまいます。





結婚は体にビビッと電流が走ったという運命的な出会いもありますが、一時の気の迷いとも言われることもある。 男性が勢い余って抱きしめたくなるような女性とは何かと考えるのが、男が彼女と結婚したい、嫁にしたいと思う瞬間を知る手がかりになるかもしれません。 男性は今の彼女を誰にも渡したくないと思うと、プロポーズをしたくなると言われています。

最終的に結婚相手として選ばれる女性になるには、彼氏にとって必要な彼女、癒される存在になるのがベストでしょう。 逆に言えば、彼氏に無駄なプレッシャーを与えたり傷つけるような言動をする女性は、 遊びの女としてキープされても、嫁にしたいと思う本命彼女にはなれないかもしれません。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.