恋愛tanu.com恋愛コラム > 彼氏ができない理由、女の特徴

彼氏ができない理由、女の特徴

最新の国の調査で独身未婚の男女で特定の恋人がいない人は既に半数に上り 急増している現状がある。 芸能人が出てるバラエティ番組や今時のお姉さんやギャルの赤裸々な悩みを相談したりお喋り しているテレビを見ていると、世の中は奔放な自由恋愛が蔓延していて、誰しも彼氏や彼女がいて当然であるかのような 錯覚に陥ってしまい、世間でもそれが普通のような空気が流れていますが、 実際としてはその正反対で20代、30代の若い年齢でも、好かれない、 愛に飢えている男女が圧倒的に増加している。

中には一生彼氏ができないかもしれないと悩んでいる人も存在しているでしょう。 特にネットに関しては出会いの数そのものは増えていますが、それを受け入れる人と 自然に出会いたい人とで、差が生まれているのかもしれません。 恋愛できる人は常にアプローチされ口説かれチヤホヤされるが、 恋愛ができない人はまったくお声がかからず異性の気配が無いという 恋愛格差が広がっている現状がある。

ただ、この原因は顔や容姿、見た目や外見、体型やスタイルなどのルックスだけの 問題ではなく、恋愛テクニックや人間関係のスキルなど内面や中身によって 違ってきている。ブサイクでも彼氏ができる人はできるし、美人や可愛い子でも まったく男っ気がない人もいるものです。

また、草食系男子と呼ばれる異性に興味や関心が薄く、消極的で他力本願、受け身な性格タイプの 特徴を持つ男性が増加していることも彼氏ができない原因のひとつでしょう。 逆に言えば積極性さえあれば恋のライバルを出し抜けるとも言えます



。 もはや受動的で守りの姿勢だけでは、ごく普通の恋人と付き合うという幸福を掴み取れない時代背景になってきているかもしれません。 彼氏がほしいと思うのなら、自分からモーションを仕掛けなければいけません。 「彼氏なんて別に欲しくない、いらない」と思っているとあっという間にフリーで寂しい時間が過ぎていき30代、40代になっていきます。

異性との出会いは縁や運、タイミングでうまくいくかどうかがほとんど決まります。 しかし、男性と出会う数そのものを上げれば彼氏ができる確率はそれだけ高くなります。 エスカレーター式の女子高通い、会社の職場に同性しか存在しないなど、 異性と知り合うきっかけやチャンスすらないと嘆く人もいますが、 その最悪の環境の中でも彼氏ができる女性が大勢いる以上、出会いが無いという言い訳は通用しません。

大抵の人は、稀に男性と出会うきっかけがあったとしても、その機会を生かせず に無駄にしていることが根本的な彼氏ができない理由、原因になっている。 女性は基本的には誘われる側の性であるため、 門戸を広げて受け入れ態勢を作らなければ男性も飛び込んできません。 女性の積極性や行動力は男性のようにガツガツ話しかけてアピールし、口説き落とすという方法ではなく、 しぐさや態度、目線や体の動きのサインなどを送って男性を誘ったり誘惑するというテクニックが有効なのです。 まずは男性に性の対象として、女として認識され視界に入っているかを省みてみましょう。

スポンサードリンク

彼氏ができない女の原因、共通点

・理想が高望みすぎる

女性は年齢を重ねるごとに強欲になり、交際相手に求める条件のハードルが年々高くなると言われています。 これには主に二つの心理的な理由がある。 彼氏いない歴イコール年齢のようなモテない女性の場合、 「今まで一度も付き合ってこなかったんだから絶対皆に羨ましがられるような最高の結婚相手をゲットしてやる」 という今までの不満や恨みを晴らすかのような逆転、下克上したいという感情から来るもの。

逆に同年代年下年上問わずモテて恋愛経験豊富で男性遍歴を複数重ねた女性は「 別れた元カレよりも魅力的ないい男が必ずいるはず、最低限昔より惨めな付き合いはしたくない」 というせめて元カレよりレベルの高い水準の男性が欲しいという贅沢な気持ちからくるもの。

格好いい男、イケメン、高身長、高学歴、高収入、年収400万円以上、長男以外、1人暮らし、 両親や親戚の世話はしたくないなどなど。人は 贅沢な条件は求め始めたらどこまでも際限なく膨らみます。 もし長期間男友達すらできない状態の場合、これらの夢や願望は矯正の必要があるかもしれません。



女性は男性に比べれば優秀な遺伝子を掴みたいという本能、願望が 強いことが特徴、共通点として挙げられる。 だから、20代の経験が浅く余裕がある時はまだまだ別れても次の交際相手を選べるという余裕から、 多少は妥協して付き合い始め今を楽しむこともできるのですが、 30代、アラサー以上になると真剣に結婚相手の候補として 相手探しを始めるから、異性に対して若い頃より慎重になり意地でも妥協したくなくなってくる。

将来、未来の家庭、子供、自分のためにも好条件の男性を 掴まえたいという気持ちはわかりますが、 あまりに提示する要求が高嶺の花、高望み過ぎるとそれが原因で一生涯独身ままになってしまうかもしれない。 お金持ちばかり狙おうとする打算的で欲深い女性は嫌われますし、レベルの高い男を狙うにはそれ相応の美貌やスタイル、性格の良さが必要になります。 自分の市場価値を現実的に判断し、極度のハイステータス狙いではなく、 適切なスペックを持つ相手を探すようにしたいものです。

・男ウケを意識していない

女性は男性を興奮させることが恋愛成功のカギを握ります。 彼氏が欲しいのなら、 何をするにも自己満足だけではなく男性目線を気にするべきでしょう。

お化粧をしたり、スタイルを良くしたり、可愛い服を着たりするとき、 メイクは厚化粧よりも、すっぴん気味の方が好評ですし、脚、お尻、ウエスト、腹筋など下半身を重点的に鍛えると体型が良く見えるし、 ファッションはできるだけ、体のラインが見えるような小さいピッタリサイズのものや、スカートを履いた方が注目されます。 いい匂いがする香水をつけたり、髪型を好きな人の趣味に合わせたり、上目遣いや女のモテ仕草で喜ばせるなどやることは沢山あります。

男性をお客さん、自分を営業だと思えば、やれるサービスはいくらでも思いつきます。 面倒くさいかもしれませんが、途中で挫折せずに継続的に努力すれば成果は後からついてきます。 顔が悪いから、ブスだから何をしても彼氏ができないと言って諦めて怠けていては女のとしての魅力も半減していきます。

・社交的すぎて気が合わないと思われる

女性の性格は明るい方がいいのは間違いないですが、 あまりにノリが良すぎたり、リア充っぽい垢ぬけた雰囲気を出していると、コミュ障気味でシャイな根暗男子にはまぶしすぎて近づけなくなることがある。 能弁でよく喋る女は男からすると「男慣れしてそうだな、男友達がいっぱいいて彼氏もいるんだろうな」と思うので、口説き落とす難易度が高そうに映ります。

逆に静かで大人しい女性は「彼氏がいなさそうだな、付き合いやすそうだな」なんて勝手な妄想で気が合うと勘違いします。 ぶりっ子で同性に嫌われる女性の中には男の前に出ると猫かぶってしおらしくなるという特徴がある。 本能で男性が求めている守りたくなる女、支配しやすい女っぽい要素を知っているのでしょう。 飲み会で大人数が集まるところでは、騒ぎすぎないであえて控えめに振る舞うのも良いテクニックかもしれません。

・警戒心が強すぎて近づきがたい

どうしてあんな地味な女の子が彼氏が途切れなくてモテるのだろうと感じることはよくある。 それはまさに客観的に見たまんま隙だらけという特徴を持っているから好かれる。 男性は女の隙に弱い。地味で素朴な印象を受ける女性の場合は、なんとなく見下せる存在だし 「俺の誘いでも乗ってくれるかも」なんて淡い期待を抱かせる。

ダサくて大人しい女性は男性からすれば非常に誘いやすい対象です。 上京したばかりの若い娘なんかは大抵、田舎、地方暮らしで 人情に厚く誰にでも優しくすぐに打ち解ける。それでいて 異性に対するガードも薄いので男性に頼ったり 道案内をさせエスコートさせたり等素直に甘える。春の陽気と 浮かれムードの心理もあってか、都会に出た途端あっという間に口説かれ、デートに誘われ、 彼氏ができるのは上京したての娘にありがちな特徴です。



女の隙の正体とは何かと言うと自然体な態度で接することができることです。 モテない、アプローチされない女性は人見知りの恥ずかしさや嫌悪感からすぐに肩肘を張ってしまい ガードを固めてしまう。顔をこわばらせて、会話もどこかぎこちなく拒否感を漂わせている。

それに比べて男性に好かれやすいと言われる天然系や癒し系女性は 、常に脱力していて安心感があり、一緒にいて居心地が良くリラックスできる。 また、このような女性は気楽に男性を褒めたりお世辞を言うリップサービスのスキルも 持っていたりする。

ではどうしたらこのようなフワフワ、ゆるふわガール的なオーラが出せるのか。 基本は顔の表情は明るく口角を上げ笑顔を作り愛想を良くする 。そして目を輝かせて、しっかり男性の目をじっと真っ直ぐ見つめる。 たったこれだけ改善するとまったく印象は違ってきます。

「隙」とは好意を示す態度そのものであり、自分が「相手の存在を認めています」 というサインを出せば、それだけで隙になる。 会話をする時はできるだけ体を近くに寄せて、親近感や親密感のあるムードを作る。 メールや電話でも愛想よくして絵文字や顔文字満載の長文を送る。 自分から挨拶をする。服装、ファッションを色気のあるものにするなど様々な方法で隙は作れます。

彼氏ができない女、モテない女の特徴の最も特筆した共通点は自分の周囲に強固なバリア、俗に言うATフィールド のようなものを張ってしまい誰の侵入も許さないような堅苦しい態度や振る舞いをしていることが原因なのです。 「私の傍に寄っても大丈夫だよ」という受け入れ準備OKな態度をされると、 暖かくて優しそうな雰囲気に誘われ、男性は引き寄せられます。

・異性のストライクゾーンが狭い

女性は男性に比べると、好みのタイプの範囲が狭く限定的で少ないと言われている。 心理学の実験では、男性は女性の顔写真10人を見せると8割はアリだと答えるのに対して、 女性は10人の男性のうち1人はアリかあるいは全員恋愛対象外、ナシと解答するという。 それだけ異性に対するチェックや審査が厳しい。 これは本能による慎重さなので仕方ない面もありますが、 この現状のままでは男性と知り合うきっかけすらつかめない。

しかしこの結果は逆に言えば、好きな人がほんのちょっぴり増えるだけで 驚くほど簡単、確実に彼氏が獲得できる現状を表している。 女性の中にも男性のように多感で惚れっぽく好色な人もいる。 そのような女性はまったく彼氏や恋人が途切れないし、 もし別れそうになっても、すぐに別の恋人を見つけられる人脈の広さもある。

また、男友達を親密なパートナー候補として恋愛対象に昇格させることも頻繁にある。 少女漫画のようなロマンスや理想の王子様と結ばれるハッピーエンドはそう簡単には手に入りません。 出会いや良縁を無駄にしないようにしたいものです。



モテない女性は少しでも自分の理想のイメージから外れた特徴を持っていると、 それだけでアウトオブ眼中、一切コミュニケーションを絶ってしまう人がいる。 これではいけません。とりあえず男友達としてキープしておいて、 相手の隠れた良さを探して見ましょう。もしかしたら 良い人を紹介してくれる仲人として手助けしてくれるかもしれません。

彼氏ができない女性は理想の条件が高く「なかなか人を好きにならない」 というダメな性質を持っている。 男性が目の前に現れると、すぐに粗探しを始めて「髪型や服装のセンスがイマイチだから不合格」 「喋り方に違和感を感じるから却下」「趣味が気持ち悪いから無理」 などと罵声を浴びせたりする。 自己評価が高くて、彼氏や結婚相手候補に求める条件がシビアになったりしがちです。

世の中に完璧人間なんていてもほんの一握りです。 誰しも長所や短所、メリットやデメリットを持った人ばかり、 それなのに重箱の隅をつつくように悪い点ばかり挙げるのは 、まさにマイナス思考でイジワルな姑そのものです。

いつも人の悪口ばっかり考えてしまったり、誰かを貶めようと してしまう癖を持つ女性はできるだけ改善しその性格を直したほうが良いでしょう。 世の中には沢山誠実で優しく思いやるのある男性が余っています。 心の中にある濁ったフィルターを外して今一度世界を眺めて確認してみましょう。

・言葉遣いが汚い

男性は女性を綺麗なものだと思いたがる心理があります。 女神様やビーナスのように極端でなくても、やはり女らしさを感じられる方が魅力的です。 乱暴な男言葉を使われると引かれてしまいます。

「キモイ」「ウザイ」「お前」「じゃね?」などヤンキーが使いそうな下品な言葉は口にすると幻滅されて恋愛対象になってしまうでしょう。 逆に「〜だわ」「〜よ」時々「〜です」のように女言葉や丁寧な敬語を織り交ぜると好感度があがり男をときめかせる喋り方になります。

・ネガティブ思考で悲観的

マイナス思考の何が悪いかと言うと、それが顔の表情や行動にも表れてしまう点です。 例えば普段から無意識の心理下が不安や不満、愚痴や他人の悪口でいっぱいで常にイライラしている人は それが眉間にしわを寄せたり、仏頂面で無愛想な顔として出て、 目の前の相手に対する疑心暗鬼、猜疑心を生みます。

逆に男性に好意を持たれやすい女性は、 常日頃ハッピーな事ばかり考えている。 褒めたり賛美したい、感謝、感激、嬉しいこと、楽しいこと、休日に好きな人と遊ぶこと 将来したい予定など、このようなプラス状態の思考内容だと それが表情や体にも表れる。背筋が伸びて姿勢がピンと伸びたり、 目に覇気がありやる気や熱意を感じるといった見た目になる。 陰と陽を軽く述べただけでこれだけの差がある。

元々根暗だったりする性格は先天的、遺伝的なもので変えようがないかもしれませんが、 男ウケするのは愛嬌があって能弁、お喋り好きで親しみやすい女性が好まれます。 考えてみても、美人であっても顔がいつも俯いていて 冷たくクールな印象だと話しかけづらい。

また、「私はダメなんだ」「将来が不安」なんて勘違いをしている女性は男性からすればフォローしなければ いけないので面倒くさい存在です。 ちょっとしたしぐさや態度、言動で「他の女とも浮気してる遊び人なんじゃないか」 「女慣れしていて怪しい」「本命じゃない都合のいい女にはなりたくない」など、 すぐに相手を疑ったり傷つきやすいのもよくありません。

それよりも「私は世界一可愛いよね」と自信たっぷりに驕られた方が「その通りで御座いますお嬢様」 と従いたくなる。ちょっと抜けててアホっぽかったり、ドジっ子な天然系や癒し系タイプが女らしくてモテるという話も これらの要素から大いに頷ける話です。

悪い面や欠点、暗い、汚い話ばかりしていても場が白け気分もブルーになり沈んでいくだけです。 極力良い面、長所やメリット、素晴らしいものを褒め称えるような言葉を口にして 幸運を吸い寄せるように心がけましょう。 精神的に清らかになるとそれが外面すら綺麗に彩るのです。

・友達付き合いが悪いインドア派

室内、家の中で遊ぶのが好きなインドア派。 友達からメールで飲み会や、合コン、パーティに誘われてもなんとなく めんどくさいという理由から反射的に断ってしまう。 また、集団行動するのが苦手で、自分の好き勝手に行動したいという自由人的な 気持ちをもっていたりもする。

多少八方美人気味であってもいいので表面上だけでも人付き合いをして、 男友達を作っておくと、そこから 友達の紹介などで出会いの輪が広がっていき彼氏ができることもあります。 やはり、女性が異性と知り合うには できるだけ外出した方が出会いやすい。

30代の会社員なんかは 職場と家の往復で一日が終わり、休日は家でゴロゴロゲームやDVD、ネットで遊んでいる というケースが少なくない。 このような現状でなお外に行くのが嫌いだと絶望的です。 特にお付き合いは一度誘いを断るだけならまだしもそれが二度三度となると 「あいつはノリ悪いしどうせ来ないから誘わなくていいよ」 とグループから除外されることになってしまう。

アウトドア派の女性は花見やバーベキューなど、男女が集う定番の行事に参加していることが多いし、 そこで初対面同士で恋愛関係になることも考えられる。 習い事でも、サークルでも何かしらの理由を作って外出したいところです。 また、良く外出する人は活動的なので自然と歩く時間が増えて、スタイルも良くなり、 より男性からアプローチされやすくなります。

ただ、インドア派も必ずしも悪い点ばかりではない。 最近ではネットを利用してメル友になったり恋人を作ったり結婚相手の候補を探す男女が急増している。 ツイッターやフェイスブックなどのSNS、 合コンや飲み会サイト、婚活サービスもネット婚活が主戦場になってきています。 また、オタク同士で集まる趣味コンもカップル成立確率が著しく高いことでも有名です。

家にいることが好きという本質的な性格はなかなか変えられないと思うので、 このようなコミュニケーションツールを使って、自分のプロフィールや ブログなどを発信し、異性との出会いを探すという手段もアリなことです。

世の中には独身未婚で恋人がいない男女が半分以上もゴロゴロ余っています。 ほんのちょっと手を差し伸べて求めれば、きっと与えられることでしょう。 特に女性は恋愛市場では男性に比べて需要があるので、本気で彼氏が欲しいと思うのなら 出会いサイトや婚活サイトをお試しで使ってみるのも現状を打破するきっかけとしては 非常に有効な手段だと思います。

・保守的で安定を求め過ぎる

女性と男性の性格傾向として大きく違う性質として、冒険心の有無や未来に対する不安感があると思います。 男性は全てを投げ捨てても自分の夢や信じた道に突き進む向こう見ずな一面がありますが、 女性は石橋を叩いて渡る派が多く、現実的で実現可能性が高い道を選択しやすい。

特にモテない女性は極端にリスクを恐れる心理の性質があると思います。 ちょっと気になる興味がある男にデート誘われた時に、差は顕著です。 万年男日照りで売れ残り(失礼)な女性ほど相手の男性のスペックや条件を吟味したあげく、イチャモンをつけて誘いを断る。 逆に彼氏持ちや既婚者、見た目が可愛かったり綺麗な女の子ほど、意外とすんなり遊びの約束をOKしてしまう気楽さがあります。

つまり、出会いのきっかけがあってもそれを生かせないのは、恋愛に臆病だったり、自分が傷つかないように大切にしすぎていることが原因だったりするのです。 誰彼構わず付き合ってしまうのは、さすがにちょっと引いてしまうかもしれませんが、人生を楽しむためにはスリルや刺激を味わうのも悪くはないです。 「ちょっといいな」と恋の予感がした男性から声が掛かった時に、フットワークを軽くしてノリ良く応じられるかは幸せになるために重要な心構えです。

男性視点からしても、褒めたり口説いたり誘っても冷ややかな対応で断られたり、散々どっちつかずの態度で答えを渋った挙句断られたら好意も消えてなくなります。 そして大した条件も求めず誘いに乗ってくれる女性には「俺でも幸せにできそう」と付き合うことにポジティブになります。 都合のいい女は利用されそうで嫌かもしれませんが、男性からの誘いにすぐ乗れる女性ほどモテるのは事実です。 同じ一途なタイプでも重い女より軽い女の方が好印象になりやすい。 そのためには、異性のパートナーに将来の安全や保証を求めすぎず、本当に愛し合えるか、そして今を全力で楽しく生きることを目標にするが男と付き合う近道かもしれません。

自分磨きをしながら異性にアピールして男を引き寄せよう

彼氏ができない女の特徴や理由は様々ですが、基本的に女性は性別のアドバンテージだけでもニーズがあるもので、 どこかで妥協したり行動力を出せれば恋愛も結婚もそれなりの人とできると思います。 それでも恋人が見つからないのはやはり性格や内面に問題があるか、出会いがまったくない環境なのかのいずれかに原因があります。 普通の男ではなく理想の男性に出会いたい希望があるなら自分のレベルを上げて、さらにその存在を宣伝して注目させる必要もあるでしょう。

服装や髪型に清潔感を持たせたり、体型をスリムにキープする女磨きも大切ですが、 そんなことよりも、明るく朗らかで優しい、この3つの特徴さえ備えて自然体で周囲にアピールしていれば男性から好かれると思います。 空元気のように無理に営業スマイルをすると気持ち悪がられて引かれるかもしれませんが、暗く沈んだ表情は女としての魅力や価値を著しく下げるので、 それよりかは不自然な明るさの方が大分マシです。 日々、生きていることや出会いに感謝し、キラキラ輝くようなプラスオーラを出せると、自然に男が引き寄せられることでしょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.