恋愛tanu.com恋愛コラム > ネット恋愛のやり方、成功方法

ネット恋愛のやり方、成功方法

20年ぐらい前は携帯電話もインターネットもほとんど普及しておらず、 ネット上で男女が知り合ったり付き合うことなんてほとんどありませんでしたが、 次第にネット回線の高速化、一般化が為されて99%の若い人はネット上でコミュニケーションを取るのが普通になってきています。 出会う方法も昔はメル友募集掲示板やチャットが主流でしたが、最近はスマホアプリやSNSが主流になってきています。

付き合うまでお互いの顔も本名も知らない人、遠くに住んでいる異性、 ネットだけの繋がりで外見も性格もよくわからないのに、好意を持ってしまうことはよくあります。 昔の時代で言うところの文通が電子化したようなものです。

男女の出会いはネットの世界でもリアルと同じくらいのインパクトやときめきもあります。 少し前の価値観では、ネットの出会いは全て出会い系みたいでキモい、気持ち悪い、親や友達の反対や批判が怖い、紹介するのが恥ずかしい、と嫌悪されるものでした。 ただ、人の常識や考え方は時代や時間と共にコロッと移り変わるもので、 今ではネット恋愛も自分から積極的にやるぐらい当たり前になってきています。



とあるアンケートによると4人に1人は過去にネット恋愛を経験しており、10人に1人がネットで今の恋人と知り合った というデータがあります。 皆さんはこれをどう思うでしょうか。 どこで知り合うかのきっかけがネットというだけで、リアルの出会いと違いはほとんどないと言えると思います。

昔は調べものをするには書籍を探していたものが、今ではスマホで検索すればすぐです。 出会いもそれと似たようなものでどんどん効率化されているように思います。 頭が柔軟で環境適応能力が高い若い世代、高校生、大学生などは年下年上問わずカップルになり恋愛の成功体験を沢山積み重ねています。



ネット恋愛の利点、メリットは主に3つあり、 人見知りや口下手で消極的なコミュ障でも本音を出しやすい、 リアルで知り合う異性よりも膨大な人数の男女と知り合うことができて効率的、 容姿を問わずに付き合ってくれる人が探せる、 という点があります。

いざチャンスがあったり合コンに参加しても会話が盛り上がらなかったり緊張でうまく話しかけられなくてそれっきりなことがありますが、 ネット上では照れずに割と気楽に口説くことができます。 多くの人の出会いのきっかけはバイトや仕事先ぐらいで職場に恋愛対象がいなければ、社会人に出会いがないといった状況になりやすいですが、 ネット上の出会いは地方であってもほぼ無限大です。

そして、多くの人は容姿を気にしますが、中には外見を気にしないプラトニックラブ、精神的な純愛で繋がってくれる人が見つかることがある。 出会い系はブスや不細工が多いという偏見がありますが、実際は可愛い子や美人、イケメンなど、 顔が良くてもモテない人が沢山余って埋もれています。

ネット恋愛は、 現実でモテるモテないはあまり関係がない。 ニート、無職、フリーター、30代、40代など、年齢職業問わず男女は恋に落ちることができます。 男も女も彼女が作りたい、彼氏が欲しいと思っているのは同じなので、 運命的にいい人を見つけて仲良くなることができれば、実際に会うのも簡単です。

なかなか恋人ができない、一生独身は嫌だ、という思いがあるのなら一度試してみることをおすすめします。 人生は幸せになるためにあります。明日生きているかもよくわからない世界ですから、 将来を心配して恋愛に臆病になるのではなく、今を全力で楽しむために恋をすることが正解のような気がします。

スポンサードリンク

ネット恋愛で彼氏彼女、恋人を作る方法、成功のコツ

・異性の視界に入る努力をする

出会いがないと嘆いているのなら、振られたり拒否される失敗を恐れず、自己主張を恥ずかしがらずにとにかく人と接したいという意志を周囲に示しましょう。 恋人になるのは友達になることの延長線にあるようなもので、 初めはちょっと面白そうで興味があったからというきっかけだけでお友達になっても、 いつの間にか本気になり親密な間柄になって、片思いが成就しているというパターンが多い。

とにかく目立っていれば、誰かしらは必ず気に入って好きになってくれる人が出てきます。 8割ぐらいの人は最初の一歩の段階で既にアピールが不足していて、眼中にない状態になってしまっています。 とりあえず100人に自分を宣伝することを目標にして活動してみると良いでしょう。 もちろん、努力している人は100人とは言わず1000人2000人以上の異性に求愛行動をしていることもある。 恋愛を成功させるためには顔などの見た目や環境だけではなく、いかにアクティブさが大事かがわかるかと思います。

・相手の条件にこだわりすぎない

周囲の人間だけを比較すると、世界が狭いのでその範囲内で好条件の相手を自然に選ぶことができます。 学校や職場などはこの典型例で、出会いが仕事先だけならその中の異性を好きになるのが人間の本能です。 しかし、インターネット上には男も女もほぼ無制限に存在します。 身長、年齢、ルックス、職業、年収などにこだわっていると理想のハードルがどんどん上がり、 誰と友達になってもイマイチと思ってしまったり、誰と会っても「もっと素敵な人がいるかも」と選り好みして一生満足しない贅沢な不幸体質になってしまいます。

また、ネット恋愛にありがちな落とし穴は実際に初めて会うと想像していた人と全然違う場合があることです。 相手に期待したイメージを抱いていると負のギャップで残念な気持ちになって幻滅しまうことがある。 顔写真を交換してお互い納得した上であっても、仲良くなれないこともあります。 特に10代20代ぐらいの若いうちは特に容姿は気になると思います。 しかし、プリクラは詐欺写メレベルの場合が多いし、写真は角度や光の加減で別人になります

逆に写真では不細工でも、写り方や光の加減、顔の凹凸によっては画像よりも実際の方が綺麗、カッコイイというケースはよくあります。 特に女性は男性に比べて好みのタイプの外見の範囲が極端に狭いので、 顔写真を交換した時点で恋愛感情が冷めることが多いです。 理想に合致した異性を求めるのは当然ですが、 できるだけ中身重視で相手を探した方が成功率が高まります。

・いきなり音信普通になっても挫けない

連絡が来なくなった、うまくいってたと思ってたのに急に振られた、1度デートした後そっけない、など ネット恋愛の失恋パターンは大体この3つで、しかも頻繁に起こります。 現実と違う大きなポイントは縁を切るのが容易で大抵の場合は長期的に関係を維持しなくてもいい点です。 だから、脈なし、脈ありの好感度によって露骨に態度が変わります。 じっくり時間をかけて愛を育むのはリアルでもネットでも難しいものです。

容姿端麗でハイスペックな人ほど長続きしない傾向があり、 付き合えたとしても浮気や別れの心配をする必要があります。 心理的に打たれ弱い人は、ちょっと拒否されただけで諦めてしまいがちです。 人との出会いは宝探しのようなもので、 出会いの回数を増やすほど財宝が見つかる確率がアップすると考え行動を続けましょう。 100回失敗しても1回成功すれば結果としては十分です。

・早めにアプローチをする

恋愛の盛り上がり方や好意の増加量は付き合う時間の長さと比例しているわけではなく、 短期間でも相性が良ければ知り合って一ヶ月以内で電撃結婚もありえます。 結局のところバーチャルな付き合いだけでなく、会って顔を合わせなければ相手の本性は見えてこないので、 実際に会うまでの期間はほとんどおまけみたいなものです。

遠距離恋愛にしても長い時間連絡を取っていたから好きになるというよりも、 第一印象でなんとなく「あり」で直感的に会いたいと感じたからコンタクトを取っていると思うので、 会うまでの期間はそこまで重要な意味を持たないのではないかと思います。

そして、ネット恋愛は早い者勝ちで恋愛が進展するスピードも早いので、 先手を打ってデートに誘わないとライバルからの先約が入ってしまうことが多いです。 メル友になっているにしても、胸がドキドキするような展開になると期待させるようなデートの予約をしておくべきでしょう。 約束さえ取り付けておけば、お互いに安心できるのでドタキャンや他の人への乗り換えを防止できる確率が高まります。 ただ、気持ち悪いぐらい必死に迫りすぎると引かれてしまうのでそこは気をつけましょう。

・危険人物とは早めに縁を切る

ネットナンパ(通称ネナン)は出会い厨と呼ばれ忌み嫌われるものです。 その原因になっているのは、体目当てや結婚詐欺師などの不誠実な男性の存在ではないでしょうか。 下心だけしかない男性の方が恐らく多いですが、 男性心理として全員が都合のいい女を求めているわけではなく、純粋に彼女が欲しいとネットで恋人を募集する男性もいます。

ネットには人が大勢いるので全員と仲良くなるのはよっぽどマメな人じゃないと不可能であり、 付き合う相手を取捨選択しなければ時間が足りませんし、損をすることもあります。 だから、厳しいようですがストーカーになったりしつこく付きまとわれたりと面倒くさそうな人とは連絡を断つべきかもしれません。 ニュースでも騙されただとか住所などの個人情報を教えてしまって脅されたなど事件の被害報告があります。

浮気や二股しそう、嘘をつく、言動に恐怖を感じたなど、変人っぽい特徴があったら、 多少の警戒心は持っておくべきです。 女性だけではなく、男性も相手がヒステリックでメンヘラ気味だと色々と面倒事あトラブルに発展したりするので注意しましょう。

・適度な距離感を保つ

これは個人差が激しいことですが、知り合った後にどの程度の距離で接するかは重要な問題です。 男と女の恋愛では、メールの返信頻度や速度の問題はよく相談されることのひとつです。 最近ではLINEという四六時中繋がれる上に「既読」という煩わしい機能があるため、 既読スルーからの勘違いで関係が悪化したりすることもある。 相手に合わせるのが一番ですが、ポイントとしてはお互いに依存し過ぎない程度の存在であるべきです。

デートを重ねて付き合うという段階なら、ベッタリしてても良いですが、 付き合う前からベタベタしすぎると気持ち悪いと思われたり、連絡するのに疲れたり、 恋愛感情が盛り上がりすぎて逆に会う前に冷めてしまうことがあります。

知り合ってメールアドレスやラインIDを交換したタイミングで、「既読スルーしてても無視してるわけじゃないから」 「返事するの遅いタイプです」とあらかじめ宣言しておくと安心できると思います。 初対面ですぐ下ネタ、プライベートに突っ込む質問、ディープすぎる話題ばかりなどは嫌われやすいので注意しましょう。 仲の良い友達のように明るく気軽に接することができるとお互いに居心地よくリラックスできます。

具体的にどんなサイトで男女が出会っているのか

会うまでの流れは大体どこでもやり方は似たようなもので、 気に入った人がいればアプローチして自分から関係を構築するだけです。 基本的に、男女が交流できてメールアドレスやライン(LINE)IDが交換できるという要素があればどのサイトでも出会うことができます。 また、ネットの世界は流行の移り変わりが激しいので、常にアンテナを張ってトレンドの最先端にいると、 初めのうちは競合するライバルも少なく、最も美味しい部分を享受できます。

昔は流行っていたmixiやアメピグ、メル友募集掲示板などは段々時代遅れ感が出てきています。 yahooチャットなど、サービスが終了するものもあります。 以下で紹介しているもの以外でも沢山コミュニケーションできる場所はあるので、彼氏や彼女が作りたいという方は試行錯誤して考えてみましょう。 ちなみに女性は常に需要がありアプローチされると思うので、悪い男に騙されず誠実で優しい男性を判断できるようになり、 長く付き合える彼氏をゲットしましょう。

・ニコニコ動画、ツイキャス、スカイプ

人は文章だけでも恋に落ちることはできますが、 やっぱり相手の顔や声があると、判断材料にもなるしより一体感が湧いて好きになりやすい。 ニコ生やツイキャスは配信者が話して、視聴者がコメントを打つという形式で、 リスナー側が一方的に配信者をじっくり観察できるので、配信者にのめり込んで惚れてしまいやすい。 心理学にも単純接触効果というものがあり、ただ単に見たり聞いているだけで好意的になってしまう法則もある。

だから、放送主とリスナーで仲良くなる確率は非常に高い。 最近ではニコニコ超会議のイベントで39歳のフリーターと17歳の女子高生の歳の差結婚が話題になった。 行動さえすれば誰にでも両思いになれるチャンスはあります。 過疎放送でも大手生主でも、どちらにしろ継続的に異性にアピールすれば誰かがファンになってくれます。 ニコ生ではコミュメンバー1000人を目安に、1人とは付き合えると囁かれています。

また、声を聞くと相手の様々な情報を本能的に知ることができる。 声の高低で自分の遺伝子との相性、お喋りが弾むかどうか、会話のペースが合うか、話し方からわかる性格や考え方など、 フィーリングの大部分は声や喋り方を聞けばわかる。 スカイプやラインにはビデオ通話の機能があるので、相手の顔を見ながら通話をすることも可能です。

うまくいくカップルの多くは、スカイプやラインで話してみてお互いに相性が良いことを確認しています。 話していて楽しいとか落ち着くと思える異性はあまりいないので、もし会話していて心地よかったら貴重な恋人候補になります。 イケボや萌え声など、声フェチの人は声だけでも惚れてくれることもあります。 スカイプちゃんねるや配信で凸待ちをするなど、積極的に絡んで恋人を獲得しましょう。

・掲示板、チャット

出会い系規制法という法律ができてから、未成年が出会うような掲示板はすぐに閉鎖されるようになったため、 露骨にメル友募集や彼氏、彼女募集のような掲示板はほとんど絶滅してしまいました。

ただ、普通にコミュニケーションをする掲示板やチャットのようなものはまだ生き残っていて、そこで出会う男女もいたりします。 有名な2chでは今でもコテや名無しでオフ会を開催しているし、ピクシブなどのお絵かきサイトでのナンパもありがちです。 チャットサイトでは大抵マナー違反なので、通報されたりすると運営にアカウント停止にされたりもします。

・オンラインゲーム、ネトゲ

ゲームはオンラインが当たり前の時代であり、 最近は協力プレイでモンスターを倒したりストーリを進めたり経験値を高めるゲームが流行っています。 一昔前に流行ったグリーも似たようなもので、沢山のカップルが誕生しています。

ゲームは一緒に楽しめる趣味であり、性格的にも気が合いやすいので、相手のプロフィールがわかれば意外と仲良くなりやすい。 ただ、ゲームは相手の素性がわかりづらいというデメリットがあるので、 自分から年齢や職業など詳細をアピールしてがっつかなければ、ゲームをするだけの関係で終わってしまいやすい。 これもニコ生で対戦相手やチームプレイできる人を募集したりすると、交流しやすくなったりします。

・ツイッター、フェイスブック

今最も流行っているSNSサイトであるtwitter、facebookは8割ぐらいの男女が利用しています。 初めから異性の友達が多い人なら、人脈を利用すればどんどん友達を増やしたり、紹介やグループ飲み会で仲良くなることができます。 もしも友達がいなくても、フォローや友達申請、ダイレクトメッセージなどでコンタクトを取ることができます。

もちろん、多くの場合は無視されスルーが当たり前ですが、中には自分に興味を持ってくれる人もいます。 女性の経験談を聞くとわかりますが、男性からのメッセージが毎日山ほど送られてくるようです。 さらに興味深いのは、その中でも結構な数の人がSNSで知り合った人と会ったり付き合っている女性もいることです。 プライドを捨てる必要もあり迷惑行為なのは間違いないですが、自分が幸せになりたいのならそれぐらいガツガツ攻めるのは仕方ないことでしょう。

・ブログ、個人サイト

個人のホームページから出会うパターンも結構あります。 特にアメブロは典型的でカップルが多く誕生している面もあります。 自分のプロフィールを目立つ位置に掲載して、フリーであることをアピールしておけば、連絡が入る可能性があります。

しかし、あくまで受身な手段のためあまり成果は期待しない方が良いでしょう。 ホームページに自動的に人が集まるような仕組みができれば、恋人候補が寄ってくる可能性もあります。 実際、ブログで自分のプロフィールを公開し、結婚相手の条件を示して彼女を募集した人が、付き合ってすぐ相手とゴールインしたケースもあります。

・恋人作り支援サイト、出会いアプリ

最近は男女を繋ぐサービスの対価としてお金を稼ぐ事業が流行っています。 合コン、街コン、カップリングパーティ、ホリエモンプロデュースの焼肉部、などが有名所です。 現在の日本は絆が希薄化されていると言われており、次々に新しいアプリが量産されているので、私の知らないものも沢山あります。 テレビのニュースで事件になるのも、どこぞのスマホアプリがきっかけで出会った男女のトラブルです。

逆に言えば、表に出てくるのは悪人でありそれは氷山の一角で、その裏には恋愛が成就した男女もいるというわけです。 また、この手の旨みがあるサイトは口コミや評価が表に出てこないので大部分は自分で探すしかありません。 優良婚活サイト一覧でも紹介してある、 facebook連動型婚活、恋活サイトのペアーズ は、男性有料、女性無料でfacebookアカウントがなければ利用できませんが特におすすめです。

現代は3人に1人はネット恋愛をしている時代

現代人はネット恋愛から同棲や結婚に至る成功するカップルが増えてきています。 逆に失敗するケースでは、必要以上に相手に期待した妄想をしたり理想像やこだわりでが頭が凝り固まっていると、 実際会った時のギャップで一気に冷めてしまい、1回デートしただけで次はないという典型的な別れに繋がります。 このような人は柔軟性がなく大抵リアルの恋愛もうまくいかないものです。

ネット恋愛はルックスや職業、年齢などの条件よりも、相手がどれぐらい人間的に温かみがあり、誠実で優しい性格かを見抜くことが重要だと思います。 やればすぐできるという簡単なものではありませんが、今はネット上で彼氏や彼女を募集すれば誰かは手を挙げてくれる時代です。 現在、独身未婚で寂しいと実感している方はネット恋愛にチャレンジして幸せを掴んでいきましょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2018 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.