恋愛tanu.com恋愛コラム > 一途な男の特徴

一途な男の特徴

普通は彼氏を作るなら不倫や浮気をしない大切にしてくれる男性と付き合いたいと願うものですよね。 しかし、実際に声をかけてくるのは、刹那的な大人の恋愛を望む遊び人ばかりだったりします。 そういうチャラ男にアタックされてつい押されて付き合ってしまうと、 他の女にちょっかいを出したり、隠れて新しい恋人を作っていることが発覚したりと大変なことになります。 それでもイケメンだったりして好きになってしまうと、振り向かせたり復縁したり関係を長続きさせるのに苦労します。

誠実で真面目な男性を見極めることで、付き合って後悔しないような彼氏を選べるようになります。 彼氏や結婚相手を選ぶ時の条件に一途な男という項目を加えても良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

一途な男の見分け方、チェックポイント

・一途な男はモテない

一途な男性は、片思いしている本気で好きな人にしかアプローチせず、 異性にアピールするのも苦手で、恋愛経験が浅く彼女が居ない確率が高い。 これは一種の高望み思考です。

また、消極的で大人しいシャイボーイほど、内面は良かったりするが、あまり目立とうという性格ではないので、 女性からは物足りない、つまらないと思われて魅力的に映らない。 この種の男性は、一度好きになると一生彼女を好きなままというタイプであり 、一回彼女ができると振られない限りは ずっと彼女を大事に愛し続けてくれます。

だから、彼女いない歴=年齢の男性、喪男と喪女カップルなんかは、 付き合い始めると大抵は結婚まで直行できます。 婚活中の女性なら、見た目が少し地味だけど、真面目で誠実そうな男性をターゲットにすれば、 すぐ結婚までゴールインできそうなものです。 ノリが悪く、要領が悪いモテない男性ほど、一途な男と言えます。

・滅多に怒らない

怒りという心理、感情は基本的に自分の気に入らないことへの対抗意識から生まれます。 つまり、怒る頻度が多い人は固定概念や偏見が多かったり、 何でも自分の思い通りにコントロールしたいというわがままさを持っています。 それと同時に批判好きで説教くさい面もあります。 短気な男性は、彼女が少しでも言う事を聞かないとすぐに怒り出したり、 暴力を振ることもあるかもしれません。

逆に普段から穏やかな雰囲気がある男性は、 女性が好き勝手に行動してもまったく問題なく、 ある程度のことなら我慢できます。 つまり、女性の欠点や短所を受け入れる包容力があるのです。

この種の男性は一緒に居て非常に楽でまさに空気のような存在と形容できます。 少しツンデレだったり、ピリピリした威圧感がある方が女性としては刺激があり 男らしさを感じるかもしれませんが、 同じ屋根の下で毎日一緒に暮らすとなると、やはり草食系男子のような安心感が魅力になると思います。

・周りに流されないオタク気質

ヲタク要素というと、アニメ好き、漫画好きなどどこか気持ち悪いと毛嫌いしがちですが、 これは良い言い方をすれば自分の意志を持っている芯がある男とも言えます。 ここでいうオタク気質の意味としては、1つの事に対して一生懸命勉強、研究する理系やメガネ男子を指します。 流行に疎いけれど自分の意志やスタイルを持っており、それにとことんこだわる。 一度好きになった彼女に対しても、熱心に調べ上げて笑顔にさせてくれます。

孔子の論語には「剛毅木訥仁に近し」という言葉があります。 意志がしっかりしていて、口数が少なく飾り気がない人は道徳の理想とする仁に近いという意味合いです。 少し前なら頑固一徹、職人気質、今風に言えばツンデレみたいなものかもしれません。

・キスの頻度、回数が多い

男性は好きでもない女性でも体の関係を持つことができます。 遊び目的の相手の場合、大抵は挨拶程度のキスですぐにメインに移行しようとします。 逆に本当に愛情を感じている女性に対しては、キスの量が多めになる傾向があるようです。

他にも生理中と言っても食事デートをしたり普通に遊んでくれたり、 キスだけでも満足げな様子であれば、一途に愛されてる確率が高まります。

・日常的に嘘をつく

これまた孔子の言葉ですが、「巧言令色鮮し仁」というものがある。 口がうまく上辺だけ愛想よく取り繕う人間は、本当の思いやりが少ないということです。 もちろん人見知りしない根っから明るい性格の人もいますが、 実際、八方美人で初対面で誰に対しても要領良く仲良くできてしまう人間は 信用できない確率が高いということです。

ナンパ師を考えてみるとまさにこの通りで、 ファッションセンスがあり小奇麗で、女の扱いに慣れており口説き落とすのが上手い。 ついつい乗せられて付いていってしまうが、大抵は捨てられたり後悔するハメになる。

別にどんなことに対しても馬鹿正直である必要はなく、稀に嘘をつく程度ならあまり問題ありませんが、 口癖のように虚言を吐く男性には要注意です。 嘘をつくのは自分を大きく見せたいというプライドによる理由がほとんどですが、 自己保身を図る時や都合のいい女をキープするときにも使われます。

嘘をついて責任を他人に擦り付けたり、「愛してる」なんて言葉も本音とは違っているかもしれません。 この種の男性は、相手を裏切ることに躊躇しません。 付き合っていたとしても「嘘でした」で終わってしまいやすいです。 要は移り気、気が変わりやすい性格と言えます。

・自分より弱い人にも礼儀正しい

相手によって極端に態度を変える人は、付き合っているうちにどこかで豹変するかもしれません。 特に判断基準になるのは、弱い立場の人に対する接し方や態度です。

弱そうな人を見るや、悪口を言ったり「キモイ」なんて言葉を口にする人は若干危険信号が出ています。 逆にどんなに社会的地位が高い人に対してもフレンドリーなタメ口で、地位が低い立場の人には 敬語で接するというタイプは最も信頼できます。 これは神様に好かれる要素「謙虚さ」を持ち合わせています。

昔から身分が高いデキる人間ほど腰が低くこうべを垂れると言われます。 このように驕らない中立の態度を取れる男性は信頼できます。 単純に悪口を言わないというだけでも立派ですが、 さらに子供や動物好き、老若男女誰に対しても公平に接することができると、 彼女を裏切ることなく慈愛の精神で付き合いを続けてくれることでしょう。

・単調な作業をしていても飽きない

男性は元々反復作業が得意であり、肉体労働などはまさにこの典型です。 この性質はそのまんま彼女に対しての心理に当てはまります。 毎日飽きずに似たような活動をできるのは、遺伝や才能の部分があり、人間の本能に深く関わっています。 簡単に言ってしまうと、女性にあまり変化がなくても飽きずに愛し続けてくれる可能性が高いのです。

例えば農家なんかは毎日同じような作業をするだけですが、 そのことに充実感がある人と、「キツイ、退屈だ」と感じて辞めてしまう人がいる。 他にも職業で言えば技術職の工場勤務の男性、 パソコンが得意なSEやプログラマーもそうかもしれません。

地道な努力を継続している、長く続けている趣味がある、 ひとつの物を愛用して大事にしているなどの特徴があると、 長期的に付き合っても、マンネリや倦怠期を感じることなく一途に想い続けてくれます。

・見返りを求めない優しさがある

恋人や結婚相手として最も嬉しい要素、あえて悪い言い方をすれば、利用価値がある存在は、 「尽くしてくれる人」だと思います。 相談事を持ちかけたときに応援して背中を押してくれたり、 褒め言葉や肯定的な意見を投げかけてポジティブな気分にさせてくれたりする男性などが理想です。

また、誕生日にお祝いメールやラインをくれたり、お正月にあけおめの連絡をくれるのも、 ほとんど過度に見返りを求めない行為かもしれません。 心の底から善意に満ち溢れた人間でなければ、自分以外の人間を無条件で幸福にしたいと思えません。 損をしやすい性格ですが、このような他人のために本気になれる、 人の幸せを願える男性は信頼でき、裏切ることは皆無と言えます。

・常に彼女の都合優先

デートプランも集合時間も何でも合わせてくれる彼氏は、 男としては頼りなく見えるかもしれませんが、 将来結婚を考えた時の夫、旦那としては優秀なスペックです。 どんなに仕事が忙しくても奥さんのことを大切にしてくれたり、 家事や育児を手伝ってくれるイクメンになってくれることでしょう。

逆に自己中心的な性格で自分の好き勝手に振る舞い女性を振り回すタイプは、浮気のリスクも高いと言えます。 女性はこの手の根拠がなくても自信満々で、強引に腕を引っ張ってリードしてくれる男性に魅力を感じやすいので注意が必要です。

・独占欲や執着心が強い

粘着気質と呼ばれる彼女にベタベタくっつくタイプの男性です。 この手の性格は精神的に相手に強く依存しているので、常日頃からマメにメールやライン、電話で 連絡を取りたがったり、相手の行動を知りたがり束縛することが多い。 喜怒哀楽のどのような感情が起ころうとも相手に依存しており、 さらに日常生活でも常に一緒にいたいと思っているので、 ラブラブ状態の時は他のどの恋人同士よりも幸福感を感じられます。

「お前は俺が守る」なんていうクサイセリフで喜ばせてくれるのはこの手の男性です。 この男性と付き合うデメリットとして両思い状態の時は良いですが、 一度冷めるとうざかったり、 別れ話のもつれで付きまとわれたりストーカー化する可能性も秘めています。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.