恋愛tanu.com婚活・恋活方法 > 30代から恋愛を始める方法

30代から恋愛を始める方法

20代の頃は「まだ若いから独身でも大丈夫」と余裕を見せていた人も、 30歳になった時の周囲の見る目の変化を感じ「今のままではまずいのでは」と思い悩み始める。 実際、20、30という数字を境にして恋愛対象内か対象外か決定してしまう人が大勢いる。 特に結婚相談所や婚活サイトでは「20代希望」が最低条件になっているケースが多いので、 それだけで振るい落としにあってしまう。 友達からは披露宴に行ったという話しや、結婚式へのお誘いなども頻繁にくる。 正月になると、友達や親戚から結婚しましたというメッセージと共に幸せそうに笑っている夫婦と子供の写真が送りつけられ羨ましさと嫉妬が 入り混じった微妙な気持ちになる。

加齢に伴い、身体的には男性は精子の運動率が低下し、 女性は卵子の数が年々減少し、妊娠確率が低くなる。 母子共に健康で妊娠出産できる確率が高いのも30代後半まで、40代になれば流産や障害リスクが高まると言われます。 何歳になっても結婚はできるとはいうものの、 肉体的な衰えから焦りを感じ必死になる年代は30代が最も多いという。 婚活人口の分布データでも、婚活を始めるのは30代前半が大半です。

勉強漬けで熱中していたり、仕事一筋の毎日だと出会いは皆無。 特に社会人の場合、職場の同僚や仕事先で異性との交流があるかどうかはほとんど運次第であり、 大抵の会社は男女比率が偏りやすく、男女半々ぐらいのバランスのとれた職場は稀です 30代からは受身で待つだけでは誰からも見向きもされません。 好意を伝えたり、自分磨きをして見た目やスタイルを変える努力をしましょう。 行動を起こして運命を変えなければ、いつまでも現状維持のまま日々が過ぎていきます。 まずは心理的にプラス思考を心がけ、人に快感を与えられるようになりましょう。 人間心理には好意の返報性や情が芽生えるという気持ちがあります。 「好き」と言われれば誰しも少なからず興味を持つ。 誠実で本気の気持ちを伝えられるようになりましょう。 そしてその行動を起こすために意識改革をしていきましょう。

スポンサードリンク

30代から彼氏、彼女を作るための心構え

・人生の中で最も優先するべきものは何か

壮大なテーマかもしれませんが、「何のために生きてるの」ということを考えるのに30歳は 丁度良い区切りのタイミングです。 老いを感じ始め、若い人でも突発性の病気で亡くなる人もいたりする。 まだまだこれからと思いつつ、身体的にも精神的にもパワーが減退しモチベーションが保てなくなってくる。 そんな時に、自分が何をしたいのかという基本を明確にしておくことは本当に大切なことです。 自分のやりたいことを何も実行できぬまま、ひたすら耐えるだけの生活なんて絶対に駄目です。

なんでもいいので、夢を思い描いて見ましょう。 好きな仕事の技術を極めて専門家や職人になりたいのか、とにかくお金が欲しいのか、恋人が欲しいのか。 その中に愛する伴侶と共に暮らしたいという願いがあるのなら、 これから先はそのためだけに一直線に努力するべきなんです。 「恋人が欲しい」という考えがあるのに、毎日家と職場の往復、サービス残業や休日が少ないので出会いがない。 この状態は「労働するために生きている」と言えます。 そんな人生に果たして価値があるんでしょうか。 もしかしたら明日大地震が来たり、交通事故の被害にあうかもしれません。 もう平和な明日は来ないかもしれない。 そう考え平穏な日々に感謝しながら生きると、今までより景色が明るくなってきて、恋に対してもエネルギーが湧いてきます。

・今までの偏見や価値観に疑問を持つ

別れる原因、離婚理由のランキング上位には「性格や価値観の不一致」というものが必ずあります。 色々な要素を内包してるのでなんとも曖昧な表現ですが、価値観こそが人間の相性を作ります。 年齢を重ねてくると「くだらない、つまらない、どうでもいい」という発言が増えてきます。 特に還暦を迎えた頭の堅いお爺さんなんかは若者文化を目の当たりにするとすぐに「くだらん」 と一蹴します。 実は30代で既にこの境地にいる人が大勢います。

その偏見の例を挙げると「無職、アルバイト、フリーターは論外」などが代表的です。 もちろん安定性は正社員の方が勝っているし、収入面でも安心感があります。 このような事を言うのは「お金」というキーワードが絶対的価値基準になっているからです。 何十年後かわかりませんが、高確率で将来的に全世界は同時に金融危機を迎えます。 そうなると「お金」の価値は10分の1かそれ以下、ゼロにまでなるかもしれません。 私からすれば「金が欲しい」という口癖の人は人間的には魂のレベルが低いと感じます。 プライスレス、お金に代えられない価値があるともいいますが、 世の中お金なんて生活する分だけあれば足ります。 昔の日本人は皆貧乏でした、そのことを振り返ってみましょう。 他にも「こういう特徴があるから嫌い」とすぐに拒否感を示すのも物事に偏見があるからです。 多様な価値観を認められるようになると、寛容になるので器も広がり、恋愛の人脈作りにも繋がることでしょう。 頭を冷やし柔軟に変化に対応できると何事も臨機応変に対応できます。 子供のような好奇心、探究心を忘れないようにしましょう。

・ストライクゾンーンを広げる

特に婚活の現場で異性に対する許容範囲が狭い人の共通点は、 「条件よりも人間性で相手を選ぶ」傾向があることです。 生活のために割り切って結婚できる人であれば、年収や職業、家庭環境などで結婚相手を選択することも 間違いではありません。しかし、人間は好きでもない人と同じ屋根の下で暮らしていて幸福になれるのでしょうか。 このような理論を思い浮かべると、自然とストライクゾーンが拡大していきます。 医者、公務員、一部上場企業のエリート正社員などが希望だった人もハードルを下げる事で 、一気にターゲットが増えます。 それに加えて年齢層の範囲も広げれば、歳の差があっても問題なくなるので、さらに恋愛候補の対象が増えます。 妥協や我慢するという悪い見方をせずに、好きになれる可能性がある異性が身近に存在する事に感謝しましょう。

・人脈作りを意識した立ち回りをする

好きな異性以外にはまったく興味を感じず、友達として会話をすることすら嫌がる人がいます。 しかし、このままでは出会いの種を育てられません。 世の中には第一印象が最悪だったのにゴールインまで到達している夫婦が沢山います。 これらの結果を踏まえると、これから人間関係がスタートするかもしれないという始めの一歩の段階で「不合格」の烙印を押すのは あまり適切ではないと思われます。 もしこれが異性からのデートの誘いだったすると、2時間ぐらいだけでも遊びに付き合ってみると、 自分が気づかない相手の魅力が見えてくるかもしれません。 私の経験から言うと、最初に顔を見合わせたときに少し「ピリッ」とする感覚、適度な緊張感を感じると相性が抜群に良い確率が高いです。 どこか他の人とは違う懐かしさを感じる人です。 今までナシと即断していた相手でもキープする という選択肢を増やすことで、交際のチャンスが増えます。 また、キープしていた異性から恋人候補を紹介して貰えることもあるので、 縁を軽く見ず大切にしましょう。

・恋を諦めない

最近は恋愛ニートという言葉がささやかに流行しており、 恋をするやる気がない人がいるという。 どうしてモテないのか、なぜ恋愛できないのか、一生独身かもと頭を抱えているうちはまだマシ方ですが、 「どうせブスだしもういいや」と完全に試合を放棄してしまうとその時点で既に試合終了です。 さらにこのような諦めの境地に達すると一気に老け込み始めます。 男も女も異性を意識しているのといないのでは、ルックスが全然違います。 異性に好きになってほしいという思いがあると、姿勢は背筋が伸び美しくなるし、 服装、ファッションに気を遣い似合うものを選び、髪型も清潔感がある見た目になってきます。 希望を持っているか、捨てているのかだけで全く違うのです。

人は一度後ろ向きになったら最早成長の見込みはなくなります。 逆に夢を諦めなければ何歳でも復活し開花することができます。 世界的に見れば、日本のように飲み水も食べ物もあり治安も良い国は他にありません。 さらに日本人は温和で親切です。 ネットも整備されておりチャンスに溢れています。 恋愛経験がなくても、前向きに行動し始めれば結果はきっとついていきます。 ネガティブな言動や思い込みは全て自分の身に降りかかってきます。 愚痴、不満、妬み、批判、劣等感などのマイナスの感情は出来るだけ無視するようにしましょう。 逆に感謝、楽しい、笑顔、おいしい、など明るい事を考えるようにしましょう。 モテる男女を観察するとわかりますが、大抵はのんびりまったりしていて天然っぽいほんわかした雰囲気があります。 それは心の中が豊かで、温かさで満たされているからです。 モテる人を見習ってその人の思考や態度を真似してみるとヒントになるかもしれません。

・出会いの場を自力で探す

好みの異性は自動的に目の前に提供されるわけではなく、なんらかのアピールやアプローチをすることで 初めて獲得できるものです。 消極的で何もしないままでは、誰からも相手にされず孤独になるだけです。 10代20代の頃はあまりにチヤホヤされるのでうざいと思っていた人も、 三十路を超えて独身、さらに友達すらいないとなると、 周囲が自分に興味関心を示してくれないことに寂しさを感じ始めます。 この状況を打破するためには積極的に行動するほか解決策はありません。 動物は自分の子孫を残すために必死でアタックします。 人間も生物学的には哺乳類という動物の一種、遺伝子を後世に伝えるために一生懸命になるべきなのです。

出会いがない社会人が彼氏、彼女を作る方法 優良婚活サイト一覧 でも軽く紹介していますが、ここでは書ききれない出会いのスポットは他にも沢山あります。 要は独身で時間がある男女が集まる場所があればその場所こそが異性と出会うきっかけに繋がります。 どのようなアクションが縁に繋がるのかというと、 非常に単純なやるべきことが3つあります。
それは アイコンタクト、パーソナルスペース(相手の手の届く範囲)に踏み込む、挨拶 です。
この3手ができるようになれば、街中にいる人なら誰でもお友達になれる可能性を秘めています。 他人行儀でやり過ごすのではなく、旧友と再会するかのごとく振舞うのがコツです。 失敗したら赤っ恥の行為ですが、傷つく勇気を持つことで成功は勝ち取れます。 チャレンジしていきましょう。

例えば本屋で傍にいる人に近づいて視線を送ると目が合った、その瞬間すかさず挨拶する。 この一瞬の出来事だけでもう彼氏彼女の関係になってもおかしくないのです。 第一印象が良かったかどうかは、相手のしぐさや態度である程度わかります。 悪い呼び方をすればナンパですが、これが最も自然な出会いの方法です。 たった一声かけたら意気投合してそのまま食事デート、あるいはメールアドレスやラインIDを交換し、 後日遊ぶ約束をするなど自由自在です。 どこでも良いので、身近に出会いがないか探して実戦してみましょう。 一人歩きしてる人なんて、大抵ヒマしてる人です。 皆出会いに飢えているので、想像以上にうまくいくと思います。 特に女性から男性に声をかけることができれば高確率で付き合うことも可能でしょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.