恋愛tanu.com婚活・恋活方法 > 30代、アラサーの婚活方法

30代、アラサーの婚活方法

婚活体験談ブログや巨大掲示板、2ch(2ちゃんねる)などを覗くと、 「結婚相手が見つからない」という意見ばかりで、 婚活がいかに難しいものかが綴られている。 男性は年齢や若さ、スタイルや容姿の良さを求め、女性は高身長、高年収を求める。 これら二つの需給が驚くほどマッチしない現実がある。 年収が高い男性や20代前半、後半ぐらい女性のペアはあっという間にできて婚活市場から売れていく。 そうなると残るのは、年収が平均以下ぐらい、なおかつ年齢が高いなかなか結婚できない男女、という状況になりやすい。 常に若さを求める男と、お金を求める女がお互いに妥協点を見出せず疲れ果て、 すれ違い続け彷徨っているのが実態としてあります。

特に30代の心理の特徴として、20代の頃に抱いた希望を諦めきれない、捨てられないところがある。 「ここまで結婚できなかったんだから絶対素敵な人をゲットしてやる」と意気込み、 医師や公務員、一流企業務めなど、 若い世代よりもさらに強欲にハイスペックを求めたがる人が多い。 専業主婦願望の女性と結婚後も妻に働いて欲しいと望む男性の意識の違いで破談になるケースも多々あります。 10代20代の男女は結婚相手に求める水準が低いのです。 それこそ無職やニート、アルバイトやフリーター、派遣社員でも「愛情」があれば結婚してしまう勢いがあります。 また、日本人ではなく外国人に目を向けて探したら、すんなり結婚できてしまうことも多々あります。 バブル世代やメディアの影響で日本人の求める理想水準が無意識のうちに高まってしまったのは間違いないでしょう。

カップリングパーティやネット婚活をしている人の平均年齢は35歳程度で言い方は悪いかもしれないが、 30代、アラサー以上の婚期を逃してしまった行き遅れ集団です。 結婚寸前で彼氏や彼女と別れてしまった場合はまだ性的な魅力があるかもしれませんが、 仕事漬けでずっと独身のまま、恋愛経験が無い、異性が苦手なタイプの人は、性格的に我が強く癖がある「痛い人」、 相手の気持ちを一切推し量れない変人、服装やファッションセンスが悪過ぎる等も結構います。 このような男女でも、成功するケースでは出会ってすぐ直感でフィーリングが合い「結婚できる」と運命を感じて結ばれます。 しかし大抵は、初対面の第一印象は良かったので連絡先を交換したものの 、メール交換をしてデートをしてみても「なんだか恋愛対象として納得いかない」という失敗する展開になりやすい。 また、中にはやる気が感じられない人もいます。 メールの返事がやたらと遅い、約束をドタキャン、一回遊んだらもう会えないなど。 こんな中から結婚を決断できる相性の良い人を見つけるのは至難の技かもしれません。

スポンサードリンク

30代としてのマイナス点を意識し、求める条件を明確にする

ぼんやりとした結婚願望だけで相手探しをしていると、少し嫌な部分があっただけで一緒に居たくなくなる、面倒くさいと感じたりします。 なんとなくバイトを始めようと電話をするものの、すぐに辞めたくなるようなものです。 このような意識に陥る原因は自分の中のどこにモチベーションがあるか認識できていないためです。 さらに言えば、どこまで妥協できるかもポイントになってきます。 特に女性で30代は結婚市場ではその時点で既に大きなマイナス評価をつけられます。 本能的にも拒否感がでたり、科学的にも妊娠する確立が下がるデータもあるしで、 子供が欲しいという男性からアプローチがぐっと減ります。 「足ることを知る」のは人生で大切な事です。 付き合える相手がいるだけで満足せず、欲望を持ち高望みしわがままを言っているといつまでたっても幸せにはなれません。 現時点での心のあり方次第で幸福にも不幸にも変わるのです。

〜自分が居るポジションはどこが適切か再確認する〜

客観的に自分がどれくら上の条件を目指せるのか考える必要があります。 顔や容姿、身長、筋肉や胸の大きさ、スタイルの良さ、声の可愛らしさ、経済力、職業、地位、性格、趣味、話の上手さ、など。 自己採点してみて、どのくらいの点数がつけられるでしょうか。 そして、年齢的なマイナス分を引いてみましょう。 婚活のライバル達とはどれくらいレベルの差があるでしょうか。 このようなことを考えてみて、どれくらいのハードルの夢を望めるのかがわかると思います。 この作業で自分相応のパートナー候補の妥協点が見えてくるでしょう。

そして自分が求める条件に優先順位をつけましょう。 1人暮らしを始める際も、駅からの距離、騒音問題、設備の充実、部屋の綺麗さ、家賃、などで場所を選ぶと思います。 それとまったく同じです。 婚活はお見合いや面接をする機会はいくらでもあります。 それこそ希望すれば月に100人以上と顔を合わせることも可能なんです。 少しドライかもしれませんが、星の数ほど居る男女の中から一人を選んで決断するためには、 必須条件、十分条件などを決めてから活動をスタートさせるとうまくいきやすくなるでしょう。 これだけ準備をしても最終的には人間の本能なのか、 ちょっとした縁やタイミングの要素だけで決まってしまうことが頻繁にあるのが不思議なところです。

時間を無駄にせず活動しよう

偶然の出会いに恵まれた青春時代の大チャンスを逃してしまったら、少しは積極的にならなければいけない。 人生の中で今の瞬間が最も若いのです。 特に婚活は早く始めるほど有利です。 仕事をしていて結婚適齢期を過ぎてしまった男女は、「20代のうちから真剣に結婚相手を探せばよかった」 と後悔している人が多い。 30代、三十路で働き盛りだからといって恋愛を疎かにしていると、孤独な将来や老後になってしまうかもしれない。 40代、アラフォーになると結婚はさらに困難になります。

30代ならば、ある程度生活に安定感がある人が多いと思われます。 金銭的にはそこまで貧困というほどでもないのに、仕事ばかりで人間関係を疎かにしているのは、 人生がもったいない。 人は人と寄り添ってこそ幸福を感じるものです。 趣味サークルを探して顔を出してみたり、人脈作りにお金を使う事を計画してみましょう。 お金の最も有意義な使い道は「人と出会う」目的で消費する事だと思います。 学生時代はまったくの受け身でもナンパされたり飲み会や合コンに誘われたりしたかもしれませんが、 30代40代になったら、人の集まるところに出向き、自分の存在をアピールし、自分から誘わなければ出会いはありません。 若い頃にはできなかった「お金を使う」という方法が意外と有効なのです。

優良婚活サイト一覧にも紹介してある ネット婚活は小額の会員費を支払う事で利用できます。 他にもサークルの参加費、5千円程度の費用がかかるコミュニティのオフ会、 ライブやイベント会場への参加、 人気ゲームで少しお金をかけるとそれだけで目立つ存在になれます。 人がちょっとお金を惜しむところでお金を出すと、「人との縁」が買えるのです。 一万円となるとさすがに高額すぎる気がしますが、5千円程度なら最も良質な出会いが期待できます。 お金が掛かることによって、ある程度、本気度が高く友好的な人だけが集まりやすくなります。 無料や低価格のオフ会は集まってくる層に下心がある人や危険人物の割合が増えます。 私は実際に幹事としてオフ会を募ることもありますが、 オフ会の実施内容、必要金額、時間帯によって集まってくる人の属性はある程度決まる傾向があります。 募集時の金額がアップするにつれて比較的「まとも」な人が集まってきます。 若い頃にはできなかったお金の無駄遣いを、人脈作りの投資資金として利用すると驚くほど異性と出会えます。




恋愛は子孫を残すための競争社会。 積極的に行動しなければ、将来の伴侶を見つけることはできません。 できれば29歳までには結婚をしておきたかったところですが、 その年齢のラインを逃してアラサーに突入したのなら、 よりハードなレースをしなければならないのが人間の世界です。 今からでも遅くはありません。 焦らず心に余裕を持ちながら、尚且つアクティブに婚活戦略を練り実行に移しましょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.