恋愛tanu.com婚活・恋活方法 > 結婚相手の探し方、見つけ方

結婚相手の探し方、見つけ方

近年、日本は非婚晩婚化が著しく進行しています。 年頃の男女は約半数が彼氏彼女、恋人無しという深刻な現状です。 一生1人で過ごすのはあまりに寂しいです。 友達も恋人も居ない人は、年を重ねるごとに孤独感に対する悩みは深く重くなっていきます。 手を打つのは早いに越したことはありません。

30代、40代、老後、孤独に生きていくのは余程趣味や娯楽を知らなければ辛いことでしょう。 「良い人が見つかれば結婚したい」という決まり文句を言って受け身のままだといつまで経ってもお声は掛からず 、仕事をしているだけで結婚適齢期を過ぎてしまいます。



残り物、余り物と言っては失礼かもしれませんが、三十路を過ぎて中高年の行き遅れになってしまったのなら 、プライベートの時間を使ってでも積極的にアピールしないと新しい出会いを見つけるのは難しいです。 とはいっても、自分のことを卑下してネガティブに必要はなく、 自信を持ってポジティブに結婚相手を探しに勤しみましょう。

これから婚活を始めたいという方は、 優良婚活サイト一覧 におすすめの婚活サイト、やり方を軽く紹介しているのでチェックしてみましょう。

恋愛と結婚は違うと考えている人ほど高確率で交際相手に妥協しない性格です。 逆に惚れっぽくて「好きな人となら辛くても頑張れる」というタイプの人はすぐに結婚できますが不満を我慢して生活する人が多い。 どちらも両極端ですが、案ずるより産むが易しで、 やらないよりやってしまった方が簡単です。

結婚は理性的に考え過ぎても不安ばかり募って始まらない、人間も本能で生きる動物とさして差は無いと思われます。 成り行きで流れに従うままに結ばれる男女はすんなりうまくいったりします。 あまりに結婚相手を吟味、品定めし過ぎていると優柔不断な人だと誰にも決めきれないことがあります。 あれこれ複雑に考えず直感でシンプルに「この人がいい」と思える人と出会い結婚できるのがベストでしょう。

スポンサードリンク

将来離婚しない相手をパートナーに選ぶには

10代前半〜20代前半の年齢で結婚する男女は離婚率が著しく高いと言われています。 若いカップルが性欲や一時の勢いに流されて将来設計や家族計画を考える前に、 出来ちゃった婚、おめでた婚で夫婦となり、すぐに価値観の不一致で別れてしまうケースがよくあります。 結婚した夫婦の3割は将来的に離婚し、中でも特に若い世代では約半数が破局するというデータがあります。 さらに経済が成熟していくにつれて離婚率が上昇していっています。

結婚相手を絞り込む際には、関係が長続きするかどうかを第一に考えるべきかもしれません。 なぜ愛を誓い合った男女が離婚してしまうのか、その原因や理由はどのような点が問題なのでしょうか。 恐らくその答えは結婚生活に対する理想と現実のギャップにあります。

特に女性は結婚生活に夢見がちで、家族団らんで明るく毎日がハッピーで仕方がないというイメージを膨らませています。 しかし、実際はどうでしょう。 生活するためにはお金がいるし、長期間一つ屋根の下で同居していれば、 相手の汚い面や嫌いな習慣や癖が垣間見えるようになってきます。

無口で口下手な夫と一緒の妻は、日常生活での会話の少なさに鬱憤、ストレスが溜まってくるかもしれない。 夫は奥さんがぶくぶく太って体型が乱れたり感情的になったりして嫌になるかもしれない。 旦那の夜遊びが好きで帰りが遅かったり、酒癖が悪かったり、子供のしつけや教育方針でケンカしたり、 体の相性が合わなくて面倒だったりなど、様々ないざこざが発生します。

結婚前にプラスの想像をしている人ほどこのようなマイナスの出来事に直面した時、 心理的な落差で現状に不満足になって、 浮気や不倫に走ったりしてしまい、一気に夫婦の信頼関係が崩壊します。



独身未婚時のデートで遊ぶのと、結婚後一緒に暮らすのでは難易度も質もまるで違います。 デートをするだけであれば、5時間程度、長くて旅行や家で一泊する2日ぐらいなので自分の本性を隠して 、優等生の仮面を被り演技することもできます。 女性であればお化粧も洋服も髪のトリートメントも完璧、男性であれば普段はキレやすかったり人をぞんざいに扱うのに、 その時だけ優しく紳士的に変身していたりする。

将来を考えない遊び相手として楽しむならどんなスペックでもOKですが、 結婚を前提にして付き合うのであれば、結婚後も仲睦まじく暮らしていけるかを相手の特徴から考える必要があります。 恋愛、結婚、2つの能力の特徴にはどのようなものがあるのか確認してみましょう。 もし真剣、本気で結婚相手を探したい、見つけたいというのなら、結婚面でのポイントが高いパートナーを選ぶ方法をおすすめします。



・恋愛相手としての魅力

・顔、容姿が優れている、イケメン、美人
・スタイルが良い、色気がある
・何をするか予想ができなくて刺激的、ドキドキする
・オシャレのセンスがあり派手、キラキラしている
・楽しい遊びや娯楽を教えてくれる
・一緒にいて飽きない
・学歴、肩書き



・結婚する伴侶としての能力

・正直者、嘘をつかない
・誠実で信頼できる
・一緒にいて安心感がある優しさ
・経済力、年収、仕事ができる
・金銭感覚が堅実でしっかりしてる、質素倹約
・忍耐力があり、地味な作業をコツコツこなせる
・子供や動物が好き
・家事が得意
・年齢



結婚した後にどうでもよくなった条件のトップにランクインしているのは、 相手のルックスに関することです。 ブスは三日で慣れる、美人は三日で飽きるではありませんが、人には環境に適応する力があり、 初めはどんなに綺麗、格好いいと思っていても慣れてしまいます。

また、容姿や体に関することは年を重ねるごとに必ず衰えていきます。 肌の張りも消えシワが増えていく。アンチエイジングで老化を遅らせることは可能ですが、 誰しも肉体的に劣化するのは止められません。

若い頃は一緒にいて面白いことを重視する傾向が強い。 乱暴物だけど波乱があってハラハラしたり、ロマンチックなデートスポットに連れて行ってくれると惚れこんでしまうかもしれない。 これらの要素は長期的に見ればいずれ慣れてしまい、どうしてもマンネリを感じる要素です。 お調子者で笑わせてくれても、将来はウザイだけかもしれません。

恋の魔力は不思議なもので、周囲の友達から見れば明らかに最悪の人間であっても、 付き合っているカップルからすれば相思相愛でラブラブの場合もあります。 そんなカップルがいざ同棲を始めてみると、性格の食い違いですぐ様別れることもある。

これに対して結婚相手に必要なのは、長期的に寄り添うための人柄や生活力です。 一生を共に過ごすとなると、多少つまらなくても安定感がある方が心が休まります。 特に一緒にいて幸福感を抱ける相手かどうかは最も大切なことです。

短期的な付き合いの場合、相手の人間性がどんなに劣悪、性悪でだらしなくても 怖いものみたさのような感覚で交際してしまいがち。 しかし、その刺激が当たり前になった時、客観的にみればただの短所、欠点でしかなかったりします。



結婚生活が長続きするのは、人間的にしっとりとした大人しい印象を持つ男女です。 下手に着飾ったり強がったりせず、誰にでも公平に自然体で接することができる人は、人格的に優れていると言えます。 地味で真面目、少しオタクっぽい喪男、喪女などは意外と早く結婚するものです。 このようなタイプはトークをしていて特別面白味は感じないかもしれませんが、結婚を視野に入れて選ぶのなら断然信頼感があります。

簡単にまとめてしまえば恋愛と結婚の違いは「刺激」と「安定」どちらが表に出てくるかです。 安定感がありバランスが良い男女は長く付き合えば付き合うほど、愛情が増していき「尊敬できる、感謝している」 という意識がお互いに芽生えていく傾向がある。 ロングスパンの視点で考えた時、外見よりも内面、特に人格が優れていることがより重要視されると言えそうです。

日本では過去、お見合い、両親や仲人の紹介、戦略結婚など半ば強制的に縁結び的なことを強いられていたこともあります。 外国でも宗教や階級、民族事、結婚相手が勝手に選び出されてペアを作ることがある。 しかし、このように自分の意志と関係なく出来上がった関係だとしても絆が生まれて子供を作り、幸せになれる。

むしろ自分で結婚相手を探して選んだ時よりも満足度が高いという心理学のデータがある。 初めから結婚への期待が少ない分、嬉しいことがあると幸福を実感しやすいのかもしれない。 過去、女性は結婚しなければ生活が苦しかった、しかし現在は独り身でもなんとでもなる。 相手を自由に選択できる時代だからこそ、人は理想を追い求め過ぎて不幸に陥っている面があるのかもしれません。

具体的に婚活成功までの道のりをイメージをする

何事も成功のビジョンがないと物事はうまくいきません。 自分がどのような道のりで人生の伴侶と結ばれるのか、探し方や見つけ方の具体策を頭の中に思い描いてください。 恋人探しという名の迷宮、何も知らずに闇雲に突っ込んでもあたふたして壁にぶつかるだけです。

ゴールまでの地図を持っていればあっという間に抜け出すことができます。 何も考えずに気ままに流れに乗っていてうまくいくのは極端に運が良い人だけです。 普通の人はそれなりの努力をして良い結果を勝ち取るのです。

・出会いの手段、アプローチ方法

社会人として働いていると、仕事があるので出会い探しに割く時間がまったくないという人がいます。 しかし、月に4日しか休みが無いという人でも恋人は作れます。 週休二日で何もしていない人よりも、一日少しでも異性を探す努力をすれば出会い力はアップします。

簡単に出会いの具体例を挙げれば、外出先、飲み会、海、旅行時、職場の同僚、派遣の営業先、 デパート、ゲームセンター、クラブ、趣味サークル、習い事教室、 カップリングパーティ、ライブ会場、イベント毎、ネットSNS(twitter、facebook、mixi)やコミュニティ等。 男女が集まる場所であればどこでも良縁が見つかる可能性があります。

些細なきっかけでもチャンスを逃さないことが大事です。 ハンカチや携帯電話を拾ってくれた、ふとした瞬間に目が合った、 心にゆとりを持って生活していると、他人を観察する余裕が生まれてきます。 異性と仲良くなる機会はどこに潜んでいるかわからない、 運命の人との赤い糸は意外な偶然で縁が見つかったりする。

日々油断せずにいつでも異性と親密になれるような心の準備をしておきましょう。 できることなら、その時に一声挨拶できる、さらにアクティブにメールアドレスや携帯電話の番号を聞きだせる ぐらいの積極性があれば、出会いは溢れかえっています。

・理想の相手の条件

結婚際手を探す時に最もいけないのが、条件をつけすぎる ことです。 結婚は妥協、打算、惰性とはあるドラマの名言であり、ある意味的を射ている言葉です。 どんなに好きな人と付き合っていても「もっと条件がいい人がいるかも」と思うのは当然のことです。

お金持ちだから付き合っている、なんとなく一緒にいるからそのまま結婚したというカップルも大勢います。 自分がどのような優先順位やハードルで結婚相手の決め手とするのか。 アリかナシかのボーダーラインはどこなのかをしっかり見極める必要があります。

格好いい人や可愛い子以外受け付けない、 年収は500万円以上、身長が高い、胸が大きい、 バイトやフリーター、派遣社員は除外、両親と実家で同居は嫌、豪華な結婚式を挙げたいなどなど。 他にも細かい身体的、性格的な特徴を挙げれば沢山求めるものはあるでしょう。 これらの中で自分がどの程度までなら許せるのか考えて見ましょう。 そして、合格ラインが低ければ低いほど結婚率も高まります。

むしろ、既婚者の大半は相手に条件など求めずに、手近な異性と結ばれてそのまま結婚したカップルです。 不思議なことに、条件面を気にする人は条件に合致した人がいても「本気で好きになれない」など イチャモンをつけて結局結婚できずに婚活が失敗するケースが多い。

逆に絶対生理的に無理、一緒に過ごせないというマイナス点だけピックアップして、 悪い人物だけを避けるようにすると、自然にいい人と巡り会えるかもしれません。

・交際期間

どのくらい付き合ってから結婚したいのかという目安も重要かもしれません。 何も考えずに過ごしていたらいつの間にかスピード婚、電撃結婚というパターンもありますが、 そのような場合でもどこか、「早く結婚したい」という意識があったのではないかと思います。

じっくり時間をかけるタイプと、短期決戦ですぐに親密になれるタイプでは相性が悪くなりやすい。 人見知りで相手に警戒心ばかり持っているのは恋愛面ではマイナスになります。 出会って初日で大人の関係になれる男女の方が恋人作りにはアドバンテージがある。 焦ってガツガツしすぎるのは引かれてしまうかもしれませんが、 逆に知り合ってからずっと余所余所しいといつまで経っても距離が縮まらない。

惰性であまり好きでもない人と付き合って結婚適齢期を逃して後悔することを考えれば、相手を見極めるお試し期間を 半年程度と設定しておいた方が良いかもしれません。

・子供の有無

養子、子供がいなくても人生を共に歩めるか、絶対に子供がいないと嫌なのか。 世の中には赤ちゃんができずに悩んでいる夫婦が大勢います。 特に35歳を過ぎた辺りから、卵子の減少、精子の運動率が弱まり妊娠の確率が著しく下がります。

現代人はネット社会で情報量が必要以上に存在し、ストレス過多です。座りっぱなしだったり、飲酒、環境ホルモン、 携帯電話をポケットに入れている人は電磁波が体の性ホルモンに悪影響だとも言われています。 両親に孫の顔を見せたいと思って不妊治療をしても成功率は30%程度で妊娠が一生叶わないこともあります。

子供が複数欲しいという方は健康で丈夫そうな人を結婚相手に選ぶと良いでしょう。 また、極端に子供が嫌いな人も仲にはいます。ここも結婚前に判断しておきたい重要なポイントです。



真剣に結婚相手の探し方や見つけ方を考えると、 1人だけ選んで、すぐにその人と結婚することの困難さに気づくと思います。 特別に惚れた一人だけに全エネルギーを注ぎ、 一途に想い続けるというのは青春としては憧れるロマンチックなドラマですが、なかなかそのような恋は成就しません。 ドライな結婚市場では、大勢の候補者の中から同時進行でアタックし続ける方が時間が無駄にならず効率が良い。

男も女も星の数ほどいます。 優秀な白馬の王子様を見つけるのは大変ですが、 どこにでもいそうな平凡な人と強い絆で結ばれることは比較的容易です。

初めはあまり興味が無かったけど次第に好きになるパターンのカップルは多い。 付き合っていくうちに彼氏や彼女を自分好みに磨き上げて育てるというのも男女関係の醍醐味のひとつです。 異性を探しても見つからない、という人は、自分の要求水準が高過ぎると考えてみると、 可能性は無限に広がっていきます。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.