恋愛tanu.com婚活・恋活方法 > 成功率の高い婚活方法

成功率の高い婚活方法

昔は30代やアラサーなどいい年の大人が独身だと、 黙って仕事をしているだけで、両親や近所の世話好きのおばさんが仲人となってお見合い話や紹介を持ちかけたりしていたと言われている。 しかし最近の日本人は都市化で1人暮らしが多く、家族の結束やコミュティ意識が希薄になって来ており、 近所付き合いも挨拶もなく、 隣にどのような人間が住んでいるかすら知らないという人が増えている。 このような環境では個人の努力によって出会いの縁を手繰り寄せなければ一向に生涯を共にする伴侶に出会えない 可能性すら出てくる。

異性との出会いの場は沢山ありますがどのような手段が最も効率的かと 考えると最初は悩むかもしれません。 とある恋愛SNSが出会ったきっかけを調査した結果によると、
1位 学校の同級生、2位 インタネート、3位 友達の紹介、職場関係、 以下合コン、クラブ、街中でのナンパと続きます。 上位3つがほぼ同列で80%であり、他はほんの数名程度の結果です。 また、婚活会社が世間に知られたくない真実として、 カップリングパーティやお見合いなどの全体的な婚活独自の成功確率は10%であり、 なかなかうまくいかない実態がある。

婚活はビジネス視点でいえば少子高齢化、独身未婚者の増加で市場規模が拡大傾向にある。 婚活運営会社にしてみればあまり世間に公表されたくないデータかもしれません。 心理的にも結婚を前提にした交際に発展しにくい原因がある。 結婚相談所は入会金や成婚料が高額であり、スタートの段階でコストが生じる。 人は自分が掛けたコスト(お金、労力、時間)の量に比例してその分を取り戻そうとする性質がある。 つまり、「これだけお金を出して頑張るんだから絶対素敵な結婚相手を捕まえてやる」 という野望で心が燃え上がってしまい、相手に求めるものを高望みしてしまう傾向がある。 理想の条件、職業、年収などのハードルが高いのでなかなかマッチングした相手に満足できない。

また、男女の需給バランスの食い違いも問題になっている。 男性は若くてスタイルが良く、可愛い、美人な女性を好み、 女性は年収500万円以上、高身長、安定した職業などの条件を求める。 このハイスペックな条件を満たすのは一部のエリート層だけであり、 そのような人達はすぐに売れて婚活の場から消え去ってしまう。 すると残り者同士で相手のあそこがダメだと批判や文句を言うばかりになってしまう。 他のNG要因として、コミュニケーションが下手、価値観が合わない、 顔や容姿が好みのタイプじゃない、生理的に受け付けないなどの注文をつけられて アプローチを拒否されることも沢山ある。
簡単にまとめてしまうと、 合コンやカップリングパーティは成功率が低い出会い形式で、 お互いに望んでいた相手となかなか巡り会えないのが現実のようです。

スポンサードリンク

出会いやすい婚活方法とは

・ネットの活用が最もチャンスに恵まれる

現在と昔の大きな違いはIT革命により誰でも手軽にインターネットが使えるようになったことです。 どのような情報も瞬時に共有できる速報性を備えており、 どんなに離れた場所での人間同士の交流も可能にしました。 あの有名なテレビ番組「新婚さんいらっしゃい」でも高頻度で「ネットで知り合った」という 夫婦が出演するようにもなってきています。 恐らく既に2〜3割程度の既婚者はネットから付き合いが始まった男女が多いのではないでしょうか。

フィーリング重視の積極的でアクティブな行動派なら実際に顔を会わせるパーティ形式が好まれるかもしれませんが、 もし人見知りな引っ込み思案で口下手、異性が苦手で消極的な性格なら、ネット婚活が最も効率的でお手軽です。 ワンクリックで同じ地域や趣味、プロフィールを検索でき、 3分もあれば30人ぐらいの候補を品定めできます。 優良婚活サイト一覧 にもあるように、ネットSNS系の婚活サイトは大人気でありリーズナブルなのが特徴です。 また、結婚相手探しに限定しなければ無料のSNSや掲示板などでも彼氏や彼女を作ることができます。

実際に街中に繰り出して好きな人を見つけるのはかなり運の要素に左右される面があります。 しかし家にいながら大勢の人と出会うことができるパソコンやスマホ、携帯は凄く便利なツールで、 運だけでなく根気で魅力的な異性を発掘できる楽しさがあります。 人によっては抵抗があり自然な出会いとは呼べないところが欠点かもしれませんが、 外に出て異性を見つけるのと違い、労力に見合った成果が出やすいのがメリットと言えます。

・特殊な婚活に顔を出してみる

趣味別、オタク会(アニメ、漫画、ゲーム)、アウトドア(山登り、スキー、バスツアー)等の特殊な婚活は相性が良く成功率が高い。 人は心理的に自分と共通点を持っている人に興味や好意を持ちやすく、 好きなことが共通するのは出会いのきっかけや仲良くなるのに最適です。 また、初対面だと形式的な話題ばかりでどこか会社の面接のように他人行儀な会話になってしまいがちですが、 何らかの特徴を持つ人同士であれば会話ネタがあるのでトークが盛り上がりやすいのも交際率が高まる理由です。 婚活と言うとすぐ頭に「好条件を獲得する」という欲望が浮かんでしまいがちですが、 人間同士が本当の意味、純粋に恋愛をするということを考えると、 似たような分野に打ち込めるパートナーは非常に心強く一緒にいてお互い成長できます。 現在の婚活でなかなかカップル成立に至らないと悩んでいる人は、 一風変わった催しに参加してみると新たな発見があるかもしれません。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.