恋愛tanu.com婚活・恋活方法 > 婚活がうまくいく方法、うまくいかない理由

婚活がうまくいく方法、うまくいかない理由

恋愛は不思議なもので、顔や外見が可愛い綺麗、イケメンかっこいい という要素もそれなりに大切ですが、容姿や見た目など表面的なことで決まるわけではなく、 二人の相性やフィーリング、熱意あるアプローチ、運命的な縁、コミュニケーションによって築いた 関係性など、精神面での 理由で結婚相手と結ばれたりすることもあります。

婚活がうまくいった独身未婚の男女はどちらかといえば心理的、内面的な強さによって成功したと言える事が多そうです。 もちろん相手の希望の条件面を備えていることも大切かもしれませんが、 うまくいくかうまくいかないかはそれだけが原因ではないと思っておきましょう。 これから結婚したいと思っている人は婚活成功者や既婚者の特徴やうまくいった方法を勉強して取り入れてみましょう。

スポンサードリンク

婚活でうまくいく人の共通点

・楽しみながら活動している

これは人が最も高いパフォーマスで動ける絶対条件です。 物事を楽しめるかどうかはある種才能のようなものでもありますが、 自分がしている行動に自信を持って取り組めている証です。 好きこそ物の上手なれというように、「嫌われたらどうしよう」と不安な気持ちで婚活をやるよりも、 「婚活で色んな人に会うのが楽しみ」と思っている方がうまくいくのは当然です。 簡単に言えばプラス思考、ポジティブシンキングの人が結婚しやすいのです。

大体、結婚と言うのはほとんど運です。相手の仕事がどうなるか、性格が豹変したりしないか 、浮気をしないか、お金は足りるのか、など結婚生活のことで悩んでいてはいつまでたっても結婚できません。 現時点で自分が楽しめているのか、本当にそれがしたいのか、といことを考えて婚活をしているのか一度 自分の心に問いかけてみる うまくいく方法の一つです。

・結婚に高望みしない

これは本当によく言われることです。 結婚生活に必要なものって何なのか自分なりに考えて見ましょう。 貯金、相手の人間性、顔、スタイル、職業、持ち家、価値観の一致、一体何が必要なんでしょうか。 私が思うに一番大切なのは、二人の求めるものが一致している事だと思います。 収入が多い男性と結婚したい女性、愛嬌がある女性と結婚したい男性、 これが合致すればカップル成立に至ります。

そこで問題になるのが、相手に求める条件、ステータスのハードルが高い人は、 ライバルとなる競争相手も必然的に増えるということです。 「フィーリングが合えば良い」という人は、ほとんどの人と結婚できることになります。 逆に「絶対年収500万円以上」というハイスペックの条件を提示する人は、それだけ難易度が高まるのです。 多くの人は素直で謙虚な性格の人が好きです。 結婚に多くを求めない男女は自然とうまくいくのです。

・優しさや包容力がある

婚活では会話やしぐさなどから安らぎを感じさせることができる男女が有利です。 例えば会話で言えば、相手の話をしっかり聞いて肯定したり褒めてあげる。 優しさなんていうのはちょっとした気遣いやサービス精神さえあれば誰でもできます。 ポイントとしては会話をできるだけ相手の趣味や得意分野に合わせ興味関心を持って しっかり聞く、少しでも共通点があったら、そのことを話題にして親近感を出すなどすると効果的です。

これは実際に会っている時だけではなく、ネット婚活やカップル成立後の メールやメッセージの文章でも使えます。 相手を気遣い心を和ませるようなメールを送れば、「会ってみたい」と思ってくれることでしょう。 基本は相手を喜ばせたい、笑わせたいというサービス精神さえ持っていれば恋愛テクニックなどは あまり気にしなくてもうまくいくことでしょう。

・失敗しても前向きに再チャレンジできる

うまくいかなくても縁が無かったとスッパリ諦めて次に行けることは重要な能力です。 一つの方法、手段を試してうまくいかなくても生きていれば再トライできます。 仕事も恋愛も人生もトライアンドエラーで何度も間違えてようやく成功します。 婚活では、アプローチしても振り向いてくれなかったり、交際を拒否されたり、 デートするところまで行ったのに、そこで失敗してしまったりなど、 うまくかないことはいくらでもあります。 中には婚活疲れをしてうつになってしまう人もいます。

うまくいかないときに自分を追い詰めてばかりだと精神的に疲れてしまうので、 失敗してしまった理由を自分のせいにばかりにするのではなく、環境やタイミング、 たまたま運が悪かったと軽く受け流すぐらいで調度良いのかもしれません。 人の一番優れている点は倒れても何度でも立ち上がって再チャレンジするところです。 1000回失敗しても1回成功すれば勝ちなんです。

・笑顔で会話できる

ユーモアがある人は常に需要があります。 男女が長くに付き合っていると、大抵は会話のネタがループして尽きてきたり、 沈黙する時間が増えてきたりします。無言で一緒に居られる関係なら理想的なんですが、 常に話していなければ気がすまない人もいます。

特に女性はコミュニケーションを重視しているので、無口な男性よりも 笑わせてくれる人や面白い人の方が好きです。 女性の場合は、すぐに笑ってくれる特徴があると男性に好評です。 普通に話しただけでも面白がってくれると男性は嬉しくて沢山話したくなるのです。 要は感情表現豊かでリアクションが上手いのです。

男女ともに自分の話を聞いて面白そうに笑ってくれると、「ちゃんと話を聞いてくれてるな」 と思って安心します。逆に反応が薄かったり無表情だと、「嫌われてるのかな」と不安になります。 アメリカ人は社交的でユーモアがあり、軽いスマートなジョークもうまいし、すぐに笑ってくれます。 感情を隠すのは日本人の美点の一つですが、婚活では自分を積極的にアピール、感情を しっかり表現していったほうが相手の気持ちを愉快にするし、自分も得をすることでしょう。

・好きなタイプは好きになった人

好みのタイプが限定的過ぎる人はなかなか理想の相手に巡り合えず、 「なんか違うんだよなー」と不満を抱きながらも婚活はうまくいきません。 モテる男女の共通点として、絡んでくれる人は誰でも大歓迎という受け入れ態勢が 万全の人が多いです。逆にうまく行ってない人はストライクゾーンが狭すぎるという理由が挙げられます。

「かっこいい、イケメン」「身長は175cm以上」「美人、可愛い」「胸が大きい」 「面長」「細くてスタイルが良いモデル体型」こんな大まかなルックスの好みだけなら まだマシかもしれませんが、自分の理想と少しでもズレがあると、全て恋愛対象外 となってしまう人がいます。相手の短所や欠点や悪い部分ばかりに注目してしまい、 長所や優れている点を見ようとしないのが婚活でうまくいかない理由なのです。 妥協というと言い方は悪いかもしれませんが、 相手の悪いところだけではなく、良い部分を見つけることが人間関係には重要なのです。

婚活でうまくいかない人の共通点

・現状に疲れている

焦りや苛立ちや不満、不安や苦痛などのストレスを感じている人はそれが顔の表情や体に体調の変化として出てきます。 婚活を必死にやりすぎると、余裕が無くなって怖がられることだってあります。 婚活で大事なのは「結婚してやろう」という欲望ではなく、「いい人を見つけたい」という純粋な心理です。 ネガティブな感情というのは、自分で思っている以上に相手は敏感に察知して伝わります。 人間が持つ非言語コミュニケーションの力、直観力は侮れません。 言葉に出さなくても、しぐさや態度から「疲れてそうだな」「ばつが悪そうだな」「なんかイライラしてるな」というのは なんとなく理解できます。

どんなに苦境に立たされているとしても、それを顔に出してしまうのはまだまだ未熟です。 辛さを撒き散らす人間には誰も近寄ってきません。 できるだけ自分自身の現状を認めハッピーになれるように感情をコントロールしてみましょう。

・結婚に求める最低条件が多すぎる

相手に要望ばかり突きつけていると、「私が好きなんじゃなくて、条件さえあうなら誰でもいいんだな」 と思われ目の前に居る人に対する愛情はすぅーっと消えていきます。 自分のことは棚にあげ、相手の職業や年収、容姿やスタイルなどのデータばかり重視して追いかけていると 、競争率が高く、いつまでたっても良縁に巡り合えません。

結婚相手に求める条件の幅を狭めたり限定しすぎると、対象者として自分に集まって来る人が少なくなってしまう。 ハイスペックなことだけが大事な事ではありません。 好きな人と結婚して、一緒に生活していくという本質を忘れて、 妥協できず、お金持ちや安定だけを求めているのは、理想と現実がかけ離れてすぎている欲深い人と思われます。

まず精神的な繋がりを感じられる男女を選ぶということ第一に考えてみましょう。 夫婦として結婚生活をするのはそこが大前提なのです。 決して「楽をするため」に結婚するわけではないのです。 むしろ結婚後は子育てに追われ、女性であれば 妻として家事や料理、親戚や近所付き合いをしなければならないし、男性であれば一家の大黒柱として 責任を持って仕事しなければいけません。自由に使えるお金も時間も減り大変な事ばかりでしょう。 「条件」と結婚したいという考え方は婚活がうまくいかない代表的な原因、理由でしょう。

・場の空気を読めない

言わなくていいことを言ってしまい自滅してしまうパターンは良くあります。 過去の恋愛話、元カレ元カノはこうしてくれた、武勇伝、自慢話など、 特に昔モテた自慢は相手の嫉妬心を煽るので非常に危険です。 しかも遊び人だと思われるので悪い印象を与えるのは当然の結果になります。 基本的に昔話をする必要はあまりありません。

現在どうなのか、これからどうしたいのかという将来、未来に関する話題で会話をするほうが 明るくポジティブで好感をもたれやすいです。 過去に良い思い出ばかりではなくトラウマを抱えているような男女も大勢存在しています。

具体的にNGな質問例としては、「こういうところにはよく来るんですか?慣れてるんですか? 「何で結婚しなかったんですか?」「職業はなんですか、年収はどれくらいですか、一人暮らしですか?」 結婚がうまくいかないことを答えなければいけない質問を投げかけるなんて、会話としては 最低で、不愉快になってしまうでしょう。 過干渉や束縛は嫌われる原因になるので注意しましょう。

そしてよくいるのが、機械的に条件面の質問ばかりしてしまう人、 これは選別している印象を受けるので良くないです。 確かに相手のプロフィールは重要な項目かもしれませんが、だからこそネチっこく尋問するように聴くのではなく、 サラっと流す程度にしましょう。 人間関係では利益が欲しいのならまずは相手にサービスする、ギブアンドテイクが基本です。 自分だけおいしいところを得ようとする卑しさは嫌悪される対象なので注意してください。

・プライドが高く思いやりがない

相手へのサービス精神や思いやりがないことは、そのまま不誠実な性格へと繋がっていきます。 婚活がうまくいかない男性にありがちな特徴として、 説教臭い、上から目線で偉そうな態度という点が挙げられます。

まったく意識せずに、自分の考えや価値観に合わないことを何でもかんでも否定してしまう人は要注意です。 また、アドバイスが多すぎるのも勘違いしていると思われて良くありません。 女性の場合は高飛車だったり、 礼儀や言葉遣い悪かったりする人がいます。 男性は女性におしとやかな感じ、お嬢様っぽさを夢見ているので、その願望を壊さないように振舞いましょう。 自我が強く頑固な性格の人はプライドが高く「お堅い」印象になりがちなので要注意です。

・消極的で大人しすぎる性格

性格が内向的すぎる人はうまくいかない人が多いです。 傲慢になりすぎてもいけませんが、逆に内気になりすぎても良くないのです。 特に、女性ならまだしも男性で消極的なのは致命的です。男はアプローチしたり 誘う立場なので、草食系ではなく肉食系でガツガツアタックしなければ婚活でうまくいくはずがないのです。

女性の場合は、受け身過ぎてコミュニケーションが下手だったり、 会話が止まってしまったり、褒めてくれるのにそれを否定してしまったりなど、 よそよそしさを感じさせてしまうのが欠点です。 恋愛も結婚も積極性に乏しいのはうまくいかない人の特徴、共通点です。

性格が暗いことは特にカップリングパーティやお見合いパーティなど多人数で交流する機会では不利なので 、社交性を少しは鍛えておきたいものです。 ただ、男女二人きりでのデートやお見合いの場合は相性やフィーリング次第なので 人見知りだったり大人しい性格でも特に問題はありません。

・清潔感が無い

男女共に最低限の身だしなみができていない人が結構います。 こういうことを非常識でマナーが悪い、礼儀正しくないというのでしょう。 だらしない姿を平気で晒せるのは周囲に対する配慮が無く無神経というものです。

ヒゲが伸びている、髪がボサボサ、ネイルがゴテゴテしすぎ、靴が磨り減っている、姿勢が悪く猫背、 歯がくすんでいる、服にゴミがついている、などです。 常日頃から部屋の掃除をするように心がけていると、心理的にも磨かれるし、 自分の体も整えようという意識が生まれます。 常日頃意識している思考は現実化します。 まずは自分の気持ちが汚れていないか確認して改善してみましょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.