恋愛tanu.com婚活・恋活方法 > 婚活する人が増加した理由

婚活する人が増加した理由

最近の日本の独身未婚の男女は異常と言えるぐらい男女交際や異性との交流が減ってきているという。 20歳になった新成人に行なったアンケートでは、1996年は男女共に恋人がいる人が50%だったのに対して、 2013年では男性16%、女性34%と減少傾向にあるという。 国が行なった調査でも結婚適齢期の男女18〜35歳で特定のパートナーがいないシングルの人は約50%となっている。 昔は自然に出会い、結婚までスムーズだったものが、どんどん非婚晩婚化、さらに10代20代の若い人でも 彼氏、彼女ができないという状況になっている。 身の回りの30代、40代、アラサーやアラフォー男女も独身の人が増えているような気がするという。 世間では「自由恋愛」が広がっていると言われていますが、むしろより初心で純粋になってきてるような正反対の現実があります。

なぜこのような状況になったのか、理由は原因は複雑に絡み合い本当に難しいものですが、 最近よく聞く言葉が「恋愛の仕方を忘れた」というもの、しかし結婚願望がないわけではない。 特に女性ではこれが多く、純粋に人を好きになる方法がわからなくなっているのかもしれません。 私が最近思うのは、日本人は知識や知能は進化して頭でっかちになっていますが、 動物的な本能、直観力などの面では急速に退化しているのではないかということです。 恋愛の草食化傾向、体力の減少、人との絆の希薄化など、人間としての能力やパワーが失われ、 機械的な冷めた思考に価値を置いてしまいがちになってきている。 変わった見方をすれば、国が日本人の牙を抜いたとも思えますが、 男、女であることを今一度再認識して、誰もが大好きな人と結ばれて欲しいものです。

スポンサードリンク

結婚相手が見つからない原因

・ネットやメディアによる誤ったイメージの定着

「テレビは嘘ばかり流している」と言うと首を傾げるかもしれませんが、 恐らくこれが真実です。 婚活番組を見ると、年収400万以上は当たり前、 女性がズラリと並ぶ番組で「結婚相手に求める年収は?」という問いには「500万円以上」という回答。 巷ではボーナスが出た、景気がいいの大合唱。 しかし、実際若い年齢層では年収手取り300万円にも満たない人が増加しています。 20代の貧困層は増え、賃金格差は広がっているけど、テレビでは平均年収ばかり取り上げてむしろ逆の景気がいい話しか報道しません。 特に最近の女性はお金に対してシビアになっているような気がします。 ネットの掲示板を少しでも覗いて見ると、女叩き、男叩き。 自分の頭に考えることができないと、このような情報に踊らされ、 極度に自信を失ったり、異性に対して嫌悪感や否定的な感情が湧いてくるようになってしまうかもしれません。 婚活をしても結婚できない人は自分が打算的で高望みして妥協できないでいるか、あるいは相手から求められる条件に応えられないか、 というケースである場合がほとんどです。

テレビを見ると、イケメンや美女の芸能人がズラリと並び、いつでも眺めていられます。 このような強い刺激に慣れてしまうと同レベルの異性でないと満足できなくなってしまうのかもしれません。 男女お互いの理想水準が高まり、さらにその期待に応えるような 経済力、年齢、容姿、相性、頼りがいなどのスペックを全て備えなければいけないという焦りや不安などから、 男女がギクシャクした雰囲気になってしまう。 誰かに刷り込まれた「中流」のイメージがあると、 自分もその型に当てはまらないといけないと必死になってしまうのでしょう。 しかし、実際個人個人によって収入状況、家柄、性格などは様々で、 全てが例外です。 常に自分は他人とは違う特別な存在だと思っていないと、「普通」の条件が見つからず、結婚になかなか踏み切れないのです。 情報量が多くなり過ぎたために、「この人と結婚したら貧乏で不幸になりそう」「今の恋人より良い人がいるのでは」と思う人が増えたのかもしれません。

・人間関係の希薄化による出会いの機会の減少

なぜ婚活をする必要があり、ブームにもなっているかと言えば、 一番は出会いのきっかけランキングでも上位に入る「両親や友達からの紹介」が減っていることではないでしょうか。 一昔前は、家族の近所付き合いで息子と娘をくっつけるお見合いのようなものが流行っていたと言います。 そして、男女混合でのグループ遊びやイベントに出席していれば、 8割方カップルは成立します。 もしその場で親密な関係にならない男女がいたとしても、「誰かいい人いたら紹介してよ」とおねだりすれば、 フリーの可愛い子や格好いい人などの優良物件を紹介してくれます。 特に地方や田舎では、人口が少ないことが幸いしてか地域の繋がりが強いので、 男女交際にも発展しやすい傾向があるように思います。 人が溢れている都心は、出会い数が多過ぎてかえって出会いの質が薄れてきているのかもしれません。 縁を大切にすることで自然と人脈は増えて生きます。 これからの時代自分をアピールして売り込むコミュニケーション能力は重要になってきそうです。

・人間的な恋愛をする自信を失っている

恋愛は感情でするものであって、そこに金品などが絡むと、本気で好きになることができなくなります。 例えば、年収1000万で顔がわからない人と好みのタイプだけど収入がわからない人ならどちらを 好きになるでしょうか。 お金持ちになることを夢見てる人は前者を選ぶかもしれませんが、 いざ付き合ったり結婚しても恋愛感情が湧かず、一緒にいても全然落ち着かなくて、 結局離婚、別れに繋がる。 後者を選んだ場合は、無職、フリーター、契約社員などであっても、 一緒にいて楽しくて幸福を感じられるのではないかと思います。

結婚に安定性を求める考え方は、お金儲けやビジネス的な思考回路です。 人が本当の意味で満たされた気持ちになるのは、現金に囲まれている時ではなく、 好きな人と過ごしている時間です。 商業主義のような考え方では、真実の愛は掴めません。 ハイスペックでいい条件の結婚相手を探すということは、 異性を物差しで計ることに繋がります。 このような目がお金マークで品定めするような価値観の人が増えていることも、 婚活が増加するひとつの理由でしょう。 しかし、自分の暮らしを良くするための婚活をする人は婚活がうまくいかなくて失敗します。 純粋に素敵な出会いを求めることが、人間的な幸せに繋がるのです。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.