恋愛tanu.com結婚心理 > 30代で結婚するために必要なこと

30代で結婚するために必要なこと

「アラサーだからまだ大丈夫だろう」なんて独身生活を謳歌しながら油断していたら、 あっという間にアラフォーに近づいて不安や焦りを感じ始める。 まさに光陰矢のごとしで年々時間が進むスピードがアップしていると体感してしまうことでしょう。 世間体を気にした親からのプレッシャーも年々きつくなり家庭内の不和の原因にもなったりする。 「結婚したい」と思っても年齢が大きなハンデになってしまいます。

婚活サイトやお見合い、カップリングパーティの現実として、 条件の良い人材は需要と供給がマッチするのが早く、1、2ヶ月もすれば婚活市場からいなくなり、 あとは売れ残り、余り物同士で批評しあっている状況になりやすく、 婚活疲れ、婚活地獄状態になるというシビアな面もあります。

30代を超えたあたりからは、仕事優先で受身で待っているだけではなかなか出会いがない状態になるので、 結婚願望があるなら将来の伴侶を見つけるために、 焦らず急ぐイメージで必死にならなければいけません。 人との出会いは行動範囲を広げて自分から積極的にコミュニケーションを取ろうと思わなければ、 きっかけはゼロのままです。

特に女性は個人差もありますが子供を産めるリミットがあるので、それも気にする必要があります。 ずっと1人で生きていくのは寂しいしつまらない。 子供なしの夫婦でもいいので、一生一緒に遊べるようなパートナーは欲しいものです。 ネット婚活サイトや結婚相談所については 優良婚活サイト一覧で紹介してあるので、 興味のある方はチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

30代独身から結婚する心構え

・年齢を重ねると婚活は不利になるという自覚を持つ

人間に対して賞味期限なんて言葉を当てはめるのは酷ですが、 やはり老化現象は止めることができないもので、 健康で丈夫な子孫を残すためには、女性も男性も若い母体や活発な遺伝子の方が 元気な赤ちゃんが生まれやすく母子共に生存する確率が高い。

最近は非婚晩婚化で結婚年齢が引きあがっていくに連れて「妊活」なる言葉の不妊治療をする人が増加しています。 また、婚活サイトなどを利用してみるとわかりますが、 30歳からは検索で弾かれるボーダーラインであり、半分以上の人は20代を希望して結婚相手を探します。 特に男性は容姿がいい若い女性が好きなので、30代後半、40代でも高望みして年下の若い子を狙うところがある。

男女の恋愛や出会いにタイムリミット、限界があるというわけではないけれど、 自分の理想とする好みのタイプの異性と付き合える確率は間違いなく減少していき難しいものになっていきます。 仕事をしてお金を稼ぐことも大事ですが、 それ以上に生涯を共にする最愛のパートナーを見つけることも重要なことです。

婚活はスタートする時期が早いほど有利になります。 婚活市場は条件で足きりされることもある厳しい世界、 心にゆとりを持つことは大切ですが、慎重になりすぎているとあっという間に婚期を逃してしまうので 、善は急げで行動は早めに起こしてしまいましょう。

・結婚できない人は恋愛もできない

人間には理性と本能という正反対とも言うべき脳の性質がある。 私が思うに、婚活や恋愛関係がうまくいかない人は物事を理論的に考え過ぎる頭の固さがあるのではないかと想われる。 人が優秀だと言われ自然界の頂点とも言える状況にあるのは「知性」があるからです。 しかし、人の根本的な能力は知性とはまったく関係がない動物的な思考回路で占められています。

例えば欲求で言えば、食欲、性欲、睡眠欲がある。 つまり本能の願望を重視している人は、既に積極的なアクションによって彼氏や彼女が作れて、恋人がいる可能性が高い。 頭が悪い不良やヤンキーは良い言い方をすれば動物的な能力が強い。 逆に勉強家で理知的な人は人間的には優れていても本能のパワーが弱まっているように感じる。

また、現代人は高次元の欲求である承認欲求、所有欲、安全欲求などを求める傾向が強い。 これらの欲求は贅沢なもので、本来人間がそうやすやすと手に入れられる代物ではありません。 これは婚活で言えば、高年収、高身長、高学歴、一流企業勤めの肩書きなど、ハイスペックな物件を意味します。 つまり、異性を見た時に頭の中でそろばんを弾いて相手を値踏みしてしまう人 は恋愛不適合者である可能性が高く結婚できないことが多い。

もちろん、誰もがお金持ち、イケメン、可愛い子、美人などと結婚したいと願うのは間違いない。 しかし、分不相応で自分と釣り合わないような高望みをして一切妥協しないような姿勢では、 選択肢が狭まりすぎて好きな人自体ができない。 世の中には性格や価値観などが完璧に自分の理想と合致する人はほとんどいません。 打算的で妥協できない人は軽く交流する程度の男女交際でも厳しいと思えてしまいます。

・男女の仲は条件ではなく感情で結ばれる

女性は学歴が高いほど結婚が遅くなる。 それは自分より年上で尊敬できる高収入男性を求めるからだという。 そのような女性は自分の能力が高いため、 貯金がない人やアルバイトやフリーター、非正規雇用の男性とは絶対に結婚したくない心理が働く。 逆に低学歴、中卒や高卒の男女はどうかというと、 独身未婚の期間も多少あるけれど大抵は25歳前後でゴールインして子供もいる状態である程度の 幸せがあり人生が成功しているとも言える。

中には派遣社員や無職の彼氏彼女で経済力がなくても結婚している人もいる。 つまり、恋愛や結婚にブレーキをかけているのは頭の良さ、悪く言えば頭の硬さや偏見であり、 その日暮らしの何も考えていないアホの子の方がよっぽど幸福に生きているのです。

人は生まれたばかりの子供の頃は何の縛りもなく社会的なルールも知らず自由に生きています。 しかし、大人になるに連れて「お金が大事」「将来が不安」「安定していないと生きていけない」 というような呪縛に縛られ始め、自由な行動や柔軟な発想ができなくなっていく。 それこそ小さい頃は「〇〇ちゃんが好き」「〇〇君が好き」というシンプルで純粋な発想で好意が抱けたのに、 今では、「あの人顔はいいけど仕事が気に入らないわね」なんて粗探しをして値踏みしてしまう。

恐らく、漠然と将来が不安と言っている人はいくらお金があっても「老後が心配だ」なんてつぶやいていたりします。 人との縁は偶然、運命、タイミングによる奇跡的なものであり、 収入が高いか低いかで判断すること自体が幸福から大きくかけ離れている思考ではないでしょうか。 条件で人を判断する強欲な人は、相手からも同じように思われ利用される価値しか見出されません。

人間関係はギブアンドテイクではなく、損得勘定抜きで好きになったり嫌いになったりするものです。 「恋愛の仕方を忘れた」という人は、悲観的であり自分の心の中に負の感情、不安が渦巻いていると思われ、 その心の中にあるマイナス思考の曇り空を快晴にしてポジティブで楽観的な気分にならなければ、本当の意味で人を好きになれず、不幸なままだと思います。

・夫婦共働きが当たり前の時代になってきている

専業主婦を目指している女性には残念な話ですが、 現在の日本は不況が続いており驚くほど格差が進行していて、 年収400万円以上は25歳〜35歳の結婚適齢期の男性30人に1人の割合と言われており、 もはや30歳前後でも正社員で手取り年収300万円の男性ですら半分以下ではないかと言われています。

大企業に勤める一部の人は豊かですが、それ以外の人はボーナスも昇給も期待できない環境になってきています。 テレビではよく全体の所得の平均値は年収500万円と報道されますが、実際その給料を貰っている人は稀です。

恋愛経験豊富で若い頃年上の男性に甘やかされたり、サービスしてもらうことが当たり前だったモテる女性も、 30代を超えてくると男性から声をかけら言い寄られる機会も減り、優しく接してくれる人も少なくなってくる。 そういう意味で女性は男性からしてもらことを諦める必要があるかもしれない。

バブル時代や高度成長期など、年功序列や終身雇用が普通だった時代は勤め人の男性に頼っていれば将来は安泰でした。 しかし、今の時代はグローバル化に加えて不況で競争が激しく勝ち負けがはっきり分かれています。 そして8割以上の家庭は中流からそれ以下、負け組に分類されます。

お金持ちの勝ち組に嫉妬していても仕方がないので、貧乏な人は夫婦や地域のコミュニティで協力して支えながら生きていくしかありません。 確かに苦労もありますが、 夫婦共働きなら世帯年収で500万円ぐらいは確保でき、 途上国や他国に比べればはるかにマシで暮らしやすい生活水準になります。

愛情があり絆が深ければ、お互い助け合う生活はそれが苦労であっても共同作業が楽しく幸せに繋がると思います。 昔の日本のように景気に勢いがない苦しい状況ですが、質素倹約で慎ましく暮らすのは本来の勤勉で真面目な日本人らしく、 気質に合っているのではないでしょうか。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.