恋愛tanu.com婚活・恋活方法 > 恋愛経験なしで婚活を始める心構え

恋愛経験なしで婚活を始める心構え

国の調査では独身未婚で結婚適齢期の男女の約半数は恋人がいないというデータがある。 さらにその中でも今まで付き合ったことが無いという人は2〜3割は存在している。 つまり、20歳以上の大人の成人男女でも彼氏いない歴=年齢、彼女いない歴=年齢の交際歴ゼロの人は珍しくないということです。 このようになってしまう原因としてはやはり、 学生時代、若い頃に 特別恋人が欲しいという意識が希薄で、異性に積極的になれなかったのが大きいです。 偶然の出会いや自然に運命の人と知り合えると思って、 何もしていないとそのまま年齢だけ重ねてしまうことがあります。 結婚相談所や婚活パーティ、お見合いには、 このようなのんびりした性格の恋愛経験なしイケメン、美人は意外と多いので運が良ければ、捕まえられることもあります。 売れ残っているお宝物件の男女は顔やルックスの条件も低く、 意外とアプローチしたら付き合ってくれる優しい人が多いのが特徴です。 ネットのプロフィール検索など、婚活方法によっては好条件の相手を狙って攻めるチャンスがあります。

最近は自由恋愛とIT化で恋愛格差が生まれていると言われています。 付き合う人は多くの異性と遊びますが、逆にまったく縁がない人はいつまでも何もないという。 また、現在の日本は昔に比べて同調圧力のようなものが少なく、 恋人がいなくてもあまり恥ずかしくない雰囲気になっているのではないかと思います。 今でも一部の地域では20歳を越えて恋人がいない、結婚話がないと年上のおじさんおばさんからは変な人扱いされたりします。 アメリカでは若者が休日にデートをしないことは不自然で、 「なんで異性と遊ばないのか」と不思議がられるという。 世間にこのような強制力がないので、恋人がいないことに焦りを感じないのかもしれません。 しかし、やはり「生涯独身かもしれない」「結婚できない」という段階になると人は焦りを感じます。 これは正しい感情で、少しずつ婚活や恋活をするべきだと本能でサインを出しているわけです。 ここは頭の働きに素直に従い行動すべきタイミングではないかと思います。 興味がある方は優良婚活サイト一覧 にも目を通しておきましょう。

スポンサードリンク

恋愛経験なしで婚活を始める心構え

・恋愛、結婚に多くを求めない

恋愛経験が浅い人は婚活をする時に二つのタイプに分かれます。 1つは自分に合った分不相応な相手で妥協しても満足できるタイプ、 もう1つは今まで恋愛ができなかった分、理想が高く非現実的な高望みをしてしまうタイプです。 人間心理には自分の払ったコスト(時間、労力、お金)を取り戻そうとする心理の性質があります。 つまり、今まで異性と交際できなかった期間をコストだと錯覚してしまった人は、 その損失分を一発で逆転できるほど取り戻そうとしてしまうのです。 だから、結婚相手に求める条件のハードルが上がっていて理想が高く夢見がちになってしまう。 高収入、高学歴などのハイスペックにこだわるのは普通のことですが、 それが極端すぎるといつまで経っても恋人はできません。

特に男性は、お金目当てで近づかれることに敏感で欲望が露骨過ぎると引いてしまいます。 結局のところ、経済力や容姿、年齢などばかりではなく、 人間的に相性がマッチングする人を探すという意識が結果的に成功へと繋がります。 結婚に完璧さを求めてしまうと、いつまでも迷ったままになってしまうのです。 いきなり白馬に乗った王子様が現れたり、石油王に求婚されたり、あるいは女優に惚れられるなどの確率は著しく低い。 自分にとって適切な幸福を追い求めてみましょう。

・恋愛経験が少ないからといって卑屈にならない

ハッキリ言って、過去にモテていた人は男慣れ、女慣れしているので婚活でも有利です。 細かい気遣い、デートでのエスコート、会話での気の利いた返しや対応など、 全て経験がものを言う世界で、単純にコミュニケーションの量だけで決まります。 ただ、世の中には色んな人がいるもので、口下手で引っ込み思案でつまらない人でも、 サービス精神旺盛ではなくても、能力が他の人より劣っていても、好きになってくれる人が中にはいます。 ただ、1つだけあるのはやはり自分に自信がない人はどうしても魅力的には見えません。 例えば、堂々としている素行不良のヤンキーならまだ格好いいかもしれませんが、 オドオドしている不良なんてただダサイだけです。 暗いブスより明るくて愛嬌があるブスの方が可愛いに決まっています。 自分に特別な価値がないからこそ、開き直って自信を持ち図太く生きなければうまくいきません。 ネガティブ思考よりもポジティブで楽天的な人の方が圧倒的に好かれやすいです。 人はそのような生命力が溢れて強く輝いている異性に惹かれるものです。 ただ、自信を持つといっても、人を見下したり傲慢な態度をとったりはしないでください。 あくまで根本は謙虚であって、それでいて強気であるというニ面性があることが大切です。

・相手の心理、感情を読み取る能力を養う

テレビで30代、40代、アラサーやアラフォーの婚活で売れ残っている男女の体験談を特集することがよくある。 それを見るとわかりますが、 振られた質問に対してネガティブな返しをしたり、デリカシーのない発言や必死に自慢話をしてしまう人が非常に多い。 異性と付き合った経験、デート回数などが少ないと相手と自分の距離感が計れない まま成長してしまうのかもしれません。 そうすると、押すべき時じゃないのに強引にアプローチしてしまったり、 良いムードなのにアタックできないなど、タイミングが噛み合わずギクシャクしてしまう。 LINEのメッセージやメールの返信なども個人差がああり、相手の頻度や回数によってペースを合わせるのが好ましい。 会話でもそうであり、相手の呼吸や波長、好きな話題、触れて欲しくないテーマなど、 そういうものをトークの中から相手の表情やしぐさ、態度などから観察してある程度は読み取れたほうが好ましい。 婚活のコミュニケーションは自分の意見を主張したり、論破することが目的ではありません。 第一に考えるべきなのは、相手を癒す安心感と、喜ばせることです。 気持ちを量る目的は、好きな人を笑顔にするためだと心に留めておきましょう。

・過去の交際歴を聞かれた時の対処法

リア充グループの間では 「今まで彼氏or彼女いたことあるの?」 「前の恋人と別れてから何年ぐらい経つの?」 なんて恋バナの振りが挨拶代わりに飛んでくる。 もちろん、婚活でのメッセージ交換時や初対面、初デート(初面接)の時も聞かれるかもしれない。 恋愛経験がない人はコンプレックスからこの質問を極度に不安がったり懸念しますが、 それは杞憂であり、付き合う判断材料とはならず、 交際経験が少ないほうが純粋さで評価され好感を持たれます。 若さや特別な能力がなくても信頼関係や誠実で真面目な性格が結婚相手として選ばれる魅力になり得ます。 独占欲が強い人にはより大事にされる理由にもなるでしょう。 ここは正直に打ち明けてしまった方がお互いにとって好印象になる。 本音を隠したまま付き合うのは、真実を隠していることで罪悪感やストレスを抱えるので良くないです。 そして、お互いの本性を曝け出しても付き合いたいと思える人と結婚した方が絶対に幸せになれます。

・異性を極端に怖がらない

人間には相手の感情や気持ちを瞬時に読み取り共感する神経細胞「ミラーニューロン」があります。 つまり、自分が相手に抱いている感情は勘が鋭い人には十中八九伝わっていると思って間違いありません。 特にマイナス評価を与えてしまうのが警戒心や恥じらいから緊張感が伝わってしまうケースです。 例えば近づくと一歩後ずさりする、震えた声で話す、ボディタッチに対して過剰反応するなど、 このように身構えていてガードが固い素振りをすると、 敵から身を守るかのように殻に閉じ篭られるようで印象が悪く気持ちが萎える原因になります。 これは評判が悪い男ウケしない女性に多い特徴、共通点です。 逆に女性に嫌われる男性の特徴は、 他人行儀すぎて、脈ありだということをアピールしない人が嫌われやすい。 フランス人はすぐに女性を褒めてたり煽てて上機嫌にさせるという。 男性陣はプライドを捨て女性を持ち上げるテクニックを磨いておきたい。

これらは全て自信と心の余裕さえ持っていれば簡単に手に入るものです。 確かに怖い人、危険人物も中にはいますが、 刺激しないでフェードアウトすれば付きまとわれる心配はほとんどありません。 そんなことよりも、警戒しすぎて自分に利益をもたらしてくれる異性を逃すことの方がもったいないことです。 人間関係は鏡映し、自分が相手を信頼すれば相手もそれに応えてくれます。 情けは人の為ならずで、善意を持って笑顔で人に接することで自分に見返りがあるのです。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.