恋愛tanu.com恋愛コラム > 出会いがない社会人が彼氏、彼女を作る方法

出会いがない社会人が彼氏、彼女を作る方法

現在の日本は独身未婚であり恋人なし、交際相手がいないフリー状態の人が約4割にも上っている。 2010年調査の結婚率は30代〜40代男性で約45%、女性は約30%程度です。 近年日本社会では年々未婚率や特定の恋人がいない男女が増加している。

草食化や女性の社会進出など様々な原因がありますが、 この事象が表している事実は「男女共に余っている」現状です。 ネットの掲示板やブログに上がっている異性と出会いがない社会男女の声や体験談を紹介すると、 以下のような嘆きが聞こえてくる。


・仕事忙しくなると無理ゲー
・地方、田舎の会社員だし過疎すぎて詰んだ
・本当に出会いがねー、1人寂しく死んでいくんだろうな
・社会人になると忙しい給料低いしで精神的に余裕が無くなる
・女事務職だけど職場に同性しかいない・・・
・人見知りで引っ込み思案なので気になる人に話しかけられない
・職場に年上ばかりで同世代の恋愛対象がいない


このように、皆が出会いが無くて寂しいと思っているのだから、一歩踏み出せばデートに誘い出したり、 キスをするぐらいなら簡単に応じてくれます。 人間として生を受けたのだから、やはり子供や家庭を持ちたいというのが一般的な夢だと思います。 アラサーやアラフォーで、彼氏や彼女、夫や妻、あるいは子供がいないというのは 人生に張りが無いような気がしてしまいます。

もちろん結婚したらしたで独身の自由だった頃よりも縛りは多くなり不幸を感じるかもしれませんが、 幸福を実感する機会も増えるでしょう。 結婚しようがしまいが、結局男女には親密な関係のパートナーがいた方が 楽しいに決まっています。積極的に異性と絡むべきだし、誰もがそうしたいと思っていることでしょう。



今回このページでは、出会いのきっかけを掴むための心理的改善点、 彼氏や彼女の作り方、異性と知り合う場所やきっかけ、テクニックなどを 詳しく紹介していきます。 人間向き不向きがありますので、自分の性格タイプに合った 異性獲得の手段を複数選び出して実践してみましょう。

仕事に忙殺されて若い頃を過ごすと、あっという間に結婚適齢期を過ぎてしまうかもしれません。 恋愛や結婚相手を探すのは、早ければ早い程アドバンテージがあり、人生経験が豊富に なることでさらに恋愛が有利に進展していきます。 「出会いが欲しい」という欲求が生まれたのなら、その望みを叶えるべく 今すぐに行動を起こしましょう。

恥ずかしい」「自分には無理」なんて消極的な姿勢で 諦めの境地で寝転がっていては一生恋人はできません。 逆にどんな容姿や見た目であっても、一歩踏み込める勇気と失敗しても根気よく続ける継続性があれば誰でも 彼氏や彼女は作れる。知識を詰め込むことに終わらずしっかり実戦するのが大切です。

これから婚活を始めたいと思っている方は、 優良婚活サイト一覧 の婚活サイトをチェックしてみましょう。 恋人作りが難しいと思う人はいきなり婚活から始めてしまった方が かえって上手くいきやすいことがあります。 男女は軽い表面的な付き合いより深い付き合いの方が意外とすんなりうまくいったりします。

スポンサードリンク

出会いを増やす心構え

・忙しくても活動するバイタリティ

正直言って、一般的な仕事内容であっても、 通勤時間、残業時間などを考慮すると通常営業をしているだけでも 、身体的にも精神的にも一杯一杯になってしまいがち。 休みの日があれば、1人でダラダラ過ごしたり寝ていたいと思ってしまうのが普通です。 しかし、せっかく出会いを探せる時間があるのに、 家に引きこもって怠けてばかりいては、彼氏や彼女は作れません。

周囲を見渡してみると非常に単純な理屈で世の中の因果が説明できます。 恋人が途切れない、あるいは結婚が早い人の特徴、共通点としては 性欲が強いという点が挙げられます。

肉食系の男女は性的欲求に身を任せ、積極的に異性に声をかけ、電話番号やメールアドレスをゲットしたり、 デートに誘い出します。 逆に最近増えている草食系タイプの場合は、 恋愛のチャンスがあっても「面倒くさいから後回しでいいや」と淡白であり、 縁を棒に振ってしまうことも多々ある。

「精力を旺盛にしろ」というのは根っこの性格や心理面から難しいかもしれませんが、 異性と交わりたいという強い欲求が原動力になっている精神状態だと、やる気が出て物事がうまくいく可能性が高まります。 「モテたいから頑張る」というモチベーションは活動力をアップさせる のに求められる貪欲な思考回路です。

何事もやる気次第で運命が決まります。 「求めなさい、そうすれば与えられる」という有名な名言もある。 まずは、本気で好きな人と結ばれたいと望み、良縁を引き寄せるための成功のイメージを頭に作り上げるのが 成功率アップの秘訣です。 潜在意識が向上心や理想像で満たされると、無意識のうちにその気持ちが体や行動に移るようになります。

・アクティブに頑張るけど必死になりすぎない

婚活のカップリングパーティやお見合いで振られてしまう原因として 「結婚したいオーラ」が充満しすぎている人という特徴がある。 目をぎらつかせて好条件の異性を獲得しようと狙っている様はまるでハンターのようで、 真剣に将来の伴侶を探している人でさえも引いてしまうぐらいの異様な雰囲気があったりする。 順番にフリートークをする時間に「年収はいくら}「貯金はありますか」「持ち家ですか」など 、明らかに自分の利益のことしか考えていない失礼な質問ばかり直球でしてしまったりすると 大抵はうまくいかない。

婚活の例で話しましたが、これは自由恋愛でも同様です。 最初からあまりに本気で「付き合おう」「結婚しよう」と迫ってくる人ってまだあまり仲良くなっていない関係の間柄の場合、恐怖心を感じます。 初対面の第一印象でお互いにフィーリングが良く、性格や価値観が一致している相性が抜群だと 感じた場合は別ですが、 それ以外の場合、初めからお互いの核心に迫りすぎるのは「必死」だと思われます。

必死なことの何がいけないのかというと「余裕」を感じないからです。 人は余裕がある人と一緒にいると、それだけで安らぎを感じて癒されたりリラックスできる心境に浸れます。 年収、職業、顔や容姿、身長、スタイル、体の相性、家柄、学歴、など 結婚を考慮する時に気になる条件ですが、 これらの全てを持ち合わせた完璧な人と付き合ったとしても 、プライドが高い、頑固、傲慢、自慢ばかりなど、 常に緊張して心が休まらなければ、二人きりに我慢できず、一生一緒に暮らす事なんて不可能です。

芸能人の美人アイドルが超お金持ちのベンチャー企業の社長と結婚しても、 短期間で離婚してしまうのも、きっとこれと似たようなことを思い 、男と女としての幸福を実感できなかったからでしょう。



一緒にいて気楽、休まる」という気持ちは、 どのようなハイスペックな条件にも勝る人間的魅力なのです。 空き地、スペースのある部屋、何も入ってない箱、心の空間、など、 無の空間には大きな可能性や居心地良さそうなゆとりを感じます。

風水でも整理整頓された空間は期の流れが良くなり運気がアップする要因になる、 人間の心理も同様に、他の何かが入り込める余地があると、 そこにスッポリ異性が納まってくれることが多いのです。 言い方を変えれば器が大きい人間は男女共に好かれやすいのです。

・自分から恋愛をリードする姿勢

「学生時代は出会いが沢山あったけど、社会人になる前に彼氏や彼女と付き合ってなかったら終了だよ」 という意見をよく耳にする。 実際、自然に訪れる偶然の出会いの数そのものは高校生や大学、専門学校よりは減少傾向になるケースが多い。 しかし、年齢を重ねると趣味趣向の含蓄に富み、視野が広がり、アグレッシブさがアップするなど、 人間的な成長がある。その場合、社会人になってからの方が圧倒的に出会いの数が増える上に 、出会いの質すらも自分次第でコントロールが可能になってくる。

まず、会社員として働いていればある程度の収入、年収が得られるので、 若い頃より遊びに使うお金はほとんど無尽蔵にある。 まったくお金を使わない実家暮らしの人は貯金があっという間に貯まっていく。 それだけお金に余裕がある。

また、住宅手当が支給される会社であれば、会社の支援で1人暮らしも可能であり 一家の主になるための必要資金を節約できる。 1人暮らしは異性と好きなだけ自由に遊べるので、交際を始めるのに非常に役立つ。

次に社会人経験から得られるコミュニケーション能力や特殊な知識、資格、検定なども 大きな武器になる。同じ資格を目指している人に勉強法を教えることもできるし、 同じ趣味友達も作れる、頼りがいも生まれる。 また、営業先や派遣先、隣の部署、など社内での職場恋愛も期待できる。 学生時代は良縁に巡り合うには運の要素が大きかったが、 社会人になると、知識やお金、行動力など、本人の力で良縁を手繰り寄せることができるのです。

受け身の姿勢で指示待ち人間のままでは未来は拓けません。 自分で積極的にチャレンジし事を起こそうとする者には、神様も周囲の人間も味方してくれて、 さらに言えば異性もその熱意に応えてくれるのです。

・真面目過ぎると恋愛はできない

彼氏や彼女が作れない、結婚ができないという人の多くは、真面目で仕事人間という感じで、どこか保守的で堅苦しい雰囲気を感じさせます。 さらに恋愛経験が浅いとシャイで奥手だったりするので、余計に出会いのきっかけがあってもそこから仲を発展させられません。 逆に恋愛体質、異性にモテる男女は、どこか遊び人で不真面目、チャラい空気が漂っています。 恋愛は理性ではなく本能でするもので、「ノリの良さ、フットワークの軽さ」が必要不可欠です。

人は一度冷静に考えると大抵は「やっぱ後回しにしよう」と現状維持を選択しやすい心理があります。 「仕事が忙しいから遊べない」「好きなタイプとちょっとズレてるからデートは嫌だ」「偶然の出会いで自然に付き合いをスタートさせたい」 「お金がないから好かれない」というようなネガティブ思考な考え方をしていると、いつまで経っても異性と交際に発展しません。 無理してワルになる必要はありませんが、「真面目で優しい、当たり障りの無いイイ人」というキャラクターはあまり胸がときめかず 恋愛に不向きの性格です。 頭で考えずに無心で異性と付き合いたいと思うことが大切です。 人を好きになる、勇気を振り絞ってアプローチをするというとき、理性は「恥ずかしい、やめておけ」と邪魔をしてくる確率が高いので、 理性そのものを恋愛モードとして自己暗示をかけるか、本能の欲求に身を委ね、本当の自分を解放することが大切です。



異性と出会う方法

いよいよ出会いがない社会人男女向けのメインの理論です。 どこで出会えばいいのがわからない人は以下で紹介する中でどれか自分の適正に合った ものを選んで真面目に実行すれば 、高確率でうまくいきます。 最も理想的なのは、好みのタイプの異性を見つけたらすぐ様何かしらの口実を作って 声をかけることです。

自分の本能や直感で「好きだ」と判断した瞬間にその相手にに求愛をするのは 自然界では普通のことです。 人間だけが理性によってその気持ちを抑制したり我慢して押さえ込んでしまっています。 どれだけこの精神の精神的な縛りを解けるか、自分の本音や本心を解放して行動に 移せるかで人生は大きく変わります。

外でいきない見知らぬ声をかけるのが恥ずかしくて無理だという気持ちは理解できます。 自分が今まで考えていた壁を壊すのですから、大きな心理的抵抗が邪魔をするでしょう。 そのような引っ込み思案や人見知りタイプの人はインターネットやwebサイトのサービスを使った 出会う方法もあります。 逆に社交性に自信があり明るく活発な人は、どのようなシーンでもあっという間に出会いに繋げることができます。 恋愛は振られる事の方が多いのが普通です

絶対結ばれたい片思いの人でも、諦めなければならないことが沢山あります。 拒否されたり無視されても「よくあること」と悟って、一回一回気分を落ち込ませず、笑顔のまま過ごしましょう。 どの方法を実行しても空振りに終わることはよくあります。

基本的にはアタック→良い反応→デート→交際→結婚 という流れは共通しています。 リアクションが芳しくなかったり価値観の相違などフィーリングが悪いと感じたら その時点で別れに至り再度アタックの段階に戻る。 稀に存在する「当たり」を引くまで頑張るという意識をすると良いでしょう。 どんなにブサイクやブスでも、積極性さえあれば、彼氏や彼女を作るのは簡単、確実にできます。 それぞれの出会い方のコツやテクニックを簡単に紹介していきます。

・ストリートナンパ

男女の出会いの基本は街中で声をかけて知り合うことです。 これは路上ではなく他のスポットに移ってもやることは全く変わりません。 さっきまで他人だった人に声をかけて3分ぐらいであっという間に仲良くなり、 メールアドレスや携帯番号などの連絡先を聞き出すか、 あるいはそのまま即デートに誘い出すか、お互いにタイミングや相性が合えば 30分後には、そのまま親密な大人の関係になることもあります。

結局男か女か好きになった方が話しかけないと人間関係は始まらないのです。 とあるサイトの結婚相手と知り合った場所ランキングでも「路上で知り合った」が 7位にランクインしています。思った以上に路上での出会いは豊富なのです。 特に、男性に比べて女性が逆ナンパする場合は成功率が高く、 あっという間に友達以上の 関係にはなれるので、誠実で尽くしてくれそうな人がいたら 女からアプローチするのもアリな手です。

ストリートナンパの成功率は「」「ルックス」「話術」で決まります。 それぞれの割合は6:3:1ぐらいです。 つまり、成功したパターンはほとんどが運で決まっています。 顔が芸人のザブングルの加藤に似ていてエラが張ってブサイクと評価されるような男性を知っていますが、 彼は10人中1人とメールアドレスが交換でき、20人に1人はデートできると言っています。 ルックスが並以上であればこれ以上の成果が出ている人間性能かもしれません。 もちろん一流のナンパ師は、相手が最初に嫌がっても 、うまいトークで笑わせたりして、グダられたり拒否されている状態から連れ出しまで逆転させることもできます。 しかし、素人はそんな高等テクニックを身につける必要はまったくありません。 誠実な気持ちでぶつかれば応えてくれる人は必ず出てきます。

声をかけるときのコツは、第一声の挨拶は大きめにするということ、 始めの時点で声が小さいと聞き取れなかったり存在を認識して貰えません。 成功率をより高めるには、道を尋ねたり、わざと転んだり、共通点を見つけて話しかけるとより 自分に顔を向けさせることができる。 この第一声で自分に注意を向けて足を止めて貰えればナンパの8割の仕事はこなしたことになります。 後は適当に話をつなげて熱意をアピールし、メールアドレス、今風に言えばラインのIDを教えてくださいと 言えば良いだけです。 たったこれだけで中には応じてくれる人がいるのです。 もちろん9割は振られたり暴言を吐かれることもあります。 しかし、1割は興味を示してくれて、気に入ってくれる人もいます。

ナンパとは恋愛の縮図だと思います。 世の中だって似たようなものです。 片思い中の好きな人を口説き落としたいと頑張っても、彼氏や彼女持ち、あるいは既婚者だったりで ほとんどうまくいきません。 しかし、たまたま孤独で寂しい時期だったり、ムラムラしている欲求不満なタイミングに 異性から声をかけられたらカフェやカラオケからホテルまで付いて行ってしまい、そこから長い付き合いに発展することもある。 そう考えれば、ナンパとは確率を縮めていく作業だとわかります。

100分の1しか付き合える可能性がなくても、100回声をかければ成功します。 なんだか無差別に数打ちゃ当たるみたいで気持ち悪いなんて思いますが、 出会いがなくて本気で相手を探しているのですから、 多少プライドを傷つけられるのは仕方ありません。 それだけ異性を獲得するのは大変なことなんです。

出会いがないなんて言われますが、結婚適齢期の男女の半分は独身未婚でフリーな状態、 皆誰かからお声がかかるのを待ち望んでいる。 玉砕覚悟で恥を乗り越えれば、その先には成功が約束されています。

・外出先での出会い全般

外に出歩いて異性と目があったりすれ違えばそれはもう出会いになります。 外出先で異性と知り合うきっかけや場所としての例は、 クラブ、合コン、ライブ会場、サークル、ジム、フィットネスクラブ、 山、スノーボード、海、サーフィン、ダイビング、短気バイト、ガールズバー、 一人旅の旅行先、喫茶店、飲食店、本屋、洋服ショップ、美容室などのスッタフや店員、お客さんなど 例を挙げれば切りが無い。

このような色々な場所で 、好みのタイプを見かけたら、やることは結局ナンパと同じです。 声をかけたり、あるいは恥ずかしかったら名刺やメールアドレスが書いた手紙を渡す作戦も良いでしょう。 とにかくアクションを起こさないと始まりません。 特に成功率が高い場所は、クラブやライブ会場、合コンです。

音楽好きは同じ趣味を持っているということで話が弾みやすく短期間で仲良くなれる。 特に野外フェスでは、「一緒に回りませんか?」という定番の誘い文句が良く使われる。 合コンに至っては男女お互いが彼氏や彼女の品定めを目的にして開催されるのだから、 すぐにうまくいきます。 お店の店員を好きになってしまったら、常連になって覚えて貰う、アイコンタクトで好感度を 確かめるなども実戦していきたい。

結局どこへ行っても話しかけるしかない。 ここで初心を振り返ると「挨拶」が大事だとわかります。 人間「おはよう、こんにちわ」と軽く挨拶ができるとそれだけでもう「知り合い」 としての関係は築けます。挨拶ができればそこから先は自然と会話が成立して 、軽くお喋りをして相性が良さそうなら連絡先を交換したりデートに誘い出せます。 第一声の抵抗さえ克服できれば、外出先や街中に出会いは溢れているというわけです。

・職場、社内恋愛

社会人男女で最も多いのが仕事先で知り合ったのがきっかけで交際が始まるケース。 あるサイトの調査では 結婚相手と出会った場所ランキングトップで 約3割が職場で出会いがあったと回答しています。 実際、男女が入り混じる職場であれば、これほど恋愛に好都合な場所は他にありません。 デスクワークであれば毎日朝から晩まで8時間も一緒に過ごし、 さらには昼食、宴会や忘年会の席でも触れ合うチャンスがある。 チラチラ遠くから目が合ったり、贔屓目に扱われたり、仕事を助けて貰ったり、 異性間の小さなしぐさや態度に恋の予感が見え隠れします。

職場恋愛の範囲は社内に留まらず、営業先、取引先、派遣先、転勤先、 受付、他の部署などにも及ぶ。 また、大企業では転勤や出張、部署移動などがあり 、別れた後も比較的後腐れなく会社に行けるが、 中小企業の少人数な職場の男女関係では、浮気や不倫が入り混じり人間関係がドロドロで居心地が悪くなることもあり、 会社を辞める原因、きっかけにもなっている。

一流企業に勤めて社内結婚で寿退社することは女性のサクセスストーリーの王道です。 男女比が同程度の職場であれば、これほどチャンスがある環境も珍しいといものでしょう。 むしろ、オフィスラブを求めて職場選びをするというのも面白そうです。 入社した時点である程度の運命が決まってしまうため、 社内恋愛で意図的に出会えるように細工するというのはなかなか難しいかもしれません。

・習い事

料理教室、英会話、社交ダンス、ヨガスクールなど男女混合で行なわれている習い事は 結婚に繋がるきっかけとしての出会いの場になります。 異性と出会うことを目的に通う場合は、なかなか理想的な相手に巡り合えないので 効率自体は非常に悪いです。

良縁に恵まれるパターンもありますが、受講者は多くて20人程度しかいないので、 大抵は既婚者ばかり、同性ばかり、 恋愛対象として本気で好きになれる人がいないなどの事態になります。 自分の技術を磨くついでとして「素敵な人がいればラッキーだな」ぐらいの 淡い期待程度に済ましておくのが無難でしょう。

・ボランティア

ボランティアや慈善団体での活動は、男女で協力することが多く、 地域の清掃活動、ゴミ広い、苦しんでいる弱者を手助けすることもさることながら、 それを除いてしまえば、 はっきり言ってボランティアは「男女の出会いの場」みたいなものです。 あまり有名じゃないので出合いの穴場スポットとも言えます。

ボランティアに参加する人は、 時間が余っていてヒマな若い学生なども多いので、 交際率も非常に高い。 さらに異性にガツガツした雰囲気が無く自然に出会えるので 、第一印象でも警戒心が無く打ち解ける事ができ、 男女共に穏やかな気持ちで付き合いが始められます。

自分の地域の名称+ボランティアというキーワードで検索をしてみれば、 恐らく色々な社会福祉団体やNPO法人のボランティア募集情報が表示されると思います。 若い学生だけではなく社会人や中高年もおり 、初心者も大勢参加しているので、試しに一度体験してみるのも良いと思います。 ボランティア活動をしている間は一種の仲間意識が芽生えているので 和気藹々としていて簡単に仲良くなれます。

合コンのように、会話を盛り上げなければいけないというルールがあるわけでもなく、 皆責任感があり優しい人ばかりなので、気さくに話しかけてくれます。 ただ、活動そっちのけで鼻息を荒くして異性を口説くばかりの 出会い厨は嫌われてしまうので適度なさじ加減を把握する必要はあります。 邪な考えだけでなく、 本気で人助けや援助をしたいという思いがあった方がお互いに 共感、共鳴できる部分があり結ばれやすいと思います。 世間の役に立ちながらも異性を探せる一石二鳥のおすすめな方法です。

・過去縁、友達の紹介、交友関係の輪

これはもう友達が多い方限定ですね。 当管理人のような学生時代に黒歴史があったり友達が少ない人はあまり期待できません。 地元や同郷の知り合いのコネクション、友達の紹介、同窓会、 結婚式での二次会、合コンなどのきっかけが考えられます。 住んでいる地域が出身校が同じだと、それだけで親近感が湧くので、 男女の距離が縮まるのは容易です。

友達とのグループ交際で酒友達になり、そこから二人きりで 遊ぶ関係になるなどが一般的な成功パターン。 また、同窓会で会った時は「昔好きだった人」が意外とアプローチしてくれることがあります。 久しぶりに会ったら昔より大人っぽくなり魅力的になっていることもあります。 懐かしくてロマンチックな気持ちになれる過去縁。 男女共に知り合いが多く交友関係が広い人の場合、出会いは無限大かと思われます。 友達がいる人は「誰か独身のいい人紹介してよ」と言って回ると 、呼び出しがかかるかもしれない。

・社会人サークル

社会人サークルの強みは類友、共通の趣味趣向で繋がれる上に、 コミュニティとしての一体感があるために仲良くなりやすい点です。 人間は同じグループに所属しているというだけで、その人を仲間だと認めて援助したくなる心理があります。 その点社会人サークルは非常に出会い場のとして優れていると言えます。 20代、30代、40代ぐらいの男女が集まり 、飲み会、パーティー、アウトドア、バーベキュー、スポーツ等、様々なイベントを運営開催している。 OL、公務員、保育士、美容師、医師、看護士、社長など あらゆる職業の人が参加しているので、結婚相手に条件を求める人にも嬉しいかもしれません。

ただ、どちらかといえば明るく活発なメンバーが多いので、 内気なタイプの人には苦痛な空間かもしれません。 逆に、初対面でも人見知りしないで積極的に動けるタイプの人には 楽しめる雰囲気があります。 特にテニスやマラソンなど一緒に体を動かして汗を流せる運動系サークルの場合は、 心拍数の増加と共に生理的に覚醒し、 好意の気持ちが増す心理の法則が作用してより異性が魅力的に映る効果があります (吊り橋効果)。

恋人作りだけでなく、同性の友達も沢山作れます。 暇つぶしにちょっとお酒を飲みたいという軽い気持ちで参加できるので 、興味がある人は一度チャレンジしてみよう。 また、主幹事が危ない業界の人かもしれませんので 、口コミや評判がネット上に流れている事があるのでチェックしてみましょう。

・相席居酒屋

最近は自動的に合コンの場をセッティングしてくれる居酒屋が登場しており、 女性は飲み食い無料、男性は30分2000円程度で食べ放題、飲み放題などがついている。 延長したい場合は10分毎に500円を支払うなど、お店によってシステムが違うので事前に調べておきましょう。

話を聞く限りでは、男女共に遊びなれた感じのチャラい系が多いので、恋愛上級者やテクニシャン向けかもしれません。 また、女性はひたすら男性無視で黙ってご飯を食べているという図々しい女性が居座っているケースも稀にあるようです。 くじ引きみたいなもので、当たりが出るまで友達と短時間で遊びに行くと、思わぬ出会いが期待できます。

インターネットやウェブサイトを利用した出会う方法

近年急激にネット環境は進化してます。 ちょっと前は携帯でPCサイトを閲覧すると 表示に凄く時間がかかるものでしたが、最近は回線がスピードアップし、 スマホ、アイフォン、アイパッド等の携帯端末でも瞬時にホームページが閲覧できるようになりました。 このような環境の変化も相まって、最近ではネットがきっかけで知り合い、付き合いを 始める男女が急激に増加している。

「ネットを使って出会いを探すのは引く」なんて言えるような時代では無くなってきている。 逆に「ネットで出会うのが普通」の時代に突入しています。 アナログで面と向かって口説いたり誘うのが最もシンプル、ストレートで気分が良いものですが、 デジタルでの出会いも直接顔を合わせるのと負けないぐらい普及してきている現状があります。 街中や路上で話しかけるのが絶対無理、という方は以下で紹介する彼氏や彼女の作り方をおすすめします。 直接喋りかける度胸がなくても、ボタンひとつでアプローチできてしまう。 これほど恋愛を発展させるのに便利で役立つツールは利用するしかありません。

これから紹介する どの方法を使う際にも基本的にはマイページの充実、顔写真の掲載、 紹介文での評判、友達の異性に占める割合などがポイントになる。 マイページで重要視されるのは、住んでいる場所、年齢や仕事など、基本的な個人情報が書いてあるか、 そしてさらに安心感や親しみ、ユーモアを感じるか、 興味のある趣味やコミュニティに変人的な近寄り難い特徴がないか、 日記や写真を投稿しているかなどです。

男女共に出会い目的でのみ利用している人は 警戒の対象で恐怖を感じます。 「いきなり襲われないかな」「宗教やマルチの勧誘か」「誰にでもマイミクしてる危ない人かな」 なんて具合の心理です。 最低限このような悪いイメージを与えないように 日記やつぶやきを非公開にせず、公開設定にしてある程度は充実させる必要があります。

また、このプロフィールを後押しするのが、 高評価の紹介文や顔写真です。 人間は第三者の視点の評価を参考にしやすい生き物なので、 友達や協力者、あるいは自演で大袈裟すぎない程度にイメージアップの紹介文を書いておくと それだけで「ちょっと絡んでみようかな」という気にさせます。 特に身体的特徴や容姿に関して書いてくれと友人にお願いすると良いでしょう。 「モテる」「高身長」「スポーツマン」「スレンダー」「美脚」「巨乳」「癒し系」「優しい」 などが書いてあるとそれだけで高得点です。 顔写真は無くても問題ありませんが、外見やルックス重視の面食い相手には効果抜群です。

・twitter(ツイッター)、ツイキャス

ツイッターは今や世界中で最も流行しているSNSです。 また、ツイッターのつぶやきやリプライ(返信)等で交流すると同時にツイキャスで顔出し雑談など自分の放送をすると、 親密度が増しやすくすぐに彼氏や彼女が作れます。 恐らく今の時代では一番出会いやすい恋人を探す方法として適しています。 やり方は、近場の人や同じ趣味の人を検索しフォローして仲良くなれそうならダイレクトメッセージを送るといった具合です。

ツイキャスの場合は、目を引くタイトル(外配信など)をつけひたすら放送をしていると、チラホラ人が来てくれるので、 放送を継続しながら新規のコミュサポーターが来るのを祈り、放送主とリスナーという立場で関係を発展させると友達や恋人が作れます。 最近の高校生や大学生の間では、ツイッターやツイキャスで知り合った人と付き合っているといった体験談もよく聞きます。 ただ、もちろん出会い厨を嫌う人はいるので、ブロックされたり無視されたり暴言を吐かれたりすることも結構あります。 そんな精神的に傷つけられた時でも挫けずに可能性を信じてチャレンジすることが必要です。 名言としてホリエモンの「敵のことより味方になってくれる人のことを考えよう」を座右の銘にしておけば、 折れない心を身につけられるでしょう。

・facebook(フェイスブック)

facebookのサービスで知り合うとしたら、 過去の地元の小中学生時代の同級生や、 友達の友達で好みのタイプの人、性格が優しそうで受け入れてくれそうな人、 結婚するのに条件が良さそうな人などに狙いを定めて友達リクエストを送るのが良い。 顔写真が載っているとさらに申請が通る可能性が高まり、 そこからはメッセンジャー、いわゆるメールのやりとりで二人きりの世界に突入できる。 正直この方法は出来の良い顔写メやプリクラ、自慢できる職業や経歴があると いとも容易く恋人が手に入ってしまう。 御兄

もちろん中には顔や容姿はどうでもよくて関わってくれるだけで好意的に思ってくれる人も中にはいるでしょう。 実名制度を取り入れたことにより、出会いの確率は圧倒的に高い。 ただ、友達がまったくいない、いじめられた過去、黒歴史があるなどの 要素を持っていると利用は難しいかもしれない。 しかしこのような短所や欠点、コンプレックスを抱えていたとしても、 受け入れてくれる人は必ず表れるので、 まだやっていない人は是非チャレンジしよう。 ただ、あまりに手広く異性に手を出しすぎて二股三股をしていると、怪しまれて全員とうまくいかず破局なんて 、まさに二兎を追うものは一兎を得ず状態になってしまうことがあるので注意したい。

また、最近ではfacebookアプリ、iphone、androidなどスマホ アプリで出会いを支援するツールが沢山出ている。 例を挙げれば、 マッチアラーム婚活、 Pairs、Omiai、marisomeなどがある。 (marisome)マリソメ、(Pairs)ペアーズは優良婚活サイト一覧でもおすすめしています。 基本的には友達関係者とはマッチングしないようにシステムで配慮されている。 自動的にマッチングが行なわれたり、アプリ内の女性に「いいね」ボタンを押し 相手からもそれが帰ってくるとメッセージのやりとりが可能となるなど、 シンプルで使い始めたらすぐにでも出会いが期待できる。

不細工やブスばかりではなく、イケメンや格好いい人、美人や可愛い子なども 出会いに恵まれずに売れ残り状態になっています。 男女共に異性の知り合いを作りたいと思っている集まりなので、 すぐに交際相手の候補が見つかります。 是非試してみよう。 実名登録&顔写真は大抵必須条件なのでサクラやいたずらが ほとんど皆無なのが凄いところです。

・line(ライン)

今やラインは出会いの最前線に位置付けられている存在です。 若年層だけのブームというわけではなく、 年配の方も便利だといって使っているので、この流行はそうそう廃れないと思って良いでしょう。 ラインIDを持っていることは最早当たり前の時代、日常生活でも 「ライン教えて」なんて言葉が常套句化しているので、 まだ始めていない人はとりあえずでも良いのでラインに登録してIDを取得しておく事をオススメします。

ライン友達募集掲示板やスマホアプリ対応の友達検索なども充実しているので、 ちょっと調べてみれば沢山できてきます。 個人情報が漏れる心配がないし、イタズラされてもブロックして無視すれば良いという安心感からか 、気楽に絡んでくれる確率も非常に高いようです。 実際このツールで10歳以上歳の差がある男女が大勢出会って遊んでいる実態があります。 稀に事件として報道されますが、あれは氷山の一角であり、実際は 相当の男女が入り乱れていると思われます。 まさに出会いを求める男女にとってうってつけのアイテムといえるものでしょう。

ただ、最近未成年がトラブルに巻き込まれ重大な犯罪や事件が発覚するなど、社会的な圧力が掛かり規制を余儀なくされている面がある。 全国line友達募集掲示板にラインIDを書くと、ID検索や登録が一切できなくなる等の 規制情報も出てきている。 爆発的にユーザーが増えた分、危険人物も増えているので締め出しに躍起になっている現状があるようです。 完全に無差別的な出会いツールとしての戦力は半減してしまったかもしれない。

・mixi(ミクシィ)

一昔前に大流行したが、足跡機能の実質的廃止やリニューアルによる ページ表示の重さ、同業他社の盛り上がり等が同時期に起き、一気に過疎化が進んでいる。 現在ではtwitterやfacebookに比べてアクティブユーザーが減り続けており、 3日以上ログインしていないという、 とりあえず登録はしているが放置状態のアカウントだらけになっている。 しかし、このような現状にあってもまだまだ異性との出会いのチャンスがある サービスです。 むしろ、コミュニティ形成や雑談サイト等の目的はlineなどの他のサイトに 利用者を根こそぎ取られた分「出会い系サイト」としての 一面のみが色濃く残っている現状があります。

特に、顔写メやプリクラを載せている女性ユーザーは 毎日のようにアプローチメールや出会い厨丸出しの恥ずかしい男性から メッセージが届いている現実がある。 これが嫌でミクシィを見捨てた女性も数多くいるでしょう。 しかし、一見下心や体目当てに見えるこのようなアタックの中には 、誠実で真面目な気持ちで彼女を探したいと思ってメールを出している男性がいるもので、 実際にミクシィがきっかけで彼氏彼女の恋人関係になるカップルや 結婚に至っているパターンは非常に多い。

ミクシィで仲良くなるための方法は 、メッセージを送る、つぶやきや日記にコメントをする、コミュニティ内の掲示板で絡む などがある。 例えばメッセージを送る場合は、 プロフィール検索で自分の住んでいる近くの地域や学校の名前を 調べると、沢山の異性がヒットします。 その中で気になる人がいたら、メッセージを送るという手順です。

大抵は無視されますが、中には返事をくれる人もいます。 コミュニティ内では適度に交流があり、中にはカラオケや飲み会などのオフ会を 開催しているところもあります。 コミュニティ内で絡んだり、あるいは企画の発起人として幹事をすれば 仲間は沢山集まります。 プレミアム会員になると日記検索を行なう事ができるので、 アクティブユーザーで尚且つ狙ったターゲットに一直線にアプローチできます。 プロフィール画像に自分の写真を載せていない人は 競争率が低くお宝が発掘できる可能性があります。 逆に顔写真を載せている人は孤独感や日常に退屈さを感じているとも考えられる。 また、マイミクが100人以上の人は異性の友達が多いので 難易度が高いでしょう。

・amebaブログ、amebaピグ

アメブロ、アメピグと呼ばれるブログや、 自分で作成したキャラクターでサイト内でコミュニケーションを取るゲームなどでも 出会いがある。 ブログサービスでは「ぺた」と呼ばれる足跡をつける機能、 アメンバーと呼ばれるいわゆるお友達になれて、 メッセージ交換ができるようになる機能などが使える。

アメピグでも、表面上は規約違反となるが、 仲良くなれればアドレスを交換することも一応は可能となっている。 思った以上に利用者が多いので、継続的に利用していれば嫌でも仲良くなれる。 ただ、ブログを長期的に書いたり、プロフィール内容を充実させるなどしないと いけないので、基礎工事に長い時間が掛かるのがデメリットと言える。 文章を書くことや、アメピグでの交流や雑談そのものを 楽しめる人にはおすすめできますが、長い期間サービスを 利用する気がない人には難しい方法です。

・skype

スカイプはwebカメラを通して相手の表情や姿を見ながら生の会話が楽しめる無料通話ツールです。 また、マイクやカメラが無い人でも、ショートメッセージのようなチャットだけで 仲良くなることもできます。 skypeをやっている人は寂しがり屋だったり、どこか孤独感に苛まれていたり、 コミュニケーションに自信がないなどコンプレックスを抱えていたりします。

現実で友達が少なかったり本音で話し合える親友や友達がいないので、 ネットのスカイプ友達を募集して、お喋りをしたいと考えています。 そのような誰かと一緒にいたい親和欲求、言葉を発したいという望みを叶えると 自然と友好関係が築けます。 スカイプで仲良くなった男女は会話の相性が良く性格や価値観が一致しているケースが多いので、 絆が深い長続きするカップルになる確率が高い。

スカイプで知り合うには、ネット掲示板(2ch各板、スカイプちゃんねる等)のスカイプ友達募集スレッドなどに 自分の情報と共に、相手募集をかけるとうまくいきます。 当然中にはイタズラでコンタクトを送ってくる人もいますが、 悪意があるとわかった時点でブロックしてしまえば済むことです。 他にもニコニコ生放送で配信している生主の中にはスカイプIDを載せている人がいるので 、常連リスナーになってアピールするのも良い手でしょう。

ただ、ニコ生の場合リスナーから配信者へのアプローチはライバルが多く難易度が高い、 逆に自分が生主として顔出し配信をしていると、異性からのアプローチが来易い。 また、最近ではツイキャスと呼ばれるツイッター連動型配信サイトが大学生などの若い世代で人気で、 出会い厨に人気の模様です。 誰もが能弁で話し上手なわけではなく、 見た目が今風のギャルや爽やか男子でも口下手だったり、家庭、現在や将来、人間関係に悩みがあることもある。 皆多少なりともどこか不安を抱えています。 素の自分や秘密を共有する事で恋愛心理学的には仲良くなりやすいので、 スカイプコンタクトは一期一会のつもりでガンガン送っていきましょう。 気軽に募集してみると案外うまいくことでしょう。

・自分のホームーページや悩み相談サイト

悩み事相談掲示板やチャットコーナーなどで相談を受けていると、 そこから恋に発展することが稀にあります。 一昔前の掲示板では彼氏募集、彼女募集などは平然と行なわれており 普通にメル友から現実的な付き合いへとステップアップしていた。 現在はその場所がツイッターやアメブロになどに移っただけで、本質はあまり変わっていません。

自分でホームページを持っていると、 稀に連絡フォームやメールアドレス経由で友達が出来る事もあります。 精神科医は悩み相談を聴くスペシャリストであり、その分非常にモテるといいます。 不安や悩みを抱えている人をターゲットにして、その解決策を 示してあげるとうまくいきやすいようです。

・オフ会

オフ会で知り合ってそのまま長期的な付き合いのカップルになることはよくあります。 ネトゲ(ネットゲーム)、SNSコミュニティ、2ch(2ちゃんねる)、ツイッターなどが 定番です。 ネットゲームで一緒にパーティを組んでゲームを攻略したりするゲームでは、 ゲーム内のチャットで仲良くなった相手とリアルで会おうというサシオフの話になりやすい。 SNSの趣味趣向で集まったコミュニティでも定期的にオフ会が行なわれていたり、 イベント毎や記念日があれば突発的に飲み会や食事会が行なわれることもあります。

他にもネット掲示板でも、各専門の板に固定ハンドルネームをつけて書き込んでいる人 同士でオフ会がよく行われている。 名無しの参加者にも美人や可愛い子、イケメンや格好いい男、 さらには財閥系の超お金持ちも好奇心で参加することがよくある。

オフ会は基本的に独身未婚、恋人なしの男女が集まりやすいので、 とりあえず暇だから時間を潰したいという時に、 ストレス発散目的でフラッと行ってみるだけで想定外の良縁に恵まれることがよくあります。 ネットで流行っていそうなコミュニティをチェックしていると、オフ会情報を 見つけられると思います。 初対面同士なことが多いので、有利不利なく同じスタート地点から 恋愛関係を開始できます。

・婚活サイト

彼氏や彼女いない歴=年齢からいきなり結婚という方は急すぎると思うかもしれませんが、 社会人になると軽い遊びの付き合いよりも結婚相手を探したほうが パートナー探しは簡単という場合もあります。 年収300万円前後のある程度の安定感と許容範囲内の一般的な性格や容姿であれば、 婚活サイトやカップリングパーティに通うだけであっという間に売れていきます。

「結婚相手はまだ欲しくないな」という方はやらなくていいですが、 結婚したいという思いがあるなら、下手に自由恋愛の市場に飛び込むよりも、 生涯を共にする伴侶探しの方が難易度が低いケースもあります。 特に、まだ20代後半ぐらいであれば、交際申し込みのオファーが殺到するでしょう。

最近はネットを使った婚活サイトもよくあり、 さらには婚活サイトと言う名前だけど、恋人探しも含まれているサイトなどもあります。 結婚相談所は登録料が結構掛かりますが、ネット婚活はリーズナブルで安価なので お試しでサービスを利用してみるのも面白いと思います。 おすすめサイトについては優良婚活サイト一覧 にまとめてあるので興味がある方は確認してみよう。

出会いは本気で探さないと見つからない

「出会いがない」と言い訳をして現実から目を背けてはいけません。 極端に言えば、目の前に異性が通りすがったりアイコンタクトが成立しただけでも 十分な友好関係を築くチャンスとなります。 「出会いのきっかけ」は自分の力で作り出すものだという意識が成功への近道です。 どこで知り合うのかと聞かれれば、どのような場所でも知り合える、というのが答えです。

何も手を打たず仕事ばかりしていて職場と家の往復をしていたら、一生独身未婚のままになってしまうかもしれない深刻な事態。 現状を打破したいと思ったら、 どこかで自分自身のやる気スイッチをオンにして、運や偶然だけに頼らない「力」で人生を変えていくしかないのです。 自分の魅力を磨くことを怠らず、行動範囲を広げてアクティブになれば自然と 異性と接触するチャンスは生まれます。 受け身の姿勢で消極的に相手が来るのを待つのではなく、 自分から動いて好きな人を勝ち取るという意識を持ち、異性に対して攻めのスタンスで望みましょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.