恋愛tanu.com恋愛心理学 > 告白されて好きになる心理

告白されて好きになる心理

付き合っているカップルや既婚者夫婦の付き合ったきっかけの恋バナ、体験談などを 聞いていると「熱意あるアタックに押されてついつい交際してしまった、 今は後悔もないし幸せです。」なんて定番の話をよく聞く。 結婚している男女の心理調査のアンケートによると、 別にそこまで好きではない彼氏や彼女と妥協して結婚している人が 思った以上に多いことに驚く。

中には結婚生活での夫や妻からの不満やストレスを我慢しながら一緒に暮らしている人もいる。 長続きしているラブラブのカップルでも、 常日頃彼氏に対する不満や愚痴ばかり言っている彼女であっても なかなか関係は切れない。 これらのケースではほとんど、相手から一方的に惚れられている、好かれてるパターンです。

何がいいたいかというと、 相手から好かれると、その人を手放すのが惜しいと感じる心理が人間にはあるということです。 人間の本能には「親和欲求」という 誰かと仲良くしたいという強い欲求の心理があり、これは人から好意を表明されたり 愛情表現をされることで満たされます。

それが異性であれば「生存本能」、自分の遺伝子を後世に残したいという無意識の本能、 子孫繁栄の気持ちから尚更、自分を好きになってくれてる異性は 気になってしまいます。 また、恋愛心理学には「好意の返報性」という 気持ちがある。 人は誰かから好意を示されると、好きになるという心理です。 知り合いからお中元やお土産を貰うと、「何かお返しをしなければ」 と考えるのがまさにこの気持ちです。

おはようと挨拶をされたら挨拶したくなる。 援助をされたり手助けされたら、自分も相手を支えたくなる。 という具合に人間関係は鏡写しのような関係で成り立っている。 自分がした行動や行為がそのまま自分に返ってくる。

人を幸福にしたり笑わせるサービス精神がある人は、自分が幸せになる確率が 高まるというわけです。 モテる男女の理由の一つに、八方美人で誰にでも笑顔で接するという特徴の共通点がある。 微笑みで周囲を安心させられる人には、相手も心を開いてくれるようになるのです。

スポンサードリンク

気になる人にはすぐ好意を伝えよう

・第一印象で嫌われていなければ告白はプラス評価になる

友達としか思っていない異性としてはまったく興味が無い男女から告白されると 、告白された側はどう思うでしょうか。 「まだよく知らないから急に付き合うのは無理」「嬉しい」「友達からなら」「絶対嫌い」 大まかにはこのような反応になるでしょう。

男性の場合は、女性から告白されることは滅多にないし、 瞬間的に恋愛感情がピークを迎えるオーブントースター型なので、 最低限の合格ラインさえクリアしていれば即OKします。 しかし、女性の恋愛感情は電子レンジ型といわれており、じっくり時間をかけて 育まれることが多いので、最初は反射的に誘いを断ったり振ってしまいます。

そこで関係が終わってしまえばそこまでですが、 その後も友達としてお喋りやメールを続けていると、 告白する前とした後で接し方が多少変わっているのがわかると思います。 例えば彼氏持ちの女性に告白して振られたとしたら、 その後その女性は告白してくれた男性に対して若干 甘くて優しい態度になると思います。

余裕のある女性でしたら、 メールで絵文字やハートマークをつけて送信してくれることもあるでしょう。 もしかしたらデートの誘いに応じてくれるかもしれないし、 彼氏と険悪になって別れたりでもしたら、乗り換える可能性もある。 ただし、第一印象で嫌悪感を持たれていると、一瞬で「キモイ」と一蹴されてしまうので、 最低限生理的に無理と思われない程度の友好関係は築いておきたい。

本気で好きという気持ちを伝える愛の告白は「友達」というカテゴリーから 「恋人候補」というカテゴリーへと意識を転換させるきっかけになります。 恋愛に鈍感なタイプの場合、ストレートに告白されるまで 恋愛感情にまったく気づかないこともあります。

若い頃は愛の告白は大層なことで、余程の勇気が無ければ できないことでしたが、20歳代を超えてくると、 そこまで恥ずかしがることではないと悟り始めます。 告白は恋の終着点ではなく、恋のスタートライン だと思うとうまくいきやすくなります。

たとえその時はタイミングが悪く振られたとしても、 告白した後もけなげにアピールし続けると、可愛いと母性本能をくすぐられたり、 情けで付き合ってくれる優しい人もいます。 きっかけではどうであれ、一度付き合い始めれば、男女は早々離れられない 絆で結ばれます。 恋愛は先手必勝の奪い合い、ライバルより早く動く事を心がけなければ あっという間に好きな人が自分以外の人と付き合ってしまいます。

気になる片思い中のターゲットがいるのであれば、 直接会話するだけでなく、友達づての 紹介、アドレスを教えて貰ってメール、電話、手紙などのラブレターでも なんでもいいので好意を表明しましょう。 「あの男の子、あなたの事をいつも話してるよ」 なんて噂話を聞いたら絶対に気になってしまうでしょう。

それと同様、告白されてから、「あの人私の事好きなんだな」 とずーっと頭の中をグルグル駆け巡ります。 そうすると次第に、「もし遊んだら楽しいのかな」 なんて妄想が膨らんでくる。 恋愛感情は会っていない時にこそ膨らみます。 このようなサイクルに陥るきっかけを作る力が告白には存在するのです。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.