恋愛tanu.com恋愛心理学 > 恋愛感情の賞味期限は三年

恋愛感情の賞味期限は三年

男女が恋をし付き合うきっかけは様々ですが、体にどのような変化が起きるかそのメカニズムは ある程度一定です。初対面の知り合った当初、好意を持っていたり一目惚れだった場合、 その時から胸がドキドキと高鳴っている。これは脳内に恋愛ホルモン(PEA)と呼ばれる ものが分泌されるからです。

この恋愛ホルモンには、アドレナリン、ドーパミンなど、集中力を高めたり 、性欲を高めたり興奮をもたらす作用があり、ときめきの心理状態に導く。 そしてこのホルモンは出会った頃により多く分泌され、次第に少なくなり、 付き合って3年目にはほとんど分泌されなくなる。 だから、恋愛の賞味期限は3年の壁とも表現されたりする。 実際付き合っているカップルもこの時期から彼氏や彼女に飽きてくる。

そして3年が経過すると、そこからは別のホルモン、βエンドルフィンやセロトニンなどの 安心感や安定感、うっとりした穏やかさ、居心地の良さなどの幸福感を感じさせるホルモンが出始める。 この頃になると付き合っている相手が「空気」のような存在になりやすい。 ほとんど意識しないほどに慣れきってリラックスできる相手になってしまっているのです。

3年を過ぎると理性的には好きでも、本能的にはあまり恋愛感情が無くなってくる。 これは人間の遺伝子に組み込まれている生存本能の一種で、 3年かかっても結婚しないようなパートナーは相性が悪い可能性があるとして、 その期間をリミットにして別れようと仕向けているサインであると言われている。

また、3年もあれば子供を作って、ある程度の子育てまで 男性が食料や安全などの最低限の世話をしてくれる。 3年でその役割を果たしてくれるからという説もあります。 そしてこれらのホルモンがまったく分泌されなくなると、無関心になり スキンシップもキス、電話やメールも、姿を見ることさえも全てがうざったく億劫になってきます。 いわゆる究極の倦怠期に突入する。

人間の心理的には恋愛の賞味期限は3、4年で冷めるようにできています。 それでもバカップル状態が持続したり夫婦円満な男女は非常に稀なケースだとも言えそうです。



長年付き合っている彼氏が煮えきらずなかなか結婚を決意できないのに、 他の新しい彼女を作って一ヶ月ですぐさま電撃結婚してしまうなんてことがよくあるのも 、これらの本能で適切な異性を選別しているからかもしれません。 付き合っている状態にあぐらをかいて、コミュニケーションを怠ったり横柄な態度でいるなど 油断していると、あっという間にライバルに 恋人を略奪されてしまうかもしれないのです。

自分が同じ立場だった場合、ズルズルと惰性で付き合っていると お互いに次第に恋の熱が冷めてきて、自然消滅的に別れることになります。 本気で結婚するかどうかは早めに決断して、 他の大切な人に出会う時間を潰してしまうような無駄な時間を過ごさないようにしたいものです。 逆に婚活などで知り合ってから付き合って1週間、数ヶ月で結婚してしまえば、 かなり幸せな新婚さん生活を送れることでしょう。

スポンサードリンク

男脳と女脳、すれ違いの原因

・男と女が喜ぶことの違い

男性は恋をする時、視覚情報から好き嫌いを感じる。 具体的には女性のバストやウエスト、お尻などが健康な子供を生めるかどうかです。 胸が大きければ子供に母乳を与える能力があるし、 ウエストが細ければライバルの遺伝子を宿していない証拠となり、 安産型のヒップは 子供を生みやすい体型です。 また、男性は女性に派手な服を着させたりコスプレをさせるのが好きです。 これも視覚で脳が興奮する仕組みになっているからです。

これに対して女性は恋をする時、記憶を司る脳がフル回転すると言われています。 どれだけ自分に気を遣ってくれたか、大切にしてくれたか、 プレゼントをくれたか、電話やメールで相談に乗って支えてくれたかなど細かい点を記憶していき、 男性が自分のためにしてくれたことが多ければ多いほど喜びの量も比例して増えていきます。

だから男性が女性を評価する時に 比べれば顔や見た目が良かったり筋肉があったり、腹筋がバキバキだったりすることはそこまで重要 ではなく、どれだけ自分のために行動してくれたかで愛情を感じます。 逆に冷たくされたり構ってくれず放置ばかりされていると愛情が湧かないし、 付き合っている時は恋愛感情が急激に冷め、別れのきっかけにもなります。

男性からすれば見に覚えがあると思いますが、 女性が怒り出すと男性がまったく記憶にないような細かい失態や不満だったことが 雪崩のようにドドドと一気に口から溢れ出てくる。 女性は感情と記憶を接続する箇所(脳梁)が男性よりも太いといわれており、感情と 記憶が結び付けられている。だから、怒るとき「不満」という感情にリンクされている 記憶が一気に出てくるのです。

逆に彼氏に愛情を感じてほっこり幸せ状態の時は、 今まであった全ての嬉しかったことなどが思い起こされて凄く上機嫌になりやすいのです。 女性の感情の波や起伏が激しいのも、感情と記憶が強く結びついていることが理由です。

・男は察してくれないし女は説明しようとしない

女性は男性に、「何も言わずとも自分の気持ちを理解して欲しい」という願望が強く 、無言のメッセージをしぐさや態度、サインなどで伝えようとしてくる。 しかし男性はこれらの非言語コミュニケーションがまったく読み取れずスルーしてしまう。 そうすると女性に不満が溜まり不機嫌になり、男性は何も分からないまま という状態が生まれる。

女性は自分の気持ちを願したり抑圧せず、素直に自己主張すると男性はきちんと動いてくれます。 逆に男性は、女性の気持ちを常に先読みして考えてあげて、 何かしらの手助け、手伝いや援助などのエスコートをいつでもできるように スタンバイしておきましょう。

お互いに気を遣わないでいると、すれ違いから、不満ばかり溜まっていきます。 女性はわかりやすく正直に自己主張する。 男性はちょっと気を遣って女性のために少しでも体を動かす。 たったこれだけで男女関係は驚くほどうまくいくようになるでしょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.