恋愛tanu.com恋愛コラム > どんな時に人を好きになるか、異性に魅力を感じる瞬間

どんな時に人を好きになるか、異性に魅力を感じる瞬間

恋愛と言うと若い頃は深く考えてしまいがちですが、大人になると人がどんな時に人を好きになるのか、 恋愛モードのスイッチがオンになる仕組みが実体験としてわかってくると思います。 人は想像以上に簡単でシンプルな理由で人を好きになります。

基本的な法則としては、頻繁に会う、共通点がある、物理的な距離が近い、マメにメールやLINEで連絡を取っている、 などがあり、これらの条件が重なりどちらかがアタックすればかなり高い確率で交際に発展できる。

ただ、さらに細かく分ければ好きになるタイミングやポイントは微妙に男女の違いがあります。 この男性心理、女性心理をわかっていると、恋愛上級者としてより異性にモテるようになります。

スポンサードリンク

男が女を好きになる時、魅力を感じるポイント

・彼女になってくれそうな人

世の中の恋愛ヒエラルキーでは、上位2割のイケメンやモテ男が女性の上位5割を獲得していると言われています。 つまり大半の男性は可愛い子や美人と付き合うのは簡単ではなく、さらに出会いがないので彼女を作るだけでも苦労している。 20代ならまだマシかもしれませんが、30代、アラサーになってくるとこの格差はさらに広がってくる。

男性にとっては自分に尽くしてくれたり彼女になってくれるという存在がいるだけでありがたいもので、 独身のフリー状態で愛の告白をしてきた女性を振ることは滅多にないと思います。 そういう意味では、単純に女性から気がある、好意がわかる脈ありサインを感じると好きになることがあります。 ただ、シャイで奥手な男性だと距離を縮めるのに苦労することもある。 恋愛にしても結婚にしても初めは妥協して付き合ったとしても、一度ペアになると案外情が芽生えて幸せになれるものです。

・性的対象として認識した時

男性は女性に対する許容範囲が広いので一目惚れの頻度が高い。 顔が整っていて、体型が魅力的だったらその時点で中身は度外視で付き合ってもいい、結婚したいとも考える。 目の前にプロポーション抜群の美女が通ったら彼女とのデート中でも彼氏が目で追ってしまったりする。

他人から女として見られるのは気持ち悪いかもしれませんが、見た目が魅力的かどうかは重要な要素です。 彼氏が欲しいなら、出会いを探すのと同時に、美容や健康にも気を使い自分磨きも同時に行っていくべきでしょう。 男はスタイルが良ければ顔はブスでも、髪型やファッションで雰囲気を可愛くすれば恋愛対象内になります。 綺麗な女性もみんなそれなりに努力してますからね。

・応援してくれる、支えてくれる時

男性はバカな夢を追いかけて、成功したり失敗したりします。 順調な時や結果が出ると人が寄ってきますが、事業が右肩下がりだったり目標が達成できない時は叩かれ疲弊します。 正社員として働いていても、上司やお客にクレームや説教をされることもある。 両親にさえごちゃごちゃ批判や否定をされます。

男性が落ち込んでいる時、ブルーな時、絶望している時に一緒にいてくれたり支えてくれる女性は、 相手に見返りを求めない慈愛の精神を持っている女神です。 そんな女性がいたらブスでも好きになっちゃうかもしれません。 お金持ちになるまで苦労してきた社長などは特にこの傾向はあると思います。 そこまで大げさな話ではなくても、自分の趣味を理解してくれる、などの軽い価値観の共有でも、共通点を築けるので全然好きになる理由になります。

・おしとやかで大人しい性格

男性の本能には支配欲求があり、自分の思い通りにコントロールできる女性を好きになりやすい心理があります。 だから、純粋、真面目、清楚、物静か、みたいな特徴がある女性に惚れやすい性質がある。

男性が本命彼女にしたいのはイケイケギャルのリア充女よりも友達が少ない喪女っぽい地味女だったりします。 その理由は、浮気せずに自分を好きになってくれそうな清純なイメージがあるからです。 現実は黒髪清楚系の見た目でも男性経験が豊富だったりしますが。

・愛想が良い女

男は女と接している時、相当幸せを感じている。 科学的なデータでは男性が可愛い子と5分話すと、男性ホルモンが50%も上昇し健康に有益になるという。 魅力的な女性と交流したいと思うのも、本能的に体に良いと理解しているからかもしれない。

人間は自分を好きになってくれる人を好きになる法則がある。 女性の笑顔は男性にとっては惚れ薬みたいなもので、気になる女として意識するきっかけになる。 また、男性を呼び捨ての名前やあだ名で呼んだり、話を聞いてくれるのも愛想が良いとも言う。 男は度胸、女は愛嬌が人生を豊かにするカギです。

・女らしさを感じる時

男性の場合初めから女性を恋愛対象として意識していてカップルになる場合がほとんどですが、 稀に友達感覚の付き合いから恋人に発展するケースもあります。 女の色気や手を出したいと思う瞬間があると、興味が無かった女性も恋愛対象になる。

また、女らしさという言葉には色々な意味合いが含まれている。 明るく陽気、オシャレやファッションが好き、小柄で華奢、モデル体型なお姉さん、母性や優しさ、ツンデレな甘えたがり、などなど。 男も女も異性には自分にないものを求めるところがある。 女らしい格好や振舞いをすることは好意を持たれることに繋がります。

女が男を好きになる時、魅力を感じる瞬間

・顔や雰囲気が好みのタイプだった時

女性の異性の好みのストライクゾーンは男性に比べるとはるかに狭く、男性は女性が10人いたら3人は恋愛対象に入るのに対して、 女性は顔写真や第一印象だけでは男が10人いても全員ナシと判定するぐらいシビアという調査結果が出ています。 逆に言えば理想の彼氏像と一致した時のベタ惚れ度は男以上になります。

普段は受け身で消極的な女の子でも、好みのタイプを見つけたときの積極性はかなりのもの。 女性からデートに誘ったり、話しかけるような行動力を発揮する。 男性が女慣れしていて経験豊富な相手なら、トントン拍子に恋愛が上手くいくことでしょう。

・安心感を得られた時

女性は男性に対して力では勝てないので常に警戒心を抱いています。 だから、優しい人、誠実な人、一途な男が好きなどとよく言います。 初対面の女性に対してはまずこの男性に対する不信感を無くしてもらわないと、 いくら話しかけても心理的距離は縮まらず他人行儀な対応をされます。

同じ地元、共通の友達や知り合いがいる、学校や職場が同じなど、仲間意識を感じるコミュニティに属していると、 女性はガードが緩むので、大学のゼミ、サークル、学校の同級生、社内恋愛など同じ組織内だと安心して好きになる心理があります。

恋愛はリラックスしている時に盛んになります。 だから、心に余裕(隙間)がある女性ほど恋愛に積極的になりやすい。 女性が安心感を得られる行動や態度としては、友達のように自然体で接していられる、笑わせてくれる、会ってすぐに手を出されない、 無理やり体を求めてこない、などがある。

楽しい相手=安心、癒し、という繋がりがあるので、お笑い芸人やノリが軽いナンパ師なんかはチャラいけれどモテる。 逆に無表情で何を考えているかわからない男などは、つまらない=怖い、などとネガティブな評価をされてしまう。

・男として意識した時

女性は男性に比べると一目惚れが少なく恋愛モードに入るのに若干の時間が掛かる。 男は電子レンジ型、女はオーブン型と言われるように、 男性は瞬間的に気分が盛り上がり会った瞬間ピークになるのに対して、女性の心理は異性として好きになるには、 「男」としての色気を感じてからでないと恋が進展していかない。 だから、初対面や初デートよりも2回目、3回目のデートの方がキスしたり体の関係になる確率が高い。

女が男に色気を感じるのはどんな時かというと、自分の好きな体の部位が見えた時、仕事に集中している姿などのモテ仕草を見た時、 自分を必死で口説いている姿、強引に迫られている時、手を繋いだりキスした時、脈ありメール、デートの誘いのラインが来たときなどです。 特に女性は甘いムードに酔いやすくSッ気や少し強引なアプローチに流されやすいところがあります。

男性なら容姿やスタイルや一目見て好きになるのに対して、女性は見た目だけでなくこのように出会いの先からもうワンアクションが求められる。 ほんのちょっとの違いですがこの微妙な男女差が恋愛を複雑にしています。

・手伝ってくれた時

女性は愛されることで喜びを感じる生き物です。 付き合っている恋人同士でも彼女が彼氏から本気で愛されているのかどうか常に悩んでいたりします。 その愛情の量を測る基準のひとつが、自分に対してマメに尽くしてくれるか、手助けしてくれるかどうかです。

職場恋愛では先輩の社員が仕事中に助けてくれたり業務を教えてくれると、頼りがいを感じて好きになりやすい。 また、相談に乗ってくれた時も、自分の話を聞いて受け入れてくれる包容力や、納得させてくれるアドバイスなどによって、「頼もしい」 と感じるとその男性に惚れてしまうことがある。 自分を成長させてくれる男が好きというのもあります。

・尊敬できる男

女性は自分より格上か格下かで態度をガラっと変えるところがあります。 特に恋愛では一度自分が見下した男性を好きになることはなかなかないです。 逆に自分が「すごい」と感心したり驚いた男に対する評価は非常に甘くなります

尊敬に値する理由は女性の個性や考え方に影響されます。 婚活で結婚相手に求められる「身長」「年収」「安定した職業」などがわかりやすいもので、 他にも「社会的地位」「人からの評価」「専門的な知識」「強靭な肉体」「男らしさ」などがある。 女性が尊敬という言葉を使う時は、その男とデートしても良いぐらいの評価の高まりがあります。

・アプローチされた時

女性は些細な仕草や動作、態度に敏感です。 多くの男性は鈍感で、女性の無言のメッセージに気づけませんが、女同士なら機敏に察知して言動の深い意味や意思がわかるようです。 想像力豊かで細かいことをチェックする女性だからこそ、 男性にちょっと挨拶をされたとか話しかけられただけでも恋の予感を感じやすい。 女性は大した根拠が無くても男との出会いを運命の相手と勘違いすることが稀にあります。

こう聞くとハードルが低いように思えるかもしれませんが、ほとんどの男女は異性と挨拶をするぐらいの友達関係になる ことすらできていません。だから、現代社会は彼氏、彼女ができない人で溢れているのです。 女性は楽しくて良好な関係を気付ければ男の顔も年齢もあまり気にしません。 孤独で寂しい時にタイミング良く好意を寄せてくれたら、お返しに好きになるのは普通のことですね。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.