恋愛tanu.com恋愛コラム > 恋愛での男女の違いまとめ

恋愛での男女の違いまとめ

男と女は本質的にまったく別の生き物だと言われる。 実際生活している中で考え方、思考内容やコミュニケーショの取り方など 不可解と感じる点があり、理解できない事もある。 しかし、それは異性にはわからないけど同性同士には察することができたり、 ある程度の共通点や法則が見出せるものだったりします。 男女は脳、体、骨格、肉質、毛の量、生理、などの身体的な要素から 、言動の傾向、恋愛感情、無意識に求めるもの、本能など精神的な部分までほとんど異なります。

まったくの男女平等というわけにはいかなく、根本的に構造が違い性差があるもの区別する必要があります。 異性に対して仲良くしたり会話しようと思う時は特に意識した方が良いでしょう。 もしも、男女の食い違いについての知識が無い意味不明なまま接していると、 些細なすれ違いが理由でストレスとなり、ケンカや別れる原因となることがある。 どのような欲求不満があるのかわかれば、欲しいものを相手に与えることで、 より異性としてモテる、片思い中の相手と両思いになれる確率も上がり、 好意を持たれやすくなるということです。

知識として男女の相違を事前に覚えていれば、お互いに異なるから仕方ないと諦めがつくし、 差異を認め合うことで多少の欠点や変な癖ぐらいなら許せるようになります。 結婚には我慢や忍耐が必要だと体験談で語られます。 予想できない未来を耐えるのは苦しいことですが、 将来起こり得ることを先読みできれば、余裕を持ってポジティブにそのことを許容できます。 異性のことを深く理解することで心理的な負担を回避でき、より親密で深い絆で結ばれることができることでしょう。

以下の解説は男女の平均的な割合の偏りであり、例外的に男勝りな性格で肉食系な女、女々しいお姉系の草食系の男など 、一般的な性別の系統とは正反対の性質を持つケースもあるので、 人を観察する時は決め付けをしないように多面的にチェックしよう。

スポンサードリンク

男と女の比較一覧

・視覚、視線、目線

男性は空間把握能力が発達しており、車の運転やバックさせて駐車したり、ゲームが上手だったりします。 視野は狭いけど遠くを見ることが得意で、 外敵からの気配や危険を察知したり、素早い獲物の動きを捕捉する動体視力が優れている。 原始時代に狩猟をしていた名残りで、動物を追いかけるのが得意です。

女性は広い視野で近くを見ることが得意。 原始時代では木の実を拾う、仲間と円滑なコミュニケーションを図ることに主眼を置いていたと言われています。 また、女性は男性よりも色を識別する能力に優れていて、見えている景色の色合いが男性に比べて鮮やかだと言われています。 同じ夜景を見ても男性はすぐ飽きるけれど、 女性はいつまでもロマンチックなムードに浸れるのもカラーの見え方の違いが理由かもしれません。

恋愛においても、男性は遠距離からでも好きな女性の事を見つめたりチラ見しますが、 女性は近くに寄らないと伏し目がちでなかなか相手の顔を見ようとしません。 距離が近い人を好きになりやすいのは女性の方が顕著です。 男性は遠目で見つけた美人や可愛い子に一目惚れしますが、 女性は同じグループだったり話しかけられたりアプローチされてから、 ようやく「気になる存在」として恋の予感を感じます。

また、しぐさや態度、行動、癖でわかる心理まとめ にもある通り、 男性は好きな女性の話を聞いている時に長時間相手の目を見つめ、 女性は好きな男性に話している時に長時間相手の目を見つめる。 という特徴があります。 デートや会話をしている時の相手の目の動きに注目してみると、 脈なし、脈ありの本音がわかるかもしれません。

〜女性の嘘を見抜く観察力〜
彼女、妻はパートナーに対して勘が鋭いと言われている。 些細な痕跡や様子がいつもと違う事を察知して、彼氏や夫の嘘、浮気や不倫を見破る。 これには様々な説があり、嗅覚や聴覚によって相手の本音がわかる、しぐさや態度、顔の表情によって 心理がわかる、神秘的な直感が優れているなどの理論がある。 女性は地獄耳であり鼻もよく効くと言われます。

この中でも最も現実的なのはやはりノンバーバル(非言語)コミュニケーションの密度です。 男性の場合はまったく気にせずスルーしてしまうような些細な変化でも女性は気にかけます。 手で髪を触った、頭や顔を掻いた、ダルそうな表情など、 それが本当の意味で正解であるかどうかはわかりませんが、 気持ちを推し量ろうとする本能が男性よりも強い。 だからこそ小さな疑問や予感を見逃さないのです。



・言葉、会話、メール

男脳は左脳がよく働き、情報のやりとりが主体で直球でストレートに結論を言い、その事について熱く議論するという会話形式が好きです。 考えてから話すので、会話が途切れたり沈黙する事も多々ある。 何かを追求することが好きなので、根拠のある反論は素直に受け入れるところがある。

女脳は左脳と右脳を連携している脳梁が男性よりも太く、言語に加えて感情も混ざりあって言葉に出てくる特徴がある。 右脳がよく働き、人との友好関係を築くことが主体で、過程を大事にして楽しむ。 見たこと聞いたこと、今思っている感情を思いつきでそのまま言葉にして整理して、話しながら結論を探るスタイルを持つ。 女性は男同士のように気軽に否定すると、宣戦布告と同等のレベルの事態になることがある。 軽い気持ちでも非難したり批判することはかなり危険な行為になっている。

また、女性は能弁であり次々と話題を膨らませるのでオチがない長話しが多く、一日の会話量、語彙数は男性の平均3〜10倍以上にもなる。 3万語喋らないとストレスが溜まると言われる。 初対面で人見知りはするものの、会話が下手、苦手な人は比較的少ない。 英語や語学教師は女性が6割以上と普通の男女比より割合が非常に多くなっている。



女性は悩みや思ったことを素直に話すことでリラックスするけど、男性は話すと自分の弱さが出ると思って無口になる。 特に悩み事や困った時は1人で考え込み解決策を探します。 本命の好きな人の前では格好つけて真面目ぶるようなものです。

男性は、1つのお題でじっくり話し合う、会話から次のテーマに移ることが苦手で 質問して、答えを一言喋ると行動が終了して沈黙してしまう人が多い。 会話でのすれ違いが生じたり、意思疎通がうまくできない対処方法は、相手に合わせる努力をすることです。 男女の会話を盛り上げるためには、相手のタイプに合わせた展開でアプローチする必要があります。

男性との会話のコツは先に結論、結果を述べてから、原因を述べることで、イライラさせないで話を聞けます。 女性との会話のやり方は結論を求めずに、ひたすら共感して「うん」と頷いたり相槌を打ちリアクションを激しくし、 適度に相手の目を見て、聞いているポーズを取りましょう。 このポイントに気をつけるだけで、大抵のお互いの不満は解消されるのです。



〜会話の特徴はメールでも共通〜
メールに対する認識、とらえ方の違いも上記の内容が当てはまる。 女性はメールの返信はあって当然のものだと考えがちで、 メールによるコミュニケーションも頻繁に取りたがり長文が好き。 少し返事が返ってこないだけで イライラしたり不安になったりする。 男性は別に返事をしなくても良いと考えている面がある。 「面倒くさい、仕事が忙しい」と思う時には後回しにして自分の好きなことをしている。 デートの約束や日時、集合場所を決めるためだけに短文で活用したがり、基本的には必要ないと思っている。

メールでアプローチする時のテクニックとしては、 男性はメールの頻度、回数を多くマメに連絡をするようにして、常に女性との関係を継続すること。 女性は男性からの返事の間隔や時間が遅くても余裕を持って対応することです。 女性は毎日電話が掛かってきても彼氏や好きな人なら苦ではないけれど、 男性は好きな人からでも頻繁に連絡が来ると心が休まらず面倒くさいと思ってしまう。

また、うざいと思われるのはプライベートの深い詮索、付き合う前なのに恋人であるかのようなキモイメール、 などに注意しましょう。 言葉と行動にどれくらい力を入れるのか、バランスが大切です。 ただ、男女差だけではなく個人差もかなり大きいので相手のタイプを見極めた上で臨機応変に 価値観を合わせましょう。



・気持ちの盛り上がり方

女性は初期段階ではクールなことが多く、「アプローチがしつこいなぁ」と感じた男性でも、 一度恋人として付き合うと惚れこんで常に彼氏に触れていたくなる。 逆に男性は初対面で一目見たとき、スタートラインの段階の一瞬で好きな気持ちがピークに到達する。 一目見て「恋愛対象内、アリ」と判断されれば10分後には親密な関係にもなれるほど極端なものです。 しかし、付き合いが長くなるにつれて恋愛感情は冷めやすい。
男性は電子レンジ型女性はオーブントースター型の恋愛傾向と言われています。

男性は種の保存の本能から、沢山の異性に遺伝子をばら撒きたいというベースがあり、 簡単に好意を持ちやすい。基本的に惚れっぽいタイプと言えます。 女性は交際相手や結婚相手を決める際に子供ができるリスクが存在するので 、しっかり相手を品定めします。

誠実か、真面目か、将来性があるか、安心して付き合える等、項目ごとに男をチェックする期間があるのです。 そして合格と判断されたらいよいよ二人きりで遊ぶ場へとステップアップしていきます。 彼女は最後の女になりたがる、一途に尽くしたがる。 彼氏は色々な女の子と遊びたがる、最初の男になりたがる。

男性は女性に出会ってからすぐ、強引にガツガツ押して攻めすぎると、気持ちの温度差、ギャップで好きな人と遊ぶことすらままならないかもしれません。 じっくり時間をかけて最低でも一ヶ月は愛を育みたいところです。 付き合う前は男性側が彼女に夢中だったのに、付き合った後、沢山遊んでからは女性側が彼氏に捨てられたくないと追いかける。 そんな奇妙な現象が起こりやすい、恋愛観の違いがあります。 婚活をしている30代前後の女性がなかなか紹介相手に恋愛感情を抱けないのは、 時間をかけないと気持ちが熱く盛り上がらないためでもありそうです。



また、女性は頻繁にコミュニケーションを取ることが親密さや友好関係に直結しやすい。 学生時代の友達に偶然遭遇した時、「連絡できなくてごめんね」なんてことを言う。 連絡をすること=親しさだと無意識に判断しているのです。 男性ではこんなことはない。

例えば同窓会で昔仲が良かった同級生の男友達と会っても「久しぶり、元気だった?懐かしいな」ぐらいで 、特別な気遣いもないものです。 女性は接する頻度が少なければ親友だった人でも2〜3年で疎遠になって仲も冷えていく、 男性の場合はまったく関わらない空白の期間があっても、昔のようにすぐ打ち解けることができるのです。 これが「女の友情は一時」「男の友情は永遠」と言われる所以です。

この特徴は別れた後のカップルで特に顕著です。 女心として元カレと一度連絡を絶つと、しばらくしたらまったく忘れてしまう、むしろ嫌いになるのが普通ですが、 男心は元カノに未練タラタラ状態のことが多く、 別れた後でも気乗りさえすれば、いつでもよりを戻し関係を修復できます。 ケンカ別れをした後、冷却期間を置くことで復縁する可能性が高いのは男性の特徴です。 このことから女性は数、男性は質のコミュニケーションを欲していることが理解できると思います。 回数重視と中身重視、異性を口説く際、アタックする際に意識してみましょう。



・性欲

有名なグラフを見ると、年齢別では男性は10代〜20代が最も性欲旺盛で、その後は緩やかに減退していく。 女性は30代〜40代が頂点で、それ以外はほとんど横ばいと言えます。 男性ホルモン、テストステロンは若い頃に筋力を鍛えたり運動をすることで沢山分泌される。 対して女性の性欲が高まるのは40代付近で卵子の数が減少し、ラストチャンスとも言える歳で自分の遺伝子 を後世に残すために備わった本能のようです。



若い女性はロマンチックな恋愛を求めており、 ロマンスや一体感の延長線上に行為があると考えていたりする。 男性が体目的だけで付き合おう迫ってくることに不信感を抱きやすい。 大人、中年や熟年夫婦になってくると、妻からのお勤めの誘いを「仕事で疲れている」と断る旦那が生まれる 。このようなすれ違いが頻繁に起こるのも精力のピークの食い違い、 本能の性差が理由かもしれません。

性欲の質の違いにも注目できます。 手を繋いだり抱きしめたりなど相手を慈しむ行為、優しさや温もりのあるボディタッチやスキンシップそのものに強い愛情を感じ満足する。 少女マンガのような清潔で素敵な恋を夢見ている部分がある。 夜一緒にデートしているだけで最上の喜びを感じられる。

それに対して男性は視覚情報、お尻や腰つき、バストを見て興奮し、下半身、下心に直結する欲求を満たすことで満足感を得る。 また、男性は10分程度の短時間でも比較的簡単に気持ちよくなれるが、 女性はそれだけでは物足りず、30分〜1時間ぐらいずっとイチャイチャしてようやく お腹が膨れる状態になる。 一度スイッチが入ると男性よりも女性の方がよほど性欲は強いし長持ちする性質があると思われます。



・男女別アドバイスのコツ

女性のほとんどは男性に本当の意味での助言を求めて相談を持ちかけていない。 自分の悩みに共有、共感、同意して欲しいだけで結論は自分の中で答えが決まっているケースがほとんどです。 男性は素晴らしい解決策を提示するのではなく、相手の気持ちを代弁してあげると女性は自分を理解してくれていると 錯覚する。女性は話を聞いて欲しい、背中を押して欲しいという気持ちが強い。 下手にアドバイスすると不機嫌になって険悪なムードになってしまうこともある。 男性の役割は、とにかく相槌を打ちながら話を聞いて(聞くフリでもOK)、的確な質問をして 喋りたいことをひたすら引き出すことです。

男性は何か問題にぶつかるとすぐに結論を求めたがる特徴がある。 女性のようにダラダラと議論したり遠まわしな表現で外堀を埋めていくようなやり方だと イライラしてしまう。 短時間で簡潔、ストレートにわかりやすく答えや意見を提示して、後は男性本人に熟慮させる方法が正解になりやすい。 また、男性は基本的になんでも独断でやりたがるので、試行錯誤している段階で 相手の行動を先回りするような事を指示すると意欲が削がれてしまう。

良くある例としてはリラックスしている時に急に母親から 「勉強しなさい、掃除しなさい」とあれこれ言われると男の子は大抵反抗心が芽生える。 旦那や彼氏に頑張って欲しいと思ったら一言応援して、 後は沈黙していることが最善策となることでしょう。 男にとっては温かい目で見守ってくれることが最大の信頼の証になりえます。



・思考回路・判断力

男性は物事を理論的に解釈する。 客観的で理性的なので、一見冷めているような部分がある。 表情は仏頂面で変化に乏しい。 性格としては束縛嫌いで自由を好む、指図されたくないタイプ。研究が好きなどの特徴がある。 支配欲求、征服欲求の本能があり、プライドが高く上下関係を作りやすい。

女性は物事を直感や感情、主観的な要素で善悪をつける。 喜怒哀楽の表現が激しく、笑いやすいし泣きやすい。 衝動的、ヒステリーな感情の波の触れ幅が大きい人も割合多い。 些細なしぐさや態度、サインから相手の感情を読み取るのが得意であるが、 地図を読んだり道に迷った時の決断は遅く優柔不断な傾向があり、コンプレックスだと思っていることもある。 また、母性本能があり従属的に尽くすことで幸福感を得る面もある。

これらの性質はあらゆる局面で露呈します。 街中でケンカしているカップルは女性が怒っていて男性は黙っています。 実はお互い感情が燃え上がってるのは同じでも、どのような態度に表れるかが全然違うのです。 男性は頭の中で考えて怒りを静めようとしています。

女性は心に溜まっているものを吐き出し、相談しあうことで仲直りを図ろうとしている。 この時、険悪なムードがさらに悪化するセリフとして「いつまで黙ってるの、言いたい事があるならいいなさいよ」 というものがある。そこで男性が頭の中で議論を重ねて出した答えを言おうものなら 「言い訳するんじゃないわよ」と追い討ちをかけられる。 そして理屈ではどうしようもないと思い、また黙り込みもっと嫌いになる、という負のスパイラルになります。

この時、男性同士であれば大抵の場合お互い黙って離れるか、すぐに手が出てるかの二択です。 女性同士の場合は、お互いに怒鳴りあい、話し合いの末、次第に局面が収束して謝ります。 男性は気持ちを丁寧に言葉にして伝える女性は長々と口論しすぎないことが 、カップルや夫婦が長続きする秘訣、不仲にならないコツです。

ファミレスで食事デートをする時、 男性がメニューを決めるのが早いと、女性からの評価が高い。 これは女性が迷いやすい性質を持っているから、無意識に自分に無いものに魅力を感じているのです。 また、暴力を振るう男性は嫌われるタイプですが、 彼氏や夫には少し強引に迫られたい、いつも胸を張って堂々として強気でいて欲しいという願望も女性にはあったりします。

無職ニートのダメ男でも根拠の無い妙な自信を持っていたりすると、 ハマってしまうお金持ちの社長令嬢などは結構いたりする。 男性はコントロールしやすい女性がすきです。 天然系や癒し系女性がモテる理由も扱いやすいと思われるからです。 主導権を握りたがり、彼女や妻に優しく支えてもらい、応援されたいと思うのが男性心理の求めているものです。



・神経の感覚、肌

男性は女性に比べて体全体の皮膚が大よそ2〜4割程度、硬く分厚い。 表皮の神経は外敵からの攻撃に備えるために鈍感であり、多少の衝撃にも痛みを感じず耐えられる構造になっている。 特に背中は背後からの奇襲に備えるために4倍も厚いという。 皮脂腺による皮脂の分泌量が多いので、脂性肌になりやすいが、紫外線のダメージは受けづらい。

女性は皮脂腺が少ないので乾燥肌になりやすい。 皮膚は薄く敏感であり毛穴が小さいのでキメが細かく、少しの刺激でも容易に伝わる。 また、お肌の曲がり角と呼ばれる25歳では皮膚のたるみや衰えの自覚症状が出てくる。 特に女性は肌に水分や油分が少ないので、健康管理やお手入れをきちんとしなければ綺麗さをキープするのは難しいと言われる。 男性は皮脂が大量に分泌されるので、いつまでも脂ギッシュで 顔がコーティングされているので、 男性ホルモンが減少する50歳までなかなか肌が老化してこないという。 少しぐらい日焼けして色黒になっても肌へのダメージが少ないのが特徴です。

肌色として人気なのが、「色白のもち肌」と呼ばれる適度に脂肪があり透き通った白い色です。 スキンケアで美肌に気を遣う人は大抵色白美人を目指していることでしょう。 最近ではメンズビューティなる言葉も流行しており、男性でも化粧水や洗顔オイル、日焼け止めクリームなどを使用して シミやくすみができないよう、外見に気を遣う人も登場してきている。

女性は男性に比べて10倍以上、感覚が敏感だと言われています。 ボディタッチをする時に、ほんの少し手や髪に触れただけでも非常に意識されます。 それは身体的なものだけではなく、心理面でも同様です。 気持ちいい、暖かい、優しい、寒い、寂しい、辛い、泣きたい、怖い、など 全ての感情は男性以上に増幅されやすく、精神面での問題、情緒の不安定さを備えています。 男女共に精神的に安定感がある人と一緒にいる方が安心できて好かれやすいです。



・心理的に負担が掛かったとき

男性はストレスが掛かると、1人になりたがり運動や行動によって欲求不満を晴らそうとします。 外に出てスポーツをしたり体を動かす、散歩して気分転換する、ゲームや機械いじりに没頭するなど。 女性の場合は、言語コミュニケーションによって鬱憤を解消します。 電話やメール、飲み会などで友達、家族、彼氏に悩み事を相談したり、 日記やブログ、twitterやSNS等で愚痴を吐くことで心のわだかまりがスッキリします。

カップルのケンカを見ると男女の違いが明らかになります。 彼氏は黙って考え込む、貝に篭ることで頭をクールダウンさせ気持ち落ち着かせる (本音では独りになって行動を起こしたい)。 彼女は話し合いによって和解の道を探ろうとする。
女性は気遣って欲しい気持ちが強く、男性は放っておいて欲しいと考える。

告白をして振られたり失恋した後もこの傾向は顕著です。 男性は悲しみに明け暮れ趣味に走ったりしばらく誰にも会いたくないと無気力になる。 女性は振られたことを皆に報告したり、別れをきっかけにして 、ポジティブになり新しい出会いの原動力にすることができる。 特に若い女性は一度彼氏ができると別れた直後でも、短期間でまた付き合う異性が現れ、 恋人が途切れることが少ない。

女性は優しい言葉をかけたりフォローすることで気持ちが安らぐが、 男性は余計なおせっかい焼きをされると本気で嫌がったり怒り出す。 逆に調子が良く上機嫌の時は自分から陽気に挨拶したり声をかけたりと、やたらと明るく元気がある。 男性は好調時と不調時の時の差が激しいので、相手が今どのようなポジションに立っているのか 知る必要がある。 いつも通りの具合で話しかけるのが非常にうざったいと感じるタイミングがあるのです。 「あなたのためにしてるのに」が嫌われる原因になることがあります。



・一点集中、マルチタスク

女性は複数の仕事を同時進行させることが得意で、 男性は単純で1つの作業に全エネルギーを集中したがる。 新聞を読んでいる夫に話しかけても「うん」と適当な相槌を打って妻の言葉を聞き流していることはよくある光景です。 夫が家族や子供の相手をまったくせず仕事ばかりに没頭するのもこのような男脳にも原因がありそうです。 男性はワンモードになると1つのことに突き進む傾向が強い。 もしそれが崩れた時のリスクも存在しますが、もし成功した時は突出した能力や成果を獲得できます。 研究職や起業家、手に職を持つ職人タイプになりたがります。

女性は友達と長電話でお喋りをしながらも、料理をしたりテレビを見たりと器用にこなします。 仕事もプライベートの充実も考える事ができる。 ただ、良い顔をしてしまい八方美人になりすぎて疲れてしまったり、 あれこれと勉強や資格に手を出して、結果的に全て中途半端になってしまうこともありがちです。 事務職や接客業、医療看護等、人間関係を円滑にする必要がある仕事に適正があり向いています。

遠距離恋愛で彼氏が転勤、彼女が地元に残るパターン等では、 男性が仕事優先で女性の愛情不足を補えず、結局どちらかが浮気して別れてしまうことが多い。 女性は適度な間隔で愛情確認をしなければ、彼氏が本当に愛してくれるか、都合のいい女にならないか不安でしょうがなくなる。 そんな心の隙間がある時、男友達にデートに誘われたりすると気を許してしまいます。

男性は付き合っていることに胡坐をかいていい加減で横柄な態度になっていたりする。 「仕事が忙しい」という理由で会うのを拒否するのも一点集中で精神的にゆとりがないからです。 地方と都会で離れ離れになる時は、誕生日や記念日など特別なイベントの日に会う約束をするか、 思い切って同棲するか結婚でもしなければ大抵はうまくいかない。 男と女は微妙に違う理由で浮気や不倫に走るのです。 お互いの欲しているものを補い合うことで、遠距離恋愛の成功率は高まります。



・ギャグや冗談の質

男同士の会話では、ウィットに富んだユーモアセンスのあるジョークは会話の潤滑油であり、 高度なギャグでなくても軽いダジャレでも勢いだけで笑いを誘います。 うまく韻を踏んだ言葉や、マンガやアニメなどの語感の良いセリフなどが好きです。 男性は女性に喜んで貰うために生きている面もあり、適当人間や面白い人が比較的多い。

女同士では、笑える話と言ったら彼氏とあれしたこれしたの恋バナや下ネタが定番になっています。 実際、男に比べて下ネタは生々しく具体的でエグイ表現が多く、思わず引いてしまうレベルです。 生理で毎月定期的に血を見ている慣れもあり、多少汚い話でもまったく動じない抵抗力があります。 意外なことに本当の意味で下ネタが好きなのは女性の方です。

また、女性は冗談が通じない堅物が割かし多かったりする。 男性が面白半分でした発言にカチンと来て嫌悪感を抱く人は多い。 諸説としては、女性は感情の交換が最も面白いと感じているし、 受身で笑わされる立場で、 積極的に男性を笑わせる必要もなく、ギャグを言う理由がないという話です。

メル友との初面接、初対面や恋愛初期でのデートで相手を笑わせるには上記のことを意識すると簡単です。 男性は非常に単純でどんなつまらない話でも笑顔で嬉しそうな表情をしていれば満足します。 女性に対しては過去の恋の話を振って口を開かせることが鉄板ネタです。 このように対応すると、男性は自尊心が満たされ「この人と一緒にいると愉快な気分になれるな」と思い。 女性は「この人といるとなんだかドラマチックな気がする」と高揚感や胸のドキドキを感じる。 心理学的にも秘密の共有や過去の楽しい記憶とのリンクは親密度が高まるポイントとなる。




以上でとりあえず男女の違いの紹介は終わりです。 これ以外にも細かいことを述べれば沢山具体例がありますが、 これらの知識は男女間のコミュニケーションで使えるものばかりなので、 一度ぐらいは目を通しておいて損はないと思います。 相手の気持ちを真剣に考えることは、当たり前のようでいて、 自然に実践できる人はあまりいないのかもしれません。 だからこそ、「思いやり、優しさ、真心」がある人は人間関係で好意を持たれやすくアドバンテージを得ることができるのです。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.