恋愛tanu.com恋愛コラム > 好き避け態度の特徴、心理

好き避け態度の特徴、心理

職場や学校でなんだか好きな人に避けられている気がすると悩んでいる人が沢山います。 恋愛経験が少なく、異性に慣れていない未熟な男女は 、好意を持っている相手を前にすると、ついついそっけない冷たい態度をとってしまうという。 奥手で小心者、恥ずかしがり屋のシャイボーイやシャイガールはこの好き避けの 症状が露呈してしまうことが頻繁にある。 好きなのに嫌いであるかの行動をしてしまうのです。

具体例を挙げると、近づくと逃げるように遠ざかってしまう、目を見つめると目を合わせない、 サッと目を逸らされてしまう、 話しかけると笑顔がなく無表情で素っ気無い口調をしてる、不機嫌そうで怒っているような表情を浮かべているなどのパターンがよくある。 好き避け男女の性質としては、基本的にあまのじゃくであり、 本命、本気の気持ちで好きな人であればあるほど、本心とは裏腹の行動をとってしまう。

自分の願望の逆の態度をとってしまうので、恋愛に失敗しがちで、 好き避け行動に後悔しているケースが多い。 過保護な家庭だったり、学校でリーダー的なポジションに就いたことがない男女、 人に甘えたり頼ったりするのが得意な、兄弟姉妹の末っ子タイプなど、 人の手、援助を受けながら育ってきたという特徴を持つ人は これらの環境が理由で受け身傾向になり好き避けしやすくなる。

恋人いない歴=年齢のような初心で年齢的に若い男女は、 自分を表現するのが下手、人付き合いが苦手なことがあるので 自意識過剰になってしまい、最近流行の言葉でいうとテンパってしまい変な行動をとってしまう。 片思い中の相手が一見脈なしのような態度をとっていても、性格タイプを チェックしてみれば、まだまだ希望がある 可能性が高いので簡単には恋愛成就を諦めないようにしたい。



好き避けと似た言葉に、「ごめん避け」というものがある。 ごめん避けは、好かれているけれど自分には恋愛感情が無い状態を指している。 自分が嫌いだということをしぐさやコミュニケーションの中で、 相手に遠まわしに悟らせていく。

最低限の挨拶や会話だけにとどめて 自分から質問を振ったりプライベートな付き合いはしない、 メールの返信はするけど、自分から積極的にメールを送らない、 メール文章に絵文字がまったくなく飾り気がゼロなど。

好き避けの場合は強引に押せば彼氏彼女の親密な関係へと発展できますが、 ごめん避けをされている場合、しつこいとストーカー扱いされて嫌がられてしまうので注意が必要です。 好き避けと違い避けの違いを見分けて、手を引くべき時はスッパリ諦めて 新しい出会いのチャンスを期待しましょう。

スポンサードリンク

好き避けをしてしまう人と恋愛する時の成功のコツ

・振られてもヘコまない

好き避けをしてしまう人は、嫌いであるかのような振る舞いをしてしまうので ナイーブ、繊細な人はちょっとつっついただけで、冷たいリアクションをされて傷ついて諦めてしまうかもしれない。 しかしそれでは両思いにはなれません。 好き避け男女と恋愛をする時は相手の心理を理解して優しく包み込むように接する必要があります。 相手も好き避け症状を克服したい、治したいと思っているのだから、それを察してあげればよい。

重症なケースでは、無言で沈黙してしまったり、ツンデレのように悪口を言ってしまう人も中にはいます。 それらのちょっと失礼な振る舞いを許してあげて、一緒に居る時間を増やしましょう。 好き避けをしてしまう人は過剰に気を遣いすぎている面があるので、 一度味方につければ一生支えてくれる人格的には優れている人が多いです。 何度踏まれても蘇る雑草魂のような自信、精神的な力強さを持ちましょう。

・二人きりでじっくり付き合う

好き避け男女は周囲の人の目に敏感であり、グループ交際や飲み会の場などを嫌う特徴の傾向があるので、 二人きりの空間で友好関係を築いていくのが理想的です。 食事や映画などのデートに誘ってしまうのが最もシンプルな近道ですが、なかなかそうはいきませんか。 あからさまなアプローチが恥ずかしい方は、メールや電話、ツイッターなど携帯やネットの便利ツールを 使えばうまくいきます。 面と向かってる時は素直に会話できなくても、電話やメールであれば本心を 気軽に伝えやすくなります。

友達がいる場所では素っ気無いのに、二人きりだとデレデレで優しくなってくれる 特殊な人も中にはいます。 お互いに友達以上恋人未満ぐらいの気持ちで メールアドレスを交換できた時点で、もう達成度は80%程度になっています。 あとは二人の仲をどのように進展、料理するかは本人達次第でしょう。

・自分から積極的になるしかない

恋愛も人生も結局は行動力のあるなしが成功、失敗に直結します。 真面目に勉強すれば物事を覚えられるように、異性を100人も口説けばいずれ落とせる時が来ます。 特に好き避け男女は受け身の姿勢のウケミンであり「待ち」モードであることが多い。 じっと身を固めている人を揺らすためには攻めていき、心のドアにノックをして 扉を開けてもらう必要があります。

基本的に来るものは拒まずの理念があるので、不細工でもコンプレックスがあっても 勇気を振り絞って誘えば誰にでもチャンスがあります。 女性からすれば女から誘うのはプライドが許さないしちょっとムカツクし面倒くさいかもしれません。 しかし、大好きな人と結ばれるためなら仕方のないことです。

好意のサインでアピールしたり、視線を注いで反応を伺ったり、 ボディタッチをして恋愛対象として意識させてみたり、やるべき行動は アイディア次第で無限大に膨らんでいきます。 朝、会った時に挨拶する、ヒマな時にメールやツイッターなどで絡んでみる、 お菓子をプレゼントする、肩や背中に触れてみるなどなんでもいいんです。

恋愛は何もしなければ何も起きません。偶然の出会いを運命の相手へと 変えるためには体を動かさないといけないのです。 黙って座っていればご飯が用意されるのはどこぞの貴族や王様ぐらいのもの。 成功者の大半は何かしらの努力をしている。

好き避けをする人は根の性格が良く人に気を使う優しいタイプが多いと思うので、 最初の一歩さえ踏み出せればトントン拍子でうまくいきます。 好き避け最大の攻略法は押しの強さやある種の無神経さ、 フレンドリーに接することです。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.