恋愛tanu.com恋愛コラム > 好きな人に告白できない、後悔しないためには

好きな人に告白できない、後悔しないためには

若い頃は異性に好きだと言うことを何かと言い訳をして躊躇ってしまう人が多いと思う。 「変な人だと思われる」「嫌われるかもしれない」「恥ずかしいから無理」など。 確かに告白をしても必ずしもいい結果が得られるわけではありません。 もしかしたら「キモイ」「うざい」と拒否され振られることもあります。 しかし、告白が成功したら付き合うことになってそのまま結婚する可能性だってありますし、 告白することによって自分自身が成長して次の恋愛の成功率が高まります。

告白は単純にリスクリターンの数字で考えた場合、ほとんどノーリスクでハイリターンの利益が得られる期待値が高い凄いお得な行動です。 もしお金持ちの彼氏彼女を捕まえたら、一生養ってもらえることだってあるし、 そんな下心でなくても、話し相手や一生を共にするパートナーができれば人生が豊になり毎日が楽しくなります。 そう考えると、人との出会いはお金では変えられない宝物です。 運命の出会いがあっても、その良縁を逃がしたら、大金を手放したのと同じぐらいの損失であり同時に幸運も消えていきます。

人が息を引き取る間際、後悔することには、 好きな人に会いに行けばよかった、自分のやりたいことをやればよかった、 仕事に時間を費やし過ぎた、健康を大切にすればよかった、好きなものをもっと食べればよかった、等々がある。 この後悔したことランキングで1位の項目は、「好きな人に好意や感謝の気持ちを伝えなかったこと」だとされています。 「ありがとう、可愛い、愛してる」このようなプラスの言葉は言われた方も嬉しいですが、 実はポジティブなワードを口にした本人が最も愉快でハッピーな気分になれるのです。

告白できない男性心理としては、「本命彼女じゃなくて友達として付き合いたい」「まだ結婚を考えられない」「年上年下で年の差がありすぎる」などがあります。 そして告白できない理由で最も大きい原因は「傷つきたくない、恥をかきたくない」という好意を確信できない心理です。 不安や疑念が決意を鈍らせて、告白しないまま現状維持を選択させます。 結局のところ、何も考えずに好意を伝えた人が一番幸せになれます。

恥は一時と言いますが、まさにその言葉通りで愛の告白も恥ずかしいのはほんの一瞬です。 胸が高鳴る一大イベントも過ぎてしまえばあっという間です。 しかし、もし告白ができなかったまま終わってしまうと、その後悔は一生付きまとい年を重ねるごとに思い出され苦悩し続けることもあります。 できるだけ自分の胸の中にあるモヤモヤした気持ちは素直に吐き出した方がストレスも溜まらないし、 恋愛でうまくいくことも多くなります。

男性からの告白を待つだけでなく、女性からも告白できればとんとん拍子にうまくいく可能性が高い。 今回はあと一歩の勇気が出せない人が告白する方法を見つけ出せるような心構えを紹介します。

スポンサードリンク

告白したいと思った時に考えるべきこと

・友達になる努力をしたか

好意の伝え方に正解はないので基本的には自分の好きなように行動に移せばいいです。 しかし、初対面やあまり仲良くない相手からいきなり「付き合ってください」と言われても、 「あなたのこと全然知らないし急すぎて無理です」と反射的に断られる確率が高い。 しかも、その後は一貫して冷たい態度になることもある。

告白の下準備的なアプローチはできるだけした方が付き合える確率を高くすることができます。 むしろ、友達としてお近づきになって仲良くなっていれば、流れで二人きりのデートやキスしたり体の関係にもなりますし、 自然に恋人になることもよくあり、自然とコンタクトする機会され作ることができれば告白そのものが不用にも思えてきます。

好きだと宣言したからといって状況が劇的に変わるわけでもなく、 第一印象やこれまでの関係性によって大体の成否が決まります。 いきなり「好きです」は重すぎて人によっては拒否反応が出ます。 それよりも「今度遊びませんか?」ぐらいの方が軽い気持ちで友好関係を深めることができます。

他にも、アイコンタクトを送って目を合わせる、積極的に話しかける、挨拶してみるなどの小さな行動を積み重ねると、 少しずつ好感度は上がっていきますし、ボディタッチができれば親密度は一気に高められます。 20代以上の大人の男女になると、ほとんどは形式的な告白なんてせずに、 遊び友達の延長としていつの間にか交際関係に発展しているのではないかと思います。

まったくの他人同士から関係をスタートすることに比べれば男友達、女友達なったら次のステップで進むのは断然簡単なことなので、 いきなり恋人になろうとせず、友達という体で付き合ってみるという方法も有効です。 その点では同じ学校や職場など、共通のコミュニティに属していると結ばれる確率が高いです。

・結果を先読みしても当たらない

多くの人は絶対安全な道を歩みたいという願望があります。 しかし、安定、保証を求めている人は挑戦すること、恋愛に臆病になりすぎて結局アプローチをためらい誰とも付き合えないということになりがち。 絶対に成功する告白方法はないです。

脈ありのような態度を取っていた女の子を誘ったら断られた。 明らかに気が無い脈なし態度を取っていた女性に告白したら成功した。 こんなことはよくあります。 人は表に出ているしぐさやサイン、言葉と、隠された本音が正反対なことがよくあります。 ツンデレの性格だったり、八方美人で社交的な性格だったり、その人の特性にもよります。 彼氏持ちなのか、彼女持ちなのか、既婚者なのか、そんなことも嘘をつかれてしまえば実のところわからないです。

「嫌われてるかもしれない」「片思いかもしれない」という思い込みがあっても実際は両思いだったりもします。 結局、成功確率は何パーセントだろうか?なんて頭で考えていても無意味で、 うまくいくかどうか、結果はチャレンジしてみなければわからないことです。 「脈ありか気があるのか確信が持てないからアタックしない」という後ろ向きな決断をしてしまうと、 いつまで経っても行動を起こすことはできません。

ちょっと自信過剰で頭のネジが緩いような人は、変に将来を先読みしようとしないので考えるよりも体が動くのが早く、意外と彼氏や彼女が途切れないのです。 「結果を気にせず過程を大事にする」、つまり結果よりも実は異性を口説く行為そのものが重要なのです。 文字にするのは簡単ですが、実践はなかなか難しいのかもしれませんね。

・時間を空けるとすぐライバルに奪われる

告白を躊躇して3ヶ月も経つと、適齢期の年頃の男女ならすぐに彼氏や彼女ができてもおかしくありません。 モテる男女なら1ヶ月も放置してたら、すぐに新しい恋人ができてしまうので、 別れた直後か恋人持ちの状態というタイミングで仲良くなるという厳しい選択肢しかなかったりする。 恋愛はとにかく先手必勝のゲームです。

中学生、高校生、大学生など10代の若い男女は恋に落ちやすい。 それは恋愛経験が浅く人を見抜く力や異性を他の誰かと比べる能力、見る目が磨かれていないから 好意を示されるとすぐに惚れてしまう心理があるからです。 クラスの憧れている男子や女子が、他の人と付き合って悔しい思いをした人は大勢いると思います。

とにかく善は急げで、気になる人がフリーで余っているという情報を聞きつけたらすぐに掴まえないとあっという間にチャンスは逃げていきます。 ただ、恋愛にはお互いの居心地の良い距離感を保つことや余裕を見せることも大事なので、 あまりガツガツ押しすぎない方がいいケースもあるのは注意しておきたい。

・誠意をアピールできるか

好意があることを表明されるまではあまり興味を持たれていなくても、誠意ある愛のメッセージを受け取ると好きになる心理の性質が人間にはあります。 好きなタイプの条件の中には「一途な人」という特徴もあり、 自分を純粋に愛してくれる存在はそれだけ貴重で大事にしたいものです。

だから「告白されて好きになる心理」や「勢いや押しに負けて付き合う」という成功パターンが存在します。 これは真剣な熱意が伝わった時に起こる効果です。 思わせぶりな態度に見える軽さがあったり、適当な言葉で保険を掛ける告白は「誰でもいいんじゃないか、体目当てじゃないのか」と疑われあまり好ましくありません。 もし赤の他人という間柄でも必死に頑張る姿を見て「気になる人」に昇格できることもあります。 相手の好きな人になる方法、距離を縮めるテクニックとしての告白という作戦も有効です。

・告白した後の人間関係

告白した後にどのような関係になるのか、これは精神的に大人になれなければ相当厳しいものだったりします。 特に同じ職場や学校のクラスだと、振られた後に非常に気まずい雰囲気になることが多いし、 友達に言いふらされて噂が広まり馬鹿にされたりイジられたりして不快な思いをします。 周囲の人間関係を巻き込んでギクシャクした空気にさせてしまうのは告白することのデメリットとも言えます。

また、仲の良い異性の友達だったのに、告白以後ギクシャクして疎遠になることもあります。 しかし、告白が失敗した後に「気になる人」に昇格してそこからメル友になったりデートができる関係に進展することもありがちなことです。 私も学生時代に玉砕したことがあり、女性のグループ中に知れ渡っていて気にしない振りをしていましたが結構辛かった思い出があります。 まぁ、出会いの場は仕事先や学校だけではありません。 「鈍感力」で気にしても仕方ないことはスルーする他ないでしょう。

プライドの高さや見栄が決心を邪魔してきますが、結局のところアプローチはするに越したことはありません。 唯一の例外として、友達としてのそれまでの関係を壊したくないなら止めておくのも一つの選択肢ではあります。

・あと一押しで付き合えるかもしれない

世の中、安全運体だけで劇的な成果を挙げるのはなかなか難しく、 無数にある中の人生のチャンスだと思う瞬間、運命の岐路にはアクセルを踏んでエンジン全開にして突き進むことが重要だったりします。 内向的で奥手、草食系な人が自信なさ気に迫ってもイマイチ心が動かされないかもしれませんが、 積極的で自己主張が強い、肉食系な人が強引に迫ったらノリで付き合ってしまうこともあります。

人間の感情はいい加減なもので、気分次第でアリにもナシにも変化します。 偶然機嫌がいい時や寂しいと感じているタイミングに告白されたら、思わずOKしてしまうこともある。 自分の行動によって、優柔不断で迷っている相手の背中を押す結果になることもあります。 人生も恋愛も能動的に攻めて、チャレンジしてナンボの世界です。 消極的で誰かの指示を待っているの受動的な態度だけではなかなか幸せは掴めないかもしれません。

・ここで別れたら一生会えないという可能性

人生には出会いと別れが沢山ありますが、好きな人と一回会ったきりもう会えないということは本当によくあります。 学校、職場、仕事で交流した人、街中ですれ違った人などを含めればほとんど毎日です。 告白できないまま卒業、転勤や異動でそれっきり縁が切れてしまう男女は大勢いる。 出会いは一期一会で大切にしなければいけません。

そして良縁を手放したくないなら自分から告白しなければ関係を繋ぎとめることはできません。 人との出会いと別れはあっけないもので、少し気を抜いていたら人はすぐ過ぎ去って行きます。 科学的な話ですが、物をその場に留めておくには結構なエネルギーが必要で、心を繋ぎとめるのも似たようなものです。 一瞬だけでも勇気を振り絞ったり必死に好きな気持ちをアピールしないと、もう会えないかもしれません。 仲良くなりたい人を見つけたら最低でも、メールアドレスやlineIDなど、連絡先を聞いておきたいものです。

・自分の想いを好きな人に伝えることの楽しさ

頭で考えてることを言葉にして伝えるということは、比喩的な表現では自分の意識を具現化しているようなものです。 逆に言うと、言葉や行動にしなければどんな気持ちも存在しないものと同じです。 どんなに心の中で「好きだ」と思っていても相手に伝えなければまったくの無意味なんです。 「好き」と宣言すればその思い出はずっと相手の中で形となって生き続けます。 これは告白に限ったことではなく、自分の気持ちを表現できることはそれだけでも十分な価値がある。

最近ではコミュニケーション能力なんて言われますが、気持ちを口にするという単純な行動が人を感動させたり喜ばせます。 そして、何よりプラスの言葉を口にすると自分にプラスのエネルギーが沸いてきて活力が出てくる。 可愛い、美しい、格好いい、イケメン、など褒め言葉は相手を喜ばせるだけでなく自分の心を清らかにする効果があります。 つまり、告白は非常に楽しいものだと認識すると、踏ん切りがつき実行に移しやすくなるかもしれません。

・やらなかったことの後悔は尾を引く

やってみてうまくいかなかったことなんて、面白話のネタとして使えるものだし、人生経験にもなり自分の成長にもなります。 しかし、やらなかった場合は、何も得るものが無く「あの時ああしてれば」と後悔で苦悩する羽目になります。

人間が成功するかどうかなんて結局どれだけ自発的にアクションを起こしたかに掛かっています。 才能やセンスなんかよりも、愚直に目標に向かって行動した人が成功を収めるように出来ています。 だから、お金持ちやリア充は案外能天気でアホっぽい人が多い。 玉砕覚悟で突っ込むことで現状維持から変化を起こし、人生が切り開けます。




愛の告白は人間が人との絆を言葉で確認できるもので、誰も損をしない素敵な求愛行動です。 もし二人が両思いならお互いに最高の幸せの瞬間が手に入るし、 片思いで一方通行な好意でも、好きになってもらえるきっかけになったり、振られても未練や悔いが残らず前向きに未来に歩いていけます。 告白の仕方は直接面と向かってがベストですが、電話でも手紙、ラブレター、メールやライン(LINE)などでもまったく問題ありません。 とにかく自分の嘘偽りの無い本当の気持ちを伝えることが大事で、 自分の素の部分、純粋な気持ちをぶつけられるのは人間の大きな喜びの1つです。

多くの人は「誰か告白してくれないかな」と期待してるものです。 子供の頃なら簡単に好きだと言って相手を笑わせたり喜ばせることができたのに、大人になったら心に壁を作って素直になれない人が多くなる。 自分の本心、本音を押し込めて我慢して生きることは辛いものです。 好きな人がいたら、特別な作戦でもない限りすぐにでも好意を伝えるアクションを起こしてしまいましょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.